« アイシールド21 第99話 | トップページ | ゴーストハント 第24話 »

2007年3月22日

Project BLUE 地球SOS 第11話

「超兵器出撃!地球最期の戦い![前編]」

拉致されたマーガレットは、本当にインファーベルのオリジナルのマスターインファーベルなのか。
バグア遊星人は、エレメントXを手に入れるため、マーガレットの脳髄から直接記憶を引き出そうとする。

そして、バグア遊星人は地球にたいして、最終通告をしてくる。
全面降伏か、死か。

迷宮機関は、ユニバースナイトでの最終決戦を選択する。
ユニバースナイトでバグア遊星の内部に突入し、惑星推進装置を暴走させることで、太陽系外へ追い出す作戦。

ビリーもエミリーもこの作戦に参加する。

ユニバースナイト発射直前、ゲートが開かず。
バッキーショーにより洗脳されたラジオ人間により邪魔されてしまう。

ペニーにゲートを開けて欲しいと頼む、ビリー。
ペニーはそのころ、エレメントXの謎を必死に探していた。

スチムソンが残した謎の言葉、
「もしものときのためにエレメントXをシノニムのすみかに託す」
シノニムがわからなかったのだが、ビリーがそれは、アリの学名だと教えてくれる。

ペニーと一緒にいた、クレイトンがゲートを開けるため一人、出撃。
ラジオ人間からの攻撃を受けて傷つく、そして、あの謎の不死身の男が最後に立ちはだかる。
死闘を制して、なんとかゲートを開けるクレイトン。
ユニバースナイトの発進を見届けて、深い深い眠りに落ちる。
どうみても、絶命してますが、このパターンは生きてるパターンなんだよなぁ。はたしてどっちでしょう。

不死身の男は、どうやらバグア遊星人に改造されたようで、ジェイムズも同じみたいですねぇ。
ということは、ジェイムズはいわば仮面ライダーと同じですね^_^;

ペニーは、ついにエレメントXの謎に迫る。
マーガレットが説明してくれた、スチムソンが発見したというあのアリ。
あのアリの巣に、エレメントXのデータが隠されていた。
だが、そのとき、謎の男たちにペニーは連れ去られる。
彼らは国連の人たちだったのだが、彼らは、バグア遊星人に対して降伏を決定していた。
エレメントXの謎を知ったペニーはそのままバグア遊星人に引き渡されることに。

新種のアリが出てきたときに怪しいとは思っていたんだけど、やっぱり伏線でしたね。
バグア遊星人がアリみたいなんで、関係あるだろうとは思ってたんだけどね。

iconicon
Project BLUE 地球SOS Vol.6 icon発売中

「Project BLUE 地球SOS」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« アイシールド21 第99話 | トップページ | ゴーストハント 第24話 »

Project Blue」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/14345760

この記事へのトラックバック一覧です: Project BLUE 地球SOS 第11話:

« アイシールド21 第99話 | トップページ | ゴーストハント 第24話 »