« 恋する天使 アンジェリーク~かがやきの明日~ 第9話 | トップページ | ときめきメモリアル OnlyLove 第22話 »

2007年3月 6日

がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 第9話

「わたしたちのうた」

2005年-3月-
聖桜学園の桜園寮に入寮するためやってきた、現・園長。
学園長って現在の高校生だったんだ。へぇーへぇーへぇー

このときの学園長の声が、林原めぐみさんですか。
特別出演ですかねぇ。OPとEND歌ってるから。
それにしてもセリフが
うぁー」「あー。あん。え、あぁ
はぁー、よろしくお願いします
これだけか。

「よろしくお願いします」がなかったら、気付きもしなかったです^_^;

まなびたちは、署名運動を続けるも、まったく成果なし。
生徒たちは、来年からの新しい制服の話題で盛り上がってるし。

裏山の寮の跡を見ながら、昔を懐かしむ学園長。
学園長が3年のときに、寮は閉鎖された。
閉鎖反対運動をして、一週間も立て篭もった過去もある。
結局だめだったが。そして今回の合併問題でも無力な自分を不甲斐なく思っていたりする。

30年も前に閉鎖されているのに、建物が残ってるってことがすごいけどね。
そこに一歩足を踏み入れれば、あのころの時間が動き出す。
そんな場所。

「あきらめちゃだめ」
まなびはいうが、4日目には、むつきがそして芽生が、生徒会室にこなくなってしまった。

そんなまなびですら、諦めムードに。
光香だけがそんな状況が堪らなかった。

5日の昼休み。
来年からの新しい校歌がお披露目放送される。
「FLY TO FUTURE」全然校歌っぽくないけど^_^;

それをジャックする桃葉。
まなびがおたふく風邪のときのあの、完全防護服で^_^;

生徒会4人(正確には生徒会3人+助っ人1人)の学園祭のプロモ作りをしていたときの映像を流す。
BGMは、聖桜の現在の校歌。

「何も出来ないままみんなと離ればなれになっちゃうのやだよ」
まなびの胸で泣く光香。

「私たちここにいていいのかな」
教室でこれを見ていた、芽生とむつき、生徒会室へ走る。

みんなと一緒に大切なみんなと何かしたいの。
だから学園祭やろう。
今この時に私たちにしか出来ないことをやろうよ

光香の言葉で、生徒会復活!!

まさに、これだろうな、学園祭の意義は。
高校生だからこそできるもの、それを前面に出していいんじゃないかな。

駅前のダンスイベントとかは、今じゃなくても出来るんだから。

桃葉、大活躍したね。今までどちらかというと役にたってなかったんだけどね。
一番、挫けてなかったのが桃葉だったということか。

署名運動は、相変わらずだったのだが、それでもついに署名してくれる人が現れ始めた。

あと46時間

学園長は、寮の閉鎖を止められなかったけれども、そのときのことは無駄だったとは思っていない。
あのときの仲間の顔と名前は今でも全部思い出せるから。

ところで、作戦会議のときの芽生の提案。
それ、もろ、ねずみ講ですから。 (みんなにも突っ込まれてはいたけど)

どうせなら、授業のときに強制しちゃえばいいんじゃないの?
なんて思ったりするんですけど。さすがに反則ですか?

iconicon
がくえんゆーとぴあ まなびストレート! STRAIGHT 1 <期間限定版> icon2007/4/11発売

「がくえんゆーとぴあ まなびストレート!」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« 恋する天使 アンジェリーク~かがやきの明日~ 第9話 | トップページ | ときめきメモリアル OnlyLove 第22話 »

まなびストレート」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/14154487

この記事へのトラックバック一覧です: がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 第9話:

« 恋する天使 アンジェリーク~かがやきの明日~ 第9話 | トップページ | ときめきメモリアル OnlyLove 第22話 »