« きらりん☆レボリューション 第49話 | トップページ | 天保異聞 妖奇士 説二十三 »

2007年3月17日

デルトラクエスト 第11話

「はばひろ川を渡れ」

ネズヌクから運び出された食料はデルの城に運ばれていた。
トムは、その仲介もしていた。
マドレットもネズヌクのものだった。

トムに不信感を抱くリーフだが、そのトムは自分はあくまで商人だといいはる。
そして、リーフたちをこっそり逃がしてくれたりもする。

ラットシティを目指すリーフたちの前に、はばひろ川が立ちはだかる。
トムの店でもらった、水食い虫を使うと、川をせきとめてくれる。
それで川を渡っていくも、途中で効果が切れてしまう。それでもなんとか中州まで辿りつくことが出来た。
そこで休憩。
今度は、火起こしビーズで火を起こして、ウォーターメーカーで川の水を飲める水に変化させて、その水をマジックブレッドにたらしてパンを作って食べると。

なんだかんだいって、トムの店で買ったものは、それなりに役に立つものばかりのようで。
商品は本物だったと。
商売は信用が第一だしね。

そこにねずみの大群が襲ってくる。
ネズヌクの防護服を着て、川に逃げこみつつ、火起こしビーズで火のカベをつくってなんとか撃退したが、突然、ジャスミンが旅をやめると言い出すのだった。

ねずみすら嫌がる、防護服って。
毒きのこのお陰?

ネズヌクの人達は、どうやら、もともとラットシティに住んで居たが、ねずみに追い出されたようだ。
その反動でか、潔癖症になったと思われる。
そして、そんなネズヌクの人達を助けてくれたのが、影の大王だったということらしい。

だからネズヌクの人達にとって、影の大王は、少なくとも悪ではないと。

まさに正義とはなんだってことですね。
リーフたちはたしかに正義の名の元に行動してるのかもしれないけど、それが本当に正義なのかは、それぞれの立場、陣営によって当然異なるわけで、絶対的な正義なんて存在しないってことを分かって欲しいですね。

「正義は必ず勝つ」なんてよく言いますが、実はこれはある意味正しい。
本当は、「勝ったものが正義」なんですけどね。

デルトラクエスト DVD 1 icon 2007/5/23発売

「デルトラクエスト」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« きらりん☆レボリューション 第49話 | トップページ | 天保異聞 妖奇士 説二十三 »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/14296290

この記事へのトラックバック一覧です: デルトラクエスト 第11話:

» デルトラクエスト11話 [流れに身をまかせて]
デルトラクエスト11話 チュルナイから運んだのは 影の憲兵団の食料? デルの国の食料っぽいけど わざわざチュルナイで作ってるのは? トムは結局、中立な感じか… レジスタンスには安くしてるし それなりに味方寄りな感じ... [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 23:29

« きらりん☆レボリューション 第49話 | トップページ | 天保異聞 妖奇士 説二十三 »