« アイドルマスターXENOGLOSSIA 第4話 | トップページ | 平成19年大相撲五月場所の番付が発表されました »

2007年4月26日

この青空に約束を- ~ようこそつぐみ寮へ~ 第4話

「六条宮穂(後編)」

あの洞くつの一件以来、航を遠ざける宮穂。
結局、一人で、祖父のことを調べて、それを文化祭で発表した。

それなりに充実感を味わった宮穂だったが、航に祖父紀一郎のこの島への郷愁は、妻と出会った場所それだけじゃないはずと言われて、自分のことを認てくれない航に対抗するように、寮を出て屋敷に籠ってしまう。

宮穂でも見つけられなかった、紀一郎の本や小冊子、校内新聞などを集める航。
南栄生島博士だった紀一郎のパーフェクトコレクションを完成させた。

これで屈服したわけだが、この島がどうして好きだったかの答えは教えてくれないわけですね。
まぁ理由なんてないんだろうけど。
ただ、すべてが気に入ってしまったという、そういう感情だったってことなんだろうけどねぇ。

クリスマスケーキと食べ物で、宮穂を陥落させようとしてきた、海己たち。
これかなり効果あったみたいだけどね^_^;
「泣き落とし兵糧責め」かぁ
バスケットを開けっぱなしにしておいて、いい匂いがするっていわれてもなぁ。

外で寒いとか言ってるわりには、かなりの薄着をしている航くん。
季節感があるのかないのかさっぱりわかりません。

「この青空に約束を- ~ようこそつぐみ寮へ~」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« アイドルマスターXENOGLOSSIA 第4話 | トップページ | 平成19年大相撲五月場所の番付が発表されました »

この青空に約束を」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/14857235

この記事へのトラックバック一覧です: この青空に約束を- ~ようこそつぐみ寮へ~ 第4話:

« アイドルマスターXENOGLOSSIA 第4話 | トップページ | 平成19年大相撲五月場所の番付が発表されました »