« アイドルマスターXENOGLOSSIA 第3話 | トップページ | 怪物王女 第2話 »

2007年4月20日

この青空に約束を- ~ようこそつぐみ寮へ~ 第3話

「六条宮穂(前編)」

宮穂の祖父は、高校の理事長でもあり、つぐみ寮の大家でもあったのだが、昨年亡くなった。
そのかわりに、宮穂がやってきたのだった。

そして、祖父のことをなにも知らないことで宮穂は、学園祭用の自由研究として、祖父の事を調べることに。
なぜか一緒に航を連れて。

イギリス人のウィリアム・エルガーが本名。
小泉八雲か三浦按針かって感じか。
そして、なぜかこの島にきて、気に入ったようだ。
この島に、療養に来ていた、祖母と出会い、ロマンスに。

祖父の日記なぜ日本語。
いくら日本語ペラペラだったといってもなぁ。
まぁいいけど。

プロポーズしたらしい、無人島の洞くつへ。
期待していたら、そこは島の子供たちの秘密基地になっていて、ロマンもへったくれもなくなっていた。
それでも二人の記念の落書きがあるはずと調べると、偶然、航と海己の相合傘の落書きを見つけてしまい、なぜか超不機嫌になる宮穂だったりする。

今回は、祖父がなぜこの島を愛したのか、なぜつぐみ寮を愛したのかがメインテーマみたいだけど、それよりも、どこで宮穂が航を好きになっていたのかが謎だったりする。
屋根を修理しているとき優しくされたのがきいたのか?

それにしても他のキャラほとんど出演しなかったねぇ。
それでいいのか?

iconicon
この青空に約束を-オフィシャルファンブック icon 発売中

「この青空に約束を- ~ようこそつぐみ寮へ~」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« アイドルマスターXENOGLOSSIA 第3話 | トップページ | 怪物王女 第2話 »

この青空に約束を」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/14780765

この記事へのトラックバック一覧です: この青空に約束を- ~ようこそつぐみ寮へ~ 第3話:

« アイドルマスターXENOGLOSSIA 第3話 | トップページ | 怪物王女 第2話 »