« スカルマン 第4話 | トップページ | 天元突破グレンラガン 第8話 »

2007年5月20日

Shining Tears X Wind 第7話

「風×涙」

ソウマ、キリヤにトライハルトを呼び出して、戦いをやめるように説得しようとする。
ところで、光風館って突然言われても、そこどこ?
妙に偉そうにソウマが座ってたけど、何様のつもリなんだろう?

当然、決裂。
トライハルトとヒルダはさっさと帰っていったけど、シイナにクレハとソウマは黄昏てるし^_^;

結局、両軍正面から激突。
しかし、どうして夕方から始めるかな^_^;
メインが夜ってどんな戦争だよ。

なんだかんだいっても、キリヤとトライハルトの直接対決に。
最初からこれだけでいいんじゃないかとも思うのだが(世界を救いたいと思ってるならなおのこと犠牲者が少ないほうがいいと思うんだけどねぇ)

心の力が上回ったか、心剣勝負ではキリヤの勝利。
トライハルト、ここで普通の剣での勝負を持ち出す(負け惜しみにしか聞こえないけど)
それを受けちゃうキリヤ^_^;

そこに乱入するソウマ。
お前ら喧嘩はやめて握手しろってか。
それ正論かもしれないけど、ただの喧嘩っていわれるとさすがにねぇ。
それが本当だけになおさら二人は退けないよなぁ^_^;

今度は、トライハルトが優勢、キリヤを庇って刺されたのは、ゼクティだった。
(しかし、突然現れるの好きだねぇ。ホントにどこにいたんだろう?)
トライハルトは世界の希望。
キリヤは、私の未来、希望だからと。
風になってあなたたちを見守る。だから傷つけあわないで。
(けんかをやめてぇ二人を止めてぇ私のために争わないでぇもうこれ以上ぅ)

そういって、本当に消えたゼクティ。
それって、妖精だから?

これで和解して、世界は救われるかと思わせておいて、トライハルトの部下キルレインが逆ギレ。
実は、ゼクティは、本名・セレスティア、そしてキルレインの妹。
彼女のためだけに生きてきた男だったりする。

彼女を殺した二人へ、いや二度までも妹を奪った世界に対して怨念をぶつける。
闇に落ちろ、滅びてしまえと。

その思いが世界を危機へと導く。

いったいこの展開はなんだ?
たった一人の男の怨念で、世界が闇に落ちるのかよ。

ここことに至っても、キリヤとトライハルトには喧嘩を続けて欲しいな。
こうなったのはお前のせいとかなんとか^_^;

テンポが速いとかそういう問題じゃなくて、ストーリーがおかしいとしかいいようがない展開がもうすごいです。

「ShiningTearsXWind」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« スカルマン 第4話 | トップページ | 天元突破グレンラガン 第8話 »

ShiningTears」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/15144323

この記事へのトラックバック一覧です: Shining Tears X Wind 第7話:

« スカルマン 第4話 | トップページ | 天元突破グレンラガン 第8話 »