« キスダム 第5話 | トップページ | SaintBeast~光陰叙事詩天使譚~ 第5話 »

2007年5月 3日

ひとひら 第5話

「うわぁぁぁぁん」

演劇研究会は、海で合宿。
ちとせが麦のバッグに入って一緒に合宿に行こうとするけど、当然入れません。
バッグに隠れていくっていうのはお約束だけど、さすがに無理です。
多分エスパー伊東でも入れませんから^_^;

演劇部は学校で練習。それはいいが、発声練習でどうしてジャージ着てる?夏休みなのに。

一応水着回ですが、メインは合宿。

文化祭での演目は「ひとひら」一ノ瀬の書き下ろしで、麦が主役。
麦のことをイメージして書かれた脚本でもあった。

だが、厳しい一ノ瀬の叱責に耐えきれず、つい反発して逃げ出してしまう麦。

「あの子はこの役をやらなくちゃいけないの」
という一ノ瀬に対して理咲も反発
「誰のために?」

一ノ瀬は焦ってる?
自分のかわりに夢を追ってくれることを願ってる?

甲斐に説得されて戻ってくる麦。
二人仲良くなっていたりする?

弱い自分を変えたいが、変えられない苛立ちはわからないでもない。
でも、一ノ瀬こそ自分で性格を変えた人のような気もするけど。
それは、彼女が強かったからだけじゃないような。

「ひとひら」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« キスダム 第5話 | トップページ | SaintBeast~光陰叙事詩天使譚~ 第5話 »

ひとひら」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/14932133

この記事へのトラックバック一覧です: ひとひら 第5話:

« キスダム 第5話 | トップページ | SaintBeast~光陰叙事詩天使譚~ 第5話 »