« 電脳コイル 第2話 | トップページ | Shining Tears X Wind 第7話 »

2007年5月20日

スカルマン 第4話

「散歩する幽霊」

幽霊モノレールの噂を知る隼人。

そんな時、まさに幽霊モノレールで、大伴製薬生化学研究所職員の鈴木が殺された。

主任の宇佐神は、「神の声」を見つけたとか喜んでるけど?

隼人は、宇佐神が鈴木を怒鳴っていたという話を聞く。

街には、白鈴會の社会奉仕隊がたくさん。
霧子の調べで、市長まで白鈴會と関わりあり(選挙対策と考えると当然だが)その横に謎の女性幹部の姿が。
実は、この女性は黒潮の妻だったりする。

宇佐神からニーチェですか。
それで
「ツァラトゥストラはかく語りき」
なんて読もうとしてる隼人。

それを見て、立木はルサンチマン(社会的弱者が強者への憎悪を鬱積させていく心理状態)の話ですか。超人思想か。
ニーチェなんて名前しか知らないです。

夜中に宇佐神を追っている間に、幽霊モノレールに乗ってしまう隼人。
骸骨男に銃撃される。
そこに立木が隼人庇って傷を負う。

隼人は、立木がモノレールを緊急停止させたのを利用して、骸骨男を川に投げ落とす。

骸骨男のマスクの下に人間の口が見えたんだけど(ライダーマンみたいに)、今までのにはなかったような?
もしかして偽物?

立木も神出鬼没でどうも胡散臭いし。

いちばん胡散臭いのは、誰が動かしているにしても、タイミング抜群でやってくる幽霊モノレールだな^_^;

「スカルマン」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« 電脳コイル 第2話 | トップページ | Shining Tears X Wind 第7話 »

アニメ」カテゴリの記事

スカルマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/15144140

この記事へのトラックバック一覧です: スカルマン 第4話:

« 電脳コイル 第2話 | トップページ | Shining Tears X Wind 第7話 »