« エル・カザド 第13話 | トップページ | 平成19年大相撲名古屋場所の番付が発表されました »

2007年6月26日

英國戀物語エマ 第二幕 第11話

「光陰」

キャンベル子爵の策略で、南米の鉄道株が紙切れ同然に。
しかも、その引き受け先の民間会社の発起人にキャンベル子爵。

なんとか400万ポンドを新たに用意できればなんとかなるかもしれないということで、資金集めに奔走するウィリアム。

英国政府に掛けあって、友人の伝手も借りて、それでもまだ150万ポンドも足りない。

子爵の圧力により、猶予はあと1日に。
なんだかんだいいつつも、弟のアーサーも友人に頭を下げて少しばかりの資金を集めてくれたりもしている。

それでも・・・

父は、ジョーンズ家の資産を売り払い損失を補填するしかないと諦めムードに。

運命の明日は、エマとの約束の日でもあった。

エマに、「幸せは伝染るものだから、幸せになって私たちにも分けて」
と言ってくれるターシャ。

運命の日、外へ出かけるエマ。
ケリーのお墓参りをして、ウィリアムとの想い出のお店を眺め、気付けば、ケリーと暮らしたアパートへ。

ケリーの幻に自分の悩みを打ち明けるエマ。
「それなら答えはでているわ」

そう答えてくれるケリーだった。

しかし、メルダース家のシティハウスが火事に。
それを知って走り出すエマ。

それにしてもキャンベル子爵は悪徳いですな。
いくら自分たちを侮辱したジョーンズ家とはいえね。

iconicon
英國戀物語エマ 第二幕 第1巻 icon 2007/7/18発売

「英國戀物語エマ」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« エル・カザド 第13話 | トップページ | 平成19年大相撲名古屋場所の番付が発表されました »

アニメ」カテゴリの記事

エマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/15569840

この記事へのトラックバック一覧です: 英國戀物語エマ 第二幕 第11話:

« エル・カザド 第13話 | トップページ | 平成19年大相撲名古屋場所の番付が発表されました »