« 英國戀物語エマ 第二幕 第8話 | トップページ | ぼくらの 第9話 »

2007年6月 7日

神曲奏界ポリフォニカ 第10話

「バラード 愛憎の決着」

6年前焼けた家の解体工事を邪魔する、ディーレン。
それは、ディーレンの家だった。そして、その火事で、妹のマデリーヌが亡くなっていた。
その妹の遺体を病院から盗み出して、神曲楽士の認可を取り消されていた。
死体を盗んで何をしようとしてたんだろう?
まさか生きかえらせようとでもしたのか?
それとも、検死とかがいやだったのか?

精霊のメイルリートを憎んでいるのは、その火事のときに妹を助けずに単身楽団を大事に抱えてきたことが原因。

その焼け跡の地下室でオルゴールをみつける、フォロンとコーティ。
そこには単身楽団を抱えていたと思われる人の焼け跡があった。

メイルリートが助けに行ったとき、すでにマデリーヌは亡くなっていたのだ。
それも兄ディーレンの単身楽団を守って。

真実を告げられず、メイルリートはずっとディーレンの憎しみの対象として生きてきた。

しかもメイルリートには、ずっと前からディーレンの神曲は届いていなかった。
それでもディーレンのために戦ってきたのだ。命を削って。

この真実をコーティに告げられ、困惑しながらも立ち去るディーレンだった。
メイルリートを連れて。

なるほど、それで前回、ザーレに作曲を頼んでいたのか。それなら神曲が届くのではと。

とりあえず、これでディーレンの話は解決?

iconicon
神曲奏界ポリフォニカ DVD1 <初回限定生産> icon 2007/7/11発売

「神曲奏界ポリフォニカ」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« 英國戀物語エマ 第二幕 第8話 | トップページ | ぼくらの 第9話 »

アニメ」カテゴリの記事

ポリフォニカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/15340189

この記事へのトラックバック一覧です: 神曲奏界ポリフォニカ 第10話:

« 英國戀物語エマ 第二幕 第8話 | トップページ | ぼくらの 第9話 »