« キスダム 第10話 | トップページ | SaintBeast~光陰叙事詩天使譚~ 第10話 »

2007年6月 7日

ひとひら 第10話

「ずっと…一緒…」

先輩たちを誘ってクリスマスパーティー。会場はなぜか演劇部部室(ちとせがいたからね)
そこで、佳代が写真の勉強するため留学することを告白する。
麦の舞台を見て、負けてられないと。
しかし、高校卒業するまで待ってもいいと思うけどねぇ。
その年齢で写真の勉強の留学って、どこにいくんだろう?

しかし、クリスマスに雪が積るくらいの土地なのか。どの辺なんだ?

佳代に頼りきりで生きてきた麦はショックを受ける。

初詣に行って、お御籤で大吉ひいても暗い麦。

自分はいったい何がしたいのかわからない。演劇を始める前となにも変わってない。
ずっと助けられてきたのに、いなくなるのが嫌で「頑張ってね」の一言が言えない。

一ノ瀬に
「あなたは演じただけなのね「ひとひら」を」

舞台に立った人を止めることはできない。でも応援することはできる。
別の道を行っても、どれだけ時間がたっても、会えばすぐに笑いあえる。すぐに思い出せる。
それが友達。

麦はちゃんと佳代とお別れできるかが最後のクライマックス?

「ひとひら」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« キスダム 第10話 | トップページ | SaintBeast~光陰叙事詩天使譚~ 第10話 »

ひとひら」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/15340281

この記事へのトラックバック一覧です: ひとひら 第10話:

« キスダム 第10話 | トップページ | SaintBeast~光陰叙事詩天使譚~ 第10話 »