« ぽてまよ 第1話 | トップページ | 天元突破グレンラガン 第15話 »

2007年7月 8日

スカルマン 第11話

「闇よ、わが手を取りたまえ」

サークスの生き残り2人、骸骨男の後を追う。

立木は黒潮のところへ。

隼人たちは、神崎のところへ。
やっぱり、神崎が骸骨男ですか。

GROは人の手に余る。
このマスクも、人が手にしていいものではない?

骸骨男は変身するというよりは、マスクをかぶることで超人的な力が沸いてくるってところか。

神楽村の遺跡を、神楽が研究。
何万年も生き続けているもの

いつのまにか、妙な理想にとりつかれて、宗教家に。
純粋ゆえに、ただの頑固者になってしまった。
それで、あれを奪おうとした。
炎の中に沈んだはずだったのだが、辰夫に渡った?

神崎あての手紙。差し出し人は、神楽?それとも御子神父?
なぜ、神崎に悪魔の力を託した?

真耶が、混沌の繭にされようとしている。
封じられていた忌むべき業のすべてが解放される。彼女の身体を母体として。
だから、その前に殺す?

隼人にだけは、このマスクを渡そうとしない神崎。
真耶は神楽真耶なんだ、そして・・・・

もしかして、隼人が辰夫?

そこに、サークスの2人が教会を襲う。
炎に包まれる教会の中で、新たな骸骨男が2人を倒す。

ここにきて、隼人がついに骸骨男になったかな。

これじゃ最後まで正体はわからないな。
最後の最後に誰が骸骨男になってるかわからないもんね^_^;

iconicon
スカルマン THE SKULL MAN 1 <初回限定版> icon 2007/7/25発売

「スカルマン」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« ぽてまよ 第1話 | トップページ | 天元突破グレンラガン 第15話 »

アニメ」カテゴリの記事

スカルマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/15698031

この記事へのトラックバック一覧です: スカルマン 第11話:

» レビュー・評価:スカルマン/第十一夜 「闇よ、我が手を取りたまえ」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 20 / 萌え評価 20 / 燃え評価 40 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 20 / お色気評価 0 / 総合評価 16レビュー数 5 件 サイボーグ部隊SIRKS(サークス)と骸骨男たちとの激しい戦い。ヴォグートは、生き残ったメンバー01と02に骸骨男の追撃を命じる。いっぽう隼人は、ついに骸骨男の正体と、その仮面の裏に隠された秘密を知る。十二月二十五日の「降臨祭」を期に、黒潮真耶に秘められた力を解放する最終計画を準備する白鈴會と、それを利用しようとする... [続きを読む]

受信: 2007年7月 9日 13:27

« ぽてまよ 第1話 | トップページ | 天元突破グレンラガン 第15話 »