« ドージンワーク 第12話(最終回) | トップページ | アイシールド21 第121話 »

2007年9月20日

ケンコー全裸系水泳部 ウミショー 第12話

「おまっおま~♪」

関東大会2日目、海商メンバーは絶好調に。

そして、女子メドレーリレー予選。
ライバルは、となりのレーンの玉塚学園の四つ子・ミミ、マヨ、アイ、ナギ
顔は同じだけど、キャラはかぶってないのね。

玉塚の応援団は、コーラス隊。
そして、このコーラス隊の歌のリズムにあわせて泳ぐ玉塚の四つ子たち。
海商と接戦に。

静岡、緊張と同じ顔がいっぱいでめまいが^_^;
それをほぐしたのは、真綾。
「お前が抜かれても、最後の年増がなんとかする」

その年増こと、織塚だが、途中で足に異常が。

応援もエスカレート。
海商も玉塚に負けじと歌を歌っていたのだが(みんな適当に)最後は歌のネタ切れでみんなで尾の島音頭を。ノリノリのイカマサのパンツからお宝がちらちらと覗く。

それに気づいてしまった玉塚コーラス隊。
コーラスが乱れ始める。
そして、イカマサのパンツが脱げたときには、コーラス隊壊滅^_^;

歌がなくなったことで、リズムが掴めずペースが落ちるナギ。
足がつりそうになりながらも気力で泳ぐ織塚。

結果は、海商の勝利。
だが、この激泳の代償は大きく、織塚はゴールと同時に気絶。

診断の結果は、午後の決勝には出られない。
みんなの努力を無駄にしたくないと、無理して出場しようとする織塚だが、みんながそれをとめる。
そして、決勝には、織塚の代役にあむろが出場することになる。

ここにきて、今までが嘘だったかのように水泳ものになってますが。

ケンコー全裸系水泳部 ウミショー Vol.1 <初回限定版> icon 2007/9/21発売

「ケンコー全裸系水泳部 ウミショー」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« ドージンワーク 第12話(最終回) | トップページ | アイシールド21 第121話 »

アニメ」カテゴリの記事

ウミショー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/16507446

この記事へのトラックバック一覧です: ケンコー全裸系水泳部 ウミショー 第12話:

« ドージンワーク 第12話(最終回) | トップページ | アイシールド21 第121話 »