« アイドルマスターXENOGLOSSIA 第24話 | トップページ | 大江戸ロケット 第24話 »

2007年9月13日

School Days 第11話

「みんなの誠」

このサブタイトルはなんだと思ったら、そういうことですか。
光までが、ミイラ取りがミイラになって、誠とそういう関係になってるし。
乙女のとりまき3人までが、興味本位でやってます。
あれはもしかして、4Pだったのでしょうか

世界は、ショックで学校を休んだまま、部屋に閉じこもりっぱなし。
言葉は、完全におかしくなって、拒否されてる携帯電話にメール打ちつづけたり、喋り続けたり。

世界すらもう面倒な人になってるんですか。

しかし、世界の妊娠が発覚
久しぶりに世界が学校に来たと思ったら、誠に、そのことを打ち明けてる、クラスメートのいる前で。
完全に及び腰の誠。
この話しの途中でもつわりが来て、保健室へ行く世界。

この話しが学校中に知れ渡ってます。
これをきっかけに、みんなが誠から遠ざかる。
まぁ興味本位の3人は当然か。
光も世界のことを考えて、完全に距離をおく。
乙女も、あくまで自分のせいじゃないと世界の妊娠のことを言い訳する誠に、嫌気がさした?
もっと優しい奴だったってさ。

みんなに捨てられて、「なんで俺こんな目に」なんていってますけど。
みんなに相手にされない状況でも言葉のことは思い出しもしないってのが酷いと。

まさに、現実を見てないのは、この時点で、言葉と誠だけ^_^;

クリスマスの街角で、偶然、言葉と誠が出会った。
言葉が完全にイッちゃってるのにやっと気付いた誠。
言葉を抱きしめる。

これで、言葉は目に光が戻ったみたいだけど、現実に戻れたとしても、やっぱりいいことはないような気もするんですけどね。

ところで、これだけ、やりまくってる誠ですが、実は、言葉とはやってない

世界が妊娠して幸せそうに、食事の用意をしてますが、それにしてもちょっと材料の量が多すぎないか?
もしかして、こちらも現実をもう見てないのか?
しかも、ここでも意味ありげに包丁が映ってたりするし。
言葉のときも、包丁が映ってたし、最終回でどうなることやら。

このアニメ、どこに話しを落とすかで、評価ががらっと変わることになるんだろうね。
これでハッピーエンドになったら、すごいことになるんだろうなぁ。

iconicon
School Days 第1巻 <初回限定版> icon 2007/9/26発売

「School Days」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« アイドルマスターXENOGLOSSIA 第24話 | トップページ | 大江戸ロケット 第24話 »

School Days」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/16439507

この記事へのトラックバック一覧です: School Days 第11話:

« アイドルマスターXENOGLOSSIA 第24話 | トップページ | 大江戸ロケット 第24話 »