« Myself;Yourself 第1話 | トップページ | スカイガールズ 第14話 »

2007年10月 5日

CLANNAD-クラナド- 第1話

「桜舞い散る坂道で」

Keyと京アニですね。

岡崎朋也はこの街が嫌いだった。忘れたい想い出が染みついた場所だから。

桜舞い散る坂道で、
「学校は好きですか」と呟く少女。

ここは終わった世界。独りぼっちで暮らす少女。

朋也に対するクラス委員の藤林椋の占いの結果は、優しい女性とロマンチックな出会いをして明日も遅刻する。

椋には双子の姉の杏がいると。

朝、呟いていた少女が一人でお昼にアンパン?を。
気になった朋也はつい話し掛ける。

学校が好きなのに去年長く休んだことで留年して、学年が変わったら知ってる人はみんな卒業して知らない人ばかりだったと。
身体が弱いし、影も薄いから誰も相手にしてくれない?
彼女の名前は、古河渚。

演劇部に入りたかったようだが、勇気がない?

他校の生徒たちがバイクで乗りこんでくるハプニング。
そこに立ちはだかる少女が一人。
坂上智代、2年の転入生。

一人であっさりと撃退してます。ちょっと強すぎです。

放課後、渚は勇気をだして演劇部の部室へ。
「ハンバーグ」とか呟いてますが、これが勇気のおまじないですか?
しかし、部室には誰もいない。
部員が少なくて活動休止になっていた。

ホントにやりたいなら部員を集めればいい?

なぜか渚のことが気になって、朋也はパン屋をやっているという渚の家に。

天然な母とべらんめえな父がいる楽しい家族だったりする^_^;
せんべいパンとかつくって売れ残ってるし。

家族そろって触覚頭ね^_^;

なぜか夕飯をご馳走になってる朋也。

家に戻ると、飲み潰れた父がいた。
母は交通事故で死亡、それ以来父はアルコールに溺れる日々を送っていた。

そんな家がいたたまれずにまた外へ。
そんなとき、その少女と出会った。

「よろしかったらお連れしましょうか?この街の願いが叶う場所に」

Keyのゲームが原作なわけで、それこそどんなことになっていくか想像ができそうですが、相変わらず丁寧に作っている感じですね。
とはいえ、これまでの2作をちゃんと見てないので、それらとは比較できないんですけどね。

見続けるとは思うし、いい作品だとは思うんですけど、このあともレビューをするかは別です。
みんなが書くだろうし、そちらにお任せします。
書こうと思って見ると、話に集中出来ないんで^_^;

「CLANNAD」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

|

« Myself;Yourself 第1話 | トップページ | スカイガールズ 第14話 »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/16666804

この記事へのトラックバック一覧です: CLANNAD-クラナド- 第1話:

« Myself;Yourself 第1話 | トップページ | スカイガールズ 第14話 »