« アイシールド21 第133話 | トップページ | DRAGONAUT -THE RESONANCE- 第12話 »

2007年12月20日

Myself;Yourself 第12話

「赤い記憶」

修輔と朱里がいなくなってから、みんな元気をなくしてる。
そんなとき、修輔から佐菜に釣り竿が届く。
バイトしてまで買った釣り竿を使ってくれと。ただし住所は書いてなかった。

ところで、修輔って釣り竿持っていったけ?
こっちにいるうちに送っておいたとか?

菜々香と麻緒衣を元気づけようと、川へ誘う佐菜。
当日、麻緒衣が風邪を引いたからとキャンセル。
でもこれは、二人に気を使ってのうそだったりする。

おっぱい以外は子供だと思ってたけど大人になった」とかママに言われてます^_^;
中学まで一緒にお風呂に入ってたんですか。
それはそれで、女同士なんで構わないとも思うけど、麻緒衣だと髪の毛とか洗ってもらってそうだな。

で、二人で川へ行って、修輔が送ってきた釣り竿で釣りに挑戦するも釣れず。
菜々香が作ってきたお弁当を食べる。
卵焼きとクッキー。それしか作れないから^_^;

卵焼きは、焦がしちゃって、砂糖入れすぎて、カラも入ってるかもしれないけど。
それでも、菜々香が作ってくれたものだからおいしい^_^;

菜々香に見せたい物があると、上流に誘う佐菜。
途中雨が降ってくるも、なんとかその洞くつに到着。

洞くつの奥の天井部分に光をあてると、星空のようにキラキラ輝く。
修輔と二人で見つけた秘密の場所だったと。

雨宿りもかねてその洞くつで過ごす二人。
佐菜の腕時計について聞く、菜々香。
曖昧にごまかしてる佐菜。

逆に、なんで古いポストに助けてっていう手紙を入れたのかを尋ねる佐菜。
ホントに助けて欲しければ、手紙を送ってくれればよかったのにと。

火事以来、性格も変わってしまったし、大好きだったバイオリンを弾こうとすると胸が痛くなってめまいがして弾けなくなってしまった。
自分がそうなら、佐菜も私が知ってる佐菜じゃなくなってるかもしれないと怖かったから。
でも、佐菜は変わってなかった。私の大好きな佐菜。

いやぁ、変わってなかったんじゃなくて、ここに戻ってきて昔の佐菜に戻ろうとしてるんだと思うんだけどね。

ついウトウトしてしまった菜々香。佐菜がいないことに気付いて、探そうとしたとき、洞くつに差し込む夕日を見て、火事の記憶が甦る。

忌しい記憶が。

先生って誰だと思ったらバイオリンの先生か。

iconicon
Myself;Yourself Vol.1 icon  2007/12/21発売

「Myself;Yourself」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« アイシールド21 第133話 | トップページ | DRAGONAUT -THE RESONANCE- 第12話 »

Myself;Yourself」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/17430907

この記事へのトラックバック一覧です: Myself;Yourself 第12話:

« アイシールド21 第133話 | トップページ | DRAGONAUT -THE RESONANCE- 第12話 »