« BLUE DROP 天使たちの戯曲 第13話(最終回) | トップページ | DRAGONAUT -THE RESONANCE- 第13話 »

2007年12月27日

Myself;Yourself 第13話(最終回)

「きずな」

菜々香が火事の記憶を甦らせる。
両親の親友でもあったバイオリンの先生だったかおるが、ガンで他界。
死ぬ間際に、かおるは、菜々香の父に真実を告げる。

菜々香は、かおると母菜々恵との子供だと。

父はそのことで逆上して、母を責めそのまま殺してしまい、灯油をまいて自殺した。
菜々恵も逆ギレしてたから、まさに火に油を注いでしまったわけだが。
どうでもいいけど、菜々恵は南央美さんか。
央美さんが母親役をやるとは

星野の告白もすごかったけど、これもまたなかなかの展開ですな。
炎の中に立つ長髪の男は結局父だったんですかね。
シルエットが全然違うような気もしますが。

火事の記憶を取り戻してからずっと部屋に引きこもる菜々香。
毎日通う佐菜にも会おうともしない。

そんなある日、佐菜は、菜々香が風呂で手首を切っているのを見つける。
なんとか命をとりとめた菜々香に、佐菜は、自分も中学の時に自殺未遂したことを告白する。

それでこっちに逃げ戻ってきたんだと。

でもあのとき死なないで良かったと今は思っていると。
あの時死んでいたら、菜々香を助けられなかったから。
でもそうなっていたら、菜々香の記憶は戻ってなかったかもしれないけどね^_^;

で、サブタイトル「きずかま ってことですか^_^;

いきなり10年後
桜乃杜自然公園で、菜々香のコンサートが。
そのステージの前に佐菜がプロポーズ。

このコンサートにみんな集まってくる。
ようたって星野の親戚の子供?

星野が中心になって反対運動してくれたことで公園が残ったらしい。
朱里へのせめてもの罪滅ぼしのつもリかな。

その朱里と修輔もこっそりときていた。
未だに二人で手を繋いでるのはいかがなものかと思うけど。

しかし、どこがハートフルラブストーリーなのかわからなかったです。

iconicon
Myself;Yourself Vol.1 icon  2007/12/21発売

「Myself;Yourself」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

|

« BLUE DROP 天使たちの戯曲 第13話(最終回) | トップページ | DRAGONAUT -THE RESONANCE- 第13話 »

Myself;Yourself」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/17490323

この記事へのトラックバック一覧です: Myself;Yourself 第13話(最終回):

« BLUE DROP 天使たちの戯曲 第13話(最終回) | トップページ | DRAGONAUT -THE RESONANCE- 第13話 »