« アイシールド21 第132話 | トップページ | DRAGONAUT -THE RESONANCE- 第11話 »

2007年12月13日

Myself;Yourself 第11話

「告白」

星野の衝撃の告白ですな。
朱里と修輔について学校に投書したのがなんと星野だったと。

しかも朱里のほうが好きだったってか。
可愛さあまって憎さ百倍ですか?

この展開は、ホントビックリだな。
確かに観覧車で朱里を見て、なんかあるなとは思ったけど、朱里が悩んでいるのを申し訳なく思ってる感じに見えたんだけど、こういう展開だったとは。

でもこの後のことを考えると星野の行動がすべて裏目にでることになるわけすな。
投書により、朱里はロンドンに留学させられそうになったわけだし、せめて庇わずに朱里が刺されていれば、朱里が入院することになって、留学の話は流れるか、延期にはなっただろうからね。

朱里もいまさら犯人が分かったところでどうすることもできないか。

ロンドンへの留学の日が急遽決定して、その前に駆け落ちをすることを決める朱里と修輔。
お昼一緒に食べて、午後の授業に出てこなかった二人。
それで、一瞬にしてことを察する佐菜^_^;

修輔がちょっと言ってような言葉だけでこれを察知するのはすごすきると思うんですけどねぇ。

駅まで行くが、ギリギリで間に合わず。
偶然!通りかかった麻緒衣ママの自転車を借りて、電車を追う佐菜。
これがまた追いつけるんですか。

鉄橋を通る電車に向かって、河原から叫ぶ佐菜。
どこに行っても俺たちいつまでも友達だからな

その声は聞こえなかったけれど、修輔には伝わった。
だって5年前に修輔が佐菜に言った言葉だから。

いやぁそれなりにクライマックスではあるんですが、逃げるって選択はいかんでしょう
公園の問題とかもあっさりと投げ出したことになるし。

それより、未成年の男女がどこに行くっていうんだ。
現実的には、母親の実家を頼るってのが普通だと思うんだけどね。

離れ離れになっていた間の問題を5人でまた解決していくって話かと思っていたのに、一番強そうだった二人がいきなり退場ですか。

で、あのOPの光景は見られないんでしょうか?
個人的には、最終回がOPになるんだと思ってたんですけど。

Myself;Yourself DVDVol.1 icon 2007/12/21発売

「Myself;Yourself」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« アイシールド21 第132話 | トップページ | DRAGONAUT -THE RESONANCE- 第11話 »

Myself;Yourself」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/17361117

この記事へのトラックバック一覧です: Myself;Yourself 第11話:

« アイシールド21 第132話 | トップページ | DRAGONAUT -THE RESONANCE- 第11話 »