« ナイトウィザード The ANIMATION 第11話 | トップページ | アイシールド21 第132話 »

2007年12月13日

BLUE DROP 天使たちの戯曲 第11話

「Thoroughwort」 あの日の記憶

失意の中、BLUEを後にするマリ。
そのBLUEにシバリエルは、地殻破壊用のメガボマーを使用することを決定。
さすがにこれには、アザナエルも反対するも、聞く耳もたず。
シバリエルがBLUEに拘る理由を探るアザナエル。

真実を知られて?
それとも自分で言い出せなかったことで?
泣き続ける萩乃の前に、なんとオノミルの思念体が姿を見せる。
そのオノミルに謝り続ける萩乃。
「あんまり一人で抱えすぎないでくださいね」
そう言って消えるオノミル。

学園では劇の通し稽古が始まるも、萩乃がいないからか、みんな真剣味がたりない。
で怒ってでていってしまうみち子。
それで反省して、みんなやる気になった。

マリに思念体を飛ばして謝る萩乃。
二人が話してる声を聞く菅原。

そのとき、空に巨大飛行物体の影が、急いでBLUEに戻る萩乃。
「帰ってくるわ、必ず」

システムダウン中のBLUEは苦戦。
メガボマーが迫ったとき、突如システムが回復してなんとか迎撃に成功した。

このとき、オペレーター席にオノミルの姿が見えた。オノミルが助けてくれた?

演劇の役柄に自分を重ねるマリ。
「もう一度逢うことができたら、今度は素直になれる」

アザナエルは、
BLUE型エミルフォースドライブの爆縮によって副次的に生成される思念波を凝結する物質が存在することを知る。

オノミルの思念が残ってると、シバリエルには都合が悪い?

iconicon
BLUE DROP ~天使達の戯曲~ Vol.1 icon 2007/12/26発売

「BLUE DROP」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« ナイトウィザード The ANIMATION 第11話 | トップページ | アイシールド21 第132話 »

BLUE DROP」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/17353592

この記事へのトラックバック一覧です: BLUE DROP 天使たちの戯曲 第11話:

« ナイトウィザード The ANIMATION 第11話 | トップページ | アイシールド21 第132話 »