« しおんの王 第12話 | トップページ | もっけ 第15話 »

2008年1月15日

ヤッターマン 第1話

「ヤッターマン誕生だコロン!」

30年ぶりに復活したヤッターマンを見てみました。

いやぁ微妙ですね。
いいところを探そうと思って見てたんですけど、違和感とかのほうが先にみえてしまうんですよね。

OPの曲もせっかく同じものを使っているのに、これはこれで懐かしいけど、歌ってる人が違うしアレンジも違う。まぁこれはどんなものでもリメイクしたときに使う手法なんだけど、どうして山本正之さんじゃだめなんだろうとか思ってしまうわけで。

ドロンボー一味はみんなキャストがそのままなのにヤッターマン側は総取り替えっていうのもなんとも。とはいっても、いまさら太田淑子さんにガンちゃんやれっていうのも無理があるけど^_^;
あらいっそのことドロンボー一味も全員キャストを変えてしまうのもありだったんじゃないかなぁと思ったり。

富山敬さんの替わりはもう山寺さんで決まりなんですかね^_^;

作品中でも言ってましたが、ドロンジョさまのお色気シーンとか、ドロンボー一味のやられっぷりとかも完全に抑え目ですしね。
今のほうが30年前よりも規制が厳しいってことなんでしょうか?
最後の見せ場でもあるはずの、お仕置きシーンがほぼカットってどういうことって感じです。

アイちゃんのしゃべり方もイマドキを意識してるのか、かなりい違和感あるし。
でも声は伊藤静さんなんですよねぇ^_^;

ドロンボー一味にしても、さすがに30年という時間を感じてしまうというか。
さすがに息はあってるんだけど、テンポというかノリというかが厳しいかなぁと。

ヤッターマンの魅力の一つは視聴者を巻きこんだノリのよさというかスタッフ陣の悪ノリというかがあったと思うんですけど、当時のスタッフなんて今や大御所だったりしますからね。そういった人たちがまだ若手のころに新しいこととか実験的なことをやってきた作品でもあるわけで、今回のヤッターマンはそういった意味でどこまで弾けられるのかっていうのが課題かなと。

初回を見る限りでは、規制もあるのかもしれないけど、お上品にまとまってしまったかなと。

間に2回CMを入れていてCパートまであったことからも、もしかしたら最初から海外を意識してるのかもしれないですけどね
それだと、このお上品さも頷けるんですよね。日本の規制以上に海外は厳しいから。
ただ海外を最初から意識すると逆に海外でのウケは悪かったりするんだよな^_^;

なんだかんだと文句ばかり書いてるようですが、密かに期待していただけにちょっとがっかりだったというのが本音です。

ホントにオールドファンを納得させつつ現代の若者までとりこもうとして、結局どっちつかずになってるように感じるんですよね。
どこかで弾けてくれるといいんですけどね。

ちなみに初回は、東京タワーメカでした。
ビックリドッキリメカはスパナメカ。
ドクロストーンじゃなくてドクロリング。

iconicon
BSアニメ夜話   6 ヤッターマン icon

「ヤッターマン」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« しおんの王 第12話 | トップページ | もっけ 第15話 »

アニメ」カテゴリの記事

ヤッターマン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/17699231

この記事へのトラックバック一覧です: ヤッターマン 第1話:

« しおんの王 第12話 | トップページ | もっけ 第15話 »