« 彩雲国物語 第二期 第33話 | トップページ | true tears 第4話 »

2008年1月28日

今ごろ「銀色の髪のアギト」を見てみました

今更ですが「銀色の髪のアギト」を見ました。
先日BS2で放映されていたので録画してやっと見てみました。
もう2年も前の映画になるんですね。

で、GONZO版のナウシカとか言われてた理由が分かりました^_^;
ナウシカというか、それこそ、コナンにラピュタにと80年代の宮崎作品てんこ盛りって感じましたけどね^_^;

さすがに映像はきれいでしたが、それでもCG部分と2D部分との融合が今一つだったようにも見えました。
特に、森の色使いに対してCGで描かれた水が微妙に違和感を感じましたね。
水の表現って未だに難しいんだと痛感しました。

あとトゥーラがどこで森を守るほうに考えを変えたのかもよくわからなったです。
森を守るというよりは、今生きてる人間を殺したくないって思ったってことですかね?

敵の軍人さんたちの立ち場も分かり辛かったし、ちょっと中途半端な部分が多かったですかね。
何が描きたかったかはわかるんですけど、ストーリー的には説明不足な部分が多すぎかなと。

これなら映画にしないで2クールくらいのテレビアニメにしたほうがよかったんじゃないかと。
そのほうが、よっぽど本当に描きたかったことが描けたんじゃないかと思いますね。

あと、毎度のことながら、どうして映画になると主役クラスの声をちゃんとした声優さんにやらせないんでしょうかね。オタク以外にも見てもらう為の話題作りなんでしょうけど、演技力というか作品自体の質を犠牲にするほど違う物なんでしょうか?

あまりにあまりで、感情移入出来ないんですよね。
ミンカ役の南央美さんが妙に目立ってしまっていたし。

アギトを見て感じたのは、やっぱり映画って難しいんだなということですね。
そして、宮崎駿監督の凄さですかね。
なんだかんだ言われていてもナウシカとかちゃんと映画としてまとまってるし。
それだけに最近の作品はどうしちゃったのかなぁとも思いますけど^_^;

iconicon
銀色の髪のアギト <通常版> icon

|

« 彩雲国物語 第二期 第33話 | トップページ | true tears 第4話 »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/17868537

この記事へのトラックバック一覧です: 今ごろ「銀色の髪のアギト」を見てみました:

« 彩雲国物語 第二期 第33話 | トップページ | true tears 第4話 »