« ロザリオとバンパイア 第6話 | トップページ | きらりん☆レボリューション 第95話 »

2008年2月 9日

H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ 第6話

「ゆい」

この村はずっと我慢してきた。すべてを奪われ傷つけられ地に落とされても、声を挙げなかった。

仲直りしたひなたとはやみ。それこそはやみのために給食があるのにお弁当の卵焼きを作ってくるひなた。

そんなひなたに不快感を抱くも神楽の家が怖くて何もしないクラスメートを尻目にゆい一人くってかかる。
ひなたが作った卵焼きを蹴り飛ばすほどに。
「何があってもあなたを許さない」とはやみを睨む。

小日向家は、ずっと権力を利用してあらゆるものを奪っていった。
小日向家の横暴に対してついに村人が立ちあがった。その指揮を取ったのが神楽家だったと。

そして小日向家を追い出した。
小日向家は一家離散した。

逆にこれで神楽家がなりあがったと。

ちなみに、ゆいの祖父も小日向家のせいで医者にも見てもらえず死ぬことになった。

微妙にわかりづらいけど、一家離散した後も、はやみの家族はこの村で暮らしていて、ひなたと友達になったことから今度は火をつけられたってことですか?

小日向家ってどのくらいの規模の一族だったんですかねぇ。

うさ晴らしに街へ出掛けたゆい(はまじ、まきと一緒に)はまたまた偶然街に来ていた琢磨、ひなた、はやみとばったり。

はやみ新しい服を買ってもらって髪もなぜかツインテールにしてるし。

なぜか6人で遊ぶことになってるし。
喫茶店でのかき氷(高原のささやき)対決は引き分け。
ゆいはお店で一番高い服を買ってます。どうしてあんな懐かしい厚底サンダルなんだ。

音羽も制服姿以外で初登場?
「時間は無限じゃない」と。
これは琢磨がここにいられる時間か、それとも目が見えている時間か、はたまた。

パンチングマシーン対決は、はやみの圧勝ですか。
「僕、こんなパンチをうけていたんだ」by琢磨。

悔しくてゆいは一人先に帰ろうとするも、財布を落としてしまう。
かといって、今更みんなのところには戻るのもプライドが許さず、村までの山道を歩いて帰ることに。

山道に詳しいはやみが一人で後を追う。

それにしても、どうして新しい洋服を買ってそのまま着替えちゃいますかね。
しかもそれまで着ていた洋服はどうしたのか。
せめて靴だけでも履き替えなければ、ゆいも歩きやすかっただろうに^_^;

厚底サンダルでは歩きづらく、転んだところがはやみの実家ですか。
しかも燃やされて跡形も無くなった。

追いついたはやみに、お祖父ちゃんを返して。

でも、親も家も生活も何もない。もう何も返せないと、はやみ。
はやみは、罪滅ぼしのために村に残ってるってことですかね。

燃え跡にあった皿を抱きしめながら、楽しかった家族の団欒を思い出すはやみ。
母親の想い出の甘い卵焼き。

次の日、給食の卵焼きを一つだけ、はやみにくれるゆいでした。

街では新しい服にあわせてのツインテールだと思ったんだけど、学校でもはやみはツインテールになってる。これからはやみはツインテールですか?

アイキャッチの
ツインテールは私だけよ
っていうゆいの叫びもわかるなぁ^_^;

iconicon
片翼のイカロス  2008/1/25発売icon
オープニングテーマ/榊原ゆい

「H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« ロザリオとバンパイア 第6話 | トップページ | きらりん☆レボリューション 第95話 »

H2O」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/40050510

この記事へのトラックバック一覧です: H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ 第6話:

« ロザリオとバンパイア 第6話 | トップページ | きらりん☆レボリューション 第95話 »