« 彩雲国物語 第二期 第36話 | トップページ | 破天荒遊戯 第7話 »

2008年2月18日

true tears 第7話

「ちゃんと言って、ここに書いて」

比呂美の衝撃の告白に、悩む眞一郎。

乃絵が昼食に誘っても、乃絵にはわからないと突っぱねる眞一郎。
乃絵は比呂美にあなたのせいで眞一郎が悩んでるはずと、だから眞一郎に謝ってと。
飛べないあなたのせいで飛べる眞一郎が悩むのはもったいない。

理由を教えてくれない比呂美と喧嘩になる乃絵。

またまた眞一郎に、どうして教えてくれないの?と
眞一郎のこと分かりたいのに。悩んでるの見てるの辛いと。

純は、愛子と一緒にいた眞一郎の前に現れて、乃絵とつきあえと迫る。
俺は約束を守った、お前も守れと。

愛子は三代吉に、本当の気持ちを伝えようとするも、分かってしまった三代吉はその先を言わせなかった。
「俺には愛ちゃんしかいないから」

眞一郎のことが好き。そのことに気付かされて動揺してる乃絵。
「変わってしまった、恥ずかしくて眞一郎の顔見られない」

そんな乃絵に、純は「変わっていい。変わらなきゃだめなんだよ」と。

眞一郎のほうも、そんな乃絵が好きになりはじめてる?
好きじゃなきゃこんなに気になるわけがないと、少し強引に乃絵が好きだって事にしちゃってる。

翌日、学校で眞一郎が声をかけたら、逃げようとする乃絵。
そんな乃絵に、俺と付き合えよと。

「ちゃんと言って、好きだって」
「乃絵が好きだ」
「ここに書いて」と地面を指す乃絵。
小石を並べて、『のえがすきだ』 (だの点々は乃絵の手袋になったが)

これを見て、とっても泣きたい気持ちになった乃絵。
悲しいからじゃなく、幸せだから、きっと幸せなんだと。

愛子の店で、乃絵と付き合う事になったと話し始める眞一郎に突然キスしてくる愛子。
「お願い、私のことも見てよ。お願いだよ眞一郎」

iconicon
true tears Vol.1 icon 2008/3/25発売

「true tears」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« 彩雲国物語 第二期 第36話 | トップページ | 破天荒遊戯 第7話 »

true tears」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/40164025

この記事へのトラックバック一覧です: true tears 第7話:

« 彩雲国物語 第二期 第36話 | トップページ | 破天荒遊戯 第7話 »