« のらみみ 第10話 | トップページ | BUS GAMER 第1話 »

2008年3月17日

true tears 第11話

「あなたが好きなのは私じゃない」

比呂美が一人暮らしを初めて、比呂美との仲はよくなった眞一郎だが、逆に乃絵とは会わない日が続く。

三代吉に愛子が電話。もう一度友達からやってみようと。
雪降って地固まった?

女子バスケ部は、蛍川と練習試合。
純との仲を嫉妬されて、集中攻撃をうける比呂美。それを止めに入ったのが応援に来ていた純その人だったりする。

その後純と会う比呂美。
もう会うのも連絡するのもやめましょうと。契約があるという純に
「あなたが好きなのは私じゃない。あなたにはあの娘以外はどうでもいいのよ、なぜ分からないの?」
と。

その夜、比呂美に純から電話。
乃絵が帰ってこないと。
そのことを眞一郎に伝えるかどうか一瞬躊躇する比呂美。結局伝えるんだけど。

そのころ、眞一郎は雷轟丸とじべたの物語を描きあげていた。
じべたのほうが先に崖から飛ぼうとして落ちてしまう、雷轟丸は結局飛ばずに終わる。あまりいい最後じゃない物語。それでも乃絵に見せなくちゃと思ったところ。

乃絵はじべたのところにいた。
この地上には苦しいことが、辛いことがたくさんある。
飛びたい、すべてから逃れて自由に羽ばたきたい。そう願ったほうがきっと楽。
じべた、私が飛ばせてあげる、とじべたを連れ出すの乃絵。

岸壁でやっと乃絵を見つける眞一郎。

iconicon
true tears Vol.1 icon 2008/3/25発売

「true tears」関連商品をセブンアンドワイで探す

|

« のらみみ 第10話 | トップページ | BUS GAMER 第1話 »

true tears」カテゴリの記事

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/40527842

この記事へのトラックバック一覧です: true tears 第11話:

« のらみみ 第10話 | トップページ | BUS GAMER 第1話 »