« 君が主で執事が俺で 第10話 | トップページ | ヤッターマン 第9話 »

2008年3月10日

シゴフミ 第10話

「デアイ」

文歌の小さいころかと一瞬思ったけど、外に出たことないと言ってたから違うのね。

母親に連れられ親戚の家に来た文伽、その家の息子の日比谷毅彦と留守番することになる。
毅彦は絵を描きたくて入ったゲーム会社を辞職していた。
文伽の何気無い、命という言葉に反応する毅彦。

辞職した理由は、ガンだった。
だがそれを誰にも言えずにいた。

ファミレスに行って、ゲームして映画見て、帰り際に、ちょっと諍いを起こしてボコボコにされてる。
さらに文伽を誘拐したのではと誤解されて警察の取調べを受けることに。

その警察署で文伽は、婦人警官にシゴフミを届けていたフミカと出会う。

やっと誤解がとけて解放された毅彦。
普通がそんなにいいのか?でも俺はもう。

帰り道で車が故障。
しかたなく人を呼びに行くために歩き出す毅彦。車に残した文伽だったが一人は嫌だとついてくる。
途中、文伽がゲームを始める。
そのゲームは森の仲間達というゲームで毅彦もキャラを描いていた。

そして毅彦が描いたキャラを一番の仲良しだと言う文伽。

ただ絵が描きたくて、ゲーム会社のグラフィッカーになった。
ただ絵を描いて喜んで欲しかった。
ああ叶ったじゃないか。そう思ったとき、二人にトラックが突っ込んでくる。

文伽をかばって死んだ毅彦。

その葬儀の日、文伽にシゴフミを届けるフミカ。
そこには、文伽の絵が描かれていた。

毅彦がもう戻ってこないことを理解した文伽だった。

眠り続けていた、文歌がついに目覚める。

iconicon
シゴフミ 一通目 icon 2008/3/25発売

「シゴフミ」関連商品をセブンアンドワイで探す 

|

« 君が主で執事が俺で 第10話 | トップページ | ヤッターマン 第9話 »

アニメ」カテゴリの記事

シゴフミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/40446274

この記事へのトラックバック一覧です: シゴフミ 第10話:

« 君が主で執事が俺で 第10話 | トップページ | ヤッターマン 第9話 »