« RD 潜脳調査室 第1話 | トップページ | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第1話 »

2008年4月 9日

秘密 The Revelation 第1話

「脳と旅する男」

日本テレビでは連続で脳ものですか^_^;
RDは電脳だけど、こちらは本物の脳ですけど。

死んだ人の脳を取りだし、それをMRIスキャンすることで、その人の記憶の映像が甦る。
それを使って事件を解決する部署が第九研究室。

室長の薪剛は寝ているときでも防弾チョッキを着て、なぜか聖書を抱えている。
それは、撃つなら頭を撃たれて死にたいと。
そしていつでも脳を撃ちぬいて死ねるように、聖書の中はくりぬかれていて中には拳銃が入っているとか。

そんな第九に赴任してきた青木。

最初の事件として、拳銃強盗犯人による主婦榎木雪野殺害事件が。
被害者の脳が取り出され、その脳をMRIにかけるために警察病院から運び出そうとした青木と岡部だったが、その脳を奪われてしまう。

その脳を奪った犯人は、なんと夫だった。
娘に書き置きを残して、一枚の昔の写真をとともにどこかへ姿を消してしまう。

脳は、死後48時間以内にスキャンする必要がある。

薪は、抜かれた写真の回りにあった写真からその写真がどこで撮影されたものかを特定させる。

実際そこに妻の脳と一緒に夫がいた。
夫は、妻の秘密は誰にも見せたくないと盗んだものだった。

まぁわからなくもないですね。
いくら捜査のためとはいえ、すべての記憶を見られてしまうことになるかもしれないわけだから。
究極のプライベートだし。

雪野の脳にあった最後のシーンには犯人がはっきりと映っていた。
その犯人とは、雪野と夫の共通の親友・金沢だった。

金沢は雪野に復縁を迫って断られて撃ったようだった。
つまりは二人は昔つきあっていたと。

17年前に雪山で遭難して死んだと思われていた金沢だったが、実は助かっていた。
ただし記憶をなくしていたらしい。それが三ヶ月前に記憶が戻ったてそれで雪野の前に現れたと。

夫のほうは、雪野を金沢から奪ってしまった負目がずっとあったのだが。
実際、雪野の死の直前のフラッシュバックでは、金沢との想い出が甦っていた。

しかし、金沢が撃つ直前、金沢のサングラスに映った、雪野の唇の動きを読んだ青木。
「あなたのことは忘れたいの。夫と娘を愛している」と

読唇術が出来るっていうのはこういうところで役に立つんですか。
映像は出せても、音はでないんですね。
でも音の記憶もあると思うんですけどねぇ。それは別の場所をスキャンするとでるってことなんですかね。

今期は、白泉社の作品が多いですねぇ。

iconicon
秘密   1 icon 
ジェッツコミックス

「秘密 The Revelation」関連商品をセブンアンドワイで探す 

|

« RD 潜脳調査室 第1話 | トップページ | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第1話 »

アニメ」カテゴリの記事

秘密」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92886/40830468

この記事へのトラックバック一覧です: 秘密 The Revelation 第1話:

« RD 潜脳調査室 第1話 | トップページ | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ 第1話 »