カテゴリー「ARIA」の53件の記事

2008年4月 2日

ARIA The ORIGINATION 第13話(最終回)

「その 新しいはじまりに…」

なんの予備知識もなしに見たので、藍華やアリスじゃないが、私も驚いた。
アリシアさんが引退するんだろうなぁとは思ってはいたけど、
寿退社だとは。
いやぁホント驚いた。

ゴンドラ協会の常任理事になることも決定と。

引退セレモニーまでは引継ぎ作業で、アリアカンパニーにはいてくれるアリシアさんだったが、ちょっと姿が見えなかっただけで、アリシアさんがいなくなることを痛感して涙が零れちゃう灯里。
そんな灯里をそっと抱きしめてくれるアリシアさんだったりする。

一方で灯里もプリマとして、今まで出会ってきたたくさんの人たちのお陰で順調にスタートしはじめてます。

そしてアリシアさんの引退セレモニー。
あれだけ盛大なセレモニーを協会主催で行なってもらえるアリシアさんも、本当にすごいウンディーネだったんだと思い知らされますねぇ。

櫂を灯里に託し、そしてアリシアは陸へ上がる。
アリシアさん本当に本当にお疲れ様でした

空も雪を降らせる粋なはからいを。
まさにスノーホワイトに相応しいセレモニーになった。

アリシアが去ったアリアカンパニー。
その初日、部屋の中には昨日までのみんながいた愛しい光景が灯里の目に。
それでも、思い切ってシャッターを開ける灯里。
「でも大丈夫」
これから今が始まるんだから

灯里のアリアカンパニーが始まる。

今度のアリスの自分ルールは、三人揃って遊びに行くことですか。
アテナはオペラで女優デビュー。
アリシアさんはグランマと忙しく動き回っているようで。

アリシアさんが遊びに来てくれたときのあの、カウンター越しの笑顔というより、あの腰のくねり具合が気になってしかたない^_^;

アバンのシーンは最後のシーンに繋がっていたんですねぇ。
初めて制服を着たときの灯里をうれしそうに眺めるアリシアさん。
そしてラストは、灯里がアリシアさんの立場になってアイちゃんの制服姿を見つめると。
しかし、あの灯里の髪型は。

ところでアリシアさんのハートを射止めた旦那さんはどんな人なんでしょう?
ものすごく気になる^_^;

この最終回を見せられるとさすがに第四期はなしですかね。

ARIAはやっぱりいいですね。
シリーズ通してもブレがなかったし、まして今期は作画からシナリオからほぼパーフェクトだったんじゃないでしょうか?

こんなに見ていて心が安らぐアニメはなかったですし、もうないかもしれないですね。
それだけに本当に終わってしまうのが残念です。

iconicon
ARIA The ORIGINATION Navigation.2 icon 2008/5/23発売
2巻のパッケージはトラゲットの三人ですか。ホント人気ありますねぇ

iconicon
ARIA The ORIGINATION Navigation.1 icon 2008/4/25発売

「ARIA」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月26日

ARIA The ORIGINATION 第12話

「その 蒼い海と風の中で…」

冬も近づいたある日、いつも通りに藍華と合同練習しようとした灯里。
悲しそうに寂しそうにそして申し訳なさそうに、藍華が
もう一緒に合同練習出来ない、と。
グラブをしていない右手に気付く灯里。

そう藍華は正式にプリマになった。
満面の笑顔で心からお祝いをする灯里。

もう一つ話しておくことがあると藍華。
それは、サンタルチア駅の近くに姫屋の支店がオープンすることになり、藍華がそちらに支店長兼務で行く事になったと。だから凄く忙しくなってしまうと。

嬉しいことなのに藍華は泣き通しだった。

OPはその藍華のプリマ昇格試験の様子ですね。
最後は、その新しい支店の前で、感動して藍華と晃、二人して泣いてます^_^;

そんな話をした灯里に、アリシアは、「明日プリマ昇格試験を行ないます」と。

緊張して眠れない灯里は、夜練習に。
暁にウッディー、「落ちた」の連発ですか。お約束といえばお約束だけど。

そして朝、あいにくの雨。
延期しようかというアリシアに
「大丈夫です。ずっとこの日が来るのを待っていたんです。アリシアさんが昇格試験をするって決め手くれた日だから私にとって今日はもう大切な日なんです

午後になりようやく雨も上がる。
ついに昇格試験開始。
お待たせしました。さあお手をどうぞ

座席には湯たんぽを用意する心遣い。

リアルド橋では、暁とウッディーが応援してくれる。
トラゲットの三人も、アテナも藍華も晃もアリスもネオベネツィアのみんなが灯里を声援してくれるよう。

最後の難関、普段は進入禁止の細い水路へ。
オールから指先に伝わる。とても深くて静かな水の旋律。みんなとの大切な日々が今の私を支えて、力強く押し出してくれる。
三人でいつもずっと練習してきたからだから大丈夫。

そして最後のコース。
「ここから先の行き先は灯里ちゃんが決めるのどんなプリマになりたいのか、灯里ちゃんが決めるんだから」

物事が動き出すときは不思議。
みんなそれぞれ道を歩んでるのにお互いの変化を呼びあうかのように連鎖が重なる。
まるで初めからそのときを運命付けられていたかのように。

灯里が最後に選んだ場所は

アリアカンパニー

私がなりたいのはグランマのようなアリシアさんのようなアリアカンパニーそのもののようなプリマです

あなたがアクアに来てくれて私の世界は一変したと。
まるで魔法にかけられたように。
あなたに逢えて本当によかった。ありがとう私の

アクアマリン
遥かなる蒼

灯里の右手からグラブを外すアリシアさん。

「大切なお話があります」

ということで、灯里もついにプリマウンディーネになりました。
でもアリシアさんの大切な話っていうのが気になります。

藍華がいれば恥ずかしいセリフ禁止のオンパレードのような回でした^_^;

iconicon
ARIA The ORIGINATION Navigation.1 icon 2008/4/25発売

「ARIA」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月19日

ARIA The ORIGINATION 第11話

「その 変わりゆく日々に…」

晃、悩む。
乙女プリンセス、わがままクィーン、さすがの姫っ子、禁止姫、泣き虫セレナーデ・・・
いくらなんでもそれはねぇ。とはいえ、こういう絶対使われないのが分かってるのに限って色々浮かぶものなんだよね^_^;

姫屋でもアリスのことが話題になり、藍華も焦ってるのでは、空元気なのではと。
晃もまさにそのことが心配だったりするのだが、藍華は本気でやる気満々だった。
「走るとき前に自分よりちょっと速い人がいるときの引っ張られる感覚。いつもより速く走ることができる感覚」だと。

そんな藍華に、晃は、紙きれを投げつける。
そこには、藍華の通り名の候補が書き連ねられていた。

ということで来月の祝日にプリマへの昇格試験が決定!
落ちたら承知しないぞ、未来の女王陛下

すべては我が愛しき
ローゼンクィーン
の名の元に

ということでBパートは藍華の試験かと思ったら、アリスの話だったりします。

プリマとして忙しいアリス。忙しくて灯里と藍華にあのお月見以来会っていない。
会いたくなって夜に電話しようかと考えるも、その口実がないことに気付いて躊躇してしまう。

会いたいのに、会いにいけない。このままもう会えなのではと思い初めてしまうアリス。
そんな雨の夜、部屋に戻ったアリスを出迎えてくれたのは、その灯里と藍華だった。
バナナをほうばりながら^_^;

一応理由は行きつけのピザ屋の新作ピザを持って。

でも、元気がなかったアリスを心配してアテナが呼んでくれたのかもなんて思ったりもする。
そんなことだれも言わないけど。

いつもの三人、いつもの会話、いつもの時間、いつもの空気。

時間もきっかけもないと思ってたのに。
時間なんて無理矢理作ればいいと藍華。

でもきっかけがない。
アリスちゃんがあるじゃないと灯里。
会うためのきっかけも特別な理由もいらない、アリスちゃんだけで十分だよ
恥ずかしいセリフ禁止!

この仲間ならでっかい大丈夫!
そう思えるアリスだった。

iconicon
ARIA The ORIGINATION Navigation.1 icon 2008/4/25発売

「ARIA」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日

ARIA The ORIGINATION 第10話

「その お月見の夜のときめきは…」

アリスのプリマとしての初日を陰から見守る、灯里と藍華。
猫の写真を撮っていた青年のために、猫を追ってバックしたのだけが良かったところ?

後は緊張しすぎて、まるでおもちゃのロボットというかゾンビみたいだったアリス。
落ち込んでるアリスを励まそうと、お月見に誘う灯里。

アリア社長、ついに姫社長に気持ちが通じた?

ちゃっかりアルくんを誘っていた藍華は、遅れてるアルを迎えに行く。
アルと歩いてちょっとはしゃいでしまった藍華は、広場の古井戸に落ちちゃった。
助けようとしたアルも結局一緒に落ちちゃう。

そこにやってきたのは、まぁ社長^_^;
助けを呼んできてと頼むも、なぜかまぁ社長まで井戸に。

それでもまぁ社長だけが頼りと、なんとか外に出して、アリスたちを呼んできてくれるように頼む二人。
アクア猫は人の言葉を理解出来るんですか。アリア社長が特別なわけじゃないんですねぇ。
といってもアリア社長は違う意味で特別な存在だけど^_^;

助けを待つ間、二人だけで井戸の中からお月見をすることになる藍華とアル。
アクアと月の関係に自分たちを重ねる二人。

引かれあう力と遠ざかる力の絶妙なバランスを保ってる。
だから月は近づくことも離れることもなくアクアの周りをぐるぐる回る。

アルくん意外にも暗いところが苦手のようで。

二つ目の内側の月は近すぎる?
近づきすぎるといつかアクアの影響でこなごなに砕けてしまう?
そして、今の二人も近すぎる。
そんな不安がよぎる藍華に、アクアにとっても月は大切なのだとアル。
アクアだって月の影響をうけている。

いい雰囲気になったところで、藍華のお腹が鳴いた^_^;
団子あれだけ食べたのにねぇ^_^;
「台無しよー」

というところに、灯里とアリスが助けに来てくれた。

こっそり手を繋いで歩く藍華とアルだったりする。

iconicon
ARIA The ORIGINATION Navigation.1 icon 2008/4/25発売

「ARIA」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日

ARIA The ORIGINATION 第9話

「その オレンジの風につつまれて…」

卒業。みんな少しずつ変わっていく。私に教えてくれた様々な出来事、今まで出会ったすべての人に感謝の気持ちを込めて「ありがとう
なんてデッカイ恥ずかしくて言えません。

ミドルスクールを卒業したアリス。
卒業式の後は、後輩たちにもみくちゃにされてます。

制服の第二ボタン下さいって、相変わらずこのネオヴェネツィアは日本くさいですな^_^;
しかも、第二ボタンで本来、心臓に一番近いからだったはずで、ブレザーの第二ボタンもらってもねぇ。かなり下のほうだし^_^;

今度こそ本当にアリスをピクニックを誘うアテナ。
アテナが客、アリスがウンディーネの役割で。

いきなり、はっとするような素敵な笑顔で
お客さまお手をどうぞ」とアリス。

最高の笑顔をくれる先輩と練習しているからだそうで。

観光案内もハキハキしていて分かりやすい。
毎日何かと禁止する厳しい先輩にしごかれているからだそうで。

そして、田園地帯を流れる運河へ。
大きな船に追いぬかれるときも、絶妙な操舵でゴンドラを端に寄せるアリス。

お弁当を食べて、途中ジェラートを買って、水上エレベーターへ。
ちょうど降りてきたウンディーネに、「頑張ってね」と声を掛けられるアリス。

何のことかわからないアリスだが、エレベーターの中出は一旦お仕事モードは中断とアテナ。
それで、カンツォーネだけは苦手だと相談するアリス。

本人が辛いと思って歌う歌は聞いている人にも辛く伝わるもの。
歌う為の技術はもちろん必要だけど、何より大切なのは歌うことが大好きだという気持ち。
アリスちゃんの歌をアリスちゃん自身が好きになってあげなくて他の誰が好きになってくれるというの?

昇りきったところで、オレンジ色の夕日が目に入る。

アクアと呼ばれる前のこの世界は一面のオレンジ色だったからか、世界がオレンジ色に染まるこの時間帯が私たちアクアに住む人間には愛しく懐かしい。まるでここに私たちの永遠があるよう。

その先の風車の回る丘の上に待つ人影が。
灯里に藍華、そして水上エレベーターのおじさん、オレンジプラネットの偉い人に協会の人まで。

最後に、アテナがアリスに一曲お願いする。
実は私、こう見えてもセイレーンと呼ばれる方の一番弟子なんです」
カンツォーネを感情豊かに歌い上げるアリス。
これまでの様々な出来事を思い出しながら。

「昔から歌は上手くなかったけれど、子供のころは歌うのが大好きだったんです。
お客さまの言葉がそのころの気持ちを思い出させてくれました。
ありがとうございました」

アテナ、アリスの左手を取り、そしておもむろにグローブを外してあげる

感激するアリスだったが、アテナはすぐにアリスの右手をも手に取り、右のグローブをも外してあげる。

オレンジプラネットとゴンドラ協会は過去に例のない大英断を下したと。

オレンジプリンセス今日からあなたはプリマウンディーネです

史上初、プリマ飛び級昇格!!

ピクニックに行くことでシングルになるんだろうなぁとは思っていたけど、いきなりプリマになるとはやられた。
しかもちょっと感動した。

通り名もらうのはいいとして、オレンジプリンセスかぁ、今はいいだろうけどこの後ずっとプリンセスなんだろうか?
いずれクィーンになってもいいのかな^_^;

今は一緒に感激してる灯里と藍華だけど、後輩に先を越されたんだけどねぇ。

iconicon
「ARIA The ORIGINATION」Drama CD I icon 2008/3/21発売

iconicon
ARIA The ORIGINATION Navigation.1 icon 2008/4/25発売

「ARIA」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日

ARIA The ORIGINATION 第8話

「その 大切な人の記憶に…」

明日、アテナとピクニックに行くとアリス。
それを聞いて、灯里と藍華は「ついに」とか思ってますが、それってシングルになる試験ってことですよね。

でも、今回のはアリスが誘ったそうで、ちょっとがっかりの二人。
それでも、最初に言い出したのはアテナのようだけど。
暖かくなったらピクニックに行きましょうと言われていたのに、春になってもアテナが忙しくて全然誘ってくれないので、自分から誘ったと。

ピクニックの予定を楽しそうに考えるアリス。
お風呂シーンは足だけですか。そうですか。

お風呂から戻ったら、アテナがもう寝ていたので、ピクニックの予定を枕元に置いてあげるアリス。

しかし、朝になったら、急な仕事が入ったようで仕事に行ってしまうアテナ。

がっかりして、まぁ社長と部屋でピクニックごっこをしているところに、やっと戻ってくるアテナ。
午後だけでも行きましょうと言ってくれるのだが、アリスは強がって「もういいです」と。

出て行こうとするアリスを追いかけようとしたアテナだったが、まぁ社長が投げたバナナの皮ですべって転んでしまうアテナ。

灯里のところにアリスから
デッカイSOSです灯里先輩

駆けつけた灯里とアリシアが見たのは、てきぱきと働くアテナの姿。
そして、アテナが記憶喪失だと。

アリシアさんのホケーっとした顔って珍しいような^_^;

でもアリア社長のことは思い出したアテナ。
それでどうやらアリシアは何かに気付いたようで。

アテナをじっと見つめるアリシアのことも思い出すアテナ。
それでアリシアは、とりあえず一日様子をみましょうと、仕事に行ってしまう。

とにかく少しずつでも記憶を戻してもらおうと、なじみのお店に。
そこにはアテナ用のスペシャルメニューがあると。

たくさん注文した中からそのスペシャルメニューをしっかり選ぶアテナ。
ついでにまぁ社長も思い出した。

今度はオレンジプラネットに戻って、アテナ愛用のオールを一発で見つけるアテナ。
そして灯里のことも思い出した。

なのに、アリスのことだけ思い出さない。

アリシアが戻ってくるころだとアリアカンパニーへ移動。
どうしても自分のことだけ思い出してくれなくて、落ちこむアリス。

そんなアリスにアテナが
「あなたにとって私はどんな存在だったんですか?」
「とってもドジッ娘な先輩で同室の私はトラブル続きでいつも困ってて・・」
「やっぱり嫌いだったんですね」
「嫌いってことは」
「じゃぁ好きだった?」
「どちらかと言えば後者でしょうか」
泣き出してしまうアリス。

そこにアリシアが助け舟を。
「もういいんじゃない、アテナちゃん」

なんと記憶喪失とは嘘だった^_^;
いやさすがに見てるこっちは、途中から分かってたけどね

ドジッ娘のせいで迷惑ばかりかけてる。
今朝のことでホントに愛想をつかされたかもしれないって、とても不安になって、アリスの本当の気持ちが知りたくて。
だから、記憶喪失になればアリスがどう思っているか本当のことが聞けると思って。

「次からは直接聞いて下さい。私はアテナ先輩のそういうところデッカイ大嫌いです

次回はどうやら、ついに本当にピクニックに行くみたいですねぇ。

iconicon
「ARIA The ORIGINATION」Drama CD I icon 2008/3/21発売

iconicon
ARIA The ORIGINATION Navigation.1 icon 2008/4/25発売

「ARIA」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日

ARIA The ORIGINATION 第7話

「その ゆるやかな時の中に…」

アリアカンパニーの創立記念日ということで、休業してブラーノ島に嫁いだアリシアの先輩アンナに逢いに行く。

ヴェネツィアンレースで有名なところでもあるそうで。

アンナとは、明るくて華やかで男性ファンがたくさんいて今のアリシアよりもはるかに忙しかった人だそうで。

どんなタイプかと思ったら、気風のいい姐さんってタイプですな^_^;

そこにグランマもやってきて、創立記念日を祝う。

ここでグランマがアリアカンパニー創立の秘話を教えてくれる。

姫屋でエースと呼ばれるようになって十四年 (って顔からは想像できないが三十歳超えてるってことだよね?) 自分を見失いかけていたとき、ただ海をじっと見つめている今のアリア社長と出会った。
話しかけても何も答えずただずっと海を見つめるアリア社長を見ていて、大切な時間をゆっくり育んでいきたいと思うようになった。

そして雨の夜、アリア社長が心配になって朝まで一緒に海を見つめて過ごしたグランマ(明乃さん)。
今まで無理をしていた自分に気付いてアリアカンパニーを始めることにした。

きれいな青い瞳に映る世界を私も見てみたいと。

そうしてアリアカンパニーは始まったが、いつか灯里のアリアカンパニーが始まるときがくる。
それを楽しみにしていると。

ということで、アリア社長はいったい何歳なのかがもの凄く気になる話でもありました^_^;
姫社長が振り向いてくれないのは、アリア社長がお年寄りだからではないかと思ったりして・・・

あと、グランマちょっと縮みすぎのような^_^;
姫屋時代→アンナが辞めるとき→現在
と段階を踏むごとに着実に縮んでいっていると^_^;

iconicon
「ARIA The ORIGINATION」Drama CD I icon 2008/3/21発売

iconicon
ARIA The ORIGINATION Navigation.1 icon 2008/4/25発売

「ARIA」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日

ARIA The ORIGINATION 第6話

「その 素敵な課外授業に…」

灯里がアリシアに一度も叱られたことがないということで、なぜそうなのかを調べようとこっそりとアリアカンパニーを観察し始めるアリス。

灯里がアリシアのお気に入りのティーカップを割ってしまっても怒らない。
繋いであったはずのゴンドラが流されてしまっても、怒りもしないで冷静に原因を見つけてる(鋭い金属片がロープにぶつかったらしい)逆に、ゴンドラが流れるのを見つけたアリア社長を誉めてる。

今回はミスじゃなかったから叱らなかった?ミスなら叱る?
もしかして、灯里を見放してるから叱らないのでは、と勘ぐってしまうアリスだったりする。

そんなとき、カフェでアリシアとばったり。
気まずいアリス、しかもしっかりとずっと観察していたのばれてたりする。
あらあらうふふお釈迦様の掌の上だった?

それならと思い切って、どうして灯里を叱らないのかを聞いてみるアリス。
答えのかわりに、アリア社長に飴玉を渡して、少し離れた席にいる女の子に渡してきてとお使いを頼むアリシア。

アリア社長は、まっすぐ向かわず、寄り道してはそこで遊んでたりする。
それでもやっと渡して戻ってきたとき、それをしっかり誉めるアリシア。
そして、今度は違う男の子に渡して来てとまた飴玉をアリア社長に。
今度はまっすぐ向かってすぐに渡してきたアリア社長。

アリシアは、もし西瓜割りで声をかけるとしたら、
「そっちじゃない」じゃなくて
「こっちこっち」とかけると。

間違いを指摘され続けると、間違いが怖くなって身動きできなくなってしまう。
だから、自分で動けるようになるように見守ると。

教えることと教わることは似ていると。
一心同体になって、たーんと挑戦して、たーんと失敗すること。
そして、たーんと喜びを分かち合いたいと。

誉めて育てるのがアリシアの方針ってことですな。
でもそれは実はものすごく難しいんですけどね。

iconicon
スピラーレ icon 2008/1/23発売
牧野由依が歌うOPテーマ

「ARIA」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日

ARIA The ORIGINATION 第5話

「その おもいでのクローバーは…」

今日から夏服に。

アテナの歌声に聞きほれる街の人。
風で飛んだ少女の帽子を優雅なオールさばきでキャッチするアリシア。

そんな天才二人とずっと一緒にいた晃はどんな気持ちだったのだろうと考える藍華。

アリスも天才的なオールさばきをみせる。
灯里は街の人気者で友達作りの天才。
まさに藍華もそんな天才二人に囲まれて、自分の才能のなさを痛感していた。

晃の部屋の大掃除を手伝わされる藍華。
そこで、晃のシングル時代のアルバムを見つける。

それはまさに、アテナがプリマに昇格したときの三人での記念写真。
アリシアはすでにプリマになっておりこのとき晃だけがシングルに取り残されたのに、なぜ晃は笑顔でいられたのか?

それを素直に質問してみる藍華。

晃は実際、辛く苦しかったとそして悔しかったと。
晃の強さを支えてくれたものは?
アルバムに挿まっていた栞の思い出を語る晃。

一人落ち込んで街を彷徨い、ふとクローバーの花壇に。
そこでつい四つ葉のクローバーを探してしまう晃だが、見つからない。

そんなとき、幼い藍華が話し掛けてくる。
「ないものはないんだからしょうがないよ」と。
そして
ないものは付け足せばいい」と、薔薇の花びら一枚を三つ葉のクローバーに付け足す藍華。
「可愛い四つ葉のクローバー完成」
私はこっちのほうが好きだと。

真っ赤な薔薇の花びらがお姉ちゃんのハートだよ」と。

これがきっかけで、晃は努力に秀でた才能を持とうと決めた。
そうライバルが天才なら自分は秀才になればいいと。
それで秀才になれる晃もやっぱり凄いんだけどね^_^;

この話しを聞いて感動してる藍華だが、自分がその少女だったとは気付いていなかったりする^_^;

その栞を藍華にプレゼントする晃。

晃の通り名「クリムゾン・ローズ」はこれが由来?

晃から元気をもらった藍華さんでした。

iconicon
スピラーレ icon 2008/1/23発売
牧野由依が歌うOPテーマ

「ARIA」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月30日

ARIA The ORIGINATION 第4話

「その 明日を目指すものたちは…」

アリシアさんばかり大忙しで、もっと役に立ちたいと灯里。
そんな灯里に、トラゲットをやってみないと推めるアリシア。

トラゲットとは その名の通り虎をゲットする仕事じゃなくて、ゴンドラを使った渡し舟だそうで。
メインストリートである大運河に何ヶ所か乗り場があって前と後ろの漕ぎ手二人でお客様を運ぶ、水先案内人業界で唯一シングル同士でお客様を乗せられる仕事。

違う会社のシングルで組んだりするのでネオヴェネツィアのちょっとした名物にもなってる。

初めてのトラゲットに興奮して緊張してる灯里。
オレンジプラネットのアトラと杏、姫屋のあゆみとの4人で組むことになる。

杏はプリマへの昇格試験に落ちたばかりでちょっと落ちこんでる。
でも何度もプリマ試験に挑戦を続ける頑張り屋さんでもある。

あゆみは、プリマになるつもりはないと。
トラゲットが好きでずっとトラゲットをしていたいから。

そんな話をしながら、トラゲットデビューをする灯里。

順調に仕事をこなして一日終了。

灯里みんなに誉められてる。その腕ならプリマになるのも時間の問題じゃない?
なんて言われてる^_^;

アトラと杏の試験官は厳しすぎる?
全否定してくる先輩ではいくら試験を受けても合格しない?

アトラも半年前に試験を受けたが落ちてしまって、それから再チャレンジしなくなった。
落ちる度にウンディーネとしての自分が否定されてるような気になって堅くなってしまうと。

そんなアトラに杏は、他人は変えられなくても自分は変えられる。
柔らかくなればどんな形にだってなれるし、どんなことでも吸収できる。そうなればきっとプリマになれると励ます。

灯里も、自分で自分をおしまいにしない限り、きっと本当に遅いことなんてないと。

三人と出会って、また前向きになれた灯里さんでした。

iconicon
スピラーレ icon 2008/1/23発売
牧野由依が歌うOPテーマ

「ARIA」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ