カテゴリー「BLUE DROP」の13件の記事

2007年12月27日

BLUE DROP 天使たちの戯曲 第13話(最終回)

「Rosmarinus」 海の雫

学園祭が始まる中、アルメによる地球への総攻撃が始まる。
ツバエルは一人、BLUEを駆り萩乃に芝居だけは最後までやらせてあげようと学園を守りつづけるも、ちょうど芝居の途中で学園にも避難命令がでてしまう。

萩乃はみんなに正体を明かし、学園をそしてマリを守る為BLUEへ。
「また帰ってくるんだよね」というマリに
さよなら」とだけ残して。

スパイだった?という生徒たちに、みち子は
そんなわけないじゃないですかと、萩乃を信じる発言を。

BLUEへの執拗な攻撃を続けるシバリエル。
絶体絶命のBLUEをアザナエルが救う。

マリ、萩乃を追う。
出撃していくBLUEに向かい叫ぶマリ
「まだ終わってないから」
マリの声をアジサシが届ける。

マリは芝居の続きを叫びつづける。

ジェノサイドモードに移行し、すべてを焼き払おうとするシバリエル。
萩乃は、ツバエルを強制脱出させ(BLUEっていつからたった二人で動かしてたんだろう^_^;)

BLUEをノヴァールへ特攻。

バラの名はジャンヌ、千光寺萩乃

ジャンヌ、世界に希望の種を蒔くもの

30年後、和平交渉のため、地球全権大使として、みち子がアルメの母艦へと向かう。
その手には、オルレアンの少女の台本を抱いて。
護衛にはツバエルとアザナエルがついてたりする。

HPのクロニクルみると、壮大な物語の序章なんですなこれは。
そう思うと萩乃の特攻にどれだけの意味があったのか気になるところではあるけど。

それでも萩乃とマリとの関係が幾人かの人の運命を変えたのも事実ではあると。

百合としてもSFとしても両方描こうとして結局どっちつかずって感じで終わった感じもしますね。
2クールくらいにしてもう少し両方ともじっくりと描いてもよかったかも。
それでもどっちつかずってきっと言ってるんだけど^_^;

とはいえ、極限状態の恋愛ものっていう受けとめ方をすれば、それなりに合格点だったとも思いますね。

iconicon
BLUE DROP ~天使達の戯曲~ Vol.2 icon 2008/1/23発売

「BLUE DROP」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月20日

BLUE DROP 天使たちの戯曲 第12話

「Cosmos」 美しい調和

学園祭の前日、萩乃も戻ってきて、劇の最終稽古にも熱が入ってくる。

その裏で、地球に着々と危機が迫っていた。

地球への総攻撃を前にBLUEをそしてエカリルを滅ぼそうとするシバリエル。
BLUEの事故は、シバリエルにしくまれたものだったと、詰め寄るアザナエル。

エミルフォースドライブを暴走させ不十分なシールドから漏れ出した精神感応波がフォリメ、そして我々アルメにどのような影響を及ぼすかを調べる実験台にしたと。
その痕跡を消す為に執拗にBLUEを狙ってる?

アザナエル、シバリエルのこめかみを銃で撃ちぬくも、そのシバリエルの姿は消えて行く。
この姿こそ、まさに思念凝結兵器だった。

真の目的は、エミルフォースドライブの臨界反応によって得られる物質化現象にあった。

萩乃を呼び出して銃を向けつつ正体と目的を迫る菅原。
数日中に大きな侵略が始まると告げる萩乃。
でも私はこの星を守りたいと。

それを偶然聞いてしまったみち子は何を思う?

逃亡するアザナエルだったが、ついに追い詰められ撃たれる。
思念凝結兵器があれば、この先千年でも地球人を支配することができる。内在する恐怖によって。

意識が朦朧とする中でオノミルがくれたおまじないのブレスレットがアザナエルの血に反応して作動。
アザナエルをノヴァールから脱出させた。

前夜祭で盛り上がる中、マリと萩乃は、気持ちを確かめあう。
「ちゃんと話してくれなかった分」
いままで心配させた分」萩乃をプールに落としてる(自分もすぐに飛びこんでるけど)

シバリエルは、ついに全艦に出撃を命じる。

iconicon
BLUE DROP ~天使達の戯曲~ Vol.1 icon 2007/12/26発売

「BLUE DROP」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月13日

BLUE DROP 天使たちの戯曲 第11話

「Thoroughwort」 あの日の記憶

失意の中、BLUEを後にするマリ。
そのBLUEにシバリエルは、地殻破壊用のメガボマーを使用することを決定。
さすがにこれには、アザナエルも反対するも、聞く耳もたず。
シバリエルがBLUEに拘る理由を探るアザナエル。

真実を知られて?
それとも自分で言い出せなかったことで?
泣き続ける萩乃の前に、なんとオノミルの思念体が姿を見せる。
そのオノミルに謝り続ける萩乃。
「あんまり一人で抱えすぎないでくださいね」
そう言って消えるオノミル。

学園では劇の通し稽古が始まるも、萩乃がいないからか、みんな真剣味がたりない。
で怒ってでていってしまうみち子。
それで反省して、みんなやる気になった。

マリに思念体を飛ばして謝る萩乃。
二人が話してる声を聞く菅原。

そのとき、空に巨大飛行物体の影が、急いでBLUEに戻る萩乃。
「帰ってくるわ、必ず」

システムダウン中のBLUEは苦戦。
メガボマーが迫ったとき、突如システムが回復してなんとか迎撃に成功した。

このとき、オペレーター席にオノミルの姿が見えた。オノミルが助けてくれた?

演劇の役柄に自分を重ねるマリ。
「もう一度逢うことができたら、今度は素直になれる」

アザナエルは、
BLUE型エミルフォースドライブの爆縮によって副次的に生成される思念波を凝結する物質が存在することを知る。

オノミルの思念が残ってると、シバリエルには都合が悪い?

iconicon
BLUE DROP ~天使達の戯曲~ Vol.1 icon 2007/12/26発売

「BLUE DROP」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日

BLUE DROP 天使たちの戯曲 第10話

「Cirsium」 復讐

オルレアンの少女の脚本が完成。
みち子が演出まですることになってしまって、配役に悩む。

で、結局、鳳海寮の人たちも加わってもらうことに。

萩乃の血は白いのね。

主役がマリ、ジャンヌが萩乃と。

言い出す勇気。

萩乃はマリをBLUEに誘う。
ホントのことを告白する為に。

しかし、BLUEはイルカですか?

アザナエルはBLUEのシステムをダウンさせて、萩乃たちがその復旧に追われる間にマリに、あの事件の真相を話す。
これが、アザナエルの復讐。

オノミルを助けずに地球人のマリを助けるようなエカリルへの。

エミルフォースドライブ。
艦の指揮官から漏洩した精神感応波動はフォルメの神経細胞を冒した。
影響を受けたフォルメたちは上陸部隊とともに全滅した。
おのれの作り出した恐怖の幻影に怯え、互いに虐殺を繰り返した挙句・・・

その唯一の生き残りがマリだと。

原因は、コマンダー・エカリルだと。

BLUEを混乱に陥れて、アザナエルは一人脱出していく。

iconicon
BLUE DROP ~天使達の戯曲~ Vol.1 icon 2007/12/26発売

「BLUE DROP」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月29日

BLUE DROP 天使たちの戯曲 第9話

「Lagenaria siveraria」 夜の思い出

みち子の脚本のあらすじは、
『炎で焼かれる夢から覚めた少女が気付くと、そこはジャンヌダルクのいる牢獄。
いきなり現れた少女を悪魔と罵るジャンヌダルク。それに反発する少女。
狭い牢獄の中で険悪な雰囲気になっていくのだが、ジャンヌの処刑を翌朝に控えて、様々な人が訪れる。
彼らには、少女がジャンヌに見える。
これにより、少女は、ジャンヌの孤独な胸の内を理解していく。

そして、心を開いていくジャンヌは、いつしか自分の命よりも大切なものを見つける。
諦めずに信じ続けることがきっと何かを変えていくのだと。
未来を恐れずに希望を捨てないことによって』

どこまでを知ってるのか知らないが、たしかにマリと萩乃とをイメージした内容ですな。

このイメージ映像のお陰でかなりの動画の枚数が減らせたと思われるけど^_^;

これをもとに、必要なものを隣り街に買い出しに行くマリと萩乃。
二人で楽しく?買物を。

マリ、ブルーに見覚えが、いや萩乃にも初めて逢った気がしなかったと。

ほとんどデート気分のようで
最後は観覧車に乗って夕日を見てるし^_^;

帰りは、歩いて帰ることにしたのだが、途中でマメを作って足を痛めるマリ。
追い討ちをかけるように、雨が降りだし、雨宿りする二人。

あれどこの家に入りこんだんですかねぇ。閉まった喫茶店とかかな。でも勝手に入りこんでいいんでしょうか?

二人で身体を温めあいながら眠ってしまう。
このとき、マリの接触テレパスの能力が、二人に、事故のときの映像を見せる。

マリを助けたのは、萩乃だった。

これを知って、アザナエルはオノミルを見殺しにしておきながら、こんなフォルメを助けたことに怒りが湧きあがる。

裕子先生は、萩乃のプロフィールだけプロテクトがかかっていることに気付いた。

iconicon
BLUE DROP ~天使達の戯曲~ Vol.1 icon 2007/12/26発売

「BLUE DROP」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月22日

BLUE DROP 天使たちの戯曲 第8話

「Hyoscyamus niger」打ち破る想い

ツバエル、寮の中を散策。
萩乃の生写真に激しく反応してる^_^;

みち子、脚本がまったく書けず。
期待されているのもわかるので、いい出すことも出来ず。
頑張っても出来ず、出来たのはパラパラマンガくらい^_^;

学園祭には、地元の名士やテレビも来るということでプレッシャーが募り、逃げ出してしまうみち子。
家に戻って小さい頃の自分の書いたものを見なおしてる。

マリが探しに。それを見てまた逃げ出してる。
でも結局は戻ってきて、素直に謝ってるけど。
プレッシャーに負けて書きたくないわけじゃなくて、書きたいのに書けなくて悩んでいたと。
疲れからか、倒れてしまったみち子。

それでもみち子が見つかって安心したマリと萩乃とツバエルは寮へ帰る。
その姿を保健室の窓から遠くに見ていたみち子。

ふと、構想が浮かんだようで。
猛然と脚本を書き始める。
浮かんだ映像を鑑みると、ユリか?
いいのか、そんなんで^_^;

ツバエルが見えたみたいなんだけど、いずれみち子にも正体がばれるのかな?

アザナエルにブルー艦内での行動の自由を与える萩乃。
オノミルの居室を見つけるアザナエル。

ツバエルはアザナエルに、ブルーのエンジン暴走事故のときの映像を見せる。
そこには、オノミルが自分から、暴走を食い止めようと機関室へ入り作業をしている映像があった。

そして、艦の欠陥か、それとも仕掛けられた罠かなにかを発見したようだが、なすすべなく暴走にまきこまれてしまっていた。

iconicon
BLUE DROP ~天使達の戯曲~ Vol.1 icon 2007/12/26発売

「BLUE DROP」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日

BLUE DROP 天使たちの戯曲 第7話

「Crinum」穢れない心

船津丸の実家に遊びに行くマリたち。
船津丸の姉の赤ちゃんを見て和んでる。

その姉は二人目臨月。
そのわりには、赤ちゃんが小さいような。
そろそろ動き回って大変なころだと思うけどね。

マリたちは海へ。
ということで水着回でもあったと。

沖の岩まで泳いでいくマリ。
岩についたら突然の豪雨。一緒に泳いでいたはずの萩乃の姿が見えなくなって心配に。
萩乃は、途中できれいな貝を見つけてそれを取っていただけだったんだけど。
すごく息が続くようで^_^;

その雨の中、船津丸の姉が陣痛、病院へ。
留守番することになったマリたちが赤ちゃんの面倒をみることになる。

オムツ替えでてんてこ舞い。
汚れちゃったからと、お風呂にいれてやる。
赤ちゃんをお風呂に入れるのは大変なんだけどねぇ。
案外お風呂は上手く行ったみたいだけど。

沸騰したミルク与えようとしてるし。
ミルクはなんとか人肌にして飲ませたけど、今度はしっかり戻された^_^;
ちゃんとゲップさせないとね。

船津丸、マリたちにまかせていたら赤ちゃんが殺されると、豪雨の中病院から必死にもどる^_^;

穢れない心の赤ちゃんでも回りは汚れまくりです。

それにしても、陣痛から生まれるまでが早くないですか?
2人目だから超安産だったのか?

ツバエルは、萩乃から貝をもらって妄想モードに入ってます。
萩乃には休息が必要って。それはあの事故と関係がある?

「BLUE DROP」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日

BLUE DROP 天使たちの戯曲 第6話

「Campanula」 小さな瞳

期末考査で赤点取ったら、夏休み外出禁止で補習。
マリは学年トップを狙っていたのだが、なぜか化学でぶっちぎりのワースト1(5点)を取った。
家庭教師に天才と言われていたのは物理だそうで。

追試に合格する為に、担当の裕子先生が教えてくれる。
夏休み中ずっと補習したくないから^_^;

親身になってくれる先生にいつしか惹かれていくマリ。
好きっていうより母親のイメージなのかもしれないけど。

追試の日、偶然、マリは裕子先生が神隠島の事件のことを調べていて、そのためにマリを見張っているのだと知ってしまい、逃げ出す。

花火大会の裏で、ブルーは攻撃されていた。
しかも、このブルーへの攻撃は囮で、本命は、マリだったようで。
アザナエルがマリを狙う。

マリを追いかけた裕子は、マリを守ることも任務だと盾になろうとする。
ギリギリで萩乃が間に合い助かる二人。

マリに秘密がばれちゃったからこれでお別れという裕子だったが、マリは最後まで勉強を教えてと。
裕子を受け入れたわけね。

ブルーを攻撃していた三、四艦隊はブルーの反撃を受けて撤退。
萩乃は、アザナエルを拘束する。

とりあえず、マリは化学の追追試^_^;

「BLUE DROP」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日

BLUE DROP 天使たちの戯曲 第5話

「Garden verbena」 親子の絆

萩乃は、膜状多元宇宙における別異層から来た人間。
厳密には宇宙人ではないらしい。
マリに告白してる。
それを結構あっさりと受け入れてるマリ。まぁツバエルが見えてるしね。

学園長が倒れる。
学園長と朱音はやっぱり親子だった。
学園長と母親が離婚して、母のほうに引き取られたが、新しい父とうまくいかずに、この学園に来た。
それからは、時々呼び出しをくらっては、学園長室でただ会話するでもなくまったりと時間を過ごしてきただけだが。

マリに、ちゃんと話しをしたほうがいいと。
甘えるならちゃんと甘えなくちゃ学園長が可哀想と言われて、門限を破って夜中に病院に駆けつける朱音。

ノヴァ-ルのシバリエルは第2艦ケルビルンにブルーを発見し撃破せよと命令。
萩乃不在のブルーは、最初の攻撃で損傷。なんとか逃げるも、これを萩乃に報告。
萩乃は、次は自分が指揮をとると。

萩乃の指揮で、ブルーが反撃に成功する。
しかし、これで完全にブルーは孤立、反逆者となる?

「BLUE DROP」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日

BLUE DROP 天使たちの戯曲 第4話

「Dahlia pinnata」 不安

萩乃は、もう二度とマリの前に戻らないつもリで、ブルーに戻った。
そして、事故の詳細をノヴァールのシバリエルに報告。

エミルフォースドライブが暴走、大破した機関部を修復していたと。
その暴走事故で、200名の先遣上陸部隊が全滅、ブルー乗員もナビゲーター一名が死亡。
接触ポイントの現地人800余名をエミルフォース波の影響で死亡させた。

現地人ごときはどうでもよくて、ナビゲーター・オノミルの命が奪われたことに怒る、アザナエル。
私情もいいところだけど。
彼女たちの、地球人に対する考え方が分かるシーンでもある。

報告の中に、マリのこともあったようで。
エミルフォースの影響を受けない現地人として。

それに興味を持ったシバリエルは、研究材料としてマリを補足しようと小型機を向かわせる。
それを知った萩乃は、自らマリを助けに戻る。

マリは、朱音に連れられて、みち子と地元の商店街の洋食屋さんへ。
朱音は、コックを目指してるそうで。

そこに、不良さんたちが乱入。
みち子を助けようとして、マリが車で連れ去られる。
連れていかれた港に、今度はシバリエルの刺客の小型機が^_^;

宇宙人が女子を捕獲するのはやっぱり触手ですか^_^;
その小型機を萩乃が破壊して、マリを助ける。

なんだかんだと反発していたマリだが、助けられてさすがに素直になったみたい。
いなくなって寂しかったところへ、劇的に戻ってきてくれたわけだからね。

それでも、萩乃がどうして最初に首を絞めようとしたのかはわからないけど。
あの事故のことを知ってる人間は生かしておけないって本能でもあった?

「BLUE DROP」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ