カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の205件の記事

2008年4月 5日

ダブルヒロイン登場

BS熱中夜話がレギュラー番組になっての第一弾が「ウルトラマンとウルトラセブン
ゲストに、両作品のヒロインだったフジ隊員こと桜井浩子さんとアンヌ隊員ことひし美ゆり子さんが登場してました。
このツーショットはちょっとうれしかったですね。

今回の内容は、カルトクイズでほぼ終わってしまいましたが、次回もまだ続くようで。

あの有名なスプーンで変身しようとしたエピソードは、ハヤタ隊員こと黒部さん自らのアイデアだったそうで。
しかも今では、イベントなどに呼ばれるときは、黒部さんご自身でスプーンを持っていくほどだとか^_^;

iconicon
DVD ウルトラマン 全10巻セット icon 

iconicon
DVDウルトラセブン 全12巻セット icon 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年4月 2日

「偶然だぞ」福留メジャー笑撃?デビュー!?

ニュースでも取り上げられた「偶然だぞ」ボード、ホント笑いました。

Guuzen_e06cbff6

今年からシカゴカブスに移籍した福留選手。
開幕戦それこそ大活躍だったわけですが、彼がヒットを打つたびに、ファンが掲げるんですよ^_^;
9回に同点ホームラン打って、観客に挨拶した時もファンが掲げる掲げる^_^;

最初はそれこそアンチなのかと思ったんですけど。
それにしてもボードを持ってるファンが多すぎるし、いったい何なんだと思ったら、このボード実はカブスがファンに配ったものみたいですね。

それならどうして、「偶然だぞ」なんて言葉になってしまったのかってことなんですが、これはエイプリルフール(現地では3月31日だし)だったからではなくてどうやら機械翻訳による誤訳だったらしいです。

その言葉が「It's gonna happen」(ついに来る とか やってくれる とかそんな意味だそうですが)
これはカブスのファンのスローガンみたいなものらしいです。
実際、「偶然だぞ」のボードの裏にはこの言葉が書いてあったりします。
これを日本からやってきた期待の福留選手のために、わざわざ日本語に翻訳したと。
そしたら、なぜか、「偶然だぞ」って翻訳されてしまったらしいです。
ちなみに、翻訳サイトは天下のGoogle(英語版)さんだそうで^_^;

カブスにとって日本人選手は初めてだったこともあり、歓迎しようとしたみたいですけどね。
ある意味それが裏目に出たと^_^;

それにしても、絶妙の誤訳だと思いますけど。
これこそ、まさに偶然だぞってことなんでしょうか^_^;

ただ、これ今後どうするのかも気になるところです。
誤訳には気づいてしまったと思われるので、はたして直すのか、それともそのままにしてしまうのか。
個人的には、そのままにして欲しいような^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月20日

パ・リーグ開幕(はやっ)

気付いたら、もうパ・リーグ開幕しちゃいました。
それにしても早い。選抜高校野球より早いとは
しかも、生僧の雨で前日までのポカポカ陽気もうそのように寒くなっての開幕ですか。
それを見越してか、すべてドーム球場でしたけどね。

どうして毎年毎年、スポーツイベントが沢山ある日を狙って開幕するのか謎。
わざとこっそりと開幕させてるとしか思えない^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 9日

広川太一郎さんがお亡くなりに

広川太一郎さんが3月3日にガンのためお亡くなりになっていたそうで。
また一人、個性的な声優さんがこの世を去ってしまったことが残念です。

個人的には、ちょうど現在BS2で再放送されている名探偵ホームズのホームズが印象的ですね。
あとはMr.BOOシリーズのマイケル・ホイ役ですかね。
絶対Mr.BOOは、広川さんの吹き替えのお陰で日本でヒットしたわけですから^_^;

そしてなんといっても
いいんでないかい」とか
~っちゃったりなんかして」などの
あの独特の広川節が忘れられません。

心よりご冥福をお祈り致します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 6日

目次の役割

十二国記の短編・丕緒の鳥が読みたくて購入したyomyomでしたが、さすがにそれだけでは780円は高いので、元を取るべく^_^;他の掲載作品も読んでみました。
畠中恵さんのしゃばけシリーズの短編も掲載されていたりして、読みごたえはありました。
しゃばけシリーズは面白かっただけに本編の長編のほうも読みたくなりました。

ところで、改めて気になったのは目次です。
普通に単行本とかだと、掲載順に記載されていますが、雑誌などだと、ページ順ではなく、特集記事なり目玉記事なりがどーんと大見出しになって、その後に連載ものなどのページが続いたりします。

まさに今回気になったのは、雑誌形式の目次だったことです。
まぁyomyomは文芸誌ですから雑誌形式でも当然なんですが。

で、何が気になるかというと、掲載されている作品がいったい何ページなのかが分からないことです。
ページ順に記載されていれば、それで分かる訳ですが、そうではないので、その作品がいったい何ページなのかを知る為には、実際にページ数を数えることになります。それがちょっと面倒かなと。
目次の中で、探せないこともないですが、これもやっぱり面倒です。

別に1つの作品のページ数が何ページだろうとあまり関係ないじゃないかと思うかもしれませんが、私は、小説を読むときは一気に読みたいタイプで、ページ数から読む時間を算出します。
時間があれば最後まで読んでしまうんですが、どうしても最後まで読む時間がなさそうな場合は区切りのいいところまで読みたいと。
短編がたくさんあるような場合は、読み始めたら短編ひとつは読みきってしまいたいのですが、その時間が何ページかわからないと計算できないので、面倒なんですよね。

面倒といっても、実際に数えればいいだけなんでそれほどではないんですが、それでもそれが目次でできるほうがいいなぁと思った次第です。

20ページなら読めるけど、50ページ読む時間はないときに、どの作品が20ページなのかを調べるのは結構面倒なんですよ、本当に。

なので、出来れば、目次に作品のページ数を入れてくれるか、掲載順の目次もつけてくれるかしてくれるとありがたいなぁと。

iconicon
しゃばけ icon
新潮文庫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日

書かないつもりだったんですが

多分書かないと書いておいてなんですが、丕緒の鳥を読んで、ちょっと思うところがあったので書いてみたいと思います。
といってもネタバレするつもりはないですけど。

ちなみに丕緒とは、主人公の名前です。
とはいえ、個人的には、この丕緒という名前にも意味があるのではと思っています。
とは大きいという意味があり
には、物事の始まり、手がかり、それに長く続くものとかとかの意味があります。

なんか意味深な名前だと思います。

舞台は慶です。予青七年の終わり陽子が登極する直前から登極して半年間くらいのお話です。
とはいえ、陽子は最後にちょっと出演するだけですけど。

でもその最後のシーンではちょっと感動してしまった自分がいます。

で、この作品を読んで、ああこれは小野不由美さんご自身のことなのではと思いました。
丕緒という人物を通して、ご自身の十二国記に対する(作品すべてに対してかもしれませんが)想いを表現したのではないかと。

長らく新作が出なかったのは、まさにこういう心境だったのではと。
ただ嬉しいことに、丕緒の想いは最後に報われています。
これは今後も十二国記を続けてくださるということだとも受け取れて、少し嬉しくなりました。

ということで、今後どのような形で発表されていくのかは分かりませんが(今回のような形で発表されていくのかな?)次回作を期待せざるをえません。
ただ、こんな読者の我侭が小野さんを苦しめてしまうのかもしれませんが。

iconicon
図南の翼 十二国記 icon
十二国記の中で実は一番好きな作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十二国記の外伝が出たー

いやあ、十二国記の外伝が久しぶりに発表されるということでそれだけで、新潮社のyomyom (2008/3月号  2/27発売)を買ってしまいました^_^;
50ページの書き下ろしで、丕緒の鳥というタイトルです。
まだ読んでないけど。

十二国記の新作がよもや新潮社のほうで出るとはちょっと意外でしたが。(番外編とはいえ、十二国記シリーズの最初の作品の魔性の子は新潮社ですから意外とはいえないんでしょうけど)
それでも小野不由美さんがまだ書いてくれるつもりがあることが分かっただけでも収穫でしょうか^_^;
ということで、本編のほうの続きもよろしくお願いします

さすがに発行部数が少ないのでどうなるかと思ってたんですけど、近所の本屋さんにしっかり置いてあって、見つけただけでうれしくて、これは買うしかないと^_^;
その本屋さんは文芸書とかの品揃えがそこそこ充実しているところだったんでもしかしたらと思ってたんですけど、本当に置いてあるとは思わなかったです。
でもしっかりポップがあったんで、十二国記目的の私のようなものがいると見込んで仕入れていたみたいですけど。
私が買ったとき(夕方6:30くらい)で、まだ残り5冊くらいあったのでもしかしたらまだあったりして?

とはいえ、それだけで780円はさすがに高いとは思ったんですけどね。
だからといって立ち読みするのもさすがに出来ないし^_^;

まぁ、精霊の守り人の上橋菜穂子さんのインタビューとかもあるんでゆっくりと堪能しようかと思ってます。

発行部数が少ないようなので、手に入れられない人も多いと思うので、感想とかは多分書きません^_^;
ネタバレもどうかと思うんで。

iconicon
月の影影の海 上 icon
講談社X文庫 White heart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日

R-1は前座扱いですか?

ピン芸人のNO.1を決めるR-1ぐらんぷりの決勝がありましたが、

まぁ結果は、なだぎ武の連覇ということになったことに。

個人的には、こういう大会で連覇させちゃいかんだろうと思うんですけど、とはいえ、事実面白かったわけで、仕方ないところでもあるんですけどね^_^;
あそこまでいったら芋洗坂係長に勝ってもらいたかった気もするけど。

まぁそれはそれとして、R-1は毎年のことながらフジテレビ系で午後4時から1時間半の生放送で行なわれたわけですが、どうして、午後4時からなのかがわからない。
ゴールデンでやっていいと思うんですけどねぇ。

しかも今回は、そのゴールデンの午後7時から爆笑レッドカーペットですよ。それも3時間スペシャル。なだぎさん同じネタやってるし。
どう考えても扱いが逆だと思います。

まさに、レッドカーペットのための前座だったとしか思えない扱いが残念です。

フジテレビは本気でR-1を盛り上げるつもりはないんでしょうかね?

iconicon
R-1ぐらんぷり 2007 icon 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月31日

人気ダウンと合言葉

NHKの首都圏のニュースから

人気ダウン
いきなりこう表示されて、いったい何の人気がダウンしたのかと思ったら、

人気のモンクールのダウンジャケットを巡っての詐欺のニュースでした^_^;

もう一つ

1月31日は1(アイ)31(サイ)ということで「愛妻の日」だそうで、それで日比谷公園で愛する妻への言葉を大声で叫ぶ催しがあったそうです。

その参加者に、ピンクのチューリップが記念に渡されたそうで、その花言葉はというところを、アナウンサーの方が合言葉はといいまつがいしてました。

しかも、花言葉は、永遠の愛だと言っていたんですけど、調べてみるとこの花言葉は紫のチューリップなんですよね。
で、ピンクは愛の芽生え、誠実な愛とかなんですが。

もしかして愛言葉なんてのがあるのかとも思ったリもしたんですけど、さすがにそれはないと^_^;
いいまつがいはともかく、花言葉のほうはNHKのHPにもこのニュースのところにそう書いてあるんで、NHKのほうが間違えたのか、主催者の方が間違えたのか分かりませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月11日

明るいNationalが消える

松下電器産業が社名をパナソニックに変更

するそうで、それに伴い、Nationalブランドも消えるということだそうで。

最近は確かにほとんどがパナソニックブランドになってはいたけど、ナショナルブランドをなくしてしまう必要を感じないんですけどねぇ。

中国あたりがすぐにNationalの商標登録しそう^_^;

当然あの、明るいナショナルのCMソングもなくなるんですねぇ。
なんかもったいないと思うんですけどねぇ。

個人的にはなんでもかんでもカタカナにすればいいというわけではないと思うんですけどね。
水戸黄門も松下の提供ではなくてパナソニックの提供ってことになるんですね。
見てるわけじゃないけど、なんか嫌^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ