カテゴリー「浦和レッズ」の20件の記事

2007年11月15日

レッズ ACL優勝

浦和レッズやってくれましたねぇ。

アジアチャンピオンですよアジアチャンピオン

あの万年最下位だったあのレッズがアジアチャンピオンですよ。

ここのところずっと勝ちきれない試合が多かっただけに、密かに危惧してたんですけど、さすがにラストはきれいに決めてくれました。

これでJリーグのほうの連覇にも弾みがついてくれればいいですが。

それにしても埼玉スタジアムが真っ赤に染まってましたねぇ。
6万人の超満員ですか。
あれだけのサポーターに囲まれたら、セパハンとしても勝つ訳にはいかないですよね^_^;

これで堂々とアジアチャンピオンとしてCWCに出場出来ます。

しかし、CWCの開催国枠っていったいなんだと思いますけどね。
今年は浦和がアジアチャンピオンになってしまったことで、この枠はなぜかアジア準優勝のセパハンになるってことらしいんですけど。
さっぱりわかりませんなぁ。
日本から2チーム出られるってことにならないのはなぜなんでしょう?

もしこれが他の国で開催されたら絶対その国は文句いうでしょうね。

とはいえ、これで日テレは大喜びでしょうね。
日本一客を呼べるチームが出場してくれるんですからね。

その日テレのサッカー実況はどうしてあんなに下手なのかが気になるところですけど。
昔から冬の高校サッカーとか中継してるはずなのに、ホント不思議なほど下手だと思うんですけど。

なにはともあれ、アジアチャンピオンおめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日

浦和レッズ天皇杯連覇

浦和レッズがガンバ大阪を1-0で破り天皇杯連覇を達成。
Jリーグ優勝と合わせて2冠達成です。

http://sports.nifty.com/cs/headline/details/sc-ji-4931255/1.htm

http://sports.nifty.com/cs/headline/details/sc-ji-4931253/1.htm

Urawa_m4931253

フルメンバーではなかったとはいえ、終始押されっぱなしの展開ではありましたが、途中から入った長谷部、岡野がうまく機能して、最後は永井が押しこんで決勝点をもぎ取ったのはさすがでした。

今年は、アジアのトップを目指すことにもなるわけですが、それだけの力はあると思います。
ただ、逆にそこがネックになるかもしれないということでもあると。
控え選手ですら、他のクラブにいけばレギュラーになれるくらいの選手なわけで、選手起用の不満の噴出をどれだけ押さえられるかが浦和の課題になりそうです。
その点では、ギドはうまくやっていたと思います。
オジェックに替わって同じようにできるかということでしょうね。

オジェックも浦和を指揮するのは今度で2度目です。
今の戦力になって、本当にオジェックがやりたかったサッカーが出来るのではと思います。
それだけに成績を残せないと言いわけが出来ないわけで、オジェックの手腕には注目でしょう。

何はともあれ、天皇杯優勝おめでとうございます。

iconicon
浦和レッズ-2006年全記録 Saitama Graphic icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日

浦和レッズ優勝!!

浦和レッズがついにJリーグ初優勝!!
ほんとうに14年は長かった。

あのJリーグのお荷物とまで言われたレッズがついに優勝とは、時代は変わるものです。

埼玉スタジアムが真っ赤に染まるのはいつものこととはいえ、6万2000人の超満員ですからね。これはすごいです。
世界でもこれだけの観客を集められるのは数少ないと思います。

ガンバに先制点を入れられたときは、「まさかもしかして、そんな」とも思いましたけど、ポンテのゴールがすべてを救ってくれた感じですね。

3点差以上つけて負けない限りは優勝出来たわけですが、それでも負けて優勝よりはやはり勝って優勝のほうが当然いいに決まってますからね。
まして、ホームでの負け知らずも継続中だったし、最後勝って優勝を決められたのは本当によかったと思います。

浦和レッズのみなさん優勝本当におめでとうございます。

今日はいい夢見られそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 1日

浦和レッズ天皇杯優勝!

浦和レッズが悲願の天皇杯を手にした。

決勝戦の相手は清水エスパルス。
試合自体は、終始エスパルスに押されていた印象があったが、それでも前半39分にDF堀之内のヘッド、後半28分にはFWマリッチが天皇杯5試合連続となるゴールを決めた。
直後の31分には1点返されてしまったが、それでも最後までこの1点差を守りきり、2005年シーズン悲願のタイトルを獲得した。

見ていても全然安心出来ない試合展開だっただけに、ドキドキしっぱなしだったのだが、それでも選手達はよくやったと思う。

マリッチも退団が決まっているにもかかわらず、最後までレッズのために真剣に戦ってくれたことがうれしい。どこぞの外国人などは契約が残っていても帰ってしまうこともあるし。

実際、闘莉王も達也も永井もいない状況で、本当によくやったと思う。
長谷部を中心にして、若い細貝や赤星などの台頭も嬉しい限り。

とにかくこれで来年(ちょっと先だけど)のACLの出場権を得た訳で、まずはアジアとその先には世界との対戦が待っている。

もともと天皇杯の決勝はお客が入るとはいえ、今回は満員だったのが嬉しい。
スタンドが半分くらい赤く染まっていたのも凄かった。
やっぱりレッズが決勝に来ると盛りあがるなぁ。
まして優勝してくれた訳で最高でしたね。

今年はワールドカップもあるし、再びサッカーが盛りあがるはず。
そしてJリーグがワールドカップの後盛り上がるためにも日本代表には予選リーグ突破を目指してもらいたいものです。
それもブラジルを破って。

新年早々ほんとうにおめでたい出来事でした。

そして今年こそリーグ優勝をお願いします。

http://www.nikkansports.com/ns/soccer/jleague/score/2005/20060101ursi.html

http://www.nikkansports.com/ns/soccer/f-sc-tp0-060101-0030.html

iconicon
浦和レッズ-2005年全記録 Saitama graphic icon

「浦和レッズ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月14日

浦和 大宮、柏に連敗

浦和レッズが、東京Vに大勝したあと、大宮とのさいたまダービーにつづき柏戦にも敗れ、2年ぶりの連敗を喫した。

大勝した後は気を引き締めないといけないのだが、上手くいかなかったようだ。
それにしても柏戦の3失点はいただけない。
ずっと勝ちの無かった柏を相手に0封されては厳しすぎる。

エメルソンの電撃移籍は、ある程度想定内だったとはいえ、カタールへいくとは思ってもいなかった。浦和でも2億円もらっていたが、あっちでは5億とかいわれてるし、金に負けたか、エメ。
カタールリーグはいま、Jリーグの開幕当時のような感じで世界の元超一流が集まっているリーグらしい。当然注目度も上がっているので、ここで活躍してヨーロッパへ移籍を目指しているのだろう。そしてブラジル代表も狙っているみたいだ。個人的にはなぜ候補にもなっていないか不思議なのでいずれはなれるだろう、とは思う。
そういえば、ちょっと前は日本に帰化するって話があったが、本心からではなかった様だ。
あまりにも日本語が離せなくてお流れになっていたしね。

エメルソンが抜けたからと言われないためにも今後の試合はがんばってもらいたいものである。ずるずる行かないように祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 7日

浦和 東京Vに7点圧勝

浦和が、ヴェルディ相手に、大量7点を挙げて、圧勝、これで順位も3位まで上がった。
ただし、まだまだ下と勝ち点差がほとんどないので、気を緩めるわけにはいかない。
それに鹿島が今節は負けたとはいえ、まだまだ独走状態が続いているので、気を引き締めて、次戦の大宮戦に備えてもらいたいものである。

それにしても、エメルソンはまったく帰ってくる気配がない。
ゴネて移籍を望んでいるという話が有力だが、レッズ側もこういう選手を無理に抱える必要はないと思うのだが。
たしかにエメルソンの存在はいまのレッズには大きいかもしれないが、不満分子はいないほうがいいに決まっているので、早く解決してもらいたいものである。
個人的にはエメルソンが移籍するのはOKなのだが、レッズとしてみれば移籍するにしても移籍金は欲しいだろうし難しいところだ。解雇しちゃうと移籍金が入ってこないし、かといってゴネ続けられてもエメルソンに有利になるらしいし、どうするレッズ。

ヴェルディ相手とはいえ、そして元ブラジル人が2人いたとはいえ、純日本人チームで7点獲れたのはレッズだけでなく、他のJリーグチームにもいいことではないだろうか。
高くて、使いづらい外国人に頼らなくても、日本人だけでもそれなりのチームが作れる事の証明だと思う。(一時期ジュビロがそんな感じだったが)

深夜、日テレでの放送を見ていたのだが、ゲストに呼ばれていた和希沙也がちょっと可哀想だった。本心はどうか知らないが、ヴェルディの応援という感じで呼ばれていたのに、見せられた試合はレッズのゴールショウなんだもの。あれではゲストに呼ばれてもどうしようもないよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 3日

浦和 新潟に逆転勝ち

レッズが、リーグ戦再開初戦のアルビレックス戦を逆転で勝利した。
再開初戦のホームの試合を負けてたら洒落にならないので、勝って良かった。

とはいっても、すいません、見てませんでした^_^;
なので、試合回顧とかはしません_(._.)_

それにしても、エメルソンは戻ってこない( ̄△ ̄#)
アルパイは解雇( ̄ー ̄)o゛

それでも勝ったのは良しとしましょう。
これで一応4位まで浮上。

日本代表ながら、ほとんど日本の役に立てなかった三都主と坪井。
レッズでもう一度鍛えなおしてもらわないと。

エメルソンが帰ってこないことも考えて、達也、永井のより一層の精進を願う。

http://www.nikkansports.com/ns/soccer/f-sc-tp0-050703-0021.html

http://www.nikkansports.com/ns/soccer/f-sc-tp0-050703-0024.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年5月28日

浦和 ナビスコ杯決勝トーナメント進出決定

浦和レッズが神戸を1-0で下し、予選リーグA組のトップを守り決勝トーナメント進出を決めた。

これで、ナビスコ杯は負け知らずの4連勝。

ただし、今日の試合は、最後の最後、後半ロスタイムに岡野からのボールをエメルソンのヘッドでやっと決めた。映像を見てはいないが、まだまだ、自慢の攻撃力を発揮出来る試合が少ない。退かれて守られると苦しい。

そういえば、昨日の日本代表の試合も同じような試合だった。(レッズは勝ったけど)
必ずしも勝つ必要はないが、ホームの親善試合で点が取れないのは致命的だと思うのだが。これで、アウェーで点が取れるのか?それとも敵が攻めて来てくれるから意外といけるのだろうか?ただでさえ北朝鮮戦での無観客試合という未知の試合が控えているのに、バーレーン戦で勝たないとW杯本気で危ないぞ日本。
CLの決勝戦を見た後だけに、日本代表の試合の酷さが余計に際立つ。
頼むがんばってくれ。サッカー日本代表!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月21日

浦和、ナビスコ杯3連勝

浦和レッズが、新潟に2-1で勝ち、これでナビスコ杯は3連勝と波に乗っている。

リーグ戦は、やっと調子が上向きというところで中断に入ったわけだが、ナビスコ杯は、順調に勝ち進んでいる。

もともと去年まで3年連続決勝進出と、相性のいいカップ戦なわけだが、それにしてもリーグ戦と違い、安心して見ていられるのはなぜだろう?
この調子で今年も決勝進出、そして2度目の美酒を味あわせてもらいたいものである。

http://www.nikkansports.com/ns/soccer/f-sc-tp0-050521-0032.html

レッズと直接関係はないが、前園が引退を表明した。一時は日本のエース候補にもなった選手だけに、ちょっと寂しい引退表明だった。

http://www.nikkansports.com/ns/soccer/f-sc-tp0-050519-0023.html

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年5月15日

浦和 横浜に辛勝

後半32分、鈴木啓太のミドルシュートがキーパーに弾かれる。その浮き球を詰めていた永井が冷静にヘディングで決めてゴールを奪った。

永井えらい( ^ー゜)b

永井も先発を外れて後半途中からの投入となったが、さすがに意地を見せてくれた。その意地が値千金のゴールとは、突然の雨の中でまさに水も滴るいい男だった。

個人的には永井には先発でがんばって欲しいのだが、ただスーパーサブ的な時のほうが結果が出るんだよね。そこが永井の課題のような気がする。先発でも結果を出して欲しい。

いやぁそれにしても危ない試合だった。結果的にシュート数はレッズが上回ったといっても、ずっとマリノスに押されっぱなしの展開だった。クロスバー様々。

啓太のシュートが枠を外れていたら永井のゴールはなかったわけだし。シュートを枠内に打つ事がいかに大切か思い知った試合だね。

順位も6位まで上がってきた。つねに一つ上にいる磐田が邪魔だが。

これで、リーグ戦は一時中断になるが、いいイメージでの中断になった。

再開後は全力で鹿島を追撃して欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ