カテゴリー「こいこい7」の13件の記事

2005年6月25日

こいこい7 第13話(最終回)

なぜかいきなり南の島、何故?戦いはどうしたの?
という疑問を抱かせつつ話はどんどん進む。

境と略どっちがどっちか分からないうちにガンタイちゃんと同じになってるし。
幼女3姉妹ですか?

ガンタイちゃん「濡れちゃった」って、言葉はともかく海に入っているのだから最初から濡れてます。おいらはこんなのでは萌えないぞお( ̄ー ̄)o゛プルプル

ヤマトパロ全開、ユニフォームまでそのままやん。
海中にいたから最初ブルーノアを思い出したよまったく。

そして和洋中シスターズが乗る使徒ゴック
反射衛星砲って名前までそのまま、少しは捻ってくれ頼む(^∧^)オネガイ

オトメが海水に濡れてスパーク、だからどうしてオトメは水に弱いのに同じボディのガンタイちゃんシスターズは海で遊べるんだ。
温泉にも入ってたし。

そのオトメは謎のUFOに連れ去られる。
そしてリペアされたようだが、それがどうも何かの液体の中、濡れて大丈夫なのかオトメ。

先週出番のなかった山田佐藤コンビはもうこれでもかというほど愛し合っていただきました。なぜ先週出なかったんだ?演出さんが忘れたのか?

ヲリエがこいこい7メンバーの戦いをよそに温泉に浸かっていたのだが、一度100度まで上がったお湯がそう簡単に冷めないと思うぞ。

こいこいメンバー全員、今回は山田佐藤コンビに負けず劣らず脱ぎまくり、最後は裸で戦ってるし。
最後、ゴッドミーヤの波動砲を反射衛星砲で使った衛星を逆利用してアキヲが打ち返したのはナイスアイデアだったが。

哲郎の母であるらしい、羽根をもった女性の声は結局なしですか?
最終回にちょっとだけ出演してもらう声優さんをケチりましたか?

一応、哲郎の母が異世界の人で、きっとどこかで二人は出会ったが、何かで別れた、そして再び逢いたかった。
ヤヨイはどうやら哲郎の母と同じ世界の人らしい。
くらいは理解できるが・・・・・

って内容を書いていてもしょうがない。
先週の話の続きは?
完璧スルーですか?
壮絶な戦いは?
あれだけ大騒ぎしておきながら何事もなかったかのようにしてるし、哲郎の父が扉を開いた影響は結局なかったの?それなら何であんな大騒ぎしたの?

視聴者を舐めてますか?
打ち切り最終回のパロですか?
レイズナーを思い出してしまった(^^ゞ
謎を有耶無耶にして、映画化を狙っているのか?
DVDで幻の12.5話収録とかやるのか?

ある意味で、とってもこいこい7らしい最終回ではあった。
駄作と呼ばれたくなくて、問題作にしようとして失敗した感じだね。
原作者はきっと泣いているに違いない(^^ゞ

icon
icon「こいこい7」キャラクターソング~Vegetable Juice/猪飼ヒフミ(こやまきみこ) icon

「こいこい7」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月20日

こいこい7 第12話

なんと、隠れ主役だと思っていた、山田、佐藤コンビが出ていない
先週ですら、まったく意味のないところで出演させていたのに。
シリアスになったら用なしですか?
それは酷いなのですぅ(ヤヨイ風)

エロは、ガンタイちゃんのパンツだけですか?

カニパン弁当って、米とカニパンだけですか。
それでも、今までヤヨイは何もしてこなかっただけに、ここで何故?と思ったら、話が動くからだったのね。

ATフィールドバリバリでしたね。
スカートの中からビットですか。

「やぁっておしまい」の返事は
「あらほらさっさぁ」でしょう。

ドリルンルンって、D4プリンセスですか。思い出すのにちょっと時間が掛かりました。
最初ガリアンが頭に浮かんでしまった。

高校生の時、哲郎の父と車でデートしていた花皇ヲリエ先生、
車は外車なのは構わないが、車が右側通行していた。外国だったのか?
まさか韓国で動画作ってるから間違えたとかないよね?

これぞ、こいこい7という感じが戻って来たと思ったら
シリアスモード突入ですか。

サイボーグの彼女達はともかく、なぜ組織の人は哲郎を好きにならないの?
囮のアキヲとヒフミコンビ最高!
\(@^o^)/ <キャッホー!!
でも哲郎かどうか女の子達は分かるだろう?無意識が覚醒して哲郎を好きになっているんじゃいないの?
それに哲郎を追いかけていたのに、ミヤビが出てきたらミヤビに群がってしまうのは、哲郎への呪縛はそんなにたいした事ないのね。

あのビームとかはちゃんと先週のバビル2世のままなのね。

折角先週の最後で屁糞蔓の君が、五光会に警告したのに、何の役にもたってないのだが、来週活躍できるのか?

境と略の強さを教える屁糞蔓の君。
こいこいメンバーが走り出したとき、もう一つと呼びとめ
力を限界まで出すと0.5秒だけフリーズすることを伝えるが、
普通こてこてギャグだと、この呼び止めに気づかず行っちゃうのだが、
土壇場でこいこいは、ギャグを止めたのか?

こいこい7 第1巻(初回限定版) icon7/22発売予定

icon
icon「こいこい7」キャラクターソング~Vegetable Juice/猪飼ヒフミ(こやまきみこ) icon

「こいこい7」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月13日

こいこい7 第11話

今回は、全編バビル2世。

サクヤのバスターランチャーさえ跳ね返す、カトレア城を覆う砂嵐の防御壁を見て、ヤヨイが「バビルの塔みたいですぅ」って、今回のネタをばらしてどうする。
というより、ばらさないと分からないのか?バビル2世って、それほどマイナーな訳はないはずだ。
その防護壁をヒフミ、オトメの機転に屈し自ら解除してしまうミヤ様。
なんて人のいい。
こいこい7をおびき寄せるために攫ったガンタイちゃんには本当に歓待してるし。
ガンタイとカンタイを掛けている事はないよね。
なんて人のいい×2ミヤ様。

カトレア城の中に入ったら、ヤヨイが制服に着替えている。あの白鳥の浮き輪はどこへ?
和洋中トリオは、
中子がポセイドン。 あのジッパーの大きさは開けて下さいといっているようなものだろう。
和子がロプロス。 攻撃に、ヒフミのンアーって叫び声が文字になって飛んでいくのは懐かしのギャートルズ。
洋子がロデム。 黒豹なのに「満月に変わってお仕置きするにゃ」って

最後はバビルまんまのビーム砲まで出るし。
完全に一話丸まるバビルパロだったね。

今回は、オトメがおちゃめだった。最近のオトメはノリがよくなってきたなぁ。
画面に向かってのVサイン(一度やってみたかった)
ショッカー、しねしね団、サタンの爪とか

ガンタイちゃんの裸エプロンで、興奮する哲郎くん。
哲郎にガンタイちゃんが抱きつくシーン(哲郎の想像)で羽根生えてるのだが、ガンタイちゃんのボディはオトメの予備のはず。じゃあオトメも羽根が生えるのか?それともどんなボディでもガンタイちゃんは羽根を出せるのだろうか?
とはいってもあくまで哲郎の想像だからなんともいえないが。

学園長の顔が、江田島平八じゃないかぁ。
五光学園は男塾だったのかぁ!いや女塾か?

エンドロールを見ると、どうやら屁糞葛の君が話していた相手が、ミヤ様の父。
どんな関係なんだ2人は娘より大事そうだったぞ。

そして、あの謎の男が、哲郎の父。

予告の、哲郎の顔。あの作画はちょっと酷くない?

追記:Bパート最初のアイキャッチのヤヨイのセリフ。
「カニパンが好きです。哲郎さんはもっと好きです」って
某引越し会社のCMパロだよね。
こいこいってアニパロだけじゃないのかぁ。今まで気づかなかったパロディもいっぱいあるんだろうなぁ。

こいこい7 第4巻 特装版

iconicon
バビル2世 DVD-BOX icon

はじめ人間ギャートルズ DVD-BOX

「こいこい7」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年6月 6日

こいこい7 第10話

待望のヒフミが主役だと思って期待していたら・・・・・

私が好きなのは、あんな普通のヒフミではなく「だべさ」のヒフミなのに。
最後の最後に一回きりなんて
ヒフミの回に限ってなんで普段のヒフミをやってくれないのは、私に対する嫌がらせか?

そもそもなぜヒフミはあんなところへ行ってマンドラゴラを抜いたのだ?
せめてその辺を超簡単でいいから説明してくれ。
そして記憶をなくすのは構わないが、それでも普通「だべさ」は忘れないだろう。
あれでは、別人格になっているだけで記憶をなくすのとは話が違うと思うのだが。

アキヲと仲がいいのはわかっていたが、幼馴染だったのは意外。

ヒフミが和洋中トリオに恥ずかしい格好をさせられるシーン。
いきなり、ユートピアのあのポーズとは、微妙にマニアック。
そのあとコマネチとか最後は寛平のカイーの?

引き抜いた後すぐに笑うマンドラゴラの口をアキヲは一人でどうやって縛った?
引きぬく前に縛ったのか?それとも力で気絶でもさせたか?

オトメの変なポーズといい、ガンタイちゃんのマンドラゴラを抜いて喜んでいるところといい前回の予告で使っておきながら、内容と全然関係ないし。ましてガンタイちゃんのシーンは最後のオチじゃないか。オチのシーンを予告に使うとは、酷い酷すぎる。
これをこいこい7らしさだとスタッフは勘違いしているとしたら問題だろう。

最後の「ナマは嫌」とか変なところでエロパロに走りすぎ。
最初のこいこい7が懐かしい。

次回の予告は、結構弾けていたので、今度こそ元に戻ります様に。アーメン(;゜o゜)╋

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年5月28日

こいこい7 第9話

今日の主役は、セロニアス28号ことちびアスカヤヨイことガンタイちゃん。

ガンタイちゃんは初期化されて、インストールしなおされ完全に記憶を失ったはずなのに、なぜか暴走したときの記憶がフラッシュバック。

さんざん今まで下着で朝食を摂っていたのに、ガンタイちゃんが入っただけで皆お行儀良くなるのはおかしいだろ。哲郎はなんだったんだ?

佐藤さんの犬の名前がバター(笑)
よく舐めるからって山田さんが付けてくれたって(笑)
バターだけにベタベタなネタですな。\( . . )

哲郎、ガンタイちゃんと山田佐藤コンビが会ったのは、橋の上だったのだが、次の瞬間いきなり飛行場の横?になったのは、どうして?単に時間が経過しただけ?

なぜ、子供たちは、角で大人二人を覗いていたの?(カーブミラーに写っていた)不倫現場でも目撃していたのか?

校長の顎でかすぎ。

屁糞葛の君もセロニアス28号を知っていたが、この人は何者?

眼帯ちゃんというと、十兵衛ちゃんを思い出す。

サクヤは、朝からあの格好でどこへ行っていたのだ?それとも朝帰りなのか?自転車で?

アキヲの、きのレンジャーの説明は確かに戦隊ものの王道のようだが、実は自分たちのアニメのことも含まれているのではないか?自虐ネタにしか聞こえない。

こんな普通のアニメを見たいんじゃないのに(爆)この路線のほうが人気があるのだろうが、それなら最初のノリはなんだったんだ。(` 曲 ´)

とは言って見たものの、次回は待望のヒフミが主役の回。もうヒフミが主役になる事はないと思っていただけにうれしいぞぉー\(o⌒∇⌒o)/

追記:先週のエンディングは気づいたが、今週からオープニングの最後もガンタイちゃんが増えていたのね。あと羽根が生えるところも。全然気づかなかった。
ただ、他のシーンでまだ制服バージョンのところも残ってたりするところが、こいこい7らしいといえばいえる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年5月23日

こいこい7 第8話

哲郎はまたも女装して、今度はメイド喫茶(最初冥土喫茶になった)(爆)

今回は、シリアスな展開だったのだが、私が望んでいるのはこれではない。なので、ストーリーにはほとんど触れません。

光の飛鳥ヤヨイvs影のアスカヤヨイ。結局ヤヨイが力を発揮してセロニアス28号を倒してしまうわけだが、哲郎だけを守るためにヤヨイを消そうとしたはずなのに、その哲郎に手を出しちゃった時点で本来セロニアス28号の負けでしょう。

戦闘シーンでは、アスカヤヨイこと水樹奈々の歌がBGMでは(一部歌いながら戦ってたし)シリアスなシーンにしたいのかギャグにしたいのかわからん。

ヒフミは、着ぐるみのまま戦ってるし。

人手が足りないといわれて哲郎は女装させられたわけだが、ヤヨイには頼もうともしない。この前のアニメ制作の話の時といい、ヤヨイは人手には入らないようだ。彼女は主役ではないのか?

壊れたセロニアス28号を、オトメの予備のボディで、記憶と言うかプログラムというかを初期化したらしいのだが、どこら辺がセロニアス28号を助けた事になるのだろう?別人、いや別ロボット?としか言えないと思う。あ、顔か(°°;)\(- -;)オイオイ
どうせなら、あの右目を治してあげればいいのに(爆)

新セロニアス28号が噴水の水を触っていたのだが、オトメの予備のボディなら水に弱いんじゃないのか?あのくらいなら問題ないのか?

山田さんはエロが好きなのか?それもなめくじ好き?

東和野リサイタルって、あいかわらずジャイアンだし。

エンディングに、眼帯ちゃんこと新アスカヤヨイ(子供ver.)が哲郎の横に増えてるし。

今まで6人でこいこい7だったが、彼女が7人目なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年5月15日

こいこい7 第7話

今回は、マリみてこと、マリア様がみてるパロ。

それ以外に言いようがありません。ここまでパロディに出来るほどマリみては人気があったのか。あきらかに視聴者層が違うと思うのだが。

あと個別ネタ

東和野はジャイアンだったと。

そしてその歌をサウンドブースターで増幅するというマクロス7攻撃。
しかしさすがジャイアンだけあって歌の威力にサウンドブースターが耐えられずあえなく自爆。

東和野の歌が延々流れるのかと思ったら、アスカヤヨイ(水樹奈々)のソロが流れるとは。
水樹さんが一押しなのね、結局。

謎の組織は?アスカヤヨイことセロニアス28号の正体とは?
という謎を残しつつ次回へつづく。

今回の話とは関係ないが、こいこい7のメンバーはサイボーグということで、
赤い制服、長いリボンは009のパロディなのね。やっぱり。

とりあえず最後までこのアニメに付き合う事を決めたのだが、それにしても個人的には最近の流れはちょっと。最初のバカパワー全開モードでいって欲しかった。

あと、ヒフミが主役の回はないの?なぜ?

このほかにも細かい事に気づいたらその都度追記していきます。

追記1:東和野が哲子と出会った時の像はマリア様じゃなくてキリスト?ひげ生えてたよね。次のときはマリア像だったから違う場所?

追記2:東和野専用食堂、微妙に値段が高い。それより、専用食堂なのに金払うのか?

追記3:リリアンガーデンを監視(覗き)してたカメラ誰が仕掛けたの?アスカヤヨイ?

追記4:謎の工場?のあの大気の揺れ(波紋)は何かの伏線か?それともただのパロディなのか?

追記5:知っている人も多いと思うが、ヤヨイが釣られた、ミニカニパンチョコというのは実在します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年5月 9日

こいこい7 第6話

本日は、前回の最後あれをやっておきながら、パンチラシーンがあった程度でお色気シーンはほとんどなし。

全体が、アニメ業界の内幕話に終始した。サクヤが制作進行になりそれぞれの部署に催促に行く。知っている人は知っている、アニメの制作進行という仕事はテレビ業界のADのような雑用係である。まぁサクヤなので「力」はあったが。

これが、こいこい7の制作現場の実情に近いのだろうか?というよりは、今のアニメ業界全体の問題だな。

作監から戻しがこないとか、線(または色なし動画、絵コンテ)でアフレコとか。

って感じですか。でも作監が本気でやってたら最近の酷い作画はなくなると思うのだが、結局は時間が足りずに妥協しちゃうんだろうなぁ。本当にただサボってるだけだったら問題だが。

こいこい7の感想というよりはアニメ業界の感想になってしまった。

あとは、お約束の「真っ白に燃え尽きる」くらい。バトルロワイアルっぽいところもあったが、詳しく知らないのでそれのパロかどうか定かではない。

あと「監督」って字が間違ってたよね。あれはサクヤの学力を示している演出だと思うのだが本当に間違えていたということはないよね。

ミヤビさんは鶴の恩返し状態。

あとヤヨイは最近なんにもしてないのだがいいのだろうか?今回も落書きして遊んでいただけだし。

作ったアニメの内容がエロ過ぎたらしいがどんな内容だったのかちょっと見てみたい。

次回は、マリ見てらしい。

追記:いろいろなブログを見ていてふと思ったのだが、飛鳥ヤヨイとセロニアス28号ことアスカヤヨイは、キカイダーとハカイダーなのか。だからアスカヤヨイは黒服なのか。

追記2:ヤヨイはただ遊んでいるのではなく、あまりにも邪魔だから隔離されてたのね。

追記3:すべての部署でサクヤに銃で撃たれた跡が天井、壁にあったの見逃してた。

追記4:巨人の星とあしたのジョーは原作者同じ、同時期連載ということでセットでパロったの?

追記5:ガンダムネタが分からなかった。あったの分かった人教えて。それとも本当になかったの?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年5月 1日

こいこい7 第5話

今回の主役は、月読ミヤビ

内容は、女だらけの水泳大会。ずっと全員水着

以下、思い出した順番(進行順とは無関係いわゆる順不同)に突っ込みどころを書きます。

冒頭、ミヤビさんが風邪をひいているのだが、サイボーグのはずの彼女が風邪をひくというのはどういうこと?

哲郎が服を脱がされパンツも脱がされたと思ったのに海パン履いてるし。脱がした連中が履かせたのか?いやーんエッチぃ(。-_-。)ポッ

謎の女の子の正体は、セロニアス28号だったのねエンドクレジット良く見ないので知らなかった。みんな知っていたのだろうか?それを調べていたときに画面にヤヨイの画像も一緒に出ていたのだが、なにか2人に関係があるのだろうか?ヤヨイはセロニアス29号?

最後のセロニアス28号の行動は、OKなのか?

今週のビックリドッキリメカは、ゲッターとマクロスを足して2で割って右手にヤマトをつけたようなメカ。

ボタンを押すときはお約束の「ポチッとな」(シーン的にはメカとは関係なし)

軌道エレベーターの外観を映していたときは周りを護衛するロボットの配置はガンダムの各話の話の戦争の説明部のザクのシーンだし、宇宙ステーションでミヤビが看病されていた部屋から見えた外のシーンも詳しくは忘れたが明らかにガンダムの1シーンだった。ただ最初に見えていた人工衛星はでか過ぎないか?

それにしても画が動かない。水着の女の子達が1枚絵ばっかり。ハーメルンを思い出した。実はこれもパロディなのか?

こいこい7がプールで足を引っ張られたシーン、深すぎないか、最初立ってたじゃん。

「全弾発射とか言っちゃうんでしょ」とかの自虐ネタまででる始末。全弾発射する鎧はトルーパー?

確かにテンションは前回に比べてかなり復活したのだが、それでも最初に比べてパワーがなくなって普通のバカアニメに成り下がってしまっている気がする。

誰がなんと言おうとバカアニメではなく見てるこっちが恥ずかしくなるようなコテコテのバカパロアニメに戻るのを希望します。

追記1:セロニアス28号の名前はクレジットだと、アスカヤヨイ。やっぱり飛鳥ヤヨイとなにか関わりがあるのだろうか?

追記2:この世界のお台場のフ○テレビには球体ではなくて八面体、これは使徒のラミエルなのか?だからレーザーなのか?

追記3:倒れてきた軌道エレベーター細すぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年4月25日

こいこい7 第4話

今回はオトメちゃんが主役ですが、今までのパワーは感じられなかった。

ただ、これまで暗に示していただけだったのが、あっさり彼女たちがサイボーグであることをばらしたりしてしまうあたり、今まではなんだったの(-_-)ゞ゛ウームという感じ。

今回は全体を通してToHeartネタだったような気もする。で、オトメちゃんはまさに、マルチだった。

毎度おなじみガンダムネタは、「取り返しのつかない事をしてしまった」(ララァを殺したときのアムロのセリフ)だけ。ただ、ガンダムネタが段々ディープになってきているような気がする。

話が進むほどに徐々にバカパワーが落ちてきている気がする。あのパワーが無くなったらそれこそ見る価値のない番組になってしまうので、来週以降のまき返しに期待。

追記:鬼太郎の妖怪レーダーもあった。それと、オトメちゃんがあれだけ電撃出してショートしてたら、触ったら感電しちゃうだろう。哲郎(゜゜ )☆\(^^ ;)☆\(`-´メ) つっこみのつっこみ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ