カテゴリー「絶対少年」の25件の記事

2005年11月19日

絶対少年 第26話(最終回)

「頼りなく豊かな冬の終わり」

ゆったりまったりと話が進んできた絶対少年ですが、ついに最終回を迎えました。

想いは形になる
私が望んだからこっちに来てくれた。
光と影は対立しない。

「真実ってちゃんと他人に伝えられるものなのか?」
事実は一つでも真実は人の数だけある
世界は私たちが思っているよりも遥かに複雑で豊かで不思議に満ちている
「それを見せ付けられたら変わらざるを得ない」

「そんなことなら昔の人はみんな知ってたさ。
あんたらがただ忘れていただけじゃないか」

希紗の成基の理恵子の正樹の、そして歩の形になった想いはフェアリーたちの光に包まれるように、何事もなかったかのように消えていった。

そして、希紗の成基の理恵子の正樹の歩の須河原のその他大勢の日常が戻ってくるのだった。少しだけ変化した自分の心を自覚しながら。

ということで絶対少年終了です。
太字にした事がメッセージでしょうね。
真実なんて人それぞれ、自分が信じればそれも真実。
これだけ氾濫している情報の中で、真実を見つけるのは大変かもしれない、でもそれに惑わされず自分の信じた道を進むのも一つの生き方。
そしてそんな純粋な気持ちを持ちつづけるのが絶対少年。

iconicon
絶対少年 DVD

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。

boople本の詳細検索
これから発売されるアニメCD【セブンドリーム・ドットコム】
これから発売されるアニメDVD【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月12日

絶対少年 第25話

「世界の被膜が穴だらけ」

ブンちゃんから生まれたフェアリーに、”ポウちゃん”と名付ける希紗。

成基のところにドッシルとシッシンが現れ、希紗達のところまで案内する。
ドッシルとシッシンそしてポウちゃんの3体は楽しそうに飛びまわっていたのだが、イーブルたちに襲われ、壊されてしまう。

ドッシルとシッシンは成基を案内するときは、イーブルから隠れていたので、3体になったとたんに見つかって襲われたのは案外意味がありそう。

マッキーは須河原と後を追っていたのだが、そのとき、須河原に告白。
あっさり撃沈。ほんの数日前に理恵子に告白していて今度は須河原かい、マッキー。
物怖じしないでものが言えるようになったのはいいとして、節操を捨ててはいけないでしょう。

そしてイーブルの活動が活発化してきたのだが、フェアリーの一群もまた生まれつつあった。ということで、次回最終回。

絶対少年のテーマってやっぱり、機械に頼らず、もう少し不便な生活もいいもんだし、人間、面と向かって話そうよ。ってあたりになるのだろうか?
それとも常識にとらわれず信じた道を進めとかそういうことかな。

予告のところで、次回は8時6分~8時31分40秒です。
ってテロップが出たんだけど、これっていつもより微妙に長いってことか?
それにしてもこんなテロップを出すほど、最近のアニメファンを恐れているのかNHK。
たしかに最後の最後で録画が切れてたりすると、怒りたくなるしね。
しかし、秒単位までお知らせされたのは初めてのような気がする。

そういえば、かかずゆみさんが司会で復帰していた。男の子が無事生まれたそうでよかったです。それにしても復帰早っ!!

iconicon
絶対少年 DVD icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 5日

絶対少年 第24話

「少女たちの小さな冒険」

相変わらず、横浜の上空に巨大マテリアルイーブルが鎮座している。

新生ブンちゃんを連れて、希紗は、実に久しぶりに外へ出る。
新生ブンちゃんがあまり好きになれないみたいだ。
巨大イーブルの方が前のブンちゃんに似ていると感じている。
そして向かうは、その巨大イーブルの下。

壊した携帯電話。成基に指摘されるまで、携帯がない事に気づかなかった希紗。
今までが携帯依存症気味だったわけで、これはいい傾向かもしれない。

須河原は、テレビ出演のお陰で一躍時の人に。

成基に頼まれ、理恵子は希紗の後を追う。
理恵子に頼まれマッキーも希紗を探す。

理恵子は、希紗を見つけ出し、結局一緒に巨大イーブルの下、みなとみらいを目指す。
巨大イーブルの下では、フェアリーvsイーブルって感じの激突が時折起こっている。

目的の公園には、歩の姿があった。
その歩は、開口一番

「待ってたし」

ってわっくんになってるし。
ということは、最後の鍵を握るのはやはり
わっくんということか。

マッキーは自分の意見を大分言えるようになって来た。
だが、まだ携帯は手放せないみたいだ。
その意味では、女性陣の方が成長していると見ていいのだろうか。

iconicon
絶対少年 DVD icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月29日

絶対少年 第23話

「幸せを運ぶ闇の光」

今までは、見える人にしか見えていなかったはずの、空に浮かぶ巨大な物体が誰にでも見える状態で横浜上空に留まりつづけていた。

それを受けてテレビは、特番で報道特集を流しつづけていた。
大人達のいい加減な話というのは結構面白かった。
一種の現代の評論家達に対するアンチテーゼもあるのだろうが。
ただ、ここに出ていた人達がみんなちゃんと他人の意見を聞いているのが一番面白かったな。現実なら誰かが話している途中で野次飛ばしまくりになるだろうから。

電気が止まり、携帯もダメのはずなのに、このテレビは映っているのがまた面白い。
一応、電気が止まっていない地域って事なんだろうけど。

その携帯も通じなくなっているはずなのに、闇の光が映ったチェーンメールが届く。
これは何かのメッセージなのでしょうか?

この状況下で、羽鳥は、Trust yourself から Think and Act に壁画を描きかえる。

そしてテレビでは、須河原が登場。ここぞとばかり持論を展開していた。
はっきり言って後半は須河原の独壇場だったね。

巨大物体の謎、マテリアルフェアリ、イーブルの謎、色々な謎があるが、
一介の無名のジャーナリストの須河原がなぜ特番に呼ばれていたのか、
これが一番の謎だ。

今回は、メインキャラで登場したのは、理恵子のみ。
希紗、成基は出演なし。マッキーすら出番なし。
という一風変わった回でした。

iconicon
絶対少年 DVD icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月22日

絶対少年 第22話

「消えたものと生まれるもの」

理恵子は、羽鳥のところへ。
マッキーは須河原のところへ。

どちらも何かが吹っ切れたようである。
本当に伝えたいことは、直接あって話すべき。電話やメールでは心は伝わらない。

理恵子は成基に今の気持ちを伝え、マッキーも理恵子に好きと正直に話す。
マッキーはあっさりと理恵子に振られたけど。
それでも、これまで嫌なやつだった2人が成基、希紗よりも早く成長したようである。

歩には、阪倉から電話が。
オカカ婆が横浜に来た意味を考えろ。
そう言われる。

希紗は、一年前に自分に送ったメールを読んでいた。
そこには、「一人になりたい」とあった。
現在、希紗は正に独りぼっち。願いは叶っている。
でも、うれしくない。それは一人では得られないものの存在を知ってしまったから。
そして今それが(ブンちゃんが)いないから。

そんなとき、希紗の前に新たなマテリアルフェアリーが現れる。
これは、ブンちゃんの生まれ変わった姿なのか。それとも・・・・
そして空には、異世界がはっきりと映っていた。

iconicon
絶対少年 DVD icon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月15日

絶対少年 第21話

「いい子でいることの意味」

学校に来ていない希紗と成基のプリントを預かる理恵子。
まさにサブタイトル通りのいい子である。そのせいで友達からは敬遠され始めているけど。

理恵子、会いたいと思っている成基には逃げられるのに、マッキーからは電話がくる。
これはイラつくな。
マッキーはマッキーで理恵子や成基に電話かけまくり。
たしかに言葉にしなければ伝わらないことがあるけど、それを伝えるために相手にされない相手に付きまとうのはどうなんだろう。
完全にストーカーになってきたな。

理恵子はなんとか成基を捕まえるも、成基は理恵子には無関心。
「自分はそんなに強くない」
と訴えてみても効果なし。
結局は自分のことしか考えて無いもの同士だからね。

そして目の下に隈を作ってしまうほどの放心状態が続いていた希紗だが、
魚のオブジェが光っていることに、遂に気づいた。

「ブンちゃん?」

しかし誰が最初に立ち直るんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 8日

絶対少年 第20話

「マテリアルフェアリー」

「マテリアルイーヴル」
青白く光る寒色系の光のこと。
須河原が命名。

暖色系がフェアリーだったから対立していると見て、イーヴルだそうだ。

その須河原は、歩にドッシルとシッシンを見せてと頼むが、拒否される。
歩としても見せる必要はないし、それに本当に出てきてくれるかも分からないしね。

理恵子は、謎の光を見た事を認めるために、その時同じ場所にいた羽鳥と会う。
「TRUST YOURSELF」自分を信じろ。

羽鳥の手はシミじゃなくて、塗っているのかタトゥーかって感じだね。

正樹は完全に悪循環で誰からも無視されはじめるが、美佳の
「黙っていても思いは伝わらない」
と言う言葉で何かを吹っ切ったようにも思える。
今後どういう行動を起こすか、案外横浜編の鍵を握る男になったかも。

歩は、美紀に電話。
歩には美紀がいてくれてどれだけ助かっていることだろう。
今回の主役たちには、この相談相手がいない。それにそれこそ誰も自分の本当の思いを打ち明けない。
これでは事態は変化しないよな。

今回のパンツは、
その1 須河原の干してあるパンツ。
部屋の中は汚いし、相変わらずのズボラ振りというより片付けられない女である。

その2 希紗のマンションの前で正樹と会ってしまい、帰る為に振り返った時の理恵子のスカートからのぞくパンツ。
別に必要のないカットのはずなのにこういう変なカットが多いこのアニメである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 1日

絶対少年 第19話

「翼の生えた魚」

田菜から、藤堂麻子さんが横浜へやって来ていた。
そうあの「コンビニたなや」の人。

壁の落書き、もといアートが気になる様子。
そしてときみやにも寄る。はなさんとも知り合いらしい。恐るべし麻子さん。

もう一度アートのところに戻った麻子さん。そこで翼の生えた魚の絵を見つける。
それはいろいろなところに描かれており、それを追っていった先に、謎の男羽鳥次郎がいた。なんと壁の絵を描いたのはこの人だった。
そして麻子とは恋人だったようだ。

カフェで昔話をする二人。
羽鳥は現役の芸術家だった。
羽鳥の手にシミのようなものがあったのだが、あれは今でも絵を描いているって意味での絵の具のシミなのかそれとも何かの病気なのか、ちょっと気になる。

希紗は、ブンちゃんが壊れて苛立ち、携帯を壊してしまう。
成基は希紗に電話をかけるも繋がらず苛立つ。
理恵子は成基が自分の事を真剣に見てくれなくて苛立つ。
正樹は完全に疫病神になっているだけ。ある意味誰にも相手にされていなくて苛立ってるかも^_^;

少年達は苛立ち、おとなの二人は再会したというお話でした。

一番関係なさそうだった麻子さんが、横浜編に関係してくるとは予想外の展開。
こうなるとわっくんの再登場もありそうだな。

ブンちゃんは壊れたが、希紗の部屋の魚のオブジェが光っていた。
何かが起きる予感がします。ブンちゃんの復活か、それとも新たなマテリアルフェアリーの登場か。

CooRie/「絶対少年」OP主題歌~光のシルエット icon

絵本からうまれたおいしいレシピ2 ちびくろサンボのホットケーキなどの作り方が載っています。

NANA 1巻から11巻セット 映画化もされた大ヒット少女マンガ、まとめ読みのチャンス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月24日

絶対少年 第18話

「十七歳の出会いと絶望」

希紗は十七歳の誕生日を一人(ブンちゃんと)で迎えた。

その日、幸せを呼ぶ闇の光の絵といわれる壁の落書きの前で、希紗と歩が運命の出会いを。
そこで歩は希紗に携帯番号を教える。

理恵子は成基のことが気になりだす。恋の始まり?
希紗と成基の関係も気になりはなさんに聞くが、二人は恋仲とかではなく、独りぼっちの二人組みだという。

希紗は自分もマテリアルフェアリーと関わったという歩のことが気になり成基に相談。
成基と一緒に歩と会って話しを聞く事に。
父も母も誕生日のことを忘れて出かけてしまっている希紗。
成基にも忘れられていたと思っていたのだが、成基はサプライズのネックレスのプレゼントをしてくれる。
本当は理恵子も誕生日のことを知っていたわけだが、希紗とも成基ともギクシャクしてしまって言えなかっただけだね。変に希紗のことを思って学校がとかいわないで誕生日ってことだけで向き合えば意外といけたかもしれないけど。それが出来ないのが理恵子なわけだ。

希紗から成基への電話を目撃した正樹は須河原に連絡。後を追う。

希紗、成基と歩。
歩はドッシルとシッシンを見せて、希紗を少し安心させるが、そのドッシルたちがブンちゃんを攻撃?ブンちゃんが壊れる。
そこに須河原と正樹が。

壊れたブンちゃんの破片を拾いながら泣き崩れる希紗。

ドッシルとシッシンってブンちゃんの敵だったのかなぁ。
それとも壊れているブンちゃんを直そうとしていた?
どっちにしても歩を信用しかけていたのにぶち壊しになりそうだ。
偶然とはいえ須河原もきちゃったし。
やっぱり正樹は疫病神になりそうだな。

オカカ婆がドッシルとシッシンと一緒にいたのは知っていたが、オカカ婆が連れてきたとは思っていなかった。逆だと思っていたので。
だからオカカ婆が去ったあと残っていたとは知らなかった。
それよりドッシルとシッシンが健在ということはわっくんの再登場もあるのだろうか。

田菜では鍵を握っていた美玖だが、横浜編ではまだ登場していない。
やっぱり普通の美玖に戻ってしまったのが影響しているのだろうか。
もしかしたらあの猫踊りの会場での出来事を目撃した人物の中で憶えていないのが美玖なのかもしれない。

絵本からうまれたおいしいレシピ2 ちびくろサンボのホットケーキなどの作り方が載っています。

NANA 1巻から11巻セット 映画化もされた大ヒット少女マンガ、まとめ読みのチャンス

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年9月17日

絶対少年 第17話

「それは関与できない問題」

なぜか観覧車に乗って今までを振り返っていた須河原。
だが途中で止まってしまう。これはマテリアルフェアリーの仕業っぽいが。

成基は希紗に自分の棋士としての悩みを話す。

美佳が正樹に声をかける。須河原の状況が聞きたかったみたいだ。

理恵子は成基に希紗のことを相談する。
登校拒否をなんとかしないとこのままだと進級できない。
だが、成基はそれは希紗が決める事、希紗の力になりたいというのは自己満足なんじゃないかと撥ね付ける。

理恵子に言いすぎたと反省した成基は、ときみやへ。
だが理恵子はもうおらず、なぜかはなさんと一局打つことに。

将棋を指しながら、はなさんの人生相談って感じになってます。
「お前達はかくれんぼしている。おには一人寂しくみんなを探せるか不安になって、かくれているほうも一人寂しく見つけてもらえるか不安になっている」

次の日プロになるための関門の対局がある成基。
相手は一度も勝った事がない強敵。
そんな成基に、
「大きな相手と向き合うと自分が成長できる、自分の将棋を信じろ」と言われてしまう。

そして成基の名前の秘密も教えてくれるはなさん。
成基=make base= マクベス

だそうだ。
そんなことよりずっと茂基って書いてたよ m(._.)m
面倒なので以前のものは直さないけど^_^;

なんと夜中になってやっと観覧車が動き出し、解放された須河原。
この事故の被害者としてインタビューされるがマイクを奪い、マテリアルフェアリーについてのことと関連付けて勝手にレポートしちゃう。
TV局としては、これ、どうせ使われないんだろうけど。

成基は次の日対局を。
そんな大切な日の前日に余計な事をしてしまったと反省した理恵子は、将棋会館まで出向く。
だが成基は、結局その対局を負けてしまっていた。
しかし、そのおかげで、成基はプロになる意欲が増した様だ。
負けたのは理恵子子のせいではないといってくれるが。

そんなとき、希紗はまた一年後の自分にメールを打っていた。
「一人だけど独りじゃない」

絵本からうまれたおいしいレシピ2 ちびくろサンボのホットケーキなどの作り方が載っています。

NANA 1巻から11巻セット 映画化もされた大ヒット少女マンガ、まとめ読みのチャンス

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ