カテゴリー「奥さまは魔法少女」の13件の記事

2005年9月26日

奥さまは魔法少女 第13話(最終回)

「あなたがそこにいる、ということ」

ワンダーランドに戻ってきた嬉子は、前任の管理者として伝えなければならない事を伝えにクルージェのところへ急ぐ。

最終回ということで最後の嬉子さんの変身シーンがあったわけだが、管理者の指輪をクルージェに託しているのに、いきなりその指輪にキスしてるシーンから始まるのはちょっとなぁ。いくら使いまわしにしても考えて欲しかった。

クルージェのもとへ行かせまいと、ブルガたちが邪魔をしにくる。
指輪の力がなく苦戦する嬉子、そこにバレンタインが助けに入る。
バレンタインを傷つけてしまったブルガたち。
そこまでする気はなかったと慌てて退散。

バレンタインにより、嬉子の元へ巽が。
嬉子と巽でクルージェのもとへ急ごうとするが、クルージェが持つ管理者の指輪の力はもう発動を始めてしまっていた。

クルージェはなんとか止めようとしたのだが止まらない。
もう新しいワンダーランドを作るしかないのだ。

そしてクルージェの脳裏をいままでこのワンダーランドですごした記憶が甦る。
クルージェはついに新しいワンダーランドの形を決めた。
町が魔法の光りに包まれて行く。

嬉子と巽は間に合わなかった。
だが、嬉子と巽は心から結びついていた、ついに禁断のキスを。
って、キスするのはいいけど、嬉子の魔力がなくなるんでしょう。
空中でキスするのは危険過ぎるのでは。
落ちるだろう普通。

そして願いも虚しく、巽の姿が消えていく。

はたして、クルージェの作ったワンダーランドは。
いままでと同じ町だった。

気を失っていた嬉子の元へ巽が駆け寄る。
巽も消えてしまっていなかった。
すべてが元のまま。
クルージェもこの町を好きでいてくれた。
これからはこの町の一市民として嬉子は暮らして行く事になる。

本当に元のままだったのかというと実は違う。
火事で燃えてしまった学校は元に戻しちゃってるし。
その火事の記憶も消してるし。
実際、巽も一度消えてるし。

つまりは、クルージェが思い描いた新しいワンダーランドを作った事には変わりがないのだ。元のままとはちょっと違う、クルージェが欲した世界を作ったに過ぎない。
それは偶然同じになっただけだ。

それにしても嬉子さんは結局、クルージェになにもしていない。
管理者としての責任を全うしきれていない。
そんなんでいいのか?もうちょっと最後に決め台詞でも言わせてあげて欲しかった。
これじゃあ本当に、ただのわがままなおばさんのままで終わりだよ。

関連を探すなら
boople本の詳細検索
お子様に読んであげたい「絵本」が揃う、オンライン書店のセブンアンドワイ

中古新品選びたいなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月19日

奥さまは魔法少女 第12話

「心に生きている、ということ」

先週の予告では心は生きていると読んだ井上さんだったが、結局心に生きているに落ちついたようだ。とはいっても文字しか出ないわけでどっちが正しかったのかは謎だけど。

リリムに乗りこんだ嬉子。
指輪を預かったクルージェ。
そんなクルージェの前にブルガ、シャネ、エルメがやって来る。

3人に半分唆されて指輪を填めてみるクルージェ。
すると体がソファごと持ちあがってしまうくらい魔法力が漲る。

嬉子は評議会に訴えるが、逆にクルージェを信用せず、導かず否定するだけだった行動を諭されてしまう。
そして未遂とはいえ、巽を逃がそうとした罪で牢獄へ落とされてしまう。

そのころクルージェは心の隙をつかれ、ブルガたちに操られてしまう。
ブルガたちはクルージェの力を使って自分達の世界を作ろうとしていたのだ。

そんなクルージェにユウキが告白をする。
その告白のお影で一旦はブルガ達の呪縛を逃れたクルージェ。
告白してくれたユウキの言葉で、この世界をどうするかクルージェの中で決心がついたようだ。

そのころ牢獄の中の嬉子は、母のアフロディーテと心の会話をしていた。
「人々が寄り添って助け合って時にはお節介を焼いたりして生きていくところを見てみたかった」からこの世界を作ったのだそうだ。
そして「心はどこへでも飛んで行ける、大切な人を強く思いなさい、そうすればあなたは自由」

巽の嬉子を思う気持ちにより嬉子はこの世界へ戻ってくる。

クルージェは再びブルガ達に操られてしまっていた。

はたしてこの世界はどうなってしまうのか、次回最終回。

というより果たして嬉子と巽はキスをするのかがまさに最終回の見所でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月11日

奥さまは魔法少女 第11話

「秋の風が吹いた、ということ」

保に真実を話す嬉子。
保も何か吹っ切れた様に、やりたい事をやっておく、それは書く事。
本を本格的に書く気になったようだ。

二人の出会いは冬の日の喫茶店だったようだ。

嬉子は、巽にだけは生き残って欲しいと、巽をワンダーランドの外へ逃がす。
しかし、巽は嬉子の元へ必死で戻ってくる。

強制的に町を消すことに決めた評議会。
嬉子は最後の抵抗を試みる。
お婆さんとフレイヤも最後の抵抗。

クルージェをどう導くのか、それが嬉子の努め、それを怠ったと評議会は思っている。

評議会はクルージェに、町が消えるのは季節が変わるのと同じというが、クルージェはこの町をまだ消したくなくなっていた。

戻ってきた巽と合流して嬉子の元へ急ぐクルージェ。

一人で評議会と戦おうとした嬉子を叩くクルージェ。
大人ぶって、大好きな人を置き去りにして、今の私の気持ちも知りもしないくせに。
私もこの町をこんなふうに終わらせたくない。

しかし、クルージェは自分の魔法を封印したまま、そこで嬉子の指輪を使ってクルージェの封印を解く。
そしてその指輪を空に投げ、そこに向かって嬉子、クルージェ2人で全力魔法を。
この町を守る、みんなを守るその思いをこめて。

なんとか評議会の魔方陣を壊した2人。

嬉子は、ついにクルージェに指輪を託す。

そして自分はリリムに乗りこむ事に。

次回予告、井上さんは「心生きている、ということ」と言っているのだが、
表示は「心生きている、ということ」になっている。

はたしてどっちが正しいのか?

次回分かるのでしょうか?

奥さまは魔法少女 奥さまは17歳と3,652日! icon

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年9月 5日

奥さまは魔法少女 第10話

「心を開く、ということ」

巽に自分が魔法少女だということをついに打ち明けた嬉子。
やっぱり告白しても魔法は消えないのね。
なら、保にもきちんと話せばよかったのに。
なんでしなかったのか、不思議。

クルージェの魔力を感じて空へ。
そこに怪しい雲が、その中へ乗り込む嬉子。
だが、そこには、シャネたち魔法少女が。
絶体絶命の中、なぜかクルージェに助けられる嬉子。

嬉子がシャネ達をリリムに返そうとしたとき、ブルガに逆襲される。
なんとか逃げきるが、そのとき、魔法のカケラ?がこの世界にいくつか落ちていった。

嬉子は、巽にこの世界の真実を話す。
そして、管理者として自分は何もしてこなかったと悩む。
少し驚いてはいたが、すべてを受け入れてくれた巽。
ちょっと素直すぎる気もするが^_^;

クルージェは評議会から
24時間以内に管理者になり世界を作り変えろと命令される。
背けばリリムからの永久追放。
だが、クルージェは自分に封印魔法をかけ24時間魔法が使えなくしてしまう。

そんなとき、あの魔法のカケラが燃え始める。
各地で同時に火の手が上がる。
クルージェの通う学校も火の海に。
どうせ消えちゃうんだからと諦めるクルージェに対し同級生達は、必死に消化作業を手伝っていた。
新しい世界を作れば、この同級生達も消えてしまう?

ゆうきがクラスの野球大会の優勝旗を取りに行こうとするが、みんなに止められる。
それを見て意を決してクルージェが火の海の校舎に飛び込む。

嬉子もこの町の異変に気づき、出動。
思いをこめた魔法で、雨を降らせる。
しかし、雷雨なんですけど、雷が落ちたら二次災害になりかねないじゃん。
魔法だから落ちたりしないんだろうけど、雷はいらないよな。

なんとか火が消えた学校。
クルージェはみんなの思いがこもった、優勝旗をなんとか守りきることが出来た。

評議会の本気度を感じた嬉子は、後悔をしないように心を開いておこうと、保の元へ魔法少女の姿のまま向かうのだった。

今回は魔法少女ものの定番、学校が火事。
普通は最終回でみんなに魔法を使うところを見られてさようならって展開だが、
今回はクルージェ魔法使えないし、最終回じゃないし^_^;

いままでだったら魔法で校舎を直してしまうんだろうけど、さすがにそうは行かない。
どうするんでしょう?
回りの人間に魔法がばれても何も影響がないようなので、思いきって、クルージェもみんなにばらしてしまうっていうのはありだと思うんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月29日

奥さまは魔法少女 第9話

「思い残すことはないように、ということ」

巽は、保に殴られながらも、嬉子愛してます宣言。
ますます保が怒る。
そこへ、嬉子が巽を庇い、保に別れを。

巽の元へ、後輩のゆう子から電話。
彼女は幼馴染と結婚することになったそうだ。
大学の陸上部に別れを告げるゆう子。

「挑戦しつづけろ、頑張っているみんなが大好きだった」

嬉子の前に、婆さんの娘で、前のこの世界の管理者でもあるフレイアが。
だから婆さんと嬉子は仲が良かったのね。
それに婆さんが魔法を使えるのは、人間との間にはキスしてないからでいいのか?

援軍かと思われたフレイアだが、評議会の本気度を伝えに来ただけだった。

「魔法少女は希望を与えるのが役目、希望の象徴として常に新しい世界を構築してみせることが必要」

フレイアも評議会に文句は言った様だ。
「変える事ばかりが希望じゃない、素敵な場所ならそのまま残していくことだって大切な事、それだって希望になる」
だが、評議会にはわからないらしい。
なぜ彼女が評議会に文句が言えるかは、お父さんがつまり、婆さんの旦那が評議会の一人だからみたい。
つまり、親子喧嘩、夫婦喧嘩の様相も呈し初めている様だ。

評議会側も、なかなか煮え切らないクルージェに脅しを掛ける。
このまま何もしないなら、評議会で世界を消し去ると。

自分の仕事と役目と感情に悩むクルージェ。
世界を消すと言う事は、思い出も消すということ。
というバレンタインの言葉を思い出すクルージェ。

巽を呼び出し、心の整理を付けようとする。
心の中で「あなたを消してしまっていいですか?」
悩むクルージェ。
そんなクルージェに巽は、好きな人がいると、嬉子を愛している事を告白する。
ある意味フラれたクルージェだが、それでもこの世界を消す決心を付けかねていた。

巽のような本気で心配してくれる人は初めてだったクルージェ。
離れたくない、消したくないという思いもあるが、
それでも巽の心を尊重し嬉子の元へ送り出す。
そして、この世界を消し去るという悲壮な決心をするクルージェだった。

巽は、遂に嬉子に告白。
嬉子も、魔法の指輪を外し、巽の思いを受け入れるかに思えた瞬間
その指輪が光る。
それはクルージェが世界を消し去ろうとしている証だった。
それを見てキスを拒絶し泣き崩れる嬉子。
どうしてもこの世界を消してしまいたくない思いのほうが強かった様だ。

その頃、リリムに乗り込んだ、ばあさんとフレイアは、評議会議員でもある夫であり父に盛大に文句を言っていた。
「変わらない町でも暮らす人々は日々変わっているんだ」と。

思うに、このアニメ。変に雨のシーンが多い。
心の中の象徴なんだろうけど、ちょっと多いと思うなぁ。

ここまで評議会が口出ししてくると、クルージェがこの世界をそのまま残す事も出来そうにない。結局はそうなると思うんだが、はたしてどう決着を付けるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005年8月22日

奥さまは魔法少女 第8話

「想う人がいる、ということ」

前回海に転落した嬉子。
うなされて、クルージェにより町が消される夢を見る。

巽はどうやら人工呼吸はしなかったようだ。
それにクルージェも指輪を盗む事をしなかったようだ。
巽が好きなクルージェとはいえ、人工呼吸を無理矢理やらせるなり、気絶しているときに指輪を盗むなりしてしまえばそれで終わりだったのに。
意外に生真面目なクルージェ。

そのせいもあってか、リリムの評議会に呼び出されるクルージェ。
評議会って爺さんばっかりなのね。魔法界には男女がいることがやっとわかったよ。
それにしても魔法使い同士ならキスをしても大丈夫なのだろうか?

古くなったワンダーランドを新しくすることは、リリムに力を与えることでもあるみたいだ。
それだけに評議会も急ぎ始めているようである。

散々小言を言われ意気消沈のクルージェ。
バレンタインに相談。
バレンタインは嬉子のサポートとしてこちらに来たそうだ。
そして恋もした。
でもそれは報われない恋だった。
恋人への想いが苦しくなってきていたバレンタインは、クルージェのサポートを買って出る。
その前にキスもしないで死んでしまった恋人への最後のお別れをするのだった。

巽は、保の女編集者に邪魔者扱いされる。
外に連れ出され、色仕掛けで篭絡されそうになるが断ってしまう。

バレンタインの恋人は、バレンタインが大学に合格した日、事故で逝ってしまっていた。
クルージェに
「自分の地図からその人のいた町を消し去ること」
と忘れるということの意味を教えるバレンタイン。

夏祭りの夜、バレンタインが嬉子に戦いを挑む。
なんとか説得しようとする嬉子。
みんな思い出を大切にしている。
みんなそうして生きている。
大切な人が生きた証しも消してしまえるの?
思い出まで作られたもの?

辛い思い出を消し去り新しい世界へ、と思っていたバレンタインだが、本当に好きだった恋人のことをやはり忘れることなどできなかった。
泣き崩れるバレンタイン。

それを見ていたクルージェは、また中途半端に終わった戦いを見て、自分の味方がいないと嘆く。
だが、そんなクルージェにも無邪気な同級生達は笑顔を見せてくれるのだった。
いつもウザく思っている同級生達こそ実はクルージェの味方なのかもしれない。
クルージェを好きな人間もこの世界には沢山いることに気づいただろうか?

巽は、女編集者の恨みを買い、ウソをつかれ、保から最低の人間と殴られる。

全然関係ないが、この番組のCMに、レモンエンジェルのDVDがあるのだが、あの
「危ないロリータ」って流して大丈夫なのか?
というより今考えるとこんな直接的な歌詞よく歌ってたなぁ。
とはいっても、フジテレビで放送していた番組だからなぁ。よくやってたものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年8月15日

奥さまは魔法少女 第7話

「すぐそこにあるキス、ということ」

雨の中、魔法少女シャネと戦い、なんとか勝った嬉子。
そのせいでちょっと風邪気味に。

戦いのせいでちょっとセンチになり、昔を思い出す嬉子。
本当はドレスを着たかった嬉子だが、誓いのキスができなので白無垢での挙式に。

そんなとき、巽はクルージェから海に誘われる。
うきうきのクルージェだが、デートの相談をした先生でもあるバレンタインに、盛り上がったときにキスをしたら魔法少女じゃなくなる、と釘を刺される。

嬉子は、そんな巽も気になるが、美容院に行った後、保の元へ。
そこで、嬉子から離婚を言い出すが、聞き入れてもらえず。
だが、保は嬉子の前髪が短くなったことに気づいていた。
巽に嫉妬しているようでもあるが、嬉子にまだ気があるみたいだ。

巽も前髪に気づいてくれた事がうれしい、嬉子だったが、巽はクルージェと海へ。
気になる嬉子も後を追う。

クルージェが気になるというより完全に巽が気になってしかたがない、嬉子。
他の女の子と親しくしてほしくないようだ。
だがキスはダメなのである。トホホ^_^;

海では、同級生に貧乳おばさんとからかわれ、クルージェは巽と散歩に変更。
嬉子は怪しいオタクや三兄弟に迫られるも危機一髪逃げ出す。

巽とクルージェは、いい雰囲気に。
城址で、もう少しでキスを、というところまでいくものの、バレンタインの言葉を思い出し、キスを拒否する、クルージェ。
これじゃ、嬉子と同じだよ、クルージェ。
結局まだ魔法少女を捨てられないわけね。
まぁ子どもだしね。仕方がないか。

巽とクルージェを見失い、途方にくれている嬉子に、シャネが襲いかかる。
双子のエルメも加わる。
まして、ここにきて風邪が悪化して嬉子大ピンチ。

そこに、クルージェが嬉子の助けに入る。
クルージェがシャネ、エルメを撃退するも、嬉子は、海に転落。

クルージェが呼んだ巽が助けるも意識不明に。

巽がここで人工呼吸でもしようものなら、そこで嬉子魔法少女引退決定の大ピンチ。
はたして次回どうなることやら。

好きな人とキスが出来ない辛さを知った、クルージェ。
嬉子のことが少しは理解出来たのだろうか?
それとも・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005年8月10日

奥さまは魔法少女 第6話

「大人の魅力って・・・、ということ」

暑い夜、扇風機や団扇を魔法で動かしてる嬉子さん。
それを見て驚く巽。
このパターン完全にお約束になっています。

朝から何やら怪しい体操?をして腰を痛めてしまったお婆さん。
今晩楽しみにしていた、ウメケンマンボでおなじみのウメケンのお芝居のチケットを嬉子と巽にプレゼント。

どうやら怪しい体操は、ウメケンマンボの振り付けだったみたい。
一緒に踊ろうとしてたのね、年甲斐もなく。

クルージェは、プールの授業中文句を言ってきた男子に
「小さいわね、男はもっと大きくないと」
と暴言?を。
何を勘違いしたのか男子達はクルージェに
「おっぱい小さい」と傷つく一言を。
完全にナニの大きさだと勘違いしています男子。

クルージェは、またまた大人に変身して町へ。
ここでもまたさっきの男子に「貧乳おばさん」と言われてしまうクルージェ。
たしかに貧乳だが、おばさんじゃないと思うんですけど。
小学生にとってはあの程度の年齢でもおばさんなのか?

町で巽と出会ったクルージェは、一緒に萩焼きの取材へ。

そこで、萩焼きの特徴の一つでもある、茶枯れなどの話しを聞く事に。
萩焼きは、出来てすぐよりも使いこんでからのほうが味がでていい作品になるのだという。
何年も先を見据えて、そこまで計算して作るのが本当の仕事。

ずっと大人の格好をしていたクルージェは魔法の使いすぎでダウン。
看病をしていた巽は、嬉子との待ち合わせ時間に遅れてしまう。
嬉子はそのことに気づいていたから、怒りはしなかったが。

始まってしまった芝居の変わりに、巽は着メロを利用して伴奏をつけウメケンマンボを踊り始める。嬉子も一緒に踊る踊る。
駅前なんですけど^_^;

携帯番号を教えてもらったクルージェは、巽に電話してみるも、踊っていて気づいてもらえず撃沈。

前回は、吉田松陰。
今回は、萩焼き。
完全に萩地方の宣伝PR番組になりつつある奥さまは魔法少女。
次回ははたしてなにのPRになるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2005年8月 1日

奥さまは魔法少女 第5話

「大人ならOKよ、ということ」

保は、巽に編集者としての力を見せてみろと、吉田松陰の資料集めをやらせる。
他社の仕事の資料集めながら保は巽に何かを感じたのかもしれない。

クルージェの家に同級生たちが押しかける。
クルージェの親はこちらには来ていないそうだが、やっぱりクルージェにも親はいたのね。
もしかして男の魔法使いもいるのだろうか?
魔法使い同士でのキスはOKなの?
それともキスなし生活?この辺謎が多い。
人間との間の子には、魔力はないの?

彼女達との会話から、クルージェは大人に変身することを思いつく。
巽と親密になりたいために。

ネットで吉田松陰の資料を集めて持っていく巽だったが、保に突き返される。
「おまえにしかできないことをやれ」と。

迷っていた巽に、嬉子は松下村塾に行く事を勧める。
吉田松陰が教えた塾である。そこで何かを感じられるのではないかと。

巽は、松下村塾で未来を夢見て勉学に勤しむ松陰や教え子の幻を見る。
クルージェは授業中抜け出し、大人に変身して巽が向かった松下村塾へ。

巽とクルージェはいい雰囲気。
松陰の言葉を語りながら仲良く歩く。

「一己の労を軽ろんずるにあらざるよりは、いずくんぞ兆民の安きをいたすを得ん」
自分の苦労を嫌がっていたのでは多くの人が幸せに暮らせない、苦労してでも人のために尽くしなさい。
こんな言葉を巽はクルージェとは知らずに話しかけてきた女の人に呟く。
これってある意味管理者の心得みたいな気もするんですけど。
クルージェは気づいていないようだ。

「万巻の書を読むにあらざるよりは、いずくんぞ千秋の人たるを得ん」
多くの本を読み勉強しなければどうして名を残すような立派な人になることが出来るだろうか、だから本を読んで勉強しなさい。
ちょうどクルージェが抜け出すときに授業でやっていた吉田松陰の名言。

いくら萩だからって小学生が習うとは思えないんですけど。
今はやるのかなぁ。

「新たなるものへ挑戦していく大切さ」を感じた巽は、保つの元へ。
それを伝えると取り合えず合格だったのだが、意地悪で結局巽の資料はボツに。
それでも清清しい思いの巽だった。

って、今回は戦闘はなし。
嬉子は一応クルージェの魔力を感じて変身して飛びまわっていたのだが、クルージェの方がただ巽とデートしたかっただけのために魔法を使っていたためクルージェを発見できず終了。変身シーンすらなし。

完全にここは萩、吉田松陰の里っていう回でした。
スタッフはなにか吉田松陰に思い入れがあるんでしょうか?
そんなんでいいんでしょうか?

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2005年7月26日

奥さまは魔法少女 第4話

「夕立は危険よ、ということ」

隠れて、浅羽保の雲の上のターミナルを読んでいて巽。
その本を見つけてしまい、嬉子はちょっと憂鬱に。

嬉子は、久しぶりに保の家へ。
ここでキスを迫られるも、結局拒む。
自分が着にしている事が本当に正しいのか悩む嬉子。

クルージェはあまりの退屈に死にそうに。
そんなとき、町で巽と出会う。
どうもクルージェは巽が気になるようである。

遊園地があればデートの約束をしたクルージェ。
夕立の降りしきる中、さっそく城址に遊園地を作り始める。

結局そこで嬉子と対決。
嬉子がジェットコースターに乗せられるシーンは、完全にサービスカットのためだけに作っているのが分かるんですけど。あからさますぎて個人的には好きになれません。

戦いの中での、クルージェの
「楽しむ気持ちをなくしたら魔法少女じゃない」
「いうことまでやっぱりおばさん」とか
嬉子を悩ませる言葉がいいね。

嬉子がこだわっているのは、母が作った世界を残したいのもそうだが、
変わらないからこそ存在する母のおも影を残しておきたいかららしい。
で、母はどこに行ったのだろう?このことも後々影響するのだろうか。

お約束どおり、嬉子の逆転勝だが。
なぜか一つ残ったコーヒーカップにもたれて、一人雨の中悩む嬉子。

探しに来た巽に、慰め、励まされる嬉子。
それを見つめるクルージェ。

雨で煙る世界を見て、嬉子はやっぱり何もかも消えてしまうのかと、また悩む。

思ったのだが、クルージェは巽がかなり好きらしい。
で、キスしたら魔法は使えなくなる。
嬉子は本気でクルージェに管理者になられたくないなら、巽をけしかけ、クルージェにキスさせちゃえばいいんじゃないか?

でもすぐに次の管理者候補が来ちゃうか^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (4)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ