カテゴリー「ぱにぽにだっしゅ」の27件の記事

2006年8月27日

グッドスマイルカンパニー  ぱにぽにだっしゅ!ねんどろいど メソウサ

「ねんどろいど」シリーズ、第3弾は“メソウサ”!

第2弾が、セイバーだったと思ったら、今度は、メソウサできました、ねんどろいど。
目のつけ所が、なかなかいいと思います。

“メソウサ”を豊かな表情差替えパーツや曲がった耳パーツもついてくる。
そして、“ネコ神様””オオサンショウウオ”も合わせてセット。

Paniponi_mesousa_1 

ぱにぽにだっしゅ!ねんどろいど メソウサ icon 原型製作:ねんどろん(小田剛)

個人的には、藤岡弘風メソウサ希望だが、ねんどろいどだとダメメソウサのほうが似合うかな、やっぱり。

他にもフィギュアを探したいときは、こちらをどうぞ
フィギュア・ホビーも【セブンドリーム・ドットコム】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月26日

ぱにぽにだっしゅ! 第26話(最終話)

「一寸先は闇」

”物事の終わりは
思えば人生の恩師である”
by桃月学園校長

現実世界では大寒波で寒くて寒くて奮えている今日この頃ですが、ぱにぽに世界では異常気象で真夏の暑さに。

そこで午後の授業を中止して校庭に突如出現したプールでのんびり過ごすことに。

最終回ということで、キャラ総出演で水着水着水着のオンパレードでファンサービス三昧でした。
バックの落書きも大盤振る舞いなのか、多すぎて困ってしまうくらい。

ストーリーは、特にないです^_^;

ということで気になった部分を個別に突っ込みます。

・タイトルコールは”金八先生”ですか?それとも”毎度おさわがせします”ですか?
・メソえもん、どちらかというとコロ助なんですけど^_^;
 それにドライアイスでは涼しくならないような気もします。
・芹沢のトランプマンならぬトランプギャル(懐かしい)、なぜにそこからコブラに変身ですか?

バックで気になった書きこみは
「呂布子」
「ノーマネーでフィニッシュです」虎ですね

最後は主演者さん達の寄せ書きでシメですか。

全体を通して楽しく見させてもらったのだが、もともとギャグだからストーリーはないに等しいとは言え、毎回毎回後ろの書きこみが気になって話に集中できなかったのが一番の思い出^_^;

ベッキーの一言でお別れです

「ごめん さよならだ」

iconicon
ぱにぽにだっしゅ! 第1巻 icon

ぱにぽにだっしゅ! 第3巻 icon 2006/1/25発売

「ぱにぽにだっしゅ!」をセブンアンドワイで検索する

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005年12月19日

ぱにぽにだっしゅ! 第25話

「危急存亡の秋」

今週は先々週の続き。
先週の時代劇はなんだったんでしょう?

謎の巨大彗星が地球に接近してきている影響で地球は滅亡の危機に。

遺書を書く姫子
「タラバガニ美味しゅうございました
 松葉がに美味しゅうございました
 越前がに美味しゅうございました」

因みにタラバはヤドカリの仲間、松葉(山陰)と越前(北陸)はズワイガニのこと産地によって呼び名が違うだけ。
それよりも姫子って本物のカニを食べたことないだろう。先週のカニのレントゲンですら中味はカニカマだったんだから。

校長に地球を救えと言われても1-Cの面々はやる気なし。
しかし、学食の食券一学期分?(よく聞き取れませんでしたが)を約束されて一気にやる気に。

ぱにぽにX出撃。
「桃月の子供達が往く」ってヤマトですね。
そして謎の彗星の正体が明らかに。
なんと愛媛みかん、いや愛媛みかんの箱もとい、「一条祭
エイリアン艦長がゴミとして出してしまった一条祭がこんな辞退を招いてしまったのでした。
ここで一条祭をつかうとは、すっかり忘れていた存在だったのに。

そこで一条が説得に行ったのだが、逆に煽ってしまい逆効果に。
ぱにぽにXで迎え撃つ1-C
ガイキングガンバスター」って感じのマシンですね。
どちらも最近新作が作られたからでしょうか?
そういえばガイキングは意外と面白いですね。絵がロボットものっぽくないのが難点ですが。

だが一条祭に吸い込まれてしまう。
そこでは各人の夢を見せてくれる幻覚の世界。
姫子はなぜかみんながウサギになった世界を。バニーちゃんの格好の玲とか。
カニじゃないのかカニじゃ。
くるみは人気者に。存在感のある世界。
都は受験に追われる世界。現実と大して変わらない^_^;
6号はカラーヒヨコの世界。
玲はお金に埋もれる、萌え系銘柄の株に埋もれる世界^_^;

だが、ベッキーの機転で全員正気に戻り、一条祭の弱点である「中心部の御神体」を片付けることに。
弱点を教える一条の姿はさらば宇宙戦艦ヤマトのテレサですね。
エヴァ型ロボット(腕には「へば」って書いてあったけど)で中心部まで進み、最後は
「行け!メソウサ!!」
最後はメソウサですか!!
御神体=ネコ神様弟を立ち退かせることに成功。

こうして地球は救われたのだった。

ところで最後には白く戻っていたメソウサ。
毛の生え変わりはどうなったんでしょう?

サブタイトルの「危急存亡の秋」って何かの間違いか当て字かと思ったら、三国志が出自のちゃんとした言葉だったんですね。
正確には危急存亡之秋(ききゅうそんぼうのとき)と読むんだそうで。
有名な諸葛孔明の「出師の表」に用いられている言葉だそうです。
疑った私が馬鹿でした。

そして次回最終回、どんな最終回になることやら。

iconicon
ぱにぽにだっしゅ! 第1巻 期間限定版 icon

iconicon
少女Q  桃月学園1年C組

icon iconicon
ルーレット☆ルーレット  野中藍(一条さん) icon

ぱにぽに公式ガイドブック2 試験に出るぱにぽにだっしゅ

ぽにぱに 1 ぱにぽに似コミック

「ぱにぽにだっしゅ!」をセブンアンドワイで検索する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月12日

ぱにぽにだっしゅ! 第24話

「死して屍拾う者なし」

先週の振りは何だったのか、今回はいきなり時代劇。
ギャグマンガ、アニメの定番といえば定番だが。

内容は、必殺シリーズパロなのにサブタイトルは大江戸捜査網。

ターゲットは、御勘定奉行「宮本べきえもん」(ホリエモンとドラえもんとおじゃまもんも掛けた?)
必殺ぱにぽ人は、
「火力の玲」
「念仏の都」
「草葉のくるみ」
「アホ毛の姫子」
「蒼の6号」(ちょっと上手い)
「三味線屋一条」(それは中条と掛けてるのかな?)

なぜか主水役がいないところがミソ?

べきえもんの政策、涙を流すたび100円の税金が取られる
”はうはう税”導入により江戸の町はもう大変に。

はうはう税を撤廃させようと江戸には、正義の味方が集結して来ていた。
水戸黄門とか
子連れ狼とか
ねずみ小僧とか(ねずみ男^_^;)とか
遊び人の金さんとか

その悉くが失敗し最後は必殺ぱにぽ人に託された。

彼女達の攻撃をメソウサを使い巧みに逃げるべきえもんだったが、
最後の最後火力の玲に掌目玉攻撃を受け失神KO。
かくして江戸の町は救われたのだった。

いやぁ念仏の都、攻撃は握力で骨を砕くと見せかけて頭突きかい。
折角レントゲン風の演出まで出したのに。
一人一人集まってくるあの必殺の名シーン、しかし、くるみは待ち合わせ場所を間違え置き去りに、いない事にも気づかれず。

子連れ狼の乳母車には確かに機関銃が仕込まれていたのだが、よくスタッフ知ってたな。
トリビア見たのかな?
逃げるときのブタの群れ、後ろではジョーと力石の名シーンまで再現してるし。

白鳥の鳥さんがあまりにうるさいので、クマのぬいぐるみにって
これはあのロンパールームの伝説のクマのぬいぐるみ事件ですね。

ラスト一条の背中のボタンがスクエニビルの爆破ボタンだったとは。
さすがにこのオチはライバル会社のビルには出来なかったようだ。

iconicon
ぱにぽにだっしゅ! 第1巻 期間限定版 icon

iconicon
少女Q  桃月学園1年C組

icon iconicon
ルーレット☆ルーレット  野中藍(一条さん) icon

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月 5日

ぱにぽにだっしゅ! 第23話

「弱り目に祟り目」

なんと「ぱにぽにだっしゅ!」あと4回。

くるみは寒さが苦手で、なぜか水木キャラに。
次はの○太くんになって、「ベキえもん何とかして」と来たもんだ。

寒いといえば、温泉。
いきなり温泉シーンでサービスかと思ったら、ガイドブックを見てただけですか。

サービスは玲のほうで。
寒いので上着を着る玲。
姫子が想像します。
”ブレザー?””セーター?””ダブダブセーター?”
しかして実態は
”ジャージ上下”

マニア向け?

あとは無意味に白鳥人形劇団がメインを占めていたような。
そんな長閑な桃月学園だったのだが、

実は地球滅亡の危機がヒタヒタと迫っていた。
謎の巨大彗星が地球に激突するコースをとって進んで来ていたのだ。

その影響で外は突然の吹雪に。

行け!桃月学園1年C組!!
地球を救うんだ!!!!

金曜、土曜と関東では深夜に「さらば宇宙戦艦ヤマト」やってたんで巨大彗星と聞くとすぐに思い出してしまった。1-Cが変身したときには絶対ヤマトコスプレだと思ったのに。

地球滅亡まであと31日。
あと31日しかないのだ。
そしてぱにぽにだっしゅ!終了まであと3回。
あと3回しかないのだ。

最後の最後のあの
「ネコ耳吸血鬼」
「きゅーけつきだぞ~」
「ごしゅじんさまなんだぞ~」
ってこの期に及んでのこのパロはいいのか?
声もスタッフも同じだけど・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月29日

ぱにぽにだっしゅ! 第22話

「槿花一日の栄」

最初と最後の姫子ネタはキャンディキ○ンディパロ?

いきなりバックに
「恥ずかしいセ○フ禁止中」
って早くもARIAネタがきましたか。まぁ声は同じ斉藤さんだしね

今回は、テレビの取材がやって来る。
「突撃となりのHR」
レポーターはヨネス○じゃなくて女性。
深夜番組の有名コーナーだそうだ。
だがベッキーは見たことなし。
子どもだしね。
と思ったら、ゲームで徹夜もするし、通販番組は見るらしい。
その通販で買ったのが
誰にもばれずに身長が高くなるという
「シークレットかつら」
バレバレです。

それにしてもタイトルバックのペヤ○グは何故なのか、理解に苦しむ。

ベッキーはテレビの取材を受けないと拗ねて研究室にこもる。
なんとかテレビに出たい1-Cの面々はなんとか引きずり出そうと頑張るが・・・
って話です。
天照大神の天岩戸伝説とは当然違いますが^_^;

ということで特に今回は語ることがないです。
ゲーム風に進行したので、バックのゲームネタを少々
「くっ!ガッツがたりない」テクモのキ○プテン翼だね。
「バントでホームラン」ジャレコの燃えろ!!プ○野球だね

そういえば、オープニングはまたまた真夏のバカンスだった。
このアニメのオープニングの傾向が未だに掴めないのが悔しい。


ぱにぽに

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月21日

ぱにぽにだっしゅ! 第21話

「鬼に衣」

今回もオープニングは新曲の「少女Q」
「ルーレットルーレット」の扱いはやはり不当に低かった気がする。

PTAがベッキーが子どもと言うことで今更ながら不信感を持ち視察に来る事に、
だがベッキーが雲隠れしてしまい、何故か芹沢がベッキーの振りをして授業をする事に。

玲の相変わらずの、嫌がる相手を思わずその気にさせてしまう説得術は凄いなぁ。
というかあれに引っ掛かってしまうのがまだ若いんだろうけど。

1-Cの面々がまずはベッキーのコスプレをして試してみたが、全員今イチ。
個人的にはレベッカ一条はアリだと思ったのだが^_^;
そこでターゲットを芹沢にしたわけだが、そこそこOKということで決定。
芹沢を説得するときに何故か水着になったり、サンダーバードだったりのサービスっぷり。
だが、よく見るとここにメソウサが2匹いた。
一匹は普通のメソウサでしっかりベッキー風になっている。
もう一匹は少し大きくそれも藤岡弘風のキリリメソウサ。なぜ?

芹沢を特訓する1-C。
V作戦マニュアルってガンダムですな(あれはV計画だったけど)
お約束のカーテン隠れも特訓させてみる(そうかあれは通称ハウハウというのか)
出来が悪いので却下だったが、そもそもPTAの前でハウハウやるようじゃダメだと思うのだが^_^;

本番開始、PTAの面々はなぜかみな覆面か仮面を被っている。
この仮面が昔のアニメに出てきたものだと思うんだけど、さすがに何だかすぐには思いつかない四つ目のやつは横山光輝風?それ以外は見た事ありそうなんだが思い出せないのがちょっと悔しい。

PTAにダメだしされてしまう芹沢だったが、ここまで苦労した事を思い逆ギレしてしまう。
だが、これが生徒達の心も掴む。
そしてとりあえずPTAは去っていった。
危機は去った。

で、ベッキーは何処にいたのかと言うと、
あるときは、キリリメソウサ(誰だと思ったらベッキーだったのか)またあるときは、天然記念物、そして授業中は6号に。
芹沢の受難を見届けていたベッキーでした。
自分で授業しろよ、とキレル芹沢でした。

ということで今回は芹沢オンステージ・オブジイヤーでした。
しかし、芹沢と来栖は素顔でいるときには本当に仲がいいなぁ
着ぐるみ着てると敵対関係なんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年11月14日

ぱにぽにだっしゅ! 第20話

「君子危うきに近よらず」

ルーレットルーレットを使いこなせぬまま、また新オープニング曲になってるし^_^;

姫子がキノコ型の宇宙人マタンゴ星人に乗っ取られた。
一条曰く、先週からキノコが生えていたといっているが、先々週にはキノコになっていたよね。

今回はキノコの話がメインと言うことで、変に嫌らしいところが多かったね。
胞子をばら撒く寸前のマタンゴ星人、キノコがどんどん膨らんでいっていたし、当に発射する前のチ○ポのイメージだな。
もうひとつ、芹沢が運んでいたコップの中味が来栖に掛かるシーンも、白い液体だったし。
カルピスか?

姫子にスリスリされていたときの玲の胸乳首勃ってたぞ。
まさか付け乳首だったりして。

演劇部vs映画研究部の対立。しかし、芹沢も来栖も相手が着ぐるみを着ていないと対立している部の人間と気づかないとは。

そういえば、玲はメガネ掛けてなかったよね、でもデフォルメされたシーンではしっかりとメガネを掛けている。どっちが間違い?それともデフォルメはイメージ映像だからいいのか?

喫茶エトワールだけ南条って入ってないのね。グループなのに。

紙相撲の力士が、朝青○と琴欧○に見えたのだが、○青龍は横綱だからいいけど琴欧○州に綱を張っちゃいけないでしょう。まだ関脇なんだから。あれは横綱だけの特権です。

ベッキーの着ぐるみは、ミッ○ー風ドラ○もんって感じに見えました。

エンディングの中の、あの視聴者からのイラストっぽいのはやっぱりパロディだよね。
本当に送られてきたものだったりして・・・・
でもそれなら、もっと長く見せるな。いくらなんでも。

その後、「次回も見てくれよな!」のバックのイラストはいったい誰だ?
後ろにいるのは姫子なのはわかるが、メインは一体誰?まさかベッキーか?

それにしても毎回あのイラストは誰が描いているのだろう?地方局とかだと局の人が描いていたりするのだが、はたして。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年11月 7日

ぱにぽにだっしゅ! 第19話

「芸が身の仇」

1-Cの面々が謎のウィルスに冒される。
「桃月ウィルス」
と命名されるが、感染すると額に

「桃」

という文字が浮かび上がる。
ということで隔離される。
難を逃れたベッキーは、病原体および感染源を探す。

桃月ウィルスは、エンドルフィン(脳内麻薬)を好むらしい。
つまりはいつもハイで脳天気だと感染しやすい訳だ。
なるほど1-Cが感染した訳である。
それこそ、姫子まで感染するんだからすごいウィルスだ。
それに一条さんにまで感染してるし。

最後は、ベッキーの機転で、メソウサからワクチンを作り全員治癒。
何故メソウサだったのかは、
ウィルスが好む性格とは正反対の存在だったから。
メソウサも役に立つじゃん。

で、病原体はどうやら、一条妹だったようだ。

メディアがベホイミに癒し系魔法少女に戻るチャンスと煽りまくるのだが、ベホイミは頑なに拒否してるのが面白いんだけど、個人的にはいい加減ベホイミには魔法少女に戻って欲しいんだけど。
先週せっかくアイキャッチで戻っていたのでそろそろかと思っているんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年10月31日

ぱにぽにだっしゅ! 第18話

「果報は寝て待て」

「♪ウーササ ウササウーササ ウササウーサウサウーササ
ウーササウーサーサー
♪」
それにしてもこの番組、某ロ○ト製薬のCMがお気に入りのようで。

メソウサが疫病神見習いの妙子に不幸になってくださいと頼まれる。
このシーン、地獄少女に似てると思ってしまったのは私だけ?

メソウサは何故か額に時限爆弾を埋め込まれてしまう。
爆発まで7日。
だったのに、メディアが回してしまったせいで、3時間後の7時ごろに。
せっかく爆発物の専門家のベホイミとメディアを呼んだのに、それが仇となったわけだ。
それにしても7時ごろってアバウトだ事。

メソウサはメディアに投げ捨てられ夕方の町へ。
そこで妙子を探して何とかしてもらおうと聞き込みをはじめる。

マホ毛がキノコになっていたし、玲のメガネなしの顔が分かったが、普通に玲って分かるんですけどなぜあの顔でみんな分からないのだろう?
それにしても妙に玲の顔が白いような気がしたのだが気のせいか?

ベッキー、ベホイミ、メディアは一応爆弾の解除法を見つけようと努力してみる。
芹沢茜をメソウサのコスプレさせそこに同型の爆弾をつけて。
今回茜は顔すら出ずとは、悲しいのう。

メソウサが一条さんに聞き込みしているときの文字の通行人になぜかHGがいるし。
(妙子もいたけど)
妙子の居場所をくるみが知っていた。
そこはくるみのバイト先の喫茶店。店長は萌え喫茶にしようとしていたらしい。
だがバイトに来たのはくるみ。萌えのカケラもないくるみ。ということで店長の野望はアッサリ挫折。
しかしバイト選んだのは店長じゃないのか?他人のせいにしてはいけません。

実験が10回目にして成功しメソウサの元にやって来たベッキー。
みんなに誉められて胴上げされているうち、解除するのを忘れお約束通り爆発。

この喫茶店のシーンは基本的にモノクロでワンポイントだけ色がついていたのだが、これって映画のシン・シティのパロってことでよろしいんでしょうか?

今回は、メソウサを狂言回しにして、結局は生徒達の放課後の過ごし方を見せてくれたってことでいいんだよね。

それにしても妙子がネコ神様の弟子だったとは、ってことはネコ神様も疫病神?
最後に、妙子に爆弾をあげた人は、一条父?

ドラマCD「ぱにぽに」セカンドシーズン Vol.2~桃月学園1年D組南国漂流記っス~編 icon

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ