カテゴリー「ノエイン」の24件の記事

2006年4月 1日

ノエイン 第24話(最終回)

「ハジマリ」

遊撃艇に苦労するカラスを助けたのはアトリ。
カラスをハルカのところへいかせるために、アトリは巨大化し遊撃艇を潰していく。

しかし、ノエインはついに龍のトルクを飲みこみ、全時空を収束させ始める。

飲みこまれたハルカに
「どんな未来が見たい?」と声をかける謎の老人。
「お前は選ばれた、全ての時空、生き物の声を聞き感じればいい」

だが、各時空では、シャングリラの侵攻が始まった。
ウロボロスからぞくぞくと遊撃艇が出てくる。

トビはコサギにラクリマに戻り、レイズシミュレーターを破壊してくれと頼む。
人間はお互いを認識することで存在を確定することが出来る。

ラクリマの人たちも最後の望みを託し、地上へ出て自分たちの世界をもう一度見つめ直すことで存在を確定させようとする。

現代でも時空の収束、重ね合わせが起こり始めていた。
篠原に撃たれなかった郡山が現れた。その郡山が篠原を殴る。

カラスまで取りこもうとするノエイン。
だがハルカは、一人抵抗する。
「全ての時空の私は幸せだった。ユウと逢えたから、幸せだよ」

ユウが「今のお前はボクじゃない」
「ハルカを忘れたりイサミを殺したりしない」
カラスが「未来を諦めない」
「お前こそマボロシ」

黛、トビらの尽力でマジックサークルの緊急停止に成功。

遊撃艇の侵攻を食いとめるために奮戦するアトリだったが、ウロボロスの消滅と共に一緒に消えていった。トビもこの世界での存在を許されず消えていった。
郡山は内田の必死の願いで、撃たれなかったほうの郡山の存在を確定できた。

ラクリマのウロボロスも消えていった。

時空の収束は阻止され、時空は、無数の選択肢を得た。
カラスはハルカに一緒に帰ろうと、抱きしめる。
カラスはいつでも側にいると、十五年後に逢おうと、そしてユウになった。

ノエインは、誰にも認識してもらえず、存在を確定出来ずに消えていった。

そしてハルカとユウは、青い雪と一緒に二人で現代に戻ってくる。

それから時が経ち、季節は冬。
今度ユウが東京から戻ってくるらしい。

ハルカとユウいや、アイ、イサミ、ミホいや全ての人たちにとって未来はいったいどうなるのだろうか?
未来はわからないからこそ未来なのだ。

トビとかアトリとか元の時空に戻っていたらいいな。

iconicon
ノエイン ~もうひとりの君へ~ 第3巻 icon2006/3/24発売

『ノエイン』オリジナルサウンドトラック Vol.2 icon2006/3/24発売

「ノエイン」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
これから発売されるアニメCD【セブンドリーム・ドットコム】
これから発売されるアニメDVD【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日

ノエイン 第23話

「オワリ」

友達を置いて逃げられないというイサミたちの言葉に、昔の自分を思いだすアトリ。
そこは、戦場だった。重傷を負った友達を助けられなかった苦い思い出。
妹さんと会えるといいねというミホに、妹はとっくに地雷を踏んで死んでいると告げるアトリ。
未来は分からないからおもしろい。と言って、イサミ、アイ、ミホをハルカの家の中に残し、一人カラス、ユウ、ハルカを助けるためにシャングリラに残るアトリだった。

ハルカの家は、ハルカも思いが通じたのか、現代に戻った。

ノエインはハルカに、ボクの悲しみを消し去るためにキミがいる。ボクとキミは一つになる、と龍のトルクの力を使いノエインは時空の収束を起こし始める。

カラスとユウはハルカを助けようと草原を急いでいたが、そこにシャングリラの遊撃艇が襲いかかる。
ユウにハルカを託し、カラスは遊撃艇と死闘を繰り広げる。
今回も、バトルシーンは、猛烈に粗い作画です。
完全に狙った演出なんでしょうけど、最後までこの演出に共感出来ずに終わりそうです。
迫力は感じるんだけど・・・・・

一人ハルカのところへ急ぐユウの前に、謎の人物が現れる。
ノエインを止められるか?と。なら送り届けようと。
もしかして、イサミですか?フクロウっぽかったんだけど、違うかな?

現代では、篠原がマジックサークルの実験を強行。
そこに内田と郡山が乗り込むも、篠原により郡山は撃たれ重傷を負う。
しかし、マジックサークルからウロボロスの輪が出現していた。

全ての時空のお前は全ての時空の私を悲しませる。
ノエインがハルカにまた未来を見せる。
それは、ノエインの過去。
東京から久しぶりに戻ってきたユウとハルカ、イサミ、アイを乗せて雪絵先生の車でドライブしていたとき、トラックと正面衝突し、ユウだけが生き残る。

助けに来たユウに、ノエインは、全時空のユウは一人でいい、愛しいほどにキミが憎いと襲いかかる。

どの時空でもハルカはユウを悲しませる。
それなら、始めからやり直せばいい、悲しみの連鎖を打ち消すために。

新しい時空を生み出すために、全ての時空を一つに収束しそして無に還す。
ノエインの暴走が始まった。

次回最終回で、どう決着するのか楽しみです。

存在の認識という、哲学なのに、なぜか量子力学というものになる問題を扱った本作ですが、こういうテーマだと海外でウケそうな気がしますが、実際どうなんでしょうね。
あまりノエインが海外で受けているという話が聞こえてこないから、ウケなかったのかな、とも思うんですけど、もしウケなかったとしたら、キャラデザのほうじゃないかと考えたりしています。本作みたいな、キャラデザって下手だと思われて意外とウケないんですよね海外では。

iconicon
ノエイン ~もうひとりの君へ~ 第3巻 icon2006/3/24発売

『ノエイン』オリジナルサウンドトラック Vol.2 icon2006/3/24発売

「ノエイン」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年3月15日

ノエイン 第22話

「ミライヘ・・・」

ハルカの家に帰りたいという思いが、ハルカの家をシャングリラに呼び寄せてしまった。
中にいたアイ、イサミ、ミホ、アトリも一緒に。

ノエインは、ハルカにいかに未来が不幸であるかを見せつける。
その未来では・・・

高校生になったイサミの祖母が亡くなった。
ミホはイジメにあうようになる。
アイはサッカー選手として期待される存在に、一人順風満帆に見える。
祖母が亡くなったあとのイサミは不良になっていた。
ケンカ相手がナイフを使いイサミの仲間に襲いかかったのを身を呈して防いだイサミだったが代わりに左目を切られ失明してしまう。
アイも左足に違和感を感じ、病院へ。そこでサッカーが出来なくなるどころか、切断するしかないと宣告される。
ミホはイジメがエスカレートし、ついに登校拒否、そして引きこもり、精神異常にまでなってしまう。

そんな未来を見せられるハルカ、ノエインは未来は不幸しかないと、しかし、ハルカの龍のトルクの力を使えば未来をシャングリラに変えることが出来るというのだが。

それに反発するハルカの心が龍のトルクを発動する。
そして未来のイサミの元へ現在のユウが姿を見せる。
アイのところへ行ってやれ、と。
ミホのところへは、アトリが。
みんなが待っている、お前は一人じゃない、と。

不幸の連鎖を断ち切るために、みんなの心が繋がった。

この未来は可能性の一つにすぎない。
そうなるかもしれないしならないかもしれない。

だが「私たちは負けない!」
そんなハルカにノエインは、ユウだけは助けられなかったのだと告げる。
「私がユウだ」と。
「君は、ボクを残して死んだんだ」と。

あの未来は、すくなくともラクリマには続いていそうではある。
それはともかく、いまシャングリラに三人のユウがいることになるんですね。
最終的にどのユウが残る事になるんでしょうかね。

iconicon
ノエイン ~もうひとりの君へ~ 第3巻 icon2006/3/24発売

『ノエイン』オリジナルサウンドトラック Vol.2 icon2006/3/24発売

「ノエイン」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年3月 9日

ノエイン 第21話

「マボロシ」

黛から内田に連絡が入り、会う事に。

シャングリラでは、誰もいない町に辿り着いたハルカとユウ、カラス。
とりあえず体力回復のため休むことに。
「ここは揺らぎの町、心が揺らぎ思いが揺らぐ町、望む未来を忘れてはいけない」という声を聞くハルカ。

内田は、黛に
「量子的な不確定世界を確定させる現象は人間の特異的な量子的な構造が原因となる。
人の存在が全てを確定させる。
人は時空が重ね合わさって出来ている宇宙の根源でありネットワークの中心である」
という黛の理論がマジックサークルによって崩壊するかもしれない、だから実験はしないでと訴える。そしてその中心にいるのはハルカかも知れないと。

ハルカたちがシャングリラにいるらしいと確認したトビ。
アトリは、俺をシャングリラに送れ、みんなぶっ潰してやると。
トビに迫るも、ミホに泣かれて困惑。
こいつらを守ってやりたいんだと、本心を覗かせる。

ラクリマでのハルカは10年後、時空間の侵食を防ぐため、時空を隔てる壁になるために人柱として、量子コンピューターの一部となった。
そんな話しをカラスがしているとき、ノエインが迫る。

「全ての時空のハルカは消えてしまう」
君の存在は全ての存在を救うことが出来る。
そう言うノエインに、ハルカは付いて行く事に。
ユウとカラスを帰す事を条件に。

だがそんなハルカにノエインは、
「不幸の連鎖の始まりは君」と不吉な言葉を投げ掛ける。

不幸じゃないというハルカ。そして龍のトルクが発動する。

ハルカの家がアトリ、ミホ、イサミ、アイと一緒にシャングリラへ転送されてしまう。

ノエイン=15年後のユウ=カラスってことで、ノエインの声ってカラスと同じだなぁと今更ながらに気がつきました。

iconicon
ノエイン ~もうひとりの君へ~ 第2巻 icon発売中

iconicon
noein original soundtrack 1 icon

「ノエイン」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月 1日

ノエイン 第20話

「モウイチド・・・」

ラクリマに戻って来てしまったハルカとユウ。
地下都市に逃げこみ、ミホの娘リリと再び出会う。
リリが連れて行ってくれたのは、アイ(アマミク)のところだった。

しかしそこに着いた途端、ユウの体が動かなくなり、消えかかってしまう。

そのころトビは内田の量子コンピュータとコサギがクイナから貰っていたストレージバッテリーを使ってカラスをラクリマに送り返す。

アイはハルカにユウを見るなという。
ラクリマという世界は元々人間も観測者のいない不安定なもの。
それを量子コンピュータに記録する事で安定させ存在させている。
記録されていない人間は存在できないのだという。
ユウはまさにこの時空で存在できない人間。
今は丁度死んでいるユウと生きているユウがいる状態だという。
龍のトルクであるハルカが死んだ状態のユウを見てしまったら、それが確定してしまう。
逆に生きているユウを見ることが出来れば生きているユウとして確定する。

それなら生きているユウはどこにいるのだろうと思ったとき、クイナが
「シャングリラ」だと告げる。
助けたければシャングリラへ俺を連れて行けと。

そのころ、シャングリラのユウはノエインと会っていた。
シャングリラに人は存在しない、意識のみが存在する。それが人々が望んだ世界だとノエインはいうのだが・・・

シャングリラへ乗りこむハルカとクイナ。
しかしクイナはシャングリラに受け入れられず消えてしまう。

ノエインはユウにイサミ(フクロウ)を殺したのは君だ、15年後の君、という。
そしてそれは私ノエインだと。

ハルカは助けに来たカラスと共にユウを助ける。
しかしハルカの手の中でユウの姿は消えて行く。しかし同時にラクリマ時空でのユウの姿も消えた。
その一瞬後、ハルカの前にユウの姿が戻る。
なんとか生きているユウを確定できたようである。

15年後のラクリマでのユウの姿がカラス。
そしてシャングリラでの姿がノエイン。
現在のユウはどちらを選択するんでしょうね。どっちも違うんだろうけど・・・

そういえばアトリはやっぱり記憶が戻っていましたね。
しかしだからといってカラスを殺そうとするわけでもなく、粗っぽい性格ではあるものの今の生活が気にいっているようでもある。本心はどうなんでしょうかね。

iconicon
ノエイン ~もうひとりの君へ~ 第2巻 icon発売中

iconicon
noein original soundtrack 1 icon

「ノエイン」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年2月22日

ノエイン 第19話

「オモイデ」

8mmビデオの内容は、4年前のもの、それもおばあちゃんと遊んでいるハルカだった。
同時に、東京の時の友達を思い出したハルカだった。

あのシャングリラ遊撃艇は、正式発表では、気象現象つまりは蜃気楼という事にされていた。

記憶を失ったはずのアトリにイラつくコサギ。
アトリは正気に戻っているというのだが・・・・

内田は佐々木教授にマジックサークルプロジェクトの中止を篠原に進言してもらうのだが、逆に佐々木教授と内田はプロジェクトから外されてしまう。
郡山にも帰還命令が出た。だが、内だと行動を共にする事を決める郡山。
以前、事件の時に同僚が殺され、自分も刺された事があるのだが、権力によりそれは事故として扱われてしまっていた。もうそんなことはさせない、そんな思いからの行動だった。

街を歩いていて、東京の時の友達を見つけたハルカ。
観光で来ていたそうだが、その娘はハルカのことを完全に忘れていた。
一緒にいた母親は憶えていたのに。

クイナはラクリマで、龍のトルクの逆算固定を強引に推し進めていた。
無理矢理ハルカをラクリマに連れてこようとしていたのだ。

それにしてもクイナ、どっこい生きてたというか、ほとんど機械の体になってるし、いや機械というより人形だな、操り人形みたいな口だったし。どんどん不気味になっているはずなのに、滑稽な姿になっているのが面白いですね。

ハルカは友達が自分の事を忘れていてショックだった。
だがそれ以上にショックだったのは、自分がおばあちゃんのことをすっかり忘れていた事だ。たった2年前まで生きていたおばあちゃんのことを、あのビデオを見るまですっかり忘れていたのが本当にショックだったのだ。

それでもユウと初めて会ったときのことは今でも覚えている。
それは忘れない、絶対に。

そんなとき、ハルカの体が青い雪に覆われる。
そうラクリマからの逆算固定によって、ハルカがラクリマに連れ去られようとしているのだ。
このことに一番最初に気付いたのは、アトリ。
やっぱり記憶が戻っていたのだろうか。以前のイッちゃってる目に戻ったんだけど。
ハルカを助けようとしたユウ。
カラスはそれを阻止しようとしたが一歩及ばず。
ハルカとユウはこの時空から姿を消した。

iconicon
ノエイン ~もうひとりの君へ~ 第2巻 icon2006/2/24発売

iconicon
noein original soundtrack 1 icon

「ノエイン」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年2月15日

ノエイン 第18話

「ワルイユメ」

アイの両親の結婚式が行われた。
そのときにハルカはアイたち全員に忘れ去られるという夢を見てしまう。

「幻の時空の夢を見続けているだけかもしれない」というノエインの言葉がハルカを迷わせる。
そんな迷いを吹っ切ろうと、小さい頃のアルバムを開くハルカ。
そこには確かにハルカの小さい頃の姿が写っていた。
それと一緒に自分が映っていると思われる8mmビデオテープも発見し、それを見られるデッキを探すことに。

クイナは裏取引していたノエインに見捨てられていた。
しかしシャングリラに行く事に固執するクイナ。
ハルカを捕らえてノエインに引き渡そうと、この時空にやってくる。

トビは内田にハルカが龍のトルクであることを打ち明けていた。

ハルカはイサミのところにビデオデッキがあるということでイサミの家に向かう。

クイナはカラスを襲う。
だが今のカラスの敵ではなかった。
そんなとき、時空が揺らぐ。

そして空から、シャングリラの遊撃艇が現れる。
その一瞬の隙にクイナに不意打ちを食らうカラス。

クイナはそのままハルカの元へ。
ハルカを捕らえてノエインに引き渡そうとしたのだが、ハルカを守りたいユウの心とカラスの心が通い合ったのか、カラスは目を覚ましハルカを助ける。

クイナは、ノエインにより完全に見限られそして消し去られてしまう。
カラスをも消し去ろうとするノエイン。
その時、龍のトルクが発動した。

シャングリラの遊撃艇ごとノエインを消し去るハルカだった。

遊撃艇を携帯の写真に撮っていたイサミ。
だがそこには何も写ってはいなかった。あれは幻だったのか?
いやそれは確かに現れこの目で見た。それも沢山の人が。
だから夢でも幻でもない。そこに在ったのだ。

しかしあのシャングリラの遊撃艇のデザインは悪役のそれだよね。
シャングリラが戦いも争いもない理想郷だと言い張るならもう少し神々しいデザインで魅了して欲しいものです。あのデザインでそう言われてもなかなか信じられないよなぁ。

iconicon
ノエイン ~もうひとりの君へ~ 第2巻 icon2006/2/24発売

iconicon
noein original soundtrack 1 icon

「ノエイン」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月 8日

ノエイン 第17話

「マヨイ」

この時空にシャングリラの影が忍び寄り始めていた。

ラクリマではクイナがコサギに告白。
ラクリマを捨てて別の時空へ逃げようと誘う。

ユウは家の納戸で古いビデオカメラを見つける。
アイの両親が遅れ馳せながら結婚式を挙げるという。
そのカメラマンをユウが頼まれる。

篠原はマジックサーカスを強行する準備を着々と進めていた。

コサギはアマミクのところへ行き、フクロウが死んだ事を、それもカラスに殺された可能性がある事を告げる。お前が逃がしたりしなければこうはならなかったと。
だが、アマミクは、
「過去を悔いその過ちを繰り返さない、その機会を龍のトルクが与えてくれた」と。
アマミクは、小学生の頃女子高生の態度に憤慨して注意したのだが逆にリンチに遭いそうになったところをイサミに助けられてことを思い出し、フクロウの冥福を祈った。

どうしても納得がいかないコサギは一人でハルカの前に現れる。
それを阻止するカラス。
コサギはカラスに攻撃をするが、カラスは戦おうとはしなかった。
トビに、龍のトルクはラクリマを救うだけじゃなく全部の時空を復元する力があると、そしてコサギにはカラスを殺せないと言われてしまうコサギ。

コサギはカラスを見届けたいと、自らもパイプラインを外してこの時空に留まることを決意する。
そうコサギはカラスが好きだったのだ。だからカラスがハルカに固執するのを見て半分以上嫉妬していたのだ。
それでだからこそカラスが選んだことを見届けたいと決意したのだろう。

これで竜騎兵はクイナ以外全員ラクリマを捨てた事になりましたね。
クイナはどうするんでしょうか?

iconicon
ノエイン ~もうひとりの君へ~ 第2巻 icon2006/2/24発売

iconicon
noein original soundtrack 1 icon

「ノエイン」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年2月 2日

ノエイン 第16話

「クリカエシ」

因果律の審判がこの時空に起こり始めている。
原因と結果が逆転する。過去が未来からの影響を受ける。

ノエインに、カラスは幻だと言われたハルカ。
幻じゃないと言い返すが、ノエインは、では確かめてみればいいとハルカを、あの日に戻す。
そうあの1学期最後の日、運命の歯車が回り始めた日に。

そこには、もう一人のハルカがいた。
それを傍観するハルカ。
しかし、その世界は自分が知っている過去とは少し違う気がした。

その違和感を感じるハルカはいつしか、そのもう一人のハルカと融合していた。
そして大事な何かを忘れてしまっている、何かが違うと感じていた。

そんなとき、ノエインにシャングリラに誘われる。

それで気づいたハルカ。
ここは、私のいたところじゃないと。
大事な事を忘れていたと、ここでカラスと会ったのだと。

そしてその前にもカラスに会っていたのだと。
もうすぐ春なのに雪が舞っていたあの日、あの教会で。

それは、カラスがシャングリラと戦っていたとき、時空の歪みに落ちてしまったときだった。
偶然辿り着いた時空がここだったのだ。
そしてカラスは助かった。
だが、それによりラクリマがこの時空を知った。
シャングリラにも知られてしまったのかもしれなかった。

思い出したことで、時空が歪みもとの世界に戻ることが出来たハルカだった。

黛は、篠原に函館で実験を強行すると脅されていた。

見方を変えると、総集編にも見える作りの回でしたが、そうは思わせない作りでよかったと思います。ある意味あたらしい総集編の作り方を見た思いがしました。
どこかのクラスターなんたらとかいうアニメに見習ってもらいたいものです。

iconicon
ノエイン ~もうひとりの君へ~ 第2巻 icon2006/2/24発売

iconicon
noein original soundtrack 1 icon

iconicon
夜明けの足音 icon

iconicon
Idea icon

「ノエイン」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月26日

ノエイン 第15話

「シャングリラ」

父と再会するハルカ。
思い出の遊園地へ。
ふと、「大人になった頃ここはまだあるのかな」ともらすハルカ。

父は、篠原から会いたいと電話を受ける、断ろうとするものの、暗にハルカのことを脅しに使う篠原に負け父黛は出かけて行く。

トビとカラスは時空の歪みを調べていた。
そこに内田と郡山が偶然通りかかる。
最初は敵対していたが、内田が時空のことに詳しいことがわかると、一緒に時空の揺らぎの場を調べに行く。

そこにはイレギュラーな振動により、ウロボロスの輪が出現していた。
それは見えるが触れない、存在として確定しないもの。

そこにシャングリラの仮面が現れる。
ハルカが危ないと助けに飛ぶカラス。

仮面に襲われるハルカ。
仮面は、カラスに変装してまでハルカを奪おうとしていた。
そこに本物のカラスが助けにくる。

そして時空の狭間に飛ばされるハルカとカラス。

そこで仮面はノエインと名乗り、ハルカに共に理想の時空シャングリラへ行こうと誘う。

シャングリラ、そこは争いもない静寂の世界。
ノエインは数々ある時空を収束させてシャングリラ一つに統合しようとしていた。
そして15年後は、シャングリラとラクリマの2つの時空になっていた。

シャングリラとラクリマ、君ならどちらを選ぶ?とハルカに問うノエイン。

そしてカラスは幻だとハルカに。
だが、ハルカはカラスは幻じゃない、あなたなんか信じないと拒絶する。

カラスはノエインに襲われ、現代に戻されてしまっていた。

そういえば、日本テレビ系で「神はサイコロを振らない」ってドラマが始まったけど、テーマはノエインと似てるよね。

存在の確定を証明することは本当に難しいことである。
自分に見えているからといって、それがそこにある証明にはならないし、触っていたとしても同じことだ。
だが他人も同じものを見ている、触っていると言ってくれるから、存在しているんだと思える訳で、それでも本当にそれが自分が感じているものと同じものかどうかは誰にも分からない。
物理学なんだろうけど、哲学的問題でもあるんだよね。

あなたならどうやって自分の見ているものの存在を証明しますか?

iconicon
ノエイン ~もうひとりの君へ~ 第2巻 icon2006/2/24発売

iconicon
ノエイン~もうひとりの君へ~第1巻 icon 2006/1/25発売

iconicon
noein original soundtrack 1 icon

iconicon
夜明けの足音 icon

iconicon
Idea icon

「ノエイン」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ