カテゴリー「ラムネ」の12件の記事

2005年12月29日

ラムネ 第12話(最終話)

「100個の貸しと100個の借り」

健次は七海と入れ替わるように入院。
そしてなぜか意識が戻らず、ずっと眠りつづけていた。

夏休みが終わり、秋が来て、冬が来て、そして春が来てもずっと眠りつづけていた。

七海はずっと健次に付き添っていたせいもあり、留年。
心機一転髪を切る七海。そして鈴夏と同じクラスになる(健次も同じクラスなんだけどね)

ひかりは女子大生に(大学の警備員に中学生と間違えられているけど)
多恵は旅館で働き始める。
裕美は、新しい土地で友達も出来たようだ。
美空は楽しそうに暮らしている。なぜか花壇の世話を始めたようでもある。

それぞれに新しい生活を始めているのに、健次と七海の2人だけは時が止まっているかのようだった。
そして再び夏休みの季節がやってきた。

七海は2つの魚のヘアピン(元々七海のものと健次がくれるはずだった水色のヘアピンと)を使って風鈴を作った。
その風鈴の音がなる病室で、健次が静かに目を覚ます。
「いい音だな」
「お友達は気に入ってくれたか?」

そうして二人の時が再び動き始める。

最終回とはいえ、健次が眠りつづける理由も分からないし、目を覚ましたきっかけも納得がいかない。もう少し上手に料理する脚本を書けなかったのでしょうか、ちょっと残念です。

せっかくサブタイトルで「100個の貸しと100個の借り」って謳っていたのだから、そのあたりを上手に使って欲しかった。
泣きながらの「命令だから起きて」とかいいセリフもあったのに上手く使いこなせていない感じでした。

本当にその辺が残念です。

iconicon
ラムネ DVD Vol.1 icon 2006/1/27発売

iconicon
ラムネ色のメロディ icon

「ラムネ」をセブンアンドワイで検索

関連のものを探すなら
これから発売されるアニメCD【セブンドリーム・ドットコム】
これから発売されるアニメDVD【セブンドリーム・ドットコム】
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月22日

ラムネ 第11話

「台風の夜と夏の終わり」

小さい頃は台風も停電もイベントの一つ。楽しい思い出。
健次だけに教えてくれた、七海の秘密は、暗闇で光る魚のヘアピンだった。

結局台風が来る前に、家に戻ってこられた健次と七海。
そしてこの夏本格的な台風がやってきた。

今回は小さい頃とは逆に、七海が健次の部屋にやってきた。
そして台風の日はお泊り可という新しいルールを作る2人。
今回もお約束通り停電になる。
それにしても台風というより物凄い雷雨なんですけど普通台風と雷って同時には来ないと思うんですけど。

その時、七海がお腹を押さえてうずくまってしまう。
急病だと悟り、救急車を呼ぼうとしたのだが、電話も通じなくなっていた。

そこでリヤカーに七海を乗せて病院まで運ぶ健次。
折角前回バイクでリヤカーを引いていたのだから今回もバイクで引いていけば、とも思ったのだがバイクだと逆に速過ぎて七海を落としてしまう危険があると判断したんだろうか、健次は歩きでリヤカーを引いてつれて行く。

結局七海は急性虫垂炎、いわゆる盲腸だった。
さすが田舎のとはいえ病院で、停電の中でも電気がついていた。自家発電が作動していたんだろうね。

七海が入院している間、健次が畑の面倒を見る事に。
そして七海退院の日、畑から帰ろうとした健次だったのだが、途中の道が台風の影響で地盤が緩んでいたようで、道路が崩れバイクごと投げ出されてしまう。

折角、自分達の気持ちに素直になった二人に最大の試練が待ち構える事になる。

iconicon
ラムネ DVD Vol.1 icon 2006/1/27発売

iconicon
ラムネ色のメロディ icon

「ラムネ」をセブンアンドワイで検索

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月15日

ラムネ 第10話

「フォークダンスとかさなる心」

そういえば、フォークダンスで成子坂っていたなぁ、解散したけど。

台風接近中、占いで健次と七海の恋愛運は急上昇。ただし雨風に注意。
ひかりの運勢は、口は災いの元。

健次と七海はバイクで町に、帰りに畑に寄って沢山収穫。裕美に送ってあげるんだそうだ。
そしてずっと嫌っていたリヤカーをついに使うことに、それもバイクで引くことになるとは、健次君もついに田舎者の仲間入りですな。

盛り上がった二人は、そのまま校外学習でいった湖へ。
なんとかたどり着いたものの、バイクが故障してしまい一泊する事に。
それも部屋は一つしか空いてない。

夜、あのとき踊れなかったフォークダンスを踊る二人。
裕美のお陰か、初めて意識した二人。そして七海が告白する。
それを静かにそして強く抱きしめることで応える健次だった。

ひかりは、この二人が進展したら、「鼻にピーナツ入れて逆立ちで町内一周」と言っていた。
まさに口は災いの元というオチで。

で、前振りは台風接近中と雨風に注意がまだ残っている、ということで次回に続く。

iconicon
ラムネ DVD Vol.1 icon 2006/1/27発売

iconicon
ラムネ色のメロディ icon

「ラムネ」をセブンアンドワイで検索

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月 9日

ラムネ 第9話

「ふたりの距離とラムネの瓶」

小さい頃に引っ越して来た佐倉裕美。
そのお店は「駄菓子屋」
そこにラムネを買いに来た健次と初めて出会った。
健次は裕美のしていた魚のヘアピン(水色)を貰うかわりに、買ったばかりのラムネを裕美にあげる。そうかあの水色のヘアピンは元々は佐倉のものだったのか。じゃあ七海がしているところを見るたびに嫌な気持ちになっていたんだろうなぁ。
このラムネの空瓶が佐倉裕美の宝物になった。

それにしても引っ越して来ていきなり駄菓子屋を始めるとは、佐倉父意外と度胸はありそうだ。だが現在は、「デーリーサクラ」と名を変えコンビニ風になっていた。
そしてまたまた引越し。度胸はあっても商売は上手ではなかったようだ。
引っ越す理由がまったく分からないだけにそれくらいしか思いつかない。
田舎の町で商売を始めてみたものの10年試行錯誤して結局失敗、実家に戻ることにしたのか、または都会に出て働く事にしたのか、そんな感じにしか見えないなぁ。

それにしても健次は裕美に告白されるまで引越しの事を知らなかったようだが、美空のバイト探しの時に佐倉家にも行っていたはず。
そこで断られる理由が店を閉めるからと言う事だったのではないのだろうか?
それでも気づかないとは。

みんなで引越しの手伝い。
「みんなで手伝ったほうが速いと思って」
って七海くん、それは裕美なんて早くいなくなって欲しいということですか?

だがその途中で裕美の宝物のラムネの瓶が割れてしまう。

その夜はさよならパーティーを七海の家の喫茶店で。

鈴夏の部屋で最後のお別れを2人でしたあと、鈴夏が席をはずしたすきに健次の部屋を覗く裕美。
その部屋の向かいには、七海の部屋が。

みんなからは寄せ書きの色紙を貰った裕美。鈴夏からは何を貰ったのだろう。
個人的に渡したわりにはなんだか見せてくれないとは、よく分かりません。
健次と裕美のツーショットの隠し撮り写真でも渡すのかとも思ったのに、どうも違うみたいだし。

翌日、直したバイクで健次と七海は駅まで見送りに。
そこで新たにラムネの瓶をプレゼントする健次。あの割れた瓶が健次と裕美の間接キスの思い出の瓶だと気づいているのだろうか?

「私もお隣さんに生まれたかった」

裕美の存在が、健次と七海の絆を深めてくれたようでもあった。

このアニメのタイトル、「ラムネ」
夏の物語の象徴と言う理由だけで別段意味はないのかと思っていたのだが、こんな意味があったとは。
それも主役の2人の想い出ではないところがすごい。やっぱり裕美は裏ヒロインだったということか。

iconicon
ラムネ色のメロディ icon

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年12月 2日

ラムネ 第8話

「ふたりの絆と揺れる想い」

ある意味レギュラーだったのにここに来てはじめての主役ゲットの佐倉裕美の回。

健次が佐倉裕美から告白される。
それ以来、健次と裕美はたどたどしくはあるが、いい雰囲気になる。

そして校外学習の日。
ひかりは以前から来ているらしいからともかく、なぜ美空までOKなんだこの学校。
いくら田舎でもいい加減過ぎます。

多恵先輩だけではなく、鈴夏まで健次と裕美の味方をしているようで、何やら怪しい。

その2人を見て七海はいつになく不機嫌。
そのわりには、2人は付き合っているの?と言われると必ず否定する健次と七海ってよく分かりません。

クライマックスのフォークダンスの後、
裕美が
「友坂先輩さようなら」

ここでうすうす感じていたことに確信が持てました。
やっぱり引越しするのね裕美。
それで最後の思い出に健次に頼んだと、そして鈴夏も多恵先輩もそれに手を貸していたと。

それにしてもここまでレギュラーでありながらやっと主役になれたらさよならですか?
ちょっと扱いが酷くないですかね。
とはいえ、次回もまだ裕美の回が続きそうな感じでもあるのでいいのかな?

個人的には、引越しといっても転校とは言っていなかったので、健次と七海の家の隣に引っ越してくるというオチを希望します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月24日

ラムネ 第7話

「バイク少女とアルバイト」

新キャラ登場。その名は鮎川美空。

バイク旅行中?にバイクが故障。
田舎の坂道を押して登ったところで、七海の畑に。
疲れた体に水を貰おうと、七海に
「ミ、ミズ」

七海が差し出したのは
”ミミズ”
そんなベタな(°°;)\(- -;)オイオイ

健次の家でなんとか直そうと試みるもパーツ交換が必要で、そのパーツが届くまで10日くらいかかるらしく、それを待つ間健次の家で厄介になる事に。

パーツ代を稼ぐためにもと、短期アルバイトを探すも、何せ田舎。いいバイトが見つからない。
しかしいくら田舎でもカブト虫の養殖をやっているのは少ないと思うけど。

で、結局は七海の家の喫茶店でバイトする事に。
七海にミミズを見せられてから苦手だとかいっていたのだが、背に腹は代えられなかったようだ。
気になったのは、健次が美空の事をはやくもミソラと呼び捨てにしていることである。
いくらなんでも早過ぎないか?

エンドクレジットに”予告ねんど”の文字が、何かと思ったら、予告がクレイアニメになっていた。フタコイオルタナティブのまねか?今更。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2005年11月17日

ラムネ 第6話

「三人と二つの真珠」

今回はひかりの話。

小さい頃に浜で真珠貝を見つけ中から真珠を2粒見つけたひかりと七海と健次の3人。
だが貝を見つけたのはひかりだったのでその真珠はひかりのものになった。

そしてこの夏、ひかりはまた真珠を探していた。
わざわざ一日転校生になでなって図鑑で真珠貝を調べてみたりしていたのだが、なかなか見つからず。

風邪気味で熱がある日まで海に出かけて潜っていたのだが、ボートに戻るときついに気を失いかけて溺れてしまう。
偶然見つけた健次たちに助けられる。

真珠貝を探しているのを知った健次たちが替わりに潜って見つけ出す。

ひかりは、あの日以来ずっと3人で真珠を一つずつ分けたかったのだが、もう一つがどうしても見つけられなかったのである。
ついにそれが叶って3人で一粒ずつ分ける事ができた。

それにしても今までずっと探していたのだろうか?それとも今年になって急に思い出したのだろうか?その辺が分からないなぁ。すくなくとも健二たちの町に来てからは海に行ってはいたものの、そんな素振りすらなかったし。

いくら田舎の海岸とはいえ、真珠貝が自生しているというのは凄い海だなぁ。
天然の真珠なんて普通じゃ考えられないよ。
まして子どもの頃には双子の真珠を見つけた訳で凄い確率だと思う。

ラムネのサービスカットは、ひかりが担当なんですかね。
今回も水着にシャワーと一人で頑張っているんですが、何せ貧乳なのが惜しいところかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月10日

ラムネ 第5話

「星空と望遠鏡」

今回は妹鈴夏の話。

小さい頃、引っ越してくる前に健次と引っ越したら2人で
山羊座アルファ流星群を見ることを約束していたのに、健次が七海と鈴夏を除け者にして2人で見ようとしていると誤解して、拗ねてしまう。
折角、買ってもらった望遠鏡も放り出したまま。

結局それは、誤解だったことが分かるのだが、素直になれず。
時がたっていた。

そして今年も山羊座アルファ流星群の見える時期になった。

ひかりのお陰で、やっとそのわだかまりもとけることに。
でも結局2人きりで見ることは出来なかったけど。みんなで楽しく流星群を楽しんだ夜だった。

望遠鏡を使って流星群を見るのかと思ったら、流星群肉眼で見えまくりじゃないか。
確かに都会では明るくて見えないかもしれないが、田舎なら見えるよな肉眼で。
望遠鏡を持ち出す必要は結局なかったわけだね。
過去のわだかまりを解くために必要だったアイテムってことだろう。

最後のシーンで、望遠鏡に布を被せて大切にしているシーンがでるのだが、
その画が、

人体浮遊のマジックに一瞬見えてしまった。
「浮いてます浮いてます」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 3日

ラムネ 第4話

「自治会長とごほうび」

今回は自治会長の多恵のお話。
最初自治会長と聞いて、地元のおじいさんかと思ったのだが、学校の自治会長だそうだ。
生徒会長のようなものなのだろうか?私の学校には自治会なぞというものは存在しなかったので分からんです。

その自治会主催で地元町内でのゴミ拾いボランティアを実施。
このボランティアに参加すると、赤点の補習を免れるとあって、ケンジは参加。
ななみ、すずかは自主参加。

トレードマークの赤いジャージ(この学校のジャージ自体が赤いのだが)の多恵だが、もしかして、「ごくせんのえんくみ」を意識したのだろうか?考え過ぎか、全然似てないし。

お姉さんキャラで、誰の面倒もよく見る、実際3人の弟妹の姉でもある多恵。
いつも「偉いねえ」とご褒美にキャンディを貰っていたが、本当は、弟妹たちのようにいい子いい子と頭を撫でて欲しかった。ご褒美はそれだけでよかったのだが。

そんなことは知りもしないくせに、ケンジは多恵に偉い偉いと頭を撫でてあげる。
半分ふざけていたんだろうけど。
それが妙にうれしかった多恵でしたと。

このアニメ。キャラにメリハリが少ないよね。今回の多恵だってもっとお姉さんキャラにする方法は幾らでもあったはずなのに、世話焼きなのに押しが弱そうな不思議なキャラに仕立ててるし。全員がインパクトに欠けるキャラなんだよね。

ホンワカした雰囲気なんでそれでもいいのかもしれないが。
メインはともかくサブキャラにはもう少しインパクトが欲しいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月28日

ラムネ 第3話

「ちっちゃないとこと花火」

今回の小さいころの思い出は、魚のヘアピン。

そして、いとこのひかりがケンジの家へやって来る。
一つ年上らしい。そう考えると小さいかもしれないが、アニメとしては全然小さくなく普通に描かれている。
ななみより少し小さい程度だし。
ふつうならもう少しデフォルメして極端に小さく描くんだけど。

あと、ななみは、畑仕事してるわりには、服装がおしゃれ過ぎると思う。
あんな服で畑仕事したら汚れて大変だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ