カテゴリー「銀盤カレイドスコープ」の12件の記事

2005年12月25日

銀盤カレイドスコープ 第12話

「シンデレラ」

本物のフィギュアの全日本選手権をやっている時間にこれを見ている私(゜O゜)☆\(^^;)

英語での記者会見をこなせるタズサ。幽霊の通訳がいてくれるのは案外いいかも。

最後のフリープログラム、他の選手達が目の色を変えているのに対し、タズサは逆に落ち着いていた。その理由は「他の選手とは目的が違う」から。

タズサは優勝するため、メダルを獲るために演技するのではなく
”ピートの遣り残したフライトを完成させること”
が目的。

女王リアは会場の時が止まると感じるほどの完璧な演技を。
その直後にタズサの出番。

タズサとピートも完璧な演技(フライト)を見せる。

この時、タズサはツンデレラに、もといシンデレラになった。

そして夜誰もいない凍った湖でピートをタズサは最後のお別れをしていた。
タズサにはどうしても伝えたいたった一言があった。だが言えない。

遂に時は来た
「笑って見送って欲しい、タズサさようなら」
天に召されていくピート

結局どうしても伝えたいたった一言の言葉は伝えられなかった。
ピート大好きだよ
と。

で結局タズサは4位だったのだが、会場中はその評価採点に大ブーイングだったそうだ。

最後にタズサを嫌っていた記者さんたちまでをタズサファンにするってオチにして欲しかったんだけどさすがにそうはならなかったですね。
もう一つ、絶対ピートが「戻って来ちゃったノ(´д`) ヘヘヘ」
ってなると思っていたのであっさり消えてしまったのはビックリ。

後日談(大嘘)
メダルが獲れなかった恨みをタズサは後日地獄通信にアクセスして晴らそうと思ったのだが、止めた。
その理由は閻魔あいがリアと同じ声だったこと^_^;
(もともとリアには何の恨みも無いけど)
それにもう一つ、自分が死後地獄に落ちるとピートと天国で逢えなくなるから・・・
なんてね。

iconicon
「銀盤カレイドスコープ」エンディングテーマ~energy/井上麻里奈 icon

iconicon
Dual icon


銀盤カレイドスコープ 1~6

「銀盤カレイドスコープ」をセブンアンドワイで検索する

関連のものを探すなら
これから発売されるアニメCD【セブンドリーム・ドットコム】
これから発売されるアニメDVD【セブンドリーム・ドットコム】
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005年12月18日

銀盤カレイドスコープ 第11話

「キス・アンド・クライ」

キスは冗談。
だが、条件は
「生きているのよ私と、私と行けるところまで行くのよ

だそうだ。

トリノではフリープログラムを新プログラムに。
それはピートをイメージして大空を駆け巡るような構成。

そしてトリノオリンピックがやってきた。

ショートプログラムの演技順は、運悪く1番。
採点競技では、1番の演技者の得点はその後の選手の基準点になるためどうしても伸びないのが通例。それでもやるしかない。

全日本選手権で披露した、ウエイトレス風の演技を完璧にこなしたタズサ。

”キス・アンド・クライ”で結果を待つ。
演技を終えて採点結果を待つ場所、そこが”キス・アンド・クライ”
語源は、祝福のキスか、涙を飲むかということらしい。

演技前に約束をした、祝福のキスをピートに迫るタズサ。
ピートにキスして欲しいというのはやっぱり冗談じゃなかったのね。
感触は無いんだろうけどそれでも目を閉じ静かにキスを待つ。
それに応えるピート。

ショートプログラム結果は2位で通過をした。

次回最終回。
結末はどうなるんでしょうね。
ピートが消えて終わるのか、消えないのか、はたまた生き返るのか。
こういうときに限って見逃すときが多い私、とくに放送時間が微妙なので見逃さないように気をつけます。

iconicon
Dual icon


銀盤カレイドスコープ 1~6

「銀盤カレイドスコープ」をセブンアンドワイで検索する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年12月11日

銀盤カレイドスコープ 第10話

「タイムリミット」

トリノ五輪、本番の日は2月23日。
そしてその日は奇しくもピートがタズサに憑依して100日。
つまりピートがもう一度天に召される日だった。

今になってそのことが気になりピートの心情を考えると練習にも身が入らないタズサ。

残った時間を楽しく過ごすことに決めたというピート。
ピートに気を使ってタズサはピートの残り時間をピートのために使ってあげたいと代表辞退まで考える。

そのことを知ったピート。
ピートの現在の望みは
タズサと一緒にトリノに行くことだと告げる。

タズサに憑依したこと、そのタズサがトリノ五輪に行くこと。そして本番の日がピートにとっての最後の日であること。
だからタズサの演技を見届けることが運命なのだと。

そんなピートにタズサはトリノに行く条件を出す。
「キスして」

憑依霊とキスって出来るのでしょうか?感覚は共有しているとはいえピートの感覚のほうはタズサには伝わらない訳で。
つまりは告白したということの比喩なのかな?
そのわりには相変わらず着替えやお風呂のときは目隠ししてるのに。

ということで残り2話です。

iconicon
Dual icon


銀盤カレイドスコープ 1~6

「銀盤カレイドスコープ」をセブンアンドワイで検索する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年12月 4日

銀盤カレイドスコープ 第9話

「トライアングル・ラブ」

レポーターやファンに囲まれているところを新田に助けられ、学校に車で送ってもらうタズサ。その車から降りるところを写真に撮られ、熱愛スキャンダルに。
高島コーチとの仲まで疑惑になりタズサは、相変わらずマスコミに追われる事に。

タズサも新田に対しては満更でもない様子だったのだが、それに今度はピートが嫉妬。
ということでトライアングルラブなわけですが、

実は、新田は至藤響子が好きで、コーチは瞳さんと結婚を宣言というオチ。
ところで瞳さんて誰?

結局はピートとタズサがいい仲になりそうな予感で終わるわけだが、ピートは死んでるからねぇ、どうなることやら。

今回一番美味しい役どころだったのは、何といっても親友のミカでしょう。
タズサのピートへの暴言をいつもいつもタイミングが悪く自分のことだと受け取ってしまい逃げていくミカ。美味しすぎる。


銀盤カレイドスコープ 1~6

「銀盤カレイドスコープ」をセブンアンドワイで検索する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年11月27日

銀盤カレイドスコープ 第8話

「マスコミ戦争」

トリノ五輪の日本代表に選ばれたタズサに、マスコミから非難の声が集中。

協会の副会長と一部マスコミが仕組んだ罠だったのだが、まんまとその罠に嵌ってしまい代表剥奪の窮地に陥ってしまう。
だが、フリーライターの新田の機転により、副会長とマスコミの癒着が世間にバレ、なんとかタズサは代表に残ることが出来た。

それにしても、いくら普段からの言動が気に入らないからといって、代表に選ばれたタズサを責めるのはおかしいと思うのだが。
本来なら至藤を選ばなかった協会を責めるべきだろう。
選手には何の責任もないのだから。
それに副会長ならその権限を使って最初から至藤を選ばせるようにすればいいだけなのに、それこそ賄賂でも何でも使って選べたはずなのにね。

とはいえ現実の話じゃないからね、面白くするための演出といえばそうなんだろうが、あそこまでマスコミが一選手を執拗に責めるのは見ていて気持ちのいいものじゃない。例え最後は立場が逆転するとしても。

8位入賞を狙うなら至藤響子だが、一発メダルを狙うなら桜野タズサ。
その期待に応えられるか。

先週あったフィギュア教室は今週は無し。
もしかしてレギュラー化しないのか?


銀盤カレイドスコープ 1~6

「銀盤カレイドスコープ」をセブンアンドワイで検索する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年11月20日

銀盤カレイドスコープ 第7話

「氷上のウエイトレス」

全日本選手権にタズサは、ウエイトレス風衣装で演技もそれを意識した新プログラムで挑む。

ピートのお陰か開き直った成果か、ショートプログラムは大成功。

翌日のフリープログラムはジャンプを1回失敗したものの、気持ちを切らずに最後まで演技を続ける事が出来た。
全てを出し切ったタズサは晴れやかな気分であった。
その演技を見た至藤は最後の最後でプレッシャーに負け失敗演技をしてしまう。

運命のオリンピック代表は、タズサに決まった。

今までジャンプシーンとかはきちんと描いていたので、今回もきっちりと見せてくれるのかと思ったら、ジャンプシーン以外はイメージ映像を使ってくるとは、面白かったけどちょっと残念。アニメでフィギュアの演技をきっちり見せてもあんまり意味はないとは思うけど。
これからはイメージ映像とかリアクション系の映像とかで行くんだろうな。

番組の最後に
「リアとタズサのフィギュア教室」
が始まったのだが、どんどん朝か夕方にやる番組っぽくなっていくのが、なんだかなぁ、です。本当にこのアニメは深夜にやっている意味を感じないね。
どうせならリア役の能登さんには、この部分でもロシア語で話して欲しかった。

それにしても、カレイドスコープ(フィギュアスケート)、カペタ(カート)、韋駄天翔(マウンテンバイク)と今秋のテレビ東京系の新番組アニメは、金の掛かるスポーツものが多いですね。
景気が回復して来た証しなのでしょうか?

「銀盤カレイドスコープ」をセブンアンドワイで検索する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月14日

銀盤カレイドスコープ 第6話

「チェンジ!」

ロシアのリアとショートプログラムの曲が同じになってしまった事を知ったタズサ。
悩みに悩んだ末、ピートの助言を受け入れ、新プログラムに切り替え全日本選手権に挑む事を決める。

残り1ヶ月(正確には25日)無茶でもやるしかない。

衣装もそのプログラムに合わせ、かわいいどこぞのウエイトレス風に。
今回のプログラムのイメージは
「可愛い」
みたいだ。
笑顔の苦手なタズサにそれが出来るのか。

可愛い衣装なのはいいが、相変わらずスピンやジャンプには不向きな気がする。
いくらなんでも空気抵抗がありすぎるだろう。

「銀盤カレイドスコープ」をセブンアンドワイで検索する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月 6日

銀盤カレイドスコープ 第5話

「一人でデート」

全日本選手権に向けての練習で力が入りすぎ、疲労で膝を痛めてしまったタズサ。
2、3日の休養が必要ということで、気分転換のため街へ。

ピートのわがままを聞いて、その日一日ピートが行きたい場所へ行く事になる。

ピートは、アビエイター(アクロバット飛行士)だった。まだ16才だったが、将来有望だったらしい。
だからタズサがスピンやジャンプをしても目が回らなかったのね。

コーチの元に、ロシアのリア・ガーネットが、ショートプログラムの曲にタズサと同じツィゴイネルワイゼンを選んだという情報が入る。
ピートと一日ゆったりと過ごしたタズサはまだそのことを知らなかった。

街で迷子のロシア人女の子と出会うのだが、オープニングでリア・ガーネットが出ていたので、彼女と関係があるのかと思ったのに、特にそういうわけではなかったようだ。
ピートでも言葉が通じないという演出をしたくてロシアだったのかなぁ。

そういえば、最初にカナダ料理の店に入ったようだが、カナダ料理って特に思いつかないなぁ。中でも普通にステーキとかオムレツとかだったようだし。
カナダで思いつくのは、キングサーモンとメープルシロップくらいだ。
本当はどんな料理がカナダ料理なんだろう。

しかし、リア・ガーネット役の能登さんのロシア語は、思いっきりカタカナ読みのような
どうせならロシア語の出来ないロシア人にすればよかったのに(アナみたいに)^_^;

ツィゴイネルワイゼン~珠玉のヴァイオリン名曲集 icon


銀盤カレイドスコ-プ

「銀盤カレイドスコープ」をセブンアンドワイで検索する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年10月31日

銀盤カレイドスコープ 第4話

「驚愕のフリープログラム」

ショートプログラムでジャンプを失敗し7位と出遅れ、後がなくなったタヅサ。

ピートの提案で積極策を取り一発逆転を狙って攻めのプログラムを。
ピートとの軽口が功を奏したのか最初のジャンプでミスをするもその後トリプルジャンプを立て続けに決めて大逆転に望みを繋いだ。

結局は、安全策を取ってきた至藤が3位に留まり、タヅサは4位と敗れてしまう。
しかしこの積極策がよかったのか、オリンピック代表決定は次回の全日本選手権まで持ち越しになる。
命拾いしたタヅサだった。

ピートの目を気にして着替えるときに目隠しするタヅサだが、目を閉じるだけではダメなのだろうか?それに目隠しをしての着替えって却って想像を誘って嫌らしいんじゃないだろうか。

後、トマトの味は感じる。柔軟では身体が堅いピートは痛がる。
では、スピンしているときにピートは目が回らないのだろうか?
タヅサの目を通して見ているからタヅサが目を回さないなら大丈夫ということか?

それにしても、タヅサの衣装は外国人が考えるゲイシャガールのようで、あんなヒラヒラした衣装で3回転ジャンプを何回も決められるタヅサはものすごく上手な選手だと思う。


銀盤カレイドスコ-プ

「銀盤カレイドスコープ」をセブンアンドワイで検索する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年10月24日

銀盤カレイドスコープ 第3話

「トリプル・トラブル」

トリプルトラブルとは、
1 ピートが取り憑いた事。
2 大会が近いこと。
3 期末試験。

で3番目の期末試験は、超裏技ピートに暗記させる作戦を実行。
なんとピートは日本に住んでいたことがあり日本語が話せるだけでなく読める。
ましてカナダ人。英語は完璧。

この作戦の弱点は、タヅサが目を開けていないとピートもなにも見えないこと。
ということでタヅサも眠い目を擦りつつもとりあえず教科書に目を落としつづける必要があった。
そのおかげで、期末試験は大成功。英語は学年1位。
普通は失敗するのがお約束なのに。

2つめの大会は、遂に当日。
まずはショートプログラム。
途中まで完璧な演技を披露するも、トリプルルッツで失敗。7位と出遅れることに。
このトリプルルッツの失敗も「トリプル・トラブル」に掛かっている訳ですね。

あと、ピートは、タヅサの心の中は読めない事が判明。
ということで、タヅサが独り言を言わないとピートに通じないらしい。
なるほど、わざわざ声に出すのは、そういう設定になっているからか。


銀盤カレイドスコ-プ

「銀盤カレイドスコープ」をセブンアンドワイで検索する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ