カテゴリー「鍵姫物語」の13件の記事

2006年3月29日

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第13話(最終回)

「A Golden Afternoon」

前回が本来の最終回だったようです。
今回は普通ならDVDにテレビ未放送エピソードとしてまたは外伝として入るような内容でした。

有人ときらはの鍵型のペンダントが光り、物語があふれる不思議の世界へ飛ばされてしまう。そこは様々な物語が混ざり合い文字通り不思議の世界になっていた。

そこで、有人はありすときらははキサと出会い、4人でこの世界を救うため旅を続ける事に。
お城に近づくために、大ウソほど遠くまで伸びるカラクリの腕を持つ少女の助けを借りて近づこうとする。このときのウソがきらはの
きらははお兄ちゃんが大大大大大大嫌い

これが先週の予告にあった奴ね。

キサの協力も得て、この世界を乱す敵=過去のアリす能力者たちをあっさり倒す。
復活怪人は弱いって決まっているからだそうだ。
それを言ったら、あなたたちも復活怪人だと思うのだが、それはいってはいけないのだろうか?

世界を守りもとの世界に戻りましたとさ。

という物語を有人がきらはに聞かせていたというオチでした^_^;

本当にこれを最終回として放送する意味がよく分かりませんが・・・・

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 DVD Vol.1 icon 2006/4/28発売

「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」オリジナルサウンドトラック icon 発売中

「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
これから発売されるアニメCD【セブンドリーム・ドットコム】
これから発売されるアニメDVD【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年3月23日

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第12話

「The Evidence」

役目の終わった登場人物はもう必要ないと、タキオンの命を奪うリデル。

タキオンが2冊のアリスの物語を完成させてから、リデルに新しいお話を聞かせてくれなくなったことに、自分への興味がなくなったからかと考え、タキオンの気持ちを繋ぎとめるため「終わらないアリス」というウソを吐いた。
その話を信じたタキオンは、想像力を膨らませ現在のアリス能力者のルールを作り上げる。それは架空の物語と現実の区別すらつかなくさせただけだった。
それで、リデルはタキオンが自分に興味をなくして話をしてくれなかったのではなく、単に物語を作る才能があの2冊で枯渇しただけだと悟った。

だから、タキオンの代わりにリデルに物語を語ってくれる人物が現れるのを、この時の狭間でまち続けたのだ。そしてついにその人物を見つけた。

それは有人。有人とこの世界で暮らしていくのだと。
最後の邪魔者きらはに襲いかかるリデル。

きらはの必死の思いが有人に通じた。
きらはの代わりじゃないありすという女の子がたしかに存在していたんだ。
「誰のためでもない、ボクが書きたいと願う本当のアリスの物語」をその場で書き始める有人。

リデルについにきらはの心の物語が奪われそうになるが、それを奪い返してくれたのは、ありすだった。
その場で書き始めた有人の物語により、ありすが復活したのだ。

リデルに逆襲するきらはとありす。
しかし、リデルの心の物語を奪おうとするきらはを止めたのもありすだった。
「私がこの世界に残る」だからリデルの物語を奪う必要はないと。

「私はここにいるから、逢いたい時はいつでも逢えるから」とリデルと双子のアリスと共にメルヴェイユスペースという名の物語の中に残ったありすだった。

このセリフ、ララァですか?ありすはララァだったんですか?ニュータイプだったんですね。

そして何事もなかったかのような日常が有人やきらはたちに戻るのだった。
それでもありすに逢いたくなれば、有人は自分の想像力を働かせて物語を紡げばいいのだ。ただそれだけのこと。

登場人物が勝手に動き回る話ってことで、
井上ひさし作「ブンとフン」っていう小説を思い出してしまいした。
誰か分かってくれるとうれしいです^_^;

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 DVD Vol.1 icon 2006/4/28発売

Little Primrose icon OPテーマ

記憶薔薇園 icon ENDテーマ 発売中

「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」オリジナルサウンドトラック icon 2006/3/23発売

「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」関連商品をセブンアンドワイで探す

「介錯」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年3月15日

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第11話

「Tarts」

タキオンにより封印されてしまったありす。
ありすを助けたければ、終わらないアリスを完成させろと有人たちに迫るタキオン。

一人呆ける有人をよそに、キサはきらはに戦いを挑む。
きらはは驚くが、本気で掛かってくるキサに手加減は出来ない。
反撃を試みたとき、ふいにキサは攻撃を止めきらはに討たれる。

キサはわざときらはに襲いかかったのだ、自分の心の物語を奪わせるために。
そうすることでありすが助かり、きらはがそれを望むのならそれでいいと。

キサの心の物語を奪うきらは。
その物語は、苦く切ない物語、母親にすら嫌われたキサ、だがそこに光りを射してくれたのはきらはだった。きらはの笑顔がキサを救った。そんな大切な思い出。

これを有人に書き写させようとするきらはだったが、有人はどうしても出来ないと固辞し、呆然と立ち尽すだけ。
その間に、大切なキサの心の物語と一緒にキサの姿もメルヴェイユスペースから消えた。

そして衝撃の真実が明かされる。
タキオンこそ、アリスの作者その人だった。
そしてリデルがアリスだった。
二人は時の闇を彷徨い続けていたのだ。
終わらないアリスを完成させて永遠の命を得るために。

リデルがアリスとして最後に残ったきらはに刃を向けるはずだった。
ところがリデルが刃を向けたのはタキオンだった。

ということで、ありすのことはほったらかしたまま、話は佳境へと進むみたいです。
自身満々だったのにリデルに矛先を向けられた瞬間に急に弱気になるタキオンが素敵です^_^;

話に一本筋が通っているようでそうでもないのは、不思議の国のアリスをモチーフにしているってことで狙いなんですかね。

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 DVD Vol.1 icon 2006/4/28発売

Little Primrose icon OPテーマ

記憶薔薇園 icon ENDテーマ 発売中

「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」オリジナルサウンドトラック icon 2006/3/23発売

「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」関連商品をセブンアンドワイで探す

「介錯」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月 9日

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第10話

「The Quadrille」

ありすに過去の記憶がない理由が明らかに。
その理由を盾に、きらはを倒せと煽るアスカ。

なんと、ありすは有人が作り出した幻だった。
というか、有人の書いた終わらないアリス、それこそがありすの心の物語。
ありすは有人の物語の中の存在、有人が作り出した存在、それがありすだそうだ。

今は、有人がありすを望んでいるからここにいられる。
だが、有人が本当に好きなのはきらは。
妹を好きになってはいけないという思いが、ありすという人間を作り上げた。

だからきらはを有人が選んでしまったら、ありすはこの世界に存在できない。

ありすは有人のそばにずっといたい、だからきらはの心の物語を奪う。
そして終わらないアリスを完成させて望みを叶える。
ありすの望みは有人と一緒にいたいということ。

しかし、有人がここでありすを選んでくれれば、願いを叶える必要はなくなる、だから選んでと迫るも、有人は答えられない。
有人の前から姿を消すありす。

そこにアスカがやってくる。
怒りに燃えるきらはがアスカの心の物語を奪う。

そして残ったアリス能力者は、キサときらはになった。
そこにタキオンが姿を見せる。
そこには囚われのありすの姿もあった。

「ようこそ最終ステージへ」

キサがきらはの危機を察知した方法が、髪の毛!
まさに鬼太郎の妖怪レーダーじゃないですか。

有人とありすにはアホ毛があったのは有人とありすは繋がっているという暗示だったんでしょうか?
それにありすときらはがウサ耳に変身するのも、そういう関係だったからなんでしょうかね。

Little Primrose icon OPテーマ

記憶薔薇園 icon ENDテーマ 発売中

「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」オリジナルサウンドトラック icon 2006/3/23発売

「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」関連商品をセブンアンドワイで探す

「介錯」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第9話

「Turtle’s Story」

キリカはアスカのやり方が納得できないと、仲間から抜けるといい出す。
キリカは、その後一人で墓参り。まずは両親の墓へ。

そしてお墓ではなく教会の中に花束を供える。

それはキリカが少女時代の思い出したくない記憶。
友達がいなかったキリカの友達になってくれたのは、ロリーナという少女だった。
彼女はその時すでにアリス能力者だった。
それがきっかけでメルヴェイユスペースを調べるようになったキリカだったが、
ロリーナとかくれんぼをしていたとき、ロリーナが教会の中にあった棺の中に隠れた。
それに気づいたキリカはイタズラ心から、その棺の蓋のカギを閉めてしまう。
(カギがある棺ってあるんですかね、くわしくはないんですけど)
その棺はなんと、そのまま運ばれ火葬されてしまった。
(火葬されるってことはやはり日本なんですかねあの世界は、キリスト教文化圏ならそうそう火葬にはしないはずなんですけど)
もっとすごいのは、火葬される棺ってことは中に死体があったってことですよね。
それなのにそこに隠れようとするロリーナっていったい、どんな子供なんでしょうね。

そんないやな思い出を思い出していたキリカに対してアスカが不意打ちをかける。
あっさりと心の物語をうばわれてしまうキリカ。

そのせいで真実が甦る。
本当は、ロリーナは火葬される寸前で大人たちに発見されて無事だった。
ただし唯一の友達だったロリーナとはそれが原因でわかれていたのだ。
友を失ったショックから死んだものとしてしまっていただけだった。

あとから駆けつけてきたキサをも襲うアスカだったが、ありすが助けに入り事無きをえる。
アスカの攻撃を受けてもありすには効かなかった。
ありすには心の物語がないらしい。
記憶喪失なのか?それとも・・・・・・

今回ちょい役の敵キャラの声が能登さんでした。
仕事しすぎ感もしますが、それよりも閻魔あいとして地獄送りにでもしちゃえばいいのになんて思ってしまいました。

Little Primrose icon OPテーマ

記憶薔薇園 icon ENDテーマ 発売中

「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」オリジナルサウンドトラック icon 2006/3/23発売

「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」関連商品をセブンアンドワイで探す

「介錯」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年2月23日

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第8話

「Croquet Ground」

きらはは、有人と体をかさねる(Hする)夢を見てしまう。
そんなきらはを見つめるなぞの能力者。

その能力者の名前はアスカ。
アスカはありす、有人、きらは達に仲間になりたいと言ってくる。
有人は承諾するのだが、キリカは気にくわないからという理由で反対する。

きらはは、キサの家にお泊り。
そこにアリスのお茶会の招待状が届く。

招待状を出したのは、アスカだったが、きらは他全員が呼び出されていた。
そこにもうひとり、ミカという赤頭巾能力者も呼び出されていた。
有人の姿を見たミカは、男は嫌いだと襲いかかる。
有人を守ろうとするありすにきらはが邪魔をする、自分が有人を守ると。
そのきらはをも排除して有人に迫るミカだったが、それを阻止したのはアスカだった。

アスカは、相手の醜い記憶を呼び出すことによって相手の動きを止めその隙に、心の物語を奪うのだ。
ミカの男嫌いの記憶は小さい頃に遡る。大人の男から性的嫌がらせをされたことが原因だ。
奪った心の物語をコピーして返そうとした有人だったが、ミカはそれを断る。
この醜い記憶の物語がなくなることにより、気持ちが軽くなったからだ。

「心の物語を奪われることで救われる者もいる」
というアスカの言葉に惑わされ、アスカに自分の心の物語を奪ってもらおうとしてしまうきらは。有人を思う気持ちがなくなれば楽になれるかもしれないと言う気持ちからだった。

みんなの前で、きらはの心が晒されてしまう。
お兄ちゃんお嫁さんになるという思いが。

しかし、そんなきらはを守ったのは有人だった。心の物語を奪われる寸前に身を呈して守ったのだった。

今回分かったのは、アリス能力者は、やっぱり心の物語を奪われてしまうと能力者じゃなくなるということ。あとその記憶はなくなってしまうこと、か。

今回、きらはの物語を奪われはしなかったわけだが、いつかは奪わないにしても書き写す事になるんだから、無理して守らないでもいいような気もするんですけどね。

記憶薔薇園 icon ENDテーマ 2006/2/22発売

Little Primrose icon OPテーマ

「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」オリジナルサウンドトラック icon 2006/3/23発売


鍵姫物語永久アリス輪舞曲

「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」関連商品をセブンアンドワイで探す

「介錯」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年2月16日

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第7話

「A Tea Party」

前回、ありすと有人がキスをしたことが気になって仕方がないきらは。
そんなきらはが心配なキサは、無理矢理きらはを外に連れ出す。

キサ自体がきらは以外とはまともに口もきけないというのに、それでも頑張って、きらはの大好きなアイスを買って来てあげたりと健気に尽くす。きらはの笑顔を見たいがためだけに。

有人とありすもあれ以来互いを意識していた。
二人がデートしている姿を偶然きらはとキサが目撃してしまう。
まさにその時、能力者に襲われるありす。
助ける有人。それを見てまたまた呆然としてしまうきらは。
そのきらはを襲う能力者。だがキサに何とか助けられるきらは。
相手が3人ということもあり能力者は一旦引き上げる。

キサは、その後も、有人に電話してみたり(これは殆ど何も喋れず自分から電話を切ってしまったのだが)
それ以上に、あの小さい声で喘いでいるようにしか聞こえないのは、あやしいイタズラ電話以外のなにものでもないですよ。変にエロい演出です。
次はありすに直接会って、きらはの有人が好きだという気持ちを分かって欲しいと直談判する。しかしありすに有人が好きとはっきり言われてしまい落ちこんだキサは雨の中倒れてしまう。ただでさえ人が苦手なのにきらはのために奮闘したのが祟ったようである。

キサの気持ちが嬉しかったきらははキサの看病をする。
体調を戻したキサ。憂さ晴らしにきらはとプールへ。
人が苦手なわりには大胆な水着で、飛び込みまでこなすキサって。

そこにあの能力者が襲ってくる。
イライラ解消に丁度いいと、きらは、キサ組圧勝。
そこに駆け付けた、ありすと有人に後を託して去ってしまう二人。
まだまだイライラは続いているようです^_^;

今回は完全にキサの奮闘物語だった。
そしてきらはのためなら何でもやれるキサを少し見直しかけたのだが、
オチがきらはの着ていた水着を新たなコレクションにして喜ぶキサって。
どうやってあの水着を貰ったんだよキサ。
まさか最初から自分で用意して着てもらったのか?
ということでやっぱり変態だったキサでした。

変態と言えば今回の能力者はバラのムチ使い。
しかも調教し甲斐がとか言ってるし、こちらも変態キャラでしたね。
ただあまりにも印象が薄いのが残念ですけど。
どうでもいい能力者を無理矢理毎回出さなくてもいいと思うんですけどね。

記憶薔薇園 icon ENDテーマ 2006/2/22発売

Little Primrose icon OPテーマ

「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」オリジナルサウンドトラック icon 2006/3/23発売


鍵姫物語永久アリス輪舞曲

「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」関連商品をセブンアンドワイで探す

「介錯」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年2月 9日

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第6話

「A Pig」

何も書いていない、アリスのお茶会の招待状を貰ったありす。
みんなで図書館に。

そこで鏡の中に入りこんでしまう、ありすと有人。
そこは、アリスの物語の世界そのものだった。

きらはとキサ、キリカはありすたちとは別の鏡の中へ。
3人が入ったのもアリスの物語の世界だったが、ありすと有人とは別の物語。

ありすと有人は、アルファベットの文字の森に。
そして有人が森に襲われ囚われの身になってしまう。
物語通りなら、有人を助けるには、キスをしなければならない。
頬にキスするありすだったが、何も起きなかった。

きらはたちは、動物たちに襲われていた。
ここは、動物たちのクッキーを食べればその動物が消えていく世界。
3人で黙々とクッキーを食べていく。

有人を助けるために、アリスの物語を思い出すありす。
そうキスはキスでも心からのキスが必要なのだ。
照れながらも口と口で心のこもったキスをする二人。

魔法は解けそして2人はアリスの館に。
きらはたちもアリスの館に辿り着いていた。

そこで待っていたのは、リデルとタキオン。
タキオンは自分は彼のひ孫、そして私はアリスマスターだと告げる。

あのアリスの物語の世界を作っていたのはタキオンだった。

そして、タキオンは有人に終わらないアリスの物語を出版するために、協力して欲しいと頼むのだった。
自分達が終わらないアリスの物語の完成に関われると知り喜ぶ有人たち。
だが、タキオンの真意は、終わらないアリスの物語を完成させることではなく、物語を彼らに集めさせて、自分の願いを叶えることだった。

キスをしてしまったありすと有人は、今までとは少し違った感情を互いに抱き始める。
そしてその微妙な変化に気付きつつあるきらはでもあった。
ということで今後はすこしラブコメチックになっていくのかな?

記憶薔薇園 icon ENDテーマ 2006/2/22発売

Little Primrose icon OPテーマ

「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」オリジナルサウンドトラック icon 2006/3/23発売


鍵姫物語永久アリス輪舞曲

「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」関連商品をセブンアンドワイで探す

「介錯」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月 2日

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第5話

「A Caterpillar」

有人をタキオンと呼ぶ少女。
道に迷った有人はその少女デリーラと出会う。
デリーラは、有人に、素敵なお話を聞かせてとせがむ。
話がウケた有人は、デリーラの元に通い始める。

通っているうちに、有人は見る見ると憔悴してきていた。
デリーラのいる場所は、この世とあの世の境にある特殊なメルヴェイユスペースだった。
そうデリーラは幽霊だったのだ。
そしてこのままでは、あちらの住人になってしまう恐れが有人にあった。

なんとしても行かせまいとするきらはだったが、それを振りきりデリーラの元へ行ってしまう有人。

きらは、ありす、キリカの3人はデリーラの居場所を突き止め乗り込む。
デリーラは、タキオンの元恋人だったが、そのタキオンに捨てられ、傷心のうちに死んだ少女だった。有人をタキオンだと思い戻って来てくれたと思ったのだ。
有人がタキオンではないと気づいた後でも、優しくしてくれる有人ともう別れたくないと思うようになっていた。

そんなデリーラの心の物語を奪うキリカ。
その物語は哀しい物語だった。80年分の。

デリーラは
「私の思い、私という女の子がいたことをあなたの心にしっかりと刻んで」と言い残して消えていった。

タキオンが、終わらないものなどないと自分から言っているのだが、
そうすると、終わらないアリスの物語も、少なくとも本人は終わらせるつもりがあるわけだね。そのためにアリス能力者を戦わせているわけか?

記憶薔薇園 icon ENDテーマ 2006/2/22発売

Little Primrose icon OPテーマ


鍵姫物語永久アリス輪舞曲

「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」関連商品をセブンアンドワイで探す

「介錯」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年1月25日

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 第4話

「Little Bill」

アリスの物語を燃やそうとする、火のアリス能力者が出現。
その少女は、ものすごい方向音痴で大食い。
歩いていて木にぶつかってしまうっていうのは、方向音痴というより、ただボーっとしているだけのような気もするが・・・

そしてなぜか、有人をアンデルセンと呼び、まとわりつく。

それに嫉妬するきらは。

心の物語を奪ってしまえば有人から離れるかもと考えたきらはは、戦いを挑む。
だが、彼女は強かった。逆に有人のアリス物語まで焼き払われそうになる。
そこにキサ登場。
きらはのために少女と戦う。
キサは水の能力者。火を消す能力を使い、心の物語を奪う。

少女の物語にはアリスを逆恨みする理由が書かれていた。
有人は、これは終わらないアリスの物語には繋がらないと、コピーを取らず少女に返してやる。

実は、少女はアンデルセン大好きのアンデルセン能力者になるはずの少女だった。
ただあまりにも方向音痴だったため、アリス能力者になってしまったらしい。

アリス能力者だけじゃなくて、アンデルセン能力者までいるのか、他にもいっぱい能力者がいるんだろうね。

今回は、キサの初体験の話(相手の心の物語を初めて奪っただけだけど)

でその少女の名前は、アカネ(cv水樹奈々)だった。
HP見たらゲストキャラでした。なんかレギュラーになりそうな気がしたんだけど^_^;

記憶薔薇園 icon ENDテーマ 2006/2/22発売

Little Primrose icon OPテーマ


鍵姫物語永久アリス輪舞曲

「鍵姫物語 永久アリス輪舞曲」関連商品をセブンアンドワイで探す

「介錯」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ