カテゴリー「落語天女」の12件の記事

2006年3月24日

落語天女おゆい 第十二席(最終回)

「信じる言葉ふれあう心」

唯の宝珠を奪った左京、虫の息の圓朝に止めをさそうとする。
それを阻止したのは、雅、鈴。後から涼、晶そして妙も城の地下の闘技場に姿を見せる。

妙が唯たちの後をつけたとき、運ばれるロウソクを偽者と摩り替えたのだ。
城の妖魔軍は新撰組が相手をしていた。

「私は人が殺し合う世界なんて絶対認めない。
そんな世界は楽しくない。
私は自分の言葉を信じる」
唯の平和を望む気持ちが奪われた宝珠に力を与え、その力に耐え切れず左京は消え去る。

それと同時に城も崩壊し妖魔軍も消えていく。

平和が戻った江戸の街で、長屋のみんなと花見。
毛氈は筵。お酒は番茶。卵焼きはたくあん。かまぼこは大根。
おお長屋の花見ですなぁと思ったら、そこで唯が一席披露する。
お題はまさに「長屋の花見」そのまんまですか。

最後にちょっとだけど落語アニメらしい感じがした瞬間でした。

源内の作ったタイムマシンで唯達は現代に戻る。
ちなみに名前は「源内と晶愛の結晶号」だそうで^_^;

圓朝からの選別は、手拭いと扇子。

現代に戻り、今までと変わらぬ生活が始まる。
少しだけ今までより成長して。

源内は晶との別れを惜しむくらいなら、一緒に現代に行っちゃえばいいのにと思うんですけど、どうせ幕末ですら源内にとっては未来だったんだからもっと未来へ行っても大して変わらないような気もするんですけどね。
まぁ源内と会うために、晶は愛の結晶号・改を作っているそうなのでそれでいいのかもしれないけど・・・

最後のサプライズゲストは、エンディングを歌っている鹿島ひろ美さんが最後に出演してました。
最後なのに歌丸師匠は出ないのかと思ったら、エンディングの後オチでちゃんと出てきてくれました。よかったよかった。

しかし出演者が6人もいて12話の中で7話も彼女達のそれぞれの覚醒のために使うというなんとも不思議な構成でしたね。
もっと落語のネタを使って敵を倒す感じを期待していただけに全体的には物足りないイメージのまま終了してしまったという感じです。

iconicon
落語天女おゆい DVD第一巻 icon 2006/4/28発売

サクラサク iconおゆいOPテーマ 発売中

花吹雪 恋吹雪 iconおゆいEDテーマ 発売中

「落語天女おゆい」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
これから発売されるアニメCD【セブンドリーム・ドットコム】
これから発売されるアニメDVD【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月17日

落語天女おゆい 第十一席

「最後の戦い失われる命」

妙が覚醒してなんとか江戸の結界が元に戻った。
疲れきった体を休めていた天女と新撰組の隊士たち。

その隊士たちが突然倒れ始める。
左京の幻影が現れ、彼等以外にも20万もの人間の魂を封じこめた、
彼等を助けたければ、品川の城に来て私と戦えと、唯に告げる。

これは唯の仲間を想う気持ちを利用して唯の宝珠を奪おうと考えた左京の罠だった。

だが罠と知りつつも唯は城に行く決意をする。

唯と圓朝の二人で城に乗り込む。
その二人を江戸に張り巡らされた上水道を使って左京に気付かれぬよう追い掛ける妙。

まずは世間話で言霊の応酬。左京は陰の圓朝は陽の言霊。
そして戦いの場所は、城の地下の闘技場。
ここでは天女の力を封じられてしまう。
しかも左京により雅、涼、晶、鈴、妙の五人の天女の魂が封じ込められたというろうそくが闘技場の回りに置かれた。この炎が消えれば彼女達の命はないと。
これが本当なのかウソなのか判別がつかず苦戦する唯。

左京の呪符により圓朝も動きを封じられる。
そして唯の怒りを引き出し、心を邪に染めさせようと、その圓朝に斬りかかる。
次には、5本のろうそくの炎を消していく左京。

ついには唯が左京への怒りに染まってしまう。
すかさず唯の邪に染まった宝珠を奪う左京だった。

今回は世間話のところが面白かった。
世間話というよりは戦いの歴史話かな。
信長は平和な世界を作ろうとしていた。
岐阜、安土という地名も平和の言霊だとか。
信長を殺したのは光秀だが、その光秀を唆したのは左京だとか。
だがその光秀が江戸の結界を作った張本人だとか。
光秀=天海っていう説はたしかにありますけど、これをここで言っちゃって大丈夫なんでしょうかね。まだ確定じゃないはずですから。

そんなこんなで次回最終回。
結構大々的に落語がアニメになると宣伝したわりにはあっさり終了するみたいです。

iconicon
落語天女おゆい DVD第一巻 icon 2006/4/28発売

サクラサク iconおゆいOPテーマ 発売中

花吹雪 恋吹雪 iconおゆいEDテーマ 発売中

「落語天女おゆい」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月10日

落語天女おゆい 第十席

「妖魔軍侵攻!火事と天女は江戸の華」

左京の力で、邪に転じてしまう妙。
ついに、江戸の結界が破られた。

江戸に侵攻を開始する妖魔軍。
そしてその中心には、妙の意識と宝珠が入った暗黒龍の姿が。

この暗黒龍を倒すためには、涼の剣か、唯の「落とし噺(文字は不明)」しかない。
だが、落とし噺は高度1万mから目標物へ落下して撃つもの。
止まっている相手ならともかく、動きまわる、それも瞬間移動ができる暗黒龍にはリスクが大きすぎる。
落とし噺って、あまりにつまらないオチで相手を凍らせる究極の技かと思ったのですが、文字通りの落ちる技だとは^_^;

まずは涼に託す天女たち。
目黒で迎え撃つ天女たちだったが、暗黒龍と妖魔軍の力に翻弄され、次々と倒れていく。
晶のカラクリも、鈴も、そして涼も。

残ったのは、唯と雅。
唯は、落とし噺をする決意をする。
雅は唯を助けようと、暗黒龍を足止めしようとするが、逆に倒される。
そして落とし噺を察知した左京が暗黒龍に瞬間移動を指示。
暗黒龍を見失った唯だったが、妙を助けたいという妙を想う唯の想いが通じたのか、妙の宝珠が反応する。
それを目標に落とし噺を撃ちこむ唯。
暗黒龍が消えると共に、妙がついに覚醒する。
「役に立ててよかった、私も花開きたい」と。

これにより江戸の結界は復活。
妖魔軍も撤退させることが出来た。

そして神楽天女妙の一世一代の芸、水龍の舞(水芸)で江戸の町の炎を鎮めるのだった。
最後は水花火まで見せちゃうサービス精神旺盛な妙でした。

しかし、無事なのは、妙と唯だけ。
妖魔軍を完全に倒したわけではない。

やっとことさ、妙が覚醒しましたが、そのかわりみんなボロボロになってしまいました。
はたして江戸の町を守ることが出来るのでしょうか?
いままで完全に忘れられていた存在だっただけに、覚醒した途端、派手な演出でいままでのうっぷん晴らしって感じでしたね。

なんかもうすぐ最終回のようなんですけど、それなら覚醒するのに一人一回なんて使わないで、もっと妖魔との戦いなり、落語の話なりに力を入れて欲しかったなぁ、なんて想ったりなんかしています。
落語のアニメだったはずなのに・・・・

サクラサク iconおゆいOPテーマ 発売中

花吹雪 恋吹雪 iconおゆいEDテーマ 発売中

「落語天女おゆい」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月 3日

落語天女おゆい 第九席

「黒衣の花嫁 明かされる秘密」

江戸に左京がやってきた。
江戸に攻めこむための拠点に品川に城を築いていた。

しかし江戸の結界は強力で、それを解くために、妙を利用することを思いつく。
「呪法黒衣の花嫁」を使って。

左京は唯たちを呪符の力であっさりと退けると、妙を品川の城へ連れ去って行く。
妙だけまだ天女として覚醒していない。その宝珠を利用しようとしていたのだ。

妙の花婿として右京が。邪なる者と契りを結ぶことにより聖なる者を邪に取り込む儀式。
それが黒衣の花嫁。

そして妙の宝珠が邪に取り込まれれば江戸の結界は破られる。
なぜなら宝珠は江戸の結界は五不動によって張られているものだからである。
その五不動が宝珠そのもの。
ちなみに五不動とは、目黒、目白、目赤、目青、目黄(目黄だけ二つあるとされる)の各不動尊のこと。(五色不動とも言われている)家光が江戸を守るために作ったといわれているそうです。
各宝珠の色はこの色になっている。

黒衣の花嫁により、邪に取り込まれそうな妙だったが、唯の叫びが心に届き、一旦は正気を取り戻す。だが、左京が右京を刺しその血によって妙を邪に転じさせようとしていた。

存在感のなさから忘れ掛けられていた妙でしたがここで主役となりました。
前回では登場シーンすらなかったお詫びか、なんと今回で覚醒せず、次回に続きます。

品川は江戸ではないってことがさりげなくはいっていた回なんですけど・・・

サクラサク iconおゆいOPテーマ 発売中

花吹雪 恋吹雪 iconおゆいEDテーマ 発売中

「落語天女おゆい」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年2月24日

落語天女おゆい 第八席

「恋の行方ふたたび 江戸湾大決戦!」

黒船のペリー提督が、千早太夫に血を吸われ操り人形状態に。
千早太夫は吸血鬼だったってことで。

圓朝の落語「幾代餅(いくよもち)」(吉原の幾代という花魁の錦絵を見て恋をした清蔵が一年間必死に働いた金で幾代に会いに行くそして・・・・最終的にハッピーエンドですが
が演じられているときに、江戸の町を黒船が砲撃してくる。

唯達が阻止しようとする。
今回から、天女への変身シーンが導入されています。
どんどん落語から遠ざかって魔女っ娘ものになっている気もするんですけど^_^;

それをバックアップしようと、”源内のからくり・改(仮)”で出撃していく、晶と源内。
なぜか複座式なのね。
これは、晶の宝珠の力をかなり使用してしまう。覚醒していない晶にとってその体力的負担はかなり大きいらしい。

黒船を守るように、海コウモリに海坊主が出現し苦戦する唯たち。
源内のカラクリ・改(仮)で援護を続けるのだが、ついに晶が倒れてしまう。

源内の晶を思う気持ちが通じたのか、晶が目を覚ましたとき、ついに覚醒する。

これで敵を倒すことに成功したのだった。

その後、江戸の町では、「死ぬなぁ晶」って抱きしめる”源内と晶ごっこ”が子供達に流行ったとさ。

今回の一番の特徴は、敵の右京が出ていないというのもあるが、妙が出ていないということでしょう。元々存在感は薄い妙とはいえまったく出ないとは、それでいいのか?
もしかして2人のスケジュールが合わなかったんでしょうか?

まぁ次回は妙が主役みたいですけど。

サクラサク iconおゆいOPテーマ 2006/2/8発売

花吹雪 恋吹雪 iconおゆいEDテーマ 2006/2/22発売

「落語天女おゆい」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月17日

落語天女おゆい 第七席

「涼覚醒!決闘!高田馬場」

今回は涼の覚醒の回でした。

土方歳三が圓朝の元へ京が妖魔の巣窟と化したことを報告。

そんなとき、妖魔たがやが涼を襲う。分身して戦うたがやに傷を負わされた涼だったが、助けに入った土方を見て、たがやは逃げてしまう。

そして、土方は涼に剣に頼り過ぎると嗜める。
右京が持ってきた名刀和泉守兼定を利用して、たがやが涼に決闘を申し込んでくる。

雪の降る中一人決闘に赴く涼。
今回も分身して有利に立つたがや。
たがやの分身は、妖怪あたま山が見せていた幻術だった。
なんとかたがやを倒した涼だったがついに倒れてしまう。
それを見てあたま山が油断した瞬間を狙いあたま山を倒した涼。
土方のあの言葉のお陰だった。

しかし右京が攻め立てる。
龍をも倒すという名刀兼定を手に入れた涼は、剣と共鳴してついに剣客天女として覚醒し、右京をも退けるのだった。

今回は今イチ涼が覚醒した理由が薄いですね。
剣を手にしたからなのか、剣に頼らなくなった心が成長したお陰なのか、それとも土方への思いなのか、はたまたそれ全部なのか?

兼定って、土方の愛刀と言われているそうなんですが、涼が手にしてしまって良いんでしょうかね。まぁ一本しかない訳ではないだろうからいいのかもしれないですけど。
ここの土方の刀は何を使っている事になっているんでしょうね。

サクラサク iconおゆいOPテーマ 2006/2/8発売

花吹雪 恋吹雪 iconおゆいEDテーマ 2006/2/22発売

「落語天女おゆい」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年2月10日

落語天女おゆい 第六席

「恋の行方それぞれの覚醒」

源内とポン太はそれぞれ、晶、鈴のことが好き。
雅が2人に恋の手解きをしようとしているところを、晶と鈴が見てしまい怒って気晴らしに行ってしまう。

そこで、晶は妖怪に眠らされてしまい、鈴は妖怪抜け雀に、衝立の中に閉じ込められてしまう。

抜け雀っていう落語があるんですが、簡単にいうと衝立の中に描かれている雀が抜け出すって噺ですね。
もっとこれは落語のネタだって強調してくれないと普通に見ている人には気づかれないんじゃないかと思うんだが、それでいいの?

まったく眠りから覚めない晶を心配して源内がずっと付き添う。
ポン太は、鈴を探して、江戸中のタヌキを総動員して探し当てる。

鈴を衝立から脱出させるために、鈴に化けて妖怪達の前に姿を見せたポン太。
鈴が自力で抜け出したように勘違いさせて、妖怪に衝立を確かめさせるのが狙い。
どちらかというと予告状を出した怪盗が金庫を開けさせるために使う感じの手口ですね。

それが上手く行って鈴は脱出に成功。
それに怒った妖怪抜け雀は江戸の町を襲い始める。
計略天女として覚醒した鈴は、唯と雅に的確に指示を出し、抜け雀を倒すのに貢献する。

眠った白雪姫を起こすのは王子さまのキスだと言われて源内は、無理矢理晶にキスさせられてしまう。偶然か必然か、晶はそれで目を覚ましたのだった。

今回は結局鈴だけが天女として覚醒。
それぞれの覚醒というサブタイトルのわりには一人だけの覚醒になりました。
やっぱり一人一話を使って覚醒させて行くみたいですね。

しかし、源内に惚れられる晶はともかく、ポン太に惚れられても、鈴は「はいそうですか」では付き合いましょう、というわけにもいかないよな。
相手はタヌキだしな。

サクラサク iconおゆいOPテーマ 2006/2/8発売

花吹雪 恋吹雪 iconおゆいEDテーマ 2006/2/22発売

「落語天女おゆい」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年2月 3日

落語天女おゆい 第五席

「おーほほほっ 落語天女みやび登場!」

圓朝の屋敷が燃えてしまったため、みんなで長屋暮らしになってしまった唯たち。
部屋割りは、唯と雅、晶と鈴、妙と涼。

考えて見たら、圓朝ってまだ名人と言われる前なのに、屋敷を持っていたんだよね。
落語家って当時そんなに儲かっていたのだろうか?

何時の間にか、みんな江戸時代に馴染んで忙しく動いているのに雅だけは何をどうしていいのか戸惑っていた。
妙ですら、元の時代に戻りたいと、源内が乗って来たカラクリの修理を晶と手伝っている。

唯は、天女として戦うことを決意し、圓朝から扇子と手ぬぐいを貰う。

そんなとき、雅に声を掛けるご隠居さん。
雅に話相手になって欲しいと頼む。
ご隠居さんの家でお茶をご馳走になっているときに、ご隠居さんに、暗示をかけられてしまう。ご隠居さんは実は妖怪・化け物使いだった。

長屋を化け物の群れが襲う。
必死に戦う唯だったが、いくら倒しても際限なく現れる化け物たちに力尽きそうになる。
その化け物を呼び出していたのは、なんと操られていた雅だった。

だが、唯に心の叫びが届いたのか、暗示から解けた雅は、落語天女として覚醒する。
そして化け物使いを倒す雅だった。

落語天女として覚醒したわりにはいきなり武器として弓矢使ってるんですけど^_^;

こんな感じで、あと4人の天女としての覚醒を1回ずつやって行くのかと思ったら、次回で一気に4人が覚醒する気配ですね。さすがに一人ずつはやっていられないのか?

長屋の大家に熊さん八っつぁん役が落語家さんだったみたいだが、生で見てたので、名前がわからなかった、竹丸さんがいたのは分かったのだが他は分かりませんでした。

竹丸さんも若手若手だと思っていたのだが気づいたらいい年だよね。

サクラサク iconおゆいOPテーマ 2006/2/8発売

花吹雪 恋吹雪 iconおゆいEDテーマ 2006/2/22発売

「落語天女おゆい」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月27日

落語天女おゆい 第四席

「落語天女おゆい登場!」

圓朝の屋敷に世話になることになった唯たち。
そこで圓朝から唯たちが天女だと告げられる。

天女には言霊を使って戦う言霊天女(通称・落語天女)、曲芸を使って戦 う神楽天女、からくりを使って戦う機巧天女、作戦指揮をする計略天女、剣を使って 戦う剣客天女がいる。唯たちは宝珠によりそれらの天女の力を与えられたのだ。

言霊天女がなぜに落語天女なのかは謎。
とりあえず唯と雅は落語天女だと圓朝に告げられる。

能天気に浮かれている唯だったが、妙が一人私は帰りたいと泣き出してしまう。
晶に励まされて落ちついた妙だったが、疲れから熱を出して倒れてしまう。

圓朝は、唯と雅に言霊(落語)の力を見せる。
軽く一席話す圓朝だったが、その後ろにはオーラが見え、話の中の丼やソバまでもがまるでそこに本当にあるように見えるのだった。

本当に上手な落語家さんは確かに本当にソバを食べているような雰囲気を出せるけどそれでも映像は見えません普通。ちょっとやりすぎだと思います・・・

ソバの噺だったんだけど、あれは「時蕎麦」の一節だったんでしょうか?
蕎麦が出てくる噺というと時蕎麦しか思い出せない未熟者なもんで。

そんなとき、妖怪牡丹灯篭が圓朝の屋敷を襲う。
圓朝、唯、雅の活躍でなんとか撃退するものの、屋敷は炎に包まれてしまう。
中には逃げ遅れた妙がいた。

妙を助けに炎の中に突っ込む唯。
なんとか妙のところまで辿り着けたものの、完全に炎に包まれて戻れなくなってしまう。
その時、唯は心からみんなを助ける力が欲しいと欲した。
宝珠が応えてくれたのか、真の力に目覚める唯。妙を抱き上げ空に舞い上がった。

圓朝が後に有名な噺家になると聞いた唯は、弟子入り志願。
やはり唯はミーハーな落語好きだっただけで落語オタクではなかったな。
圓朝を知っていたのは江戸オタクの鈴の方だとは。

一息ついたところに、平賀源内がカラクリ機械と共に出現。
どうやら源内は自らタイムマシーンを作ってこの場に来たようだった。

源内が今何年ですか?って聞くんだけど、
慶応3年って言われてなぜ時を越えられたと判断できたんだろう?
やはり聞いたことがない年号だったから未来と判断したのだろうか?

よく、西暦何年?って聞く話があるんだけど、当時の日本では西暦使ってないはずだから普通は答えられないのにあっさり答えちゃうはなしが多いよね。
それに比べれば今回は慶応3年って答えてるだけましなんだけど。

サクラサク iconおゆいOPテーマ 2006/2/8発売

花吹雪 恋吹雪 iconおゆいEDテーマ 2006/2/22発売

「落語天女おゆい」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年1月20日

落語天女おゆい 第三席

「走れ!唯 妖魔を倒せ」

江戸時代に来てしまった唯、雅、涼、妙の4人は、セーラー服を着ていた事でお役人に追われる事に。
しかし涼は実は剣道の胴着を着ていた訳で、そんなに違和感はない。

雅さん、タイムストリップって(おい(゜O゜)☆\(^^;)
それにしても他の3人だれか突っ込めよ。
雅のボケをスルーするとは。

そこで、涼を町に出し着物を調達できるか探ってもらう事にしたのだが、涼は唯同様に3秒で物を忘れるタイプ。
北辰一刀流玄武館千葉道場を発見してしまい、その中へ稽古をつけてもらいにいってしまう。

隠れていた唯たちだったが、なんだかやで喧嘩をはじめてしまい、それが大道芸と間違えられて、お金を手に入れる事が出来た。
それを見ていた、圓朝は、彼女達が天女らしいと気づく。

一方、鈴は世話になっている質屋で、火焔太鼓を発見。
300両で売れると予想、そして本当に道楽大名が買っていくことに。
これって火焔太鼓っていう落語だよね。
私は落語にそれほど詳しくはないが、なんとかこれは分かった。
しかし、どのくらいの人がこのエピソードが落語の一節だって気づくんだろう。
今後もこんな感じで、無意味に落語関連を盛りこんでいくんだろうけど、いつまでそれに気づけるか自身がない私です。
どうせならもっとわかりやすい形で挿入して欲しいんですけど。

唯達は、圓朝に拾われ、蕎麦を奢ってもらう。
そんなとき、右京が呼び出した妖魔、古内裏が江戸の町を襲う。
圓朝が一人立ち向かうが、体調が完全ではなく、苦戦。

唯が助けるが、今度は唯が妖魔に追われる事に。
逃げ回る唯だったが、両国橋で転んでしまう。
絶体絶命のピンチに助けてくれたのは、晶と鈴、そして晶が見つけて組み立てた、平賀源内作の巨大カラクリロボットだった。
携帯をコントローラーにして口で命令できるとは、源内が凄いのか、改良した晶が凄いのか。

この隙に、圓朝が陽の言霊を練り攻撃。
その言霊は落語のじゅげむ。じゅげむとはめでたいものを集めた言葉だから陰の妖魔には効果絶大。
それを知った、唯、雅も一緒に唱え、光の玉を撃つ。
彼女達が天女である事はこれで疑いようが無くなった。

なんとか古内裏を撃退した唯たちは、そのまま圓朝の家で厄介になることに。

源内のカラクリロボットもなぜか消えうせ、源内のもとに戻っていってしまった。

唯って一応落語オタクで歌丸師匠の弟子になろうかという設定なのに、
三遊亭圓朝と聞いて、何の反応もないのはなぜ?
知らないのか?
もう少し反応があってしかるべきだと思うんですけど・・・

サクラサク iconおゆいOPテーマ 2006/2/8発売

花吹雪 恋吹雪 iconおゆいEDテーマ 2006/2/22発売

「落語天女おゆい」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ