カテゴリー「しにがみのバラッド。」の6件の記事

2006年4月 7日

しにがみのバラッド。 第6話(最終回)

「こころのたび。」

学校へ行った桜。
いつものようにしているつもりなのに友達の様子が何か変。
いやそれどころか、誰からも見えていないような。

片思いの先輩の目の前に出ても無視されて素通りされる。

そのとき3日前のことを思い出す。
友達に唆され、先輩に告白しようと音楽室を覗いたら、そこで先輩が他の女の子とキスをしているところ。
ショックを受けてそのまま飛び出し、歩道橋の上で途方に暮れていたとき、無意識に手すりの上から体が下の道路に落ちた・・・・

そんな桜の前にモモが現れた。
桜はみんなにお別れを言うまでまってと。

桜がいなくなったというのに、家族はいつもと同じ様に暮らしている。
友達も何事もなかったかのように過ごしている。
自分の存在は一体なんだったんだろうと落ちこむ桜。

しかし夜になってからもう一度みんなの様子を見てみると、
家族の夕食は、桜がいなくなってから3日ずっと桜の好物のカツ丼。
桜が戻ってくるような気がするからと。それも桜の分も用意してあった。

先輩すら、頼んでいたピアノの演奏を録音して持ってきてくれていた。
友達も桜のために千羽鶴を折っていた。

自分のことをちゃんと思ってくれていた人が沢山いたことがうれしかった。
「死にたくない、生きていたい」と素直に言葉に出た桜。
「じゃあそうすれば」
とモモがあっさりと言い放つ。

運良く打撲だけだったものの、なぜか魂だけが抜け出ていたため、意識不明だったのだ。
考えてみれば、死後3日ならお葬式しているかどうかだし、まして死んだ人に千羽鶴は折らないしね。

「それでも失恋して自殺未遂したってことは有名になっているはず」とダニエル。
「格好悪くてもいい、生きていられるんだもん」
「いつかまた会うときまでさようなら」
モモに別れを告げ自分の体へと帰っていく桜だった。

これでアニメは最終回です。
結局死神として連れていったのは最初の女の子だけでしたね。
あとは、死んだ人と残された人との橋渡し役ばかり、というお話でした。
予想とはちょっと離れた内容でしたが、心に残る作品ではあったと思います。

「しにがみのバラッド。」オリジナルサウンドトラック icon2006/4/26発売

「しにがみのバラッド。」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日

しにがみのバラッド。 第5話

「ほたるのひかり。」

小学校に夜中に忍びこみ、幽霊の真似をしていた宮崎エコ。
幽霊が見えるという少年公太と出会う。
彼は初回に出てきた、猫のブルーのお父さんだね。

その公太は、またまたモモを見た。
この小学校に想いを残している人がいるのだそうだ。

エコには小学校の先生をしていた姉がいた。
姉は夢を実現して先生になった。
そんな姉が眩しくて大好きだったのだが、姉と比べられることがいやで、つい姉に対しても八つ当たりしたことがあった。
その直後に姉は事故にあって死んでしまったのだ。

公太が幽霊が見えるなら、姉が見えないだろうかと、二人で夜の小学校に忍びこむ。
いや、幽霊騒動の幽霊が姉じゃないと確認して欲しかったこともある。
本音は、姉に言えなかった言葉をいうために、姉に会いたかったのだ。
すると、一匹のほたるが現れ、エコをある教室へ誘う。

そこは姉が担任をしていたクラス。
その教壇の上に姉が立っていた。

光に包まれている姉に、やっと謝ることが出来たエコだった。
「ありがとう、エコ」
ホタルの光と化して消えていく姉がそこにいた。

死神モモと出会ってから公太くんも何かと大変ですが、こういう役目も時にはいいかもしれないですね。


しにがみのバラッド。 第1巻 コミックス版発売中


しにがみのバラッド。

「しにがみのバラッド。」オリジナルサウンドトラック icon2006/4/26発売

「しにがみのバラッド。」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日

しにがみのバラッド。 第4話

「あきのまほう。」

風間千秋、冬樹姉弟。父が出張でいない夜、死神が現れたと冬樹が千秋に話す。

その死神の特徴を聞いて、母が死ぬ前に語っていた死神を思い出し冬樹まで連れて行かれてしまうのかと不安になる千秋。

次の日風邪を引いてしまった千秋は学校を早退。
その夜、冬樹と一緒に遊んでいるモモを千秋は見つける。
モモに冬樹まで連れて行かないでと訴えたのだが、モモはただ子守りをしているだけだという。
死んだ千秋の母の魂の思いが残っていたから、そして母の想いは本当は千秋に向けられたものだった。
泣き虫で甘えん坊なのに無理してお母さんにならなくてもいいんだよと。

熱に浮かされた夢の中で、母の得意なフレンチトーストの作り方を教わる千秋。
バニラエッセンスがおいしくなる魔法だそうだ。

次の日、初めてフレンチトーストが上手に作れた千秋。
恋心を感じている中山相手にも少し素直になれた千秋だった。

冒頭から千秋が朝なにか料理を作っていたのだが、それがフレンチトーストとはずっと気付かなかったです^_^;
なんか揚げ物にしては油が少ないとは思っていたのだが、焼く感じのカツレツとかあるからそういうのを作っているのかと思ってました。
食パンで作ってくれてればわかったんだろうけどフランスパンだったんですね。


しにがみのバラッド。 第1巻 コミックス版発売中


しにがみのバラッド。

「しにがみのバラッド。」オリジナルサウンドトラック icon2006/4/26発売

「しにがみのバラッド。」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年3月18日

しにがみのバラッド。 第3話

「ひかりのかなた。」

カンタロウは亡くなったお祖父さんの遺品の中から手紙を見つける。

そこにはゲームをしよう、と書いてあった。
「ロープレの主人公になって旅に出て宝を見つける」

カンタロウは補習合宿をサボって、これを実行しにお祖父さんの田舎へ行く事に。
そのことを知った幼馴染のトマトもなぜか一緒についてくる。
それも旅に出る準備万端用意していた。

お祖父さんとの思い出を思い出しつつ田舎へ向かう。

一泊した宿で、トマトはカンタロウに両親の大人の事情で遠いところに引っ越す事になったと告げる。
彼女は、カンタロウとの思い出作りということもあってこの旅についてきたのだろう。

このゲームの目的は、お祖父さんの大切な思い出の宝物を見つけ出すこと。
それも小さい頃の夕日のような赤い髪をした少女との大切な思い出の品。

お祖父さんの残したいい加減な地図に迷いつづける二人の前に、まさに幼い頃のお祖父さんと少女そっくりの子供が現れる。
二人に導かれるように、宝物を見つけるカンタロウとトマト。

その宝物は、一つのビー玉だった。
そのビー玉の中に、なにか大切なものを見たトマトだった。
もう一つ、なぜかカンタロウ宛ての手紙が入っていた。

「次はおまえのたからものをみつけるんだ」と。

カンタロウは、トマトに
「どんなに離れても絶対会いに行く」と宣言する。

二人ともこの旅で宝物を見つけられたようである。

ちなみに少女と少年に扮していたのはモモとダニエル。
きっとお祖父さんからカンタロウを頼むと言われていたのかもしれないですね。

今の時代、高校受験のために中学校が補習の合宿をするんですか、塾ならまだわかるんですけど。
なんか凄い時代ですね。


しにがみのバラッド。

「しにがみのバラッド。」オリジナルサウンドトラック icon2006/4/26発売

「しにがみのバラッド。」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年3月11日

しにがみのバラッド。 第2話

「さかなのころ。」

「夜のプールは水に星が写るから宇宙を泳いでいるようだろ」
そんな姉すばるの言葉を思い出しながら夜のプールに浮かんでいた水月。

そこにそのプールにピラニアを放したと藤島豊花が話し掛けてくる。

プールの授業がいやでこんな事をしたようだ。

水月の前に、モモが現れ、「いずれ死ぬ事になる、精一杯生きないとね」と告げていく。

水月は、姉すばるが死んだとき、自分が代われるものなら代わりたいと思っていた。

そんな水月に、モモは
「誰も誰かの代わりなんかできない」と告げる。
だから頑張れと。

そんな水月に豊花が告白する。
だが、水月はそれをあっさり断る。
俺もうすぐ死ぬから、と。

馬鹿にされたと思った豊花だったが、それでも嫌いでもいい、私は好きと。
そんなとき、すばるが死ぬときを思い出していた水月。
あのときの死神もモモだった。
「きみは自分の分を生きるの」と告げた死神。

豊花にモモのことを正直に話す水月。
でも死ぬのはいつか聞かされた訳じゃない。
それなら誰も同じだね。死ぬのは誰だって知っている、でもそれまで精一杯生きるだけ。

本当は水月はまだまだ死なない。
モモが水月の姉すばるに頼まれて、水月に生きる力を与えに来たのだ。

水月は、モモと豊花に会うことで少し変われたのだろうか?

次のプールの授業に豊花も参加した。
豊花の胸には大きな傷(多分心臓手術後)があった。彼女はこの傷を見られるのが恥ずかしかっただけ。とはいっても女性なら当然だろうけど。
水月だけではなく豊花も少し変われたのだろうか?

2回目にして主人公が死なない回がくるとは、原作知らないんでちょっと驚きでした。
死神なのに生きる勇気を与えることもするんですね。
しんみりするんだけど、ちょっといい話でした。


しにがみのバラッド。

「しにがみのバラッド。」オリジナルサウンドトラック icon2006/4/26発売

「しにがみのバラッド。」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日

しにがみのバラッド。 第1話

「きみのこえ。」

WOWOWのノンスクランブルアニメの新番組です。

感想は、ハートウォーミング死神ストーリーって感じでしょうか。
地獄少女とは逆に、天国に連れていってしまうお話なんですけど。
先週までの「半分の月がのぼる空」の里香には、この主人公死神のモモが来ないことを祈りたいです。

公太と麻衣はいつも一緒に学校から帰っていた。
それは麻衣が重い喘息だったから、一度倒れてからはずっと一緒だった。
そんなある日、捨て猫を拾う二人。
その猫を内緒で神社で飼う事にした二人だった。
名前は、目の色が空のように青かったから”ブルー”

麻衣にはときどき鈴の音が聞こえるときがあった。

毎日毎日二人で世話していたのだが、ある日公太は、友達の誘いを断れず、麻衣が一人で帰る事に。
その日は天気予報では晴れだったのだが、突然雨が振り出す。
公太は一人で家に帰ったが、麻衣がまだ帰らないと連絡が入る。

慌てて神社に急ぐ公太だったが、そこに麻衣の姿はない、探しているうちに救急車のサイレンが耳に入る。
公太が目撃した麻衣の最後の姿は、救急車で運ばれるところだった。

公太は、ブルーに当り散らす。
お前がいなければと、そしてブルーをもう一度捨ててしまおうとしたとき、公太にも鈴の音が聞こえた。
そして目の前に現れたのは、大きな鎌を持った白い少女モモだった。
鈴の音は、彼女の仕い魔の黒猫ダニエルのものだった。
モモは麻衣の魂を天国に連れていきたいが、彼女には心残りがあってこの地を離れられないのだという。その心残りとは、ブルーと公太。

麻衣の魂は、公太にブルーを託して天国へと昇っていくのだった。
麻衣の代わりに涙を流すモモの姿がそこにはあった。

ハートウォーミングと書いたんですけど、やっぱり切ない話ですね。
優しい性格とはいっても、モモは死神ですからね。
麻衣が死ぬのをずっと前から見守ってきたわけで、運命は変わらないんですかね。
個人的には、麻衣の命のかわりにブルーをモモが連れて行くみたいな展開になるのを期待したんですけど。


しにがみのバラッド。

「しにがみのバラッド。」オリジナルサウンドトラック icon2006/4/26発売

「しにがみのバラッド。」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ