カテゴリー「うたわれるもの」の26件の記事

2006年9月27日

うたわれるもの 第26話(最終回)

「うたわれるもの」

我らこそが災い、我らこそが元凶だと、戦い続けるハクオロとディー。

過去が甦る。
ミコトと暮らすアイスマンだったが、人間たちにミコトと子供を奪われ自らも再び捕らえられる。
人間たちは、アイスマンの仮面のレプリカを完成させていた。
それを身につけると力が湧き上がり、代謝能力も免疫力も向上する。地上に帰れる日も近いと。

そして、ミコトは母体となったサンプルとして母子ともに解体されていた。

それを知り、怒りで我を忘れるアイスマン。
求める不死の体を与えてやると、人間たちをあの赤いスライム状の体に変えて行く。

暴走する自分が赦せないもう一人のアイスマンが、止めてくれ、叶わぬなら滅してくれと訴える。
その願いを叶えようとしたのが、ムツミだった。
衛星砲を使い、アイスマンごと地上を焼き払う。
だがそれでもアイスマンは死ななかった。それゆえ封じるしかなかった。

封じられる前に、分かれた二つの心はそのまま眠りに就く事になる。
それが、ハクオロとディー。

その後、ときどき目覚めては我が子らに干渉をして来たのだが、それももう終わりにしようとハクオロはディーを倒す。
そして、ディーの心をハクオロの中に再び一つとなった。

そして、ウルトリィに封印を頼むハクオロ。
ムツミもそれを受けカミュを戻してくれる。

ハクオロは、あとのことをオボロたちに託し、エルルゥとは、また再び会える日がある事を約束し眠りに就くのだった。

それから、ユズハはその短い生涯を閉じ、それをうけ、オボロは修行に旅立つ。

アルルゥはカミュと遊び、エルルゥは薬師として村にいた。
そんな二人には、この大地すべてからハクオロの姿を見出すことが出来るのかもしれない。

ユズハの死のシーンはなかったけど、死んだ事にする必要もなかったかなぁと。
個人的には最後のハクオロの奇跡でユズハを治してくれるんじゃないかと思っていただけに残念ですね。彼女の役割が中途半端だっただけに余計残念でした。

エルルゥとアルルゥは、LとRですねやっぱり。
それで、ハクオロは8906でしょうか。
トゥスクルは2496だったのかも。

古い家系ほどきっとナンバーズだったと思われるのでそんな感じじゃないかと今更ながら名前の由来を考えてみました。

結局最後まで、ハクオロの素顔が見られなかったのが残念だったです。
ハクオロが神だったというのはいいとしても、巨大化する必要だけは感じなかったですけどね。
もっと他の方法で、力を表現しても良かったのではないかと思います。

うたわれるもの DVD-BOX 章之二 icon 2006/10/25発売

うたわれるもの DVD-BOX 章之三 icon 2006/12/21発売

「うたわれるもの」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月19日

うたわれるもの 第25話

「太古の夢跡」

「カミュの中に眠っていた彼女こそ最初の人にして私たちの始祖様。
始祖様の魂はオンカミヤリュウの体を憑代とし現臨なさいます。
伝承によればウィツァルネミティアとともにあるために」
カミュの魂を救って欲しいと懇願するウルトリィだった。

ディーが、そしてハクオロもウィツァルネミティアだというのだろうか?

ハクオロはオボロにポツリと呟く。
「私がいなくなったらお前がみなを導いてやってくれ」ベナウィじゃなくてオボロっていうとことがハクオロらしい?

クーヤは目を覚ますも、その心は赤子になってしまっていた。

カミュを助けるため、オンカミヤムカイへいくハクオロたち。

封印の門の中からカミュがいや本人はムツミと名乗るものが現れ、行く手を阻む。
ムツミを追っていったところで行き止まりに。
そこでエルルゥの髪飾りのリングが光る。

ハクオロにアイスマンとしての記憶が甦るのだった。
人間により掘り起こされたのに、また再凍結が決まったという報せを受けるアイスマン。
だが、ミズシマは彼を逃がすのだった。

ミコトたち実験体をアイスマンに託して。
人間はすでに外では暮らせない体になっていた。それで新たな生命を作り出していたのだが、彼はその罪の意識に苛まれていた。

ミコトたちは、人でありながら人でない存在のアイスマンから作られたものだったようだ。
だから、彼女たちの神なのかもしれない。

ハクオロを庇うアルルゥを見て、ムツミは攻撃を止める。カミュとしての想いが出てきたのかもしれない。

ディーは、我が子らを愛するが故、種の成長を促すため、あえて血を流してきたというのだが。
今回は、眠りの時まで好きにすればいいとハクオロに。

だが、ハクオロはそれを受け入れず、あくまで決着をつけるべく変身する。
宿命を断ち切るために。

iconicon
うたわれるもの DVD-BOX 章之一 [戻れぬ道、トゥスクル国建国] icon 発売中

「うたわれるもの」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月12日

うたわれるもの 第24話

「滅びゆくもの」

ウルトリィの呼びかけにより、ハクオロの元に反勢力が結集。
クンネカムンへ出撃するハクオロ軍。

ハクオロにそっくりな仮面をつけたゾンビ軍が襲ってくるも、そこに光の球が現れ、ハクオロ、ゲンジマル、エルルゥを吸い込み、クンネカムンの城の中へ転送する。

そこでクーヤを説得しようとするもクーヤは拒否。
アブ・カムゥでハクオロを討とうとするも、ゲンジマルの助言もあり、ハクオロの勝利。
民の命を保証し、クーヤをなんとか説得したのだが・・・・

そこに遅れて、ウルトリィたちも到着。

ディーが登場し、事態は急変。
ディーはオンカミヤムカイの哲学者だった男。
数年前から行方不明になっていた。

ディーはヒエン、ハクエンクアを僕にしてクーヤを襲わせる。
ウルトリィは、ハクオロに力を存分に使えと、みんなを転移させる。

ハクオロは力を解放し、二人の操るアブ・カムゥを圧倒する。
ヒエンは、ゲンジマルの血を引くものだったそうだ。ゲンジマルを超えたくて最後の最後ディーと契約してしまったといことらしい。

カミュもこっそり残っていた。
そのカミュの力を目覚めさせるディー。変身したハクオロを襲わせる。

そのゲンジマルもディーと契約していた。
クンネカムンもディーと前王が契約していた。アブ・カムゥを得るために。

ゲンジマルはこの忌まわしき契約に抗い、クーヤを助けようと、ディーに一撃を加える。
見事に刃は胸を貫くも、その代償としてゲンジマルの体は砕け散った。
ディーの傷はあっという間に塞がったのに。

ゲンジマルの意気を感じて?クーヤの命だけは助けるディーだが、城を浄化の炎で焼き尽すのだった。

そして、カミュを連れ姿を消した。

ハクオロもディーも神ということか、それとも悪魔のほうかな。

iconicon
うたわれるもの DVD-BOX 章之一 [戻れぬ道、トゥスクル国建国] icon 発売中

「うたわれるもの」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日

うたわれるもの 第23話

「心の在り処」

ディーはハクオロの正体を知っているようだ。
ハウエンクアらのアブ・カムゥが破壊されたことでクンネカムンの戦力はかなり低下。
ゲンジマルは停戦を主張するも、クーヤはもう退けないと最後まで戦うことを決意。

ゲンジマルとディーも知り合いみたいだ。
そしてディーが何をしようとしていたのかを知っているみたいだ。

対するトゥスクルも、戦力は半減しており、絶対に勝てるとは言えない状態。
そして、ハクオロが自分の正体が何者なのかが気になって、会議に集中すら出来ない状態だった。

ハクオロは夢をみた。
アイスマンと呼ばれる彼。
そして彼の看護役として、実験体の3510号と呼ばれる、エルルゥそっくりの娘。
アイスマンも自分のことを覚えていないようだった。そしてやはり仮面をしていた。

アイスマンは3510にその数字からミコトと名付けた。

ゲンジマルとサクヤはクンネカムンを抜け出しハクオロの元へ。
追われるゲンジマルだが、アブ・カムゥを倒せる剣技を持ってる凄腕。

アイスマンってことは、ミイラか化石かで見つかったってことかな?
過去の時代にいたのかそれとも・・・

ゲンジマルは、クンネカムンのいやクーヤの命を助けるため、ハクオロに逆に攻め込んで欲しいと訴える。ゲンジマルを信じるハクオロ。
だが、今の勢力では勝ち目が薄い、そこで地方で戦い続けている反対勢力を結集する必要があると、捕らえられている、ウルトリィたちの父、オルヤンクルを救出する。

エルルゥは一人悩んでいた。
ユズハはそれを察知し、ハクオロが温めてくれると伝える。
ウルトリィもエルルゥの悩みを知っていた。
「あれは人が関わっていいものではない、古の時代からあれは我らを導いてきた」
ウィツァルネミティアを崇め見守るのがウルトリィの使命。
だが女としてウルトリィはエルルゥに
「心だけは誰のものでもありません。あなたのもの、神の契約でも繋ぎとめておくことが出来ない唯一のもの。あなたの心のままに生きていい」と告げるのだった。

この言葉で吹っ切れたエルルゥ。
ハクオロのそばにずっといることを決めるのだった。

救出されたオルヤンクルは、その位をウルトリィに譲り、反勢力のまとめ役も任せる事にしたのだった。

iconicon
うたわれるもの DVD-BOX 章之一 [戻れぬ道、トゥスクル国建国] icon 発売中

「うたわれるもの」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月30日

うたわれるもの 第22話

「忌まわしき契約」

ハウエンクアの乗るのは、赤、ヒエンの乗るのは青。
シャア専用と、ランバ・ラルですか、やっぱり?

砦でクンネカムンのアブ・カムゥ隊を迎え撃つ、ベナウィたちだが、圧倒的力の前に蹂躙される。
見兼ねたハクオロは、策を講じたと、自らが囮となり、兵たちに撤退を命ずる。

ハウエンクアのアブ・カムゥを引きつけるも、ハクオロに策はない。
だが、アブ・カムゥと相対している時、過去の記憶の断片が甦るのだった。

もうダメかと思われたとき、ハクオロの前に現れたのは、アルルゥとムックル。
ムックルに乗ったアルルゥはアブ・カムゥに襲いかかるも、逆にその爪に切り刻まれてしまう。

アルルゥから流れる大量の血。
アルルゥを抱きしめながら絶叫するハクオロ。
そのハクオロを踏み潰すアブ・カムゥだった。

人間のハクオロ。
学者なのか?
まがまがしい化石を見つける。同僚の学者が隠していたもののようだ。
それは、人間の進化のミッシングリンク。

それを知ってしまったハクオロは、同僚に銃で撃たれて殺された。
その血が化石にかかる。その化石の目が光ったように見えた。

そうか、ハクオロは人間だったのか。
ってこの世界はどこなんだろう?パラレルワールド?過去?未来?異世界?

ハクオロの魂だけがこの世界に来たってことか?

踏み潰されたはずのハクオロ。
そのアブ・カムゥの足の下から、まがまがしい黒い霧が。
そして、それは大きくなり、中から、巨大な生き物が出現した。

アブ・カムゥを蹴散らすその生物=ハクオロ。

アルルゥの姿、そしてこの怪物の姿を見て、エルルゥは、過去の封じ込めていた記憶が甦る。
地震でアルルゥが今回と同じように、命を失った。
そこに、この怪物が現れた。
そして、エルルゥに「汝の全てを我に差し出せ、そうすれば願いを叶えよう」
そういったのだ。
エルルゥはアルルゥの命を救うため、この怪物と契約したのだった。
身も心も全て捧げますと。

クンネカムンの軍は一旦退いた。
そして、ハクオロは目覚めると、いつもの姿だった。
アルルゥも元気に庭を駆けまわっていた。

凄い展開になってきました。
巨大ロボット出しちゃうと、それに対抗する巨大な怪物ってことですか。
それがハクオロだったと。
そして、現代の知識をハクオロは持っているということなわけですね。

サイヤ人って感じに近い気もするが^_^;
そうなると巨大怪物から今度は、スーパーハクオロかな。
それもスーパーハクオロ2とか3とか4とかあるんだきっとヾ(°∇°*) オイオイ

ハウエンクアって今週やっとスタッフロールに名前が載ったんだけど、声が渡辺明乃さん。ドリィ・グラァと同じだったせいだった見たいだ。
今回この二人の出演がなかったから、やっと名前が載ったみたいだね。

iconicon
うたわれるもの DVD-BOX 章之一 [戻れぬ道、トゥスクル国建国] icon 2006/8/23発売

「うたわれるもの」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日

うたわれるもの 第21話

「大封印」

エルムイを滅ぼしたクンネカムン。
クーヤはそのことで、ハウエンクアを責めるもながされる。

ヒエンもいまこそ全土を統一するべきだと主張する。
ゲンジマルは、まず国土を安定させることがさきだと主張。
クーヤはゲンジマルの言を受け入れるのだが。

クーヤの思いとは裏腹に、クンネカムンは他国からの侵略を受けつづける。
そのたびに撃退するのだが、民たちは、いつまで不安な日々を送らなければならないのかとクーヤに訴えるのだった。

そんななか、クーヤはハクオロと密会。
ハクオロはゲンジマルやサクヤには悩みを素直に相談したほうがいいと忠告したのだが、ハウエンクアやヒエンのそして民の思いを受け入れるしかクーヤには残されていなかった。

ただでさえ、他国とは違う神を崇拝している国クンネカムン。
そのため他国に狙われつづける。
それなら、狙われないように統一するしかないと。

アブ・カムゥの圧倒的力で、他国を制圧し国土を広げるクンネカムン。
そして、それはついにオンカミヤムカイにまで及ぶ。

オンカミヤムカイでは、アブ・カムゥを包囲、呪文で封印しようとするも、最後の最後で力及ばず失敗。
そのまま陥落した。

そのとき、あのニウェの隣にいた男、そしていまオンカミヤムカイにいる男が姿を見せていた。
「ディー」と呼ばれたその男の正体とはいったいなんなのか?
シャアだとかいうのはなしです(声が池田秀一さんでした)

どうも封印を失敗させたのは、ディーみたいだね。

ついにその刃は、トゥスクルにまで向けられた。
ハクオロは、民のため、都を放棄する決意をする。

ベナウィたちは、民とハクオロを逃がすため、アブ・カムゥに対峙する。

次回予告で、アルルゥが酷い事になってるんですけど、まさか死んだりしないよね。
頼むから死なないといってほしいなぁ。

iconicon
うたわれるもの DVD-BOX 章之一 [戻れぬ道、トゥスクル国建国] icon 2006/8/23発売

「うたわれるもの」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月16日

うたわれるもの 第20話

「初陣」

ハクオロの城に曲者?
と思ったら、クーヤの使者のサクヤだった。
ゲンジマルの孫らしいが、ちょっとドジ娘のようである。

クーヤはこのサクヤをハクオロの室に入れようと考えていたようだが、上手く誤魔化したハクオロだった。

寝床を整えるのが上手な、床上手なサクヤだそうだ。
それを床上手とは言わないと思うけどね。

クーヤは、近々自分の国・クンネカムンが戦に巻き込まれるだろうと言って去った。
クンネカムンを狙うのは、小国エルムイだが、後ろには三大強国の一つノセチェシカがついていた。

ノセチェシカ軍がクンネカムンを襲うが、迎え撃つのは、クンネカムンの力・カブカムゥ。
人間の倍くらいある、巨大なロボット?
クーヤもこれに乗り、敵の皇を一刀両断にしてしまう。

その勢いのまま、三日でノセチェシカを陥落させたクンネカムンだった。

クーヤは、その力をハクオロに見せる。
だが、初陣だったクーヤの心には、人を斬った感触が消えなかった。

エルムイの皇は、ハクオロに調停役を願い出る。
使者としてウルトリィがクンネカムンに向かうも、クーヤにすら会えず、ハウエンクアに門前払いを食らう。

その影には、ニウェの横にいたあの男の姿があった。

話しの筋とは関係ないところで、カミュが事件を起こしていた。
カミュがふいにアルルゥの首を咬み、血を吸って逃げたのだ。

その日は満月。
ハクオロは一人泉のほとりでうずくまるカミュを見つけた。

カミュは、一人だけ黒い翼を持っていることが嫌だった。
周りは始祖様の力を受け継いだ証拠だと持て囃すも、友達は出来ない。
この地にきて初めて、友達が出来たのに、自分の意志とは関係なく、血を吸ってしまったのだ。
もう、アルルゥに嫌われると逃げ出したカミュだが、アルルゥはそんなことでは嫌いにはならない。
自分もカミュを探していた。

みんなが優しくしてくれる、この土地が大好きなカミュだった。

カミュって吸血鬼?でも満月だってことだと狼男でもあるわけ?
でも死神っぽかったし、ある意味、その手の複合体ってこと?

今回、カルラもトウカも出番なしという珍しい回でした。

iconicon
うたわれるもの DVD-BOX 章之一 [戻れぬ道、トゥスクル国建国] icon 2006/8/23発売

「うたわれるもの」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年8月 9日

うたわれるもの 第19話

「決別」

燃え盛る城から、デリホウライを逃がすカルラ。
あれからどのくらいたったのか。

カルラはどうもナ・トゥンクの元の皇家の姫だったみたいだね。

ハクオロチームが加わったことで、反乱軍は優勢に転じてきたのだが、負傷兵も多く、また戦えない女子供も多かった。
そこで、一気に決着をつけようと、カルラが城への秘密の侵入路を教える。

そこから、少数精鋭で城に突入する。
っていっても、ほとんどがハクオロチームなんだがそれでいいのか反乱軍。

皇の間には、人の屍骸を苗床にした花畑が広がっていた。
そして、カルラを待っていたという、皇スオンカヌ。
スオンカヌは、カルラが自分のところに戻ってくるように、反乱を利用していたのだ。

そんなスオンカヌをあっさり拒絶するカルラ。
そして、デリホウライがスオンカヌを殴り倒した。

デリホウライはアルラが姉である事を知り、戻ってきて欲しいと訴えるも、カルラは上手く誤魔化してしまう。

デリホウライは、カルラウアトゥレイ国の樹立を宣言する。

後日、援軍の礼を述べにトゥスクルを訪ねるデリホウライは、トゥスクルの皇がハクオロだったことをここで初めて知ったのだった。
知らなかったんだやっぱり。

デリホウライがトゥスクルを去るのを城から見つめるカルラ。
これで完全に彼女は過去と決別したのだった。

しかし、デリホウライもシスコンだったわりには、性格が180°変わってしまっていたカルラには気付かなかったのか。
意外と尻尾とかで気付くものなのかとも思ったのだが、そういうものでもないらしい。

iconicon
うたわれるもの DVD-BOX 章之一 [戻れぬ道、トゥスクル国建国] icon 2006/8/23発売

「うたわれるもの」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 2日

うたわれるもの 第18話

「解放軍」

食卓を囲んでみんなでお食事。
なんか長閑な国ですな、トゥスクルは。
それもお誕生日席(主婦席ともいう)は、エルルゥだし^_^;

そこにナトゥンクで反乱が起きているという情報が入る。

カルラそれを聞き、ハクオロに直訴。
私の全てを捧げますと、だから支援をと。

反乱軍が苦戦の情報が入り、ついにカルラ強行手段に。
ハクオロを簀巻きにして密かに城を抜け出そうとする。
だが、ウルトリィに見つかり、エルルゥにみつかり、アルルゥに見つかり、そしてトウカに見つかりと、いつのまにかハクオロ以外は女だらけの水泳大会状態に^_^;

とはいえ、みんなそれぞれ使い手ですからね。
なぜハクオロを連れ出したのかと言うことのほうが謎ですが。

女だらけで、ナトゥンクへ向かう。
そこで反乱軍に出会った一行だったが、そのリーダー・デリホーライは援軍を拒否する。
デリホーライの臣下のカトゥラムはカルラの顔を見て何かを感じたようだ。

反乱軍が討伐軍に襲われる。
カルラに援軍を頼みにきたカトゥラムだった。

「カルラウアトゥレイさま」と
これがカルラの本名。そして、デリホーライの姉でもあった。
デリホーライは知らないようだが。

なんとか助けるハクオロチーム。

カルラは弱いものの心が分からないというデリホーライを殴るのだった。
滅んだ一族「ギリヤギナ」の生き残りのデリホーライとカルラ。
だからこそ弱いものの気持ちが理解できなければと。

カルラの素性が明らかになりそうな感じですね。
しかし、本当にどうしてハクオロを連れて行く必要があるのか不思議です。
主人公だからってだけですかねやっぱり。

iconicon
うたわれるもの DVD-BOX 章之一 [戻れぬ道、トゥスクル国建国] icon 2006/8/23発売

「うたわれるもの」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日

うたわれるもの 第17話

「幼き皇」

クンネカムンの皇クーヤと夜の会話を楽しむハクオロ。

だが、クーヤは自分たちのシャクコポル族にとってオンビタイヤンこそが創造神だという。
ハクオロが神だと思っていたウィツァルネミテアは、創造主からその座を奪ったヌグィソムカミだという。中には解放者と呼ぶものもいるというが、忌むべき神だという。

何が本当なのかハクオロちょっと悩みモードです。
こちらとしては、何の話をしているのかさっぱりわかりませんでしたね。
というか、言葉が聞き取りにくいというか、文字が思い浮かばない文字列だけに厳しいです。

商人のチキナロが霊獣のミキュームを持ってくる。
ウサギのようなミキュームで2本のしっぽ、そして小さいツノを持つ動物。

女性陣はみんな気にいるも、ハクオロは手に入れようとは思わなかったのだが、ミキュームの肝が万病に効くと聞かされ、オボロがユズハのために手に入れようとする。

だが、殺気を感じたミキュームは超音波を出して逃げ出してしまう。
屁したのかと思ったよ最初^_^;

逃げ出したさきには、ユズハとアルルゥが。
ユズハもアルルゥもミキュームを気に入ってしまう。

オボロはなんとか手に入れたかったが、ユズハ本人に断られてしまうのだった。
みため可愛いとその辺有利だね。

アルルゥが、「ガチャタラ」と名前をつけてしまった。
ミキュームは名前を付けられるとその相手を主人と認識してしまうそうで、結局、高い買物をすることになったハクオロだった。

ムックルについで、ガチャタラが加わりました。

またまた、クーヤと夜の密会をするハクオロ。
クーヤは、女だった。
最初はずっと少年だと思ってたけど、女の話とか始めて、もしやと思ったらやっぱり女でしたね。

もともとゲームだから途中出場組は普通女だよな。

ところで、ゲンジマルってやっぱりエヴェンクルガだったんだね。
もしかしてトウカと顔見知りなのかな?
親子だったりして?

iconicon
うたわれるもの DVD-BOX 章之一 [戻れぬ道、トゥスクル国建国] icon 2006/8/23発売

「うたわれるもの」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ