カテゴリー「プリンセスプリンセス」の12件の記事

2006年6月23日

プリンセスプリンセス 第12話(最終回)

「姫の選ぶ道」

「受け入れてくれないなら死んだほうがまし」
さやかのこの言葉に、亨はつい手をあげてしまう。
「死ぬなんていうな」

亨の生い立ちを思い出し呆然と立ち尽すさやかだが、足を滑らせ崖下へ。
咄嗟に亨もさやかを庇って一緒に落下するも、坂本様と会長たちのお陰で、怪我もせず助かった。

あの程度のマットで無傷とはって感じですけどね^_^;

さやかも自分のして来た事に自覚はあった見たいで、本当は止め時を探していた感じでもある。これを機になんとか立ち直りの兆しを見せてくれたのだった。

とはいえ、ストーカーって一度なるとそう簡単には治らないような印象もあるけどね。

そんなこんなで、おじさんも、家族としてもう一度はじめからやり直そうと、家に帰ってこないかと連絡が来る。

亨が転校かと大騒ぎになる学園だったが、亨の出した結論は、

学園に残る

だった。

家族を蔑ろにするわけではない、ちゃんと話し合って理解してもらった上で、戻ってきたのだった。

ところで自宅から通うって選択はなかったのかな?
それとも家からは遠いのか?一応第一志望だったはずだが。

で、次回から装いも新たに
プリンセスプリンセスD
として甦ります。

それも実写ドラマになって^_^;

iconicon
プリンセス・プリンセス DVD・1 icon 2006/7/19発売

プリンセス・プリンセス ドラマCD 第2巻 icon2006/6/23発売

プリンセスプリンセス」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日

プリンセスプリンセス 第11話

「秘められた過去」

前々回で四方谷、前回で実琴の問題が解決した訳で、今度は亨の番というお話です。

四方谷になぞの人物からの嫌がらせが相次ぐ。

その犯人は、亨の従兄妹のさやか。
あのキスした一件以来、四方谷を執拗に狙っていたらしい。

亨は、過去を正直に話す。

両親をなくして、おじさん夫婦のもとに引き取られたこと。
家族として、受け入れてもらいたい思いもあり、勉強、スポーツにがんばり、さやかにもやさしい兄として接してきたこと。

さやかはいつのまにか亨を自分の恋人のように感じるようになり、他の女の子に嫉妬し、ときには暴力をふるうようになったこと。

ついには、女子生徒に怪我を負わせてしまったことで、亨が転校することになった。

秘められた過去ってわりには、このまえの内容とほとんどかわらないけどね。

四方谷にいわせれば、いい兄を演じたことがさやかを誤解させた原因。
本心を語れと四方谷には言ったくせに、自分はそれが出来てないってことらしい。

そんな話をしているところを、さやかが覗いていた。
追いかける亨たち。
さやかは追い詰められると、ここから飛び降りると絶叫するのだった。

亨は家族関係を修復して、さやかにストーカーをやめさせることができるんでしょうか?

iconicon
プリンセス・プリンセス DVD・1 icon 2006/7/19発売

プリンセス・プリンセス ドラマCD 第2巻 icon2006/6/23発売

プリンセスプリンセス」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 9日

プリンセスプリンセス 第10話

「恋人たちの時間」

学園祭も一般公開日に突入。
実琴は念願の学園祭デートを。

恋人の恵さん、いい女だが、言葉使いとかから想像するに、元(もしかしたら現役)ヤンキーっぽいんだけど、その辺の設定は本当はどうなんでしょうね^_^;

なんとか亨たちに邪魔されずに過ごせたかと思われたとき、偶然二人と会ってしまう。
それも姉の麻琴も一緒だったりする。

それでも、二人とも大人だからなんとか姫のことはバラさずにいてくれたのだが、
午後には、姫主演の劇がある。
これだけは見られくたくない実琴は、恵には帰ってとお願いするのだが・・・・
実琴よりもよっぽど男っぽい麻琴が一緒だからね、それは無理ってお願いだったみたいだ。

恵と麻琴に女装した所を見られたショックでフリーズしてしまう実琴だったが、恵にそれでも好きだとちゃんと言われて、キスまでしてもらって、すっかり立ち直った実琴でした。
それ以上かな、もう嫌がる理由がなくなった訳だからね。

こんなにすんなり受け入れてくれるなら、最初から打ち明けておけば良かったのに。
嫌われるのが怖かったのもあるだろうが、それよりは、姉・麻琴にずっとからかわれることのほうが怖かったんだろうけどね。

iconicon
プリンセス・プリンセス DVD・1 icon 2006/7/19発売

プリンセス・プリンセス ドラマCD 第2巻 icon2006/6/23発売

プリンセスプリンセス」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 2日

プリンセスプリンセス 第9話

「学園祭開始!」

学園祭初日は、生徒会主催「10万円争奪スタンプラリー」
生徒会の三人と姫三人そして、特別ゲスト初代坂本様(秋良の兄)の7人から時間内にスタンプを貰う事が出来れば10万円。

姫のスタンプはキス(紙にだけど)

初代坂本様、弟にだけ弱いブラコンだったみたいで、外ヅラは超完璧だったりする。
逃げてないのに彼のオーラにみんな近づけないんだもん^_^;

そこに、四方谷の家族がやってきてしまう。
いまだにギクシャクしている関係だったが、四方谷の弟が迷子になってしまい、必死に探して、やっと見つけ抱き上げたとき、弟の慎之助が笑ってくれた事で、わだかまりが解けたようだ。

最後は、義父をはじめてお父さんと呼べた四方谷でした。

ただし、慎之助に妙に気にいられてしまい、お兄ちゃんと結婚すると宣言されてしまう^_^;

今回の姫衣裳、メーテルに見えたのは私だけ?

iconicon
プリンセス・プリンセス DVD・1 icon 2006/7/19発売

プリンセス・プリンセス ドラマCD 第2巻 icon2006/6/23発売

プリンセスプリンセス」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年5月25日

プリンセスプリンセス 第8話

「姫存続の危機!?」

新理事・竜崎が視察にやってきたが、姫の存在を知り驚く。
無理矢理やらされているのではないかと危惧して、姫の存在に疑念を抱く。
姫がいかに学園に必要かを知ってもらおうと、姫たちを校内の案内役に指名する会長。

いかに生徒たちに愛されているか、いかに生徒達が必要としているかを肌で感じた竜崎は、驚きながらも納得して帰って行った。
後日、理事会で竜崎がなにかしてくれたかどうかはともかく、姫予算がアップしたらしく、会長はニンマリ^_^;

とはいえ、ほとんどの理事が姫経験者だったってオチだけに、竜崎一人が何を言ったところで、姫存続の危機などあろうはずがなかったわけだけどね。

iconicon
プリンセス・プリンセス DVD・1 icon 2006/7/19発売

プリンセス・プリンセス ドラマCD 第2巻 icon2006/6/23発売

プリンセスプリンセス」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月18日

プリンセスプリンセス 第7話

「汗と涙の合唱コンクール」

夏休みもあっというまに終わって、早くも二学期です。

次の姫の仕事は、合唱コンクールでのオープニングセレモニー(前座ともいう)でMCや歌で盛り上げること。
しかし、実琴は並外れた音痴だった・・・・orz

バケツを被って特訓したりしています。

そんなとき、亨の妹だというさやかが亨に会いにやってきた。
さやかはずっと実の妹として育ったが、実は亨が世話になっているおじさんの娘。
そればかりか、さやかは亨のことをずっと愛しているらしい。
それこそ結婚してと迫るさやか。

どうやらこれが亨が家に帰りたがらない理由らしい。
裕史郎は、亨は実は男好きだと、亨とキスをしてさやかに見せつけ、追い返してくれた。

で、合唱コンクール本番。
実琴の歌はなんとかなったようですが、
歌ったのは”キューティーハニー”かよ。
実琴の男声で「変わるわよ」って言われてもorz

iconicon
プリンセス・プリンセス DVD・1 icon 2006/7/19発売

プリンセス・プリンセス ドラマCD 第2巻 icon2006/6/23発売

プリンセスプリンセス」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月11日

プリンセスプリンセス 第6話

「坂本家のヒミツ」

今回はサブタイトル通り坂本様一家の話。

姫の仕事が一段落した亨と四方谷は夏休みの宿題を教えてもらうの半分、坂本様の伝説の兄の姿を見たいの半分で坂本様の家に遊びにいく。

出迎えてくれたのは、後ろに花が飛ぶ超乙女チックな年齢不詳の少女もとい母・七美(43歳)
これで度肝を抜かれた二人。
次に姿を見せたのは、ボーイッシュで性別不明の冬姫、実は妹。

次はとってもゴージャスな美人の夏流、ちなみに姉。

そして、メガネを掛けたいい男の父・英季こちらも年齢不詳。ただしこれで一番普通の人物だといいはる坂本様。父と母は超ラブラブ。

そして夕方、夕日をバックに現れた男こそ伝説の坂本様。
ある意味想像通りの超美形。
しかし性格はうっかりものであわてんぼうで、弟ラブの甘えん坊ェ^^;)丿 

こんな家族に囲まれて育った坂本様は、自分をしっかり持つことがいかに大切かを身につけたらしい。それこそ本当に兄の存在がイヤなら絶対同じ高校なんて行かないだろうからね。実は兄キのことが好きなんだろうね坂本様。

iconicon
プリンセス・プリンセス ドラマCD 第1巻 icon 発売中

プリンセス・プリンセス ドラマCD 第2巻 icon2006/6/23発売

プリンセスプリンセス」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月 5日

プリンセスプリンセス 第5話

「狙われた姫」

夏休み中、姫の仕事をしていた亨たちを狙うストーカー現る?

誰かの視線を感じたり、衣装部屋には大量のバラが置かれていたり。
寮にまでバラの花束が届けられていた。

もともと姫に個人的なプレゼントをすることは禁止されているのに、だれがこんなことを。
休みを返上してまで寮に戻ってくる寮生たちも現れ姫を守るために必死に。

しかし犯人は一向に分からず、姫自らが囮となり誘き出す作戦に。
そして、捕まえた男は、なんと芸能プロのスカウト。
姫たち三人を見掛けて、アイドルにスカウトしようと狙っていたのだった。
しかし、彼はバラの花束の犯人ではなかった。

しかしてその犯人は、衣装係の名田庄だった。
次の衣装のイメージがバラだったのだそうだ^_^;

スカウトの人は、彼らを最後まで男だと知らぬまま生徒会に連れて行かれた。
そこで真実を聞かされることになるんだろうけど、それだけではすまないだろうね絶対。
口封じもかねてなにをされることやら・・・・・

iconicon
プリンセス・プリンセス ドラマCD 第1巻 icon 発売中

プリンセス・プリンセス ドラマCD 第2巻 icon2006/6/23発売

プリンセスプリンセス」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月28日

プリンセスプリンセス 第4話

「裕史郎の過去」

早くも夏休み。終業式の日には、姫と暫しのお別れと言うことで、姫撮影会。
なぜか、抱き枕まで売っていたりする。
使われたりするところを想像するとちょっとイヤーンな気分になります。

亨と四方谷は寮に残ったのだが、四方谷は家族もあるのにどうもおかしい。
誕生日くらい家に帰ってきなさいと母から電話がかかって来てもつれない四方谷。

その誕生日に憂さ晴らしに街にナンパに出掛ける二人だったが、女の子を引っ掛けるどころか、男にナンパされる始末^_^;

実琴の彼女でもナンパしちゃう展開を予想したんだけど、意外と肩透かしだったです。

どうもむしゃくしゃしている四方谷を問い詰める亨。

母子家庭だった四方谷。
小学4年のときの担任がいい男で、見たこともない父親の影を感じたそうだ。
それでかなり頑張って気にいられるようになったらしい。
そんなとき、その担任に一人呼び出され、そして興奮した様子の担任に迫られたのだという。
おいおい小学生で男にやられちゃったのかよと思わせておいて
お母さんを俺にくれ、と。ヾ(°∇°*) オイ
どうも四方谷の母に惚れていたらしい。
それでとんとん拍子にことは進んで、二人は結婚。
いまでは弟も出来て、家族は幸せだとさ。

ただし、自分だけはどうしても疎外感を感じるそうだ。
それなら、そう正直に話してみればと、恋人のような優しさで諭してくれる亨くんでした^_^;

四方谷が家族の所に帰りたがらない理由は分かったが、あの正確になった理由は結局謎のまま。まぁ生まれつきなのだろうねきっと。

「プリンセスプリンセス」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月21日

プリンセスプリンセス 第3話

「初仕事、姫様応援団」

姫としての仕事、それは各部活動の応援。
運動部から将棋部まで大会を控えた部の応援に奔走する三人。

さすがに校外での応援は遠慮したいと思っていたのだが、地区大会を突破した部には特別に応援に行く事に。

そして、弱小だった野球部が姫の応援の力か、地区大会を突破してしまった。

どうしても校外には姫の格好で出たくないとダダをこねる実琴に、生徒会長は一人でも拒否したら連帯責任で姫の特権を剥奪すると告げる。

当日、出発の時間が迫っても実琴の姿が見えず慌てる亨と裕史郎。
特権がなくなっても仕方がない、とりあえず応援にいこうと衣装のある家庭科室へ。
実琴は、朝から衣装に着替えようかずっと家庭科室で悩んでいた。

とにかく着替えて、野球部の応援に向かう三人。
衣装は”ナース服”
野球部は5回まで9-0で負けていたのだが、三人の姿をみたら元気百倍、大逆転で結果9-22で大勝した^_^;
実は、スコアボードを見ると7回を終わった時点で9-16なんで、全国大会でもなければコールドゲームになってもいいんだけど最後までやった見たいです、どのレベルの大会なのかが気になりました(どうでもいいけど)

姫の力恐るべし(^.^)

「プリンセスプリンセス」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ