カテゴリー「僕等がいた」の26件の記事

2006年12月28日

僕等がいた 第26話(最終回)

「最終回」

最後のデートは特別にしようという矢野に、「特別は怖い」と終わりではないと信じたいと、普段通りのデートを主張した七美。

そして、1週間早いクリスマスデートは、いつもとほとんどかわらないデートコースになった。
とはいえ、矢野が後悔するくらい七美はおしゃれしてきたけど^_^;

プラネタリウム、肉まん食べて、ゲーセン、あの七美似のぬいぐるみを取りそこね^_^;
そしてプリクラ。
その間中、これまでのことがぐるぐるぐるぐる頭の中を駆け巡る。

電話は週1くらいしか出来ないと言われても、大丈夫だからって答えてしまう七美。
いやぁ相手を思いやれるようになったよね七美も。
山本の母の時にはあれだけダダこねたのにね。

「約束しよ。
一年後必ず東京で会う。
それまで矢野以外を誰も好きにならない誓う」

そういって、最後のデートは終わった。

いつのまにか、私達は奈々さんの年を追い越していました。
このナレーションは、奈々が過去の人になったんだということを教えてくれる。
二人にとって、奈々の存在はこの時点で克服出来たのだと。

山本も、大学は東京へ行くと宣言した(母親にだけど)
東京には欲しいものがあると。
山本にとっても姉の存在はやっと吹っ切れたということだろう。

ここにきて大人になったと思った水ちんだが、最後の最後で、やってくれましたね。
前日泣き過ぎて目が腫れてしまって、矢野の前にいけない七美なのに、トイレ行ってるそれもすごく長いってさらっと言ってくれるものだ。

そして、矢野を見送る七美たち。
「どこにいても、どんなに寂しくても辛くても、ここで七美が想っていること忘れないでね。
矢野は絶対一人じゃないから」

「プラマイゼロ、そうじゃなかった。ゼロじゃなくて、プラマイプラスだったよ」
そういって、電車に乗りこむ矢野だった。

走り去る電車をホームで追いかける七美、ベタだけど青春してますねぇ。
それを陰からじっと見つめていた山本。二人に何を思うか。
とはいえ、竹内もまだまだ1年後ライバル宣言してるし、あきらめるのはまだ早いよね。
未来なんてなにがあるかわからないし。

『僕達は確かにここにいた。
ここで生きて、彼を好きになって、キミを愛して、
たくさんの初めてと数えきれない気持ちをもらって、
強さも弱さも知って、
確かに、確かに私達は、ここにいたのです』

1年後どうなったか、いやそれから二人はどうなったか、わからない終わり方ですが、それでいいと思います。
原作もまだ続いているようですし、これなら続きも作れるし^_^;

ただ、それからどうなったのかは、なんとなく想像は出来る。
途中の話で、何度か、あきらかに過去を語っているようなナレーションが入ったことがあった。

10代のころの恋愛が本物のことも当然あるだろう。
だがほとんどは、そのときどんなに真剣でも、それは淡い思い出になることが多い。
私のなかでは、二人がどうなったかはだいたい決まっているのだが(それが正しいかどうかはわかるはずもないが)それはここでは書かないことにします。

iconicon
TVアニメ「僕等がいた」ボーカルベスト icon 2007/1/24発売

iconicon
DVD 僕等がいた スペシャル・エディション 4 <初回限定特別版> icon2007/1/10発売

iconicon
プレミアム版 僕等がいた icon

「僕等がいた」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年12月21日

僕等がいた 第25話

「第25話・・・」

「J大」が「自衛隊」って聞こえた^_^;

「あれ、一年ってどのくらい長いんだろう」
「矢野のいない世界なんて考えられない」
ふと気づいてしまった七美。

「前言撤回したって全然いいと思うよ」
優しく言ってくれる竹内。

七美に行かないでって言われたら行けなくなるかもしれないと、結論を言い出せない矢野。

そんな夜、突然矢野がやってきた。
「もし俺が大人になって何もないけど、カバン一つでついてこいって言ったら、お前ついてくる?」
「それってプロポーズだね」

「早く大人になって俺が守るほうになる」そう呟く矢野だった。

今なら間に合うと思いながらも、どうしても行かないでとは言えない七美。

そうこうしているうちに、矢野にクリスマスデートに誘われた。
引っ越すならクリスマスイヴのはずだからと、一瞬喜ぶ七美だったが、矢野が示した日付は12月18日。
「お袋と東京に行く」とついに伝える矢野だった。
「うん大丈夫」と涙を堪えながら答える七美。

「後悔するのを後悔しない。そんな矛盾を抱えた17歳の冬が終わりを告げます」

矢野の東京行きという急展開のせいで、ちょっと竹内と山本さんが中途半端な立場になってしまったのがもったいないかなぁ。
山本さんにはもうすこし頑張ってほしかった。
まだ最終回が残っているからそこで最後の意地を見せてほしいものです^_^;

「僕等がいた」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日

僕等がいた 第24話

「第24話・・・」

矢野の母の引越しの日はクリスマスイヴ。
病院から検査の通知がとどいて母の健康もちょっと不安。
お金も不安。

母についていったほうがいいかもと思い始める矢野だった。

「女なんていつもそばにいなけりゃどこに行くかわかんねぇ。後悔するのはもう沢山だ」
奈々と母が似てる。

竹内から矢野が東京へ行ってしまうかもしれないと聞かされた七美は、やっと素直になって、矢野に行かないでと言うために矢野の家に。

タイミングが悪くて矢野が犬の散歩で?不在。
矢野の母親と二人きり、だがそこで矢野にとって本当に大事なものが見えてしまった。

戻ってきた矢野に
「私は大丈夫。どういう選択をしても待つから(もう簡単に離れないから)私奈々さんとは違うから」と告げてしまうのだった。

進路の第一志望は、東京の大学。ただし今の時点では偏差値がまったく届いていないけど。
「私は矢野のために東京の大学にいくんじゃなくて、自分のために行くの。
その先が矢野の道と交差していればいいと思う。そうであって欲しいと思ってる。
絶対受かって矢野と東京行く」

「私が矢野にたいして出来ること」
それは偏差値15上げることかもしれない^_^;

完全に矢野が東京に行くことに傾き始めましたね。
そして一年後に、東京で二人は出会えるのかってところに落ちつくのかな?

それにしても本当に竹内くんはいい人だね。
矢野がいなくなれば七美をゲット出来るチャンスなのに、そういう方法でゲットしたくはないってか。
「高橋に俺がいいって言ってほしい」ですか。
それはきっと来ない気がするけど、それでもそれを望むのか竹内くん。

ここは北海道だったんだね。
やっとわかりましたorz

「僕等がいた」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 7日

僕等がいた 第23話

「第23話・・・」

とりあえず高校卒業まで、こちらに一人残ることにした矢野。
竹内は七美に告白したことを矢野に伝える。

告白されて、より困惑する七美。

次の日学校で、矢野に久しぶりにあったのに、それでも逃げちゃう七美。
「俺と仲直りする気ないの?」
そんなことはないんだけどね、自信が持てない七美。
いつもいつも不安にさせられるのが苦しい。
「どうして私たち簡単なことが出来ないの? それとも簡単過ぎて難しいの?」

どうしても素直に矢野を受け入れられない七美だった。

矢野の母は「元晴あんたを産んでよかった。考えなしの小娘だったことに感謝してるわ。
もう十分。これ以上の幸せは求めないわよ」
こんなこと言われて、矢野は一人残れるとは思えないね。だからといって、七美とのことをこのままにして東京に行くわけにもいかないわけで、どうなるにしても決着をつけないとね。

「ななってさぁ、余裕ありすぎだよ。前から思ってたけどいくら矢野が追い掛けてくれるったって、そんなことがずっと続くと思ってんの。もし本当に矢野の気持ちが離れちゃったら、そのときはもう遅いんだよ」by水ちん
水ちん自分のことはともかく、最後に来ていいこと言うねぇ。

「窓の外見てごらん」
そこでは、「ついてくんな」と言われても、矢野を追い掛けていく山本の姿が。
転んだ山本に手を差し出す矢野。でもその目は教室の七美のほうを見ているようでもあった。

「復讐じゃなくて、あんた私に同情したんだ」
「どっちみち最低なことにかわりはないよ」

最初からこの二人が付き合っていたら、上手く行ってたのかもしれないと思うんだけどね。
でもそうはならなかったのもまた運命だね。

しかし、体育「雪かき」って、雪国では本当にあるの?

「僕等がいた」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月30日

僕等がいた 第22話

「第22話・・・」

家まで竹内に送ってもらったところに、矢野到着。
家に閉じこもってしまう七美。

「大事なのは正しいか正しくないかじゃないと思うんだ。大事なのは高橋を傷つけないってことだろ」そう矢野にいう竹内。

雪のなかを歩いて帰った矢野は、風邪を引き倒れる。

事の顛末を聞いた水ちんとタカちゃんは水ちんは七美と同じような考えで、タカちゃんは矢野を擁護。
「信頼できないのは自分の問題」タカちゃんってば、大人だ。

学校を二日も休んだ矢野のお見舞いに山本。
追いかえされる山本だが、矢野の家からでてきたところで、七美とばったり。
七美も気になってたのね。

つい七美は、「矢野に電話したり会ったりしないで欲しい」と言ってしまう。
これに山本が感情を爆発させる。
「私はあいつをお姉ちゃんの彼氏だった人とは見ていない。
あんたに何が分かるっていうの。彼女になってたかが一年。
けど、あたしは、お姉ちゃんと付き合う前の矢野も、お姉ちゃんが死んだ後の矢野も、泣きそうで死んじゃいそうだった矢野も全部知ってる。
あんたなんかよりずっとあいつのこと理解してあげられる」

母親のこともあって感情が昂ぶってるんだろうけど。

「私の努力は足りないの?」
考えかたの違いはどうしたって理解出来ないと竹内。

矢野も
「俺全然分かんねぇ。高橋を傷つけない付き合いかた。こんなの初めてだ、自信がない。
泣かした自分が許せねぇ。けどこれから傷つけないって自信がない。
でも高橋だけは絶対諦めたくないんだ」

逃げ帰る七美を追い掛ける竹内。
「弱ってるときに優しくしないで。ずるいよ」と七美。

「じゃあ笑っててよ。いつでも楽しそうな顔して、高橋らしくいてくれよ。
そしたら俺は(用なしだ)なのにどうして泣いたりするんだ(俺だったらいつでも笑わせる)
あいつといて幸せなはずじゃないか(そばにいる)幸せじゃないか。
じゃあそんな関係続けんな(キミが俺を探す前に俺がキミを見つけ出す。高橋の望む事をしてあげる)」

「この恋を正当化する動機が一つだけある」そんな姉の言葉が竹内の頭をよぎる。
そう
(俺のほうが高橋を幸せにできる)
「俺が高橋を守りたい」ついに告白する竹内だった。

矢野は、母から離婚して、東京で働こうと思っていると聞かされる。

なるほど、やっぱりここは東京じゃなかったのね。
いまさら気付くか俺。

「僕等がいた」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月23日

僕等がいた 第21話

「第21話・・・」

「うちにこない?」突然の提案をする七美。
週末両親は結婚式に出席のため札幌へ。

「昼間は映画、夕方二人で仲良く帰宅。夕ごはんはスパゲティカルボナーラ、先週作ったから失敗しない。夜はお母さんから電話、いつもどおりにとって問題なし。お風呂はさっきピカピカに磨いたし。以上、週末のウキウキドキドキ計画。
そして星空を見ながら夜が更けるまで楽しく尽きないおしゃべり、なんて話があるわけない、17歳少年少女。でももう決めたの」そんな七美ちゃん。

となり町のドラッグストアまでいって、ゴム買ったのに、水ちんとタカちゃんに見られてる矢野^_^;

そして、当日ウキウキしながら出掛ける矢野に、山本から電話が入る。
「お母さんが倒れた」と。

矢野は七美を選ばず、病院へ駆けつける。
山本のそばについていてやるために。

そのことをちゃんと電話しちゃう矢野もどうかと思うけど。
「どうしてこんな日に山本さんを選べるの」
意地を張って、矢野が来るまで帰らないと、初雪の降るなか待ちつづける七美。

このことを知った竹内は、告白してくれた彼女に「ごめん、止められない想いがある」と七美のところへ急ぐ。

山本の母の容態もなんとか安定して、矢野は七美のところへ行こうとする。
そこに「ずっと好きだったの」とついに告白してしまう山本だった。

動揺しつつも、矢野は七美のところへ急ぐ。

「両思い、横恋慕、友情そんなもの、くそくらえ」

七美のところへ先に着いたのは、竹内!!

「キミはあいつが好きで、あいつはキミが好きで、それは完璧で。
けどね、一つだけ約束できる。帰ろう。
俺は絶対高橋を泣かせたりなんかしない」

ついに竹内も七美に告白してしまいましたね。
そして山本まで矢野に告白したし、はたして、この恋の行方はどこに。

矢野が山本のところに駆けつけた気持ちは分かるような気がする。
男として、こういうとき頼られたら行かざるを得ないってこともあるし、どんな理由だろうと、こういう事を知ってしまったら、やっぱり楽しめないしね。
だからといって、この行動が正しいのかどうかはまた別の問題でもあるわけで、難しいね。

「僕等がいた」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日

僕等がいた 第20話

「第20話・・・」

竹内、「1ヶ月だけでいいんで私にチャンスをくれませんか?」と告白され受けてしまう。

山本がメガネを外したことはうわさになっているわけだが、矢野もちゃんとみているんだよね。
それこそ誰よりもちゃんと山本のことを見ているのが矢野だよね。
「うさぎのように目真っ赤」「メガネのほうがらしいよ、うさぎさん」だもんね。

好きでもない人と付き合えるのかと、なぜか矢野が苛立つ。
「たけには本当に自分が好きになった女とつきあって欲しかったんだ」
その相手を自分が奪っているわけだからねぇ、難しいところだよね。

「永遠があるといいのにね」「あるよきっと」
このシーンの七美のナレーションがなぜか、大人になった七美の回想になってるんだよね。
大人になって、永遠なんてないって気付くって。
あきらかに、このあと二人に何かが起きるってことだよね。

「水ちんタカちゃんの私たちもいた」って不定期連載?
というか、時間調整?
一応、本編に二人が登場しないときだけってことなのかな?
個人的には好きなんですけどねぇ。
やるなら毎回やってほしいのに。

今日の名言
「好きって努力と正反対だよね」
「努力する好きもありかと思うの」
ともに七美の言葉ですが、あなたはどちらの好きが好き、なんてね。

「僕等がいた」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 9日

僕等がいた 第19話

「第19話・・・」

縁りを戻した矢野と七美。
「ホントはそんな衝動をずっとまってたんだって今やっと気付いた」

竹内が参加した合コンで、趣味岩盤浴って、そんな高校生ちょっと嫌^_^;

体育では、矢野に挑発されて竹内まで宙返り。

「恋愛で最後まで戦うってどういうこと?」
つい姉に聞いてしまう竹内。
自分の正直は身勝手なだけ、自分がすっきりしたとしても、あとにはしこりが残るから、途中でついやめてしまう竹内だった。

そんな竹内に、
「横恋慕、略奪愛・・・正当化できる動機が一つだけある」と告げる姉。
ただし、自分で気付けと。

そんなとき、山本さんがメガネを外して登校。
嵐の予感。

今日の名言
「矢野の苦手なもの、恋愛」

「その笑顔が自分に向けられたものだったら、もしそうだったらどんなに幸せなんだろうと思う」

「僕等がいた」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日

僕等がいた 第18話

「第18話・・・」

奈々のことを話すからということで、矢野と会ってるのに、なぜか矢野のペースで映画に^_^;

それでも奈々のことを聞き出そうとする七美だったが、矢野にはぐらかされている印象しか抱けなかった。
矢野と逢えば逢うほど、奈々の存在が大きくなっていく七美。

「合格貰えないままゲーム終了?」

家まで送ってもらいながら
「矢野をなんとかできると思ったのは私の思い違いだったのかな」
ふと思った七美。

そのとき、矢野が独り言のように呟く。
事故の前日奈々と些細なことでケンカしたこと。そのまま事故で奈々が亡くなってしまったこと。

「あいつのことを思い出すのは苦手だ。後悔することが多いから。
自分のことが嫌いになるから。無力さを思い知らされるから。無駄な問い掛けをしたくなるから」

「無駄な問い掛けって何?」

「高橋、信じられないかもしれないけど今は誰よりも高橋のことが大事だよ。
本当に大事な人間とは一度に一人ずつしか遭わないって信じてるから」

「俺はいつも一番欲しい女に逃げられる」

「ずっと矢野が問い掛けてきたことは・・・」
「奈々さんはきっと矢野のこと好きだったと思うよ。今でも天国から矢野のこと見守ってるよ」

矢野を抱きしめる七美。
あの海の時と同じ、矢野の心が開きかけたことに気づく七美。
そうあの時は、チャンスだったんだと。今度こそ失敗せず矢野の心を引き上げると。

「大丈夫、奈々さんは逃げたわけじゃない。ただすれ違っちゃっただけ」

「答えて奈々さんに」
「幸せに出来なくてごめんね」呟く矢野。

「矢野合格」

奈々のことを拘っていたのは七美のほうだったと。
死んだ人間には敵わないっていうしね。
それを込みで受け止めることが七美にできるかどうかってことがこれから試されることになる。
半分は克服出来たみたいだけどね。

「水ちんとタカちゃんの私たちもいた!」
突然どうしてあそこに入ったのでしょう?ものすごく久しぶりって気がするんだが。
レギュラー化はなるのか?それともこのまま不定期連載となるのか。
突然だったんでなんかビックリでした、面白かったんだけどね。

「僕等がいた」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日

僕等がいた 第17話

「第17話・・・」

七美とデート出来ると張りきった矢野だが、待ち合わせ場所に行ってみたら竹内もいた^_^;

結局は、気を効かせて、先に帰る竹内だけどね。
そんな自分に自己嫌悪な竹内でもあるが^_^;

今回は奈々の話かと思わせておいて、矢野の家庭の事情がメインですね。

矢野は私生児だった。中学1年のときに母親が再婚したが、いや初婚か?
で、実の父親は、母親の自慢の男だった。
水泳の選手で、北海道記録も持っていたとか。
それでいて、写真は何故かなし。どんな顔だったかを尋ねると、矢野に鏡を見せる。
あなたは、お父さんにそっくり、瓜二つだと。

矢野も母親の期待に応えたいのか、水泳をやっていた時期がある。
そんなとき、母親の親友の夫が亡くなった。
その人こそが、矢野の実の父親だった。

だからなのか、矢野は友人曰く、
「守らなければならないものを必要とするタイプ」なのに、
「女を信用していない」

今日の名言
「どうして、本当に欲しいものはいつも目の前を通りすぎて行くのだろう」
「幸運が不運に変わることがあるなら、不運が幸運に変わる事もあるのだろう。
そう信じて生きて行く」by矢野

「僕等がいた」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ