カテゴリー「イノセントヴィーナス」の12件の記事

2006年10月27日

イノセント・ヴィーナス INNOCENT VENUS 第12話(最終回)

「世界」

権力を手に入れたかったのだと丈に告げる仁。
知りあった当時、自我すら感じられなかった丈。
何もないはずのお前には負けるわけにはいかないと、仁はリミッターを解除したグラディエーターで丈に襲いかかるが、セブンチルドレンの恐怖の心に打ち負かされ、苛まれていく。
「お前と僕の何が違う」最後まで正気を取り戻せず、丈の腕の中で息を引き取る。
涙を流す丈。

虎二はさつまを率いて攻撃をし掛ける。
自らもグラディエーターに乗り、ドレイクを討とうとするも、ドレイクも最新型のグラディエーターで迎撃。
それは、6体のグラディエーターを精神ネットワークで繋ぐことで、近くにある機械をすべて乗っ取ることが出来る究極の兵器だった。

さつまの船のコントロールを乗っ取り、相打ちをさせるドレイク。

だが、そのドレイクですら、これは使いこなせない代物だった。
ドレイクすらも拒否し、暴走するグラディエーター。
丈がそれに乗りこんだとき、セブンチルドレンの憎悪を感じるのだった。

それを優しく包みこむ沙那。
沙那の思いを受け止める丈。
暴走は止まった。

ドレイクも倒し、日本にロゴスもレヴィナスもない世界が始まった。

丈は、沙那を虎二にまかせ一人旅に出るのだった。

丈がどうして一人だけグラディエーターを乗りこなせたのかの謎とかをしっかり描いて欲しかった。
結局、仁はなんだったんだろうっていうのあるし。

焦点がはっきりしなかったし、全体的に消化不良なアニメだったと思います。
設定とかメカとかそこそこいいものがあっただけにちょっと残念です。

「イノセント・ヴィーナス」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日

イノセント・ヴィーナス INNOCENT VENUS 第11話

「美神」

虎二、反乱を決意したら、死に装束(着物の左前)を止めたのか。
やっぱり、あの着こなしには意味があったということかな。

仁は、沙那に真実を話す。
グラディエーターには、人の神経組織が組みこまれていること。
だが、普通の人の神経では反応速度などに問題があったため、特別な神経組織を持った者たちをつくりだした。
沙那は人工的に作られた。その沙那のクローンがセブンチルドレン。
ビーナスである沙那以外は、グラディエーターに組みこまれるためだけに生まれてきたもの。

それでも、沙那の父は、制御装置をブラックボックス化した。
解除パスワードをあるものに隠して。
これが、あの調律の乱れたピアノだったようだ。

青狼がそこに奇襲をかける。
それを撃退する丈だったが、その間に仁には逃げられた。

研究所にまだセブンチルドレンはいるという仁の言葉に、助けに向かう沙那。
たとえどんな姿でも、今の状況から救い出したいと。

だが、それは仁の罠。
仁に囚われ、連れ去られてしまう沙那だった。

その仁も、ドレイクに追い詰められてしまう。
ブラックボックスは開いたと。もう用なしだと。

仁はそれでも、丈とグラディエーターで戦うことを条件に命乞いをする。

そして、始まりの地のあの廃墟へ。

ドレイクもどうもフリーダムステイツにグラディエーターの秘密を売りわたしたうえで、フリーダムステイツの軍をもその秘密で掌握しようという野心があるようだ。

ところで、仁の目的だった復讐は、こんなことで成し遂げられるのか?
最後の最後まで、仁がいいやつなのか悪い奴なのか、判断できない。

「イノセント・ヴィーナス」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日

イノセント・ヴィーナス INNOCENT VENUS 第10話

「決意」

仁がファントムの副司令に。

虎二たちもいしんから脱出し、種子島にたどりつく。そこで傷付いた武一を見て、ロゴス打倒をついに決意した。

そんななか、沙那は、仁にもう一度会いたいと思っていた。
自分が何者なのかを仁に会って確かめたいと、それも仁の言葉で。

ドレイクがフリーダムステイツに情報を漏らしていたことを付き止めた桂だったが、それはドレイクの独断ではなく、国防軍の方針だった。すでにフリーダムステイツの傘下に入っているというのだ。
知らされていなかったのは桂のほうだったわけだ。
桂も最後は裏切るのかな?

沙那の思いを遂げるため、丈と沙那は再びファントムのラボへ。

丈がグラディエーターの倉庫に辿りついた時、仁が。
仁の罠だった。
ファントムのグラディエーターに囲まれる丈。

なんとか、保管されていた丈のグラディエーターに乗りこむも、これも仁の罠だった。
丈のグラディエーターには、あのリキを暴走させたデバイスが取り付けられていた。
それもリミッターを外して。

限界点を突破し、もう丈も暴走かと思われたとき、異変が起きる。
ブラックボックスからのフィードバック信号が丈の思考ノイズに同調。固有の波形を作り出したのだった。
丈には、グラディエーターの一部にされたセブンチルドレンたちと同調した?
そこから脅威的な力を見せる丈。

不満を持っていたスティーヴの助けもあり、丈は仁を外へ連れ出すことに成功する。
そのスティーヴは集中攻撃を受けて死す。凶死郎も死んだ。

仁を沙那の前に連れてきた丈。
グラディエーターから降りるとき、はじめて涙を流さなかった。

仁に本当のことを話してくれと頼む沙那。
仁は、残酷な現実に打ちのめされ、自分自身を呪う事になるぞと忠告するが、それでも構わない、もう逃げないと誓う沙那だった。

結局仁は、自分の復讐のために沙那を利用しようとしただけだったの?
なんか最後の最後にどんでん返しがありそうなんだけど、ないのかな?

「イノセント・ヴィーナス」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 6日

イノセント・ヴィーナス INNOCENT VENUS 第9話

「救済」

虎二に救出された、沙那と丈だが、沙那は仁に裏切られた気持ちをどうしても引きずっていた。

丈は手術でなんとか一命はとりとめた。

レニーが捕虜としていしんに囚われる。

いしんは種子島に向かうも、途中で国防軍に攻撃され、浸水してしまい、総員に退艦命令を出す虎二。
そんななかレニーが一人、小型艇で脱出、逃げたのかと思いきや、自分が囮となりいしんを助けようとしたらしい。それを察して、自らも小型艇で出る虎二。
自分までが囮となり、いしんのクルーが退艦する時間を稼ぐ。

浸水するいしんのなかで、傷が治らぬままの丈だが、沙那をあくまで守る。
丈の背中の古傷を見て、飛行機から助け出された時、爆風から護ってくれたのが丈だったことに気付く沙那だった。
いつでも丈は、沙那を守ってくれていたのだ。

仁はファントムのドレイクとなにやら取り引きをしようとしているようだが、仁の真の狙いはどこにあるのか。

レニーもついにいしんの仲間になるのかな?

「イノセント・ヴィーナス」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月29日

イノセント・ヴィーナス INNOCENT VENUS 第8話

「喪失」

沙那を母体にして第4世代以降はより純粋な遺伝子を持つことが可能になる。

グラディエーターには、バルカンプロジェクトにより生み出されたセブンチルドレンの神経組織が組みこまれていた。
その母体が沙那だった。

グラディエーターには、彼ら子供たちの恐怖・哀しみが搭乗者の神経に障る。
だからこそ、あれに乗るのはもうゴメンだと虎二は思っていた。

そして、グラディエーターに乗っても何の感情も出さない仁を信用出来ないでいた。
丈のほうがまだ、純粋で信用できると。

あの目の傷、刀傷じゃないんだね、グラディエーターに乗っていて勝手に出来た傷か。
そりゃ乗るの嫌になるわな。

沙那を救出するため、ファントムのラボに忍び込む仁と丈。
そこにはセブンチルドレンたちのなれのはてがあった。

だが、ラボへの侵入はファントムの罠でもあった。
実験体にされたリキを二人のグラディエーターにぶつけるファントム。
すでにリキは精神を冒され暴走していた。
3機をテストフィールドに落とし、負荷をかけ仁と丈を捕らえたファントム。
リキはこのとき死亡した。

なんと、沙那の父を殺したのは仁だったことが判明。
囚われた仁は、ファントムに取り引きを申し出る。
そして、用済みだと、丈を刺す仁だった。

仁の真意はどこだ。

ちょっとだけ沙那の秘密が分かったわけですが、なぜピアノの旋律が影響するのかとかはまだ不明。
そのさきになにがあるのかも。

そして、仁は本当に裏切るのか。

「イノセント・ヴィーナス」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日

イノセント・ヴィーナス INNOCENT VENUS 第7話

「策謀」

国防軍に包囲された維新だが、海賊流の戦い方で圧勝。
薩摩に入る。

薩摩自治市長・半平武市は虎二に一緒に中央ロゴス打倒に立ち上がれと誘うのだが・・・

半平邸で、千倉家と同じように調律を狂わせ、沙那に弾かせる仁。
やはり、体調が悪化する沙那だった。それでも弾かせ続ける仁だが、丈が無理矢理止める。

危険な状態になってしまった沙那を病院に運ぶ仁たち。

薩摩は、国防軍に包囲されてしまう。
そして、ファントムの陰謀により、戦端が開かれてしまう。

その隙に、ファントムに襲われ、沙那を奪われてしまう仁たちだった。

レニーは相変わらず虎二を撃てないですね。それでも虎二の方につかないのがまた彼女ってことなのかな。

「イノセント・ヴィーナス」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月15日

イノセント・ヴィーナス INNOCENT VENUS 第6話

「暴走」

倒れた沙那。仁は、意図的なピアノの調律の狂いと何か関係があると睨む。
ピアノ自体に何かあるわけじゃなくて、音に関係があると言うことですか、なるほど。

そんなとき、ファントムがこの里を襲う。
迎撃に出る千倉たちだが、グラディエーターを駆るファントムに全滅。

仁たちにもファントムが迫る。
丈を囮にして、沙那を連れ逃げる仁だが、そこにもファントムが。

沙那が囚われる寸前、ファントムのリキが精神異常をきたし、戦闘不能状態に。
そこに維新のヘリもやってきたことで、ファントムは撤退してくれた。

千倉は、虎次に使命を果たせと、そして沙那を託し、絶命した。
その虎次は仁たちを薩摩に誘うのだった。

薩摩に向かう途中、維新の前には国防軍の艦隊が待ちうける。
その裏でファントムも虎視眈々狙っていた。

仁じゃなくて虎次に託すあたりが千倉なのかな?

「イノセント・ヴィーナス」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月25日

イノセント・ヴィーナス INNOCENT VENUS 第5話

「連弾」

千倉の元に辿り着いた、仁たち。
なんと千倉は、沙那の祖父だった。

正確には、沙那の母の父。

仁は、千倉に、沙那の父・登戸博士から沙那を頼まれたと話す。

その登戸博士は、物取りの犯行と思われる事件に巻き込まれ死亡していた。
だがそれは陰謀くさい。

登戸博士は、沙那を亡命させようとしていた。
それは博士がなくなっても実行されたのだが、ファントムがそれを嗅ぎつけ、襲撃した。
そのため、仁たちが沙那を連れだし逃げたという事。

仁は、政治家・鶴崎松陰の息子。
松陰は失脚し自殺に追い込まれていた。その復讐を仁は誓っていた。
そのために登戸博士に近づいたようだ。
博士が何をしようとしていたのか、そして沙那の秘密は?

千倉の家でピアノを弾く沙那。
仁もそれに加わり、連弾に。

だが、その途中で沙那が倒れてしまうのだった。

ピアノがやたらキーワードで出てくる。
やっぱりなにかの伏線なんだろうか?

高い音と低い音が同時にちょっとだけ同じように狂っていると沙那は言っていたのだが、そのピアノになにかあるのかもしれない。
普通だと、ピアノのその音の部分に、なにかが隠してあるとかなんだけど、そんなことがあるのか。

「イノセント・ヴィーナス」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年8月18日

イノセント・ヴィーナス INNOCENT VENUS 第4話

「襲来」

潜航艇・維新は、試験航行中ロスト。
オブザーバーとして乗りこんでいた、ファントム副司令・司馬虎二も一緒に行方不明になった。

丈、維新に潜りこむも、あっさりと裏をかかれ囲まれる。
そのとき、ファントムが維新を襲撃。

その間隙をついて、丈も飛び出す。
グラディエーターでファントムを退ける、丈。
仁も虎二からグラディエーターを返してもらい反撃。

最後は虎二が締める。

ということで、ファントムの襲撃をあっさりと撃退した維新だった。

虎二は、丈と仁に沙那を託す。
絶対にファントムにはわたすな。
そして、千倉しゅうぞうという男を頼れと。

この千倉という男は、丈、仁も最初から向かおうとしていた男の名前だった。

新旧ファントムの裏切り者どうしなわけだが、生身の肉体では、虎二が上みたい。

あの着物のえりが逆なのは、一度死んだ身だという心を表現しているのかな。
あと、女の人ならだれでも、おりょうって呼ぶのは、坂本竜馬気取りってことなんですかね。

「イノセント・ヴィーナス」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月11日

イノセント・ヴィーナス INNOCENT VENUS 第3話

「倭寇」

丈がグラディエーターで軍を引きつけている間に、突破を試みる仁。
軍は突破出来たが、倭寇に捕まってしまった。

倭寇のボス・虎二は仁と沙那を手厚く迎えるのだが、何を考えているのかはよくわからない、食えない男のようである。

虎二の艦は、維新という軍のモノのようで、彼もどうも軍を抜けてきた人物?

仁、丈をファントムからの逃亡者と見ぬく目もある。
そして、沙那がなにかの鍵を握ることも見ぬいているようであった。

ファントムは、倭寇が仁たちを連れ去ったという情報を得た。
ついにファントムが沙那奪回に動き始めるのだった。

グラディエーターってファントムしか乗りこなせないみたいだけど、ファントムと普通の人の違いは何なのかが分からないのだが。

それと、動き方は、ボトムズのような感じなんだね。
ローラースケートっぽいので移動するのはやっぱり格好いいかも。

「イノセント・ヴィーナス」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ