カテゴリー「乙女はお姉さまに恋してる」の12件の記事

2006年12月25日

乙女はお姉さまに恋してる 第12話(最終回)

「ラストダンスは永遠に」

瑞穂が男だと貴子に知られてしまい、それからは二人気まずい雰囲気が続く。
学院内では、貴子を救ったことで、瑞穂の人気はまさに最高潮になっていたりする。

降誕祭のダンスパーティーを最後に学院を辞めようと決意した瑞穂は、そのことを貴子に告げる。
どうすればいいかわからない貴子の目からは涙が零れ落ちていた。

ダンスパーティーに出られる事になった一子。
なんでも奏や由佳里と一緒なら寮から出られるようになったそうで。
日々進化してるって、幽霊も進化するのか?

ステップの練習をする一子だけど、浮いてるんだから必要ないような気もしたりしなかったり。

そして、ダンスパーティーが始まる。
その会場に貴子の姿は無かった。

一人佇む貴子に声をかけるまりや。
同じ瑞穂を好きになったもの同士まりやの説得は貴子に通じたようで。

貴子だって、好きな人と別れてしまうっていうのは不本意だろうしね。

ラストダンスの相手に瑞穂が選んだ相手は、やっと会場に現れた貴子だった。
ところで貴子さん、一人でいたときには、黒い制服のほうだったのに、ここにきたときは、白い女性パートのほうの制服になっていたりします。
どこで着替えてきたんでしょう?

ダンスも終わるころ、瑞穂に告白しそうになる貴子だが、それを邪魔したのはまりやさんでした^_^;
抜け駆けはさせないってことで、おしまい・・・

原作知らないけど、楽しく最後まで見られました。
紫苑の活躍がほとんどなかったのがちょっともったいないかなとも思いますけど、全体的にはよく出来たアニメだったと思います。
一子が出てきたときに個人的には、評価が決まった感じかな。もちろんいいほうに。

エンディングで流れていた、卒業までのイベントもちょっと見てみたかった気もします。
これだけ安定していたのなら2クールでもよかったかなと。
1クールだったから出来たことかもしれないけど。

iconicon
乙女はお姉さまに恋してる DVD I =限定版= icon 2007/1/11 発売

「乙女はお姉さまに恋してる」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日

乙女はお姉さまに恋してる 第11話

「戸惑いの練習曲(エチュード)」

瑞穂を意識してからのまりやは、瑞穂を避けてばかり。
貴子のほうはもっとわかりやすくて、瑞穂を見ただけであたふたしてしまうほど。

ダンスパーティーにエルダーとして男性役(エスコート役)をすることになる瑞穂。
さすがおぼっちゃまだけあって、ダンスもそれなりにこなせるんですね。

まりやに避けられていることでどうしたらいいか悩んでいた瑞穂に、圭のお告げ^_^;
正面突破

風邪を引いて寝こんでいたまりやの部屋へ突撃。
裸にして、身体を拭いてあげる瑞穂。

「デートしよう」とまりや。
で、まりやのリクエストで、瑞穂が男のような格好をして二人でデート。
男には見えないから大丈夫っていわれても、なんか複雑。

元々男なのに、女の振りをして、その上で、男っぽい格好をしているのに男には見えないのか。
これは誉められているのか?

デートを満喫してまりやもやっと素直になれたようで、復活したかなと思った矢先。
帰り道で、貴子が誘拐されそうになっているところに出くわす2人。

あっさりと男たちを倒していく瑞穂。
強いねぇ。この男達もだらしがないような気もするけど。

男たちは逃走したのだが、ナイフで洋服を切り裂かれて、胸が肌蹴てしまった瑞穂。
その胸を見て、貴子は瑞穂が男と気づいちゃった?
きれいに胸だけ肌蹴るように切られるのも難しそうだけど^_^;

iconicon
乙女はお姉さまに恋してる DVD I =限定版= icon 2007/1/11 発売

「乙女はお姉さまに恋してる」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日

乙女はお姉さまに恋してる 第10話

「二人のジュリエット」

まりやたちが作ったプラネタリウムの流れ星に願い事をして、叶うものなんでしょうか?

貴子はますます瑞穂にほの字だし、まりやは芝居の稽古につきあって、キスシーンで本気になってるし。

芝居の本番を見たくないと、プラネタリウムのナレーションをしていたまりやだったが、さすがに気になって見にいってしまう。

最初のキスシーンはうそですませた瑞穂だったが、クライマックスでは、思わぬアクシデントが。
貴子の衣装が引っ掛かり破れてしまう。一瞬下着まで見えたけどちょっと破けすぎって気もしなくも無いけど^_^;

それを咄嗟に庇って、本当のキスでフォローしてしまった瑞穂だった。
ちょうどその場面にまりやが到着したのもまた・・・

あれは、驚いて声を出してしまうのを、口を塞いで防いだという感じなんじゃないかと思うが。
それであっているんだろうか?

キスしてしまったことを後で貴子に謝る瑞穂だけど、怒ってないとはいえ、貴子としたら謝られたことに怒っているようにも見えたね。

このキスによって、貴子は完全に瑞穂に傾き、まりやも瑞穂が好きだったことに気付かされる事になったと。

全然関係無いけど、一子はこのお芝居を見たかったんだろうなぁと思うのだが、どうやったら見られたかを考えるとやっぱり無理か?
きっと誰かが録画したビデオを借りて見るんじゃないかと想像します。

DVD 乙女はお姉さまに恋してる I =限定版= icon2007/1/11 発売

「乙女はお姉さまに恋してる」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日

乙女はお姉さまに恋してる 第9話

「まりやの気持ち」

学院祭で、生徒会主催のお芝居をする事に。

お題目は、圭の脚本でロミオとジュリエット。
生徒の投票により、ロミオが瑞穂、ジュリエットが貴子に。

瑞穂が相談もしないでこれを承諾してしまったことが、まりやにはちょっと寂しい。
子供のころは、いつも自分の後ろをついてきた瑞穂なのに、いつのまにかしっかりして立ち場が逆になってきていることが。

子供のころの写真で、瑞穂はどうしてワンピースのスクール水着みたいのを着てるんだ?
せめて囚人服みたいなオールド水着とか、競泳用の鮫肌水着とかなら納得はできるんだけど^_^;
それに、まりやが瑞穂の持っているアイスキャンディーを舐めようとしているところは、ちょこっとシスターのチョコバナナを思い出す^_^;

今回のロミオとジュリエットにはキスシーンからベッドシーンまであるそうで、さすが圭^_^;
稽古中に、瑞穂が頬にキスしただけで、興奮して倒れてしまう貴子様でした。
やっぱり貴子は瑞穂が好きだね。もし男だと知ったらそれでも好きでいられるかってかなり怪しいけどね。

その貴子さま、まりやに「瑞穂の本当の姿を知りたい」とたずねる。

ここで男だとはばらしはしないだろうけど、気持ちが揺れてるまりやがどういう態度に出るのか。

DVD 乙女はお姉さまに恋してる I =限定版= icon2007/1/11 発売

「乙女はお姉さまに恋してる」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月27日

乙女はお姉さまに恋してる 第8話

「縮まらない記録(タイム)

前回は奏の話だったので今回は、由佳里の話。

陸上部の由佳里、もうすぐ代表選考会だというのに、タイムは上がらずスランプに。

本来短距離向きの由佳里だが、彼女はなぜか長距離に拘る。
それは、義理の姉の影響だった。

義理の姉は、病気で亡くなってしまったのだが、きれいで上品で由佳里の憧れだった。
聖應に入るように推薦してくれたのも彼女。
由佳里はずっと義理の姉の影を追っていたのだ。

そんな由佳里に、瑞穂は無理に追い掛ける必要はないと諭すのだった。

瑞穂も母の遺言のようなもので、ずっと髪を切らせて貰えなかったそうで。
母の思いは、髪が長ければ、自分の好きな髪型にすることが出来るからってことらしい。
どっちにしろ、いまでは、切る気はないようだけど。

一子を由佳里が抱きしめてたけど、想いが通じると触れるの?
一子って、瑞穂以外には触れなかったはずなのに。
とはいえ、触れたのもあの瞬間だけみたいだけど。

毎朝、ジョギングしている由佳里に、瑞穂が「本当に走るのが好きなのね」って言ってたけど、本当に好きかどうかはわからないと思うけどね。と思っていたら、この展開で、結局は、走るのが好きだってことにおちつくのか。
これからは姉のためではなく、自分のために走るってことね。

いまさらながら、あの寮って4人(+1幽霊)しかいないのね。
そんなのあるんだね。

奏は演劇部で主役をゲット「愛と憎しみの旅路」でファンタジーでどろどろ展開ですか。
どんな話やねん。

DVD 乙女はお姉さまに恋してる I =限定版= icon2007/1/11 発売

「乙女はお姉さまに恋してる」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日

乙女はお姉さまに恋してる 第7話

「小っちゃな妹(かな)と大きなリボン」

10月になって衣替え。さすがに一子は衣替えなしですか。個人的にはして欲しかったんだけど。

衣替えということで服装チェックをしていた生徒会。
奏のリボンが貴子の目に止まってしまう。

大仰すぎるということで外すかもっと清楚なものに変えろといわれてしまう。
しかし、今更って気もしないでもないよね。
奏はずっと付けてるんだから、服装が冬服になったから目立ってしまったってこと?

もしかして貴子と奏って会ったことなかったのか?

まりやはすぐに反論したけど、瑞穂は躊躇。そのことをまりやに指摘されてちょっと悩んでしまう瑞穂。緋紗子先生と紫苑の言葉で、奏の擁護に回る決意をする瑞穂。

とはいえ、ものの見方は人それぞれだから、一概に貴子を悪と決めつけることも出来ない瑞穂。

それでも、生徒会に異議申立て申請をする。
最終的には生徒総会で、生徒の総意で決まるって、これこそ大仰な制度のような・・・

このことで、奏はちょっといじめられる。
お姉さまが奏のことで動いたのが妬ましいってことね。まぁわからなくもないがいじめは良くないよな。

奏がリボンに拘る理由は、両親も知らない彼女を育ててくれた院長先生がくれたものだから。
あの回想シーンだけみると、貰ったっていうより形見って感じだけどね。それはそれでもっと大切になるわな。
名前も院長先生が付けてくれたって言っていたが、もしかして、周防院って名字は、施設の名前だったりするかしら?

生徒総会で、奏のリボンが大仰に見えるのは、奏が小さいからだと主張して喝采を浴びる瑞穂だった。

これで奏のリボンはお咎めなしになったわけだが、貴子の心はどんどん乱れていくのね。
貴子を悪とは思っていないって瑞穂はちゃんと話しちゃってるからね。

DVD 乙女はお姉さまに恋してる I =限定版= icon2007/1/11 発売

「乙女はお姉さまに恋してる」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日

乙女はお姉さまに恋してる 第6話

「夏の日の狂想曲(カプリッツィオ)」

今回は水着の回です。
とはいえ、さすがに瑞穂はスク水は着られないそうです^_^;
でもビキニタイプなら大丈夫みたいなんだけど、どこが違うのでしょう?
着替える時に胸がバレる?

ということで、仕方なく水泳の授業は「女の子の日」ということで見学。
紫苑って瑞穂が男って知ってるはずなのに、「お察しします」って・・・

3回連続で見学したところで、瑞穂が水泳の授業をボイコットしているという噂がたち、貴子が追及してくる。

「実はカナヅチなんだ」と^_^;
まりやが瑞穂は子供のころ川で溺れたことで「水が怖い」と言い出す。

まりやと貴子の意地の張りあいになって、いつのまにか二人の水泳勝負ということになってしまう。

貴子は、まりやに陸上部に誘われたことがあるが、生徒会との仕事の両立は無理だと生徒会を選んだ。
そのわりには、今回過酷な水泳の特訓をしつつ生徒会の仕事もこなしている貴子。
やればできるじゃんと思ったのだが、その途端にめまいで倒れたね。

圭の策略で、ガチンコ水泳勝負が水上運動会に。
遺恨は残らずにすんでよかったかな。

夏休みは、海で「水になれるための努力を始めた」瑞穂だそうだ^_^;

DVD 乙女はお姉さまに恋してる I =限定版= icon2007/1/11 発売

「乙女はお姉さまに恋してる」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 6日

乙女はお姉さまに恋してる 第5話

「真夜中の教会」

一子がでてきて、アニメの雰囲気が一気に変わった気がする^_^;

まりあは、瑞穂とずっと一緒に過ごす事になる一子に瑞穂が男だと教える。
ところで股間を見せた(#^_^#)

それでも「私をお姉さまのお嫁さんにしてください」って言えるのがさすが一子。
あれだけのマシンガントーク(古いな)の一子がこの秘密を黙っていられるのか不安なのは私だけ?

なぜか、一子は、寮から外には出られないらしい。

一子を唯一怖がっていた由佳里ともすっかり馴染んじゃったし^_^;

一子と22年前のお姉さまとの出会いが、またベタですなぁ。
「遅刻ギリギリでパンを咥えて全力疾走なんて、前時代的かつはしたないことMAXで、さらに前方不注意」でお姉さまにぶつかったんだそうで。
で、鼻についたバターを拭くために「はな紙」を出してくれた。
22年前でもティッシュって言ってたような気もするけど^_^;

それからは親しくなり、やさしく頭を撫でてもらったり、その話しで瑞穂はふと思いつく。

22年前の資料を見て確信する。
一子が待っていたのは、自分の母親だと。

祖父が遺言でこの部屋を使うようにしたのも、この部屋が母が過ごした部屋だから。

夜、瑞穂は一子を誘って校内の礼拝堂へ。
瑞穂に触っていれば、寮から出られるらしい^_^;

そこで、瑞穂は一子に真実を。
結婚式のまねごとをしているうちに、一子は望みが叶ったのか天に召されて行くのだった。
感動の別れかなと思ったら、予想通り、寮に戻った瑞穂を出迎える一子だったりする^_^;

まぁそんな簡単にいなくなるキャラじゃないよな。

瑞穂と一緒なら外に出られるんなら、昼間も一緒についていけばいいんじゃないかとも思うのだが、それを実行するのはいつの日か。

瑞穂の顔をじっと見つめて「いい仕事してます」って言ってる圭。
もしかして、男って気付いてる?

「乙女はお姉さまに恋してる」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月30日

乙女はお姉さまに恋してる 第4話

「開かずの扉の眠り姫」

瑞穂の部屋だけなぜ北側の端なのか。
おじいさんの遺言で部屋の場所も家具や調度品も備えつけの物を使うようにと指定されていたそうだ。

で、瑞穂の部屋は22年前の悲恋の話により開かずの間になっていた。
当時のエルダーに恋した病弱の少女が、お姉さまが卒業と同時に結婚する事を知り、どうしても逢いたくなって、病院を抜け出し寮の部屋へ。
だが、運悪く、お姉さまは実家に帰省中だった。待ち続けた少女はそこで亡くなった。
そんな話があった。

そして、瑞穂の部屋でポルターガイスト現象が。
これが、ゴーストハントなら誰かの超能力ってオチなのかもしれないが^_^;

クローゼットの中に霊を封じたお札が貼ってあったのだが、奏が調べたら破けちゃった^_^;

やっと、幽霊さん登場。
いきなり瑞穂に抱きつく幽霊の高島一子。
それにしても病弱だって触れ込みだったのに、なんだこのキャラ設定は。
いい意味でサプライズでした^_^;

天然大ボケキャラな幽霊いいかんじです。それにしてもあの早口は凄いな。
あれ1TakeでOKだったら本当に凄いなぁ。どうなんですかねぇ。

物には触れないのに、瑞穂には触れる一子。
とはいえ、布団に入れるって???

どうやら、瑞穂にそっくりということで、22年前のエルダーって瑞穂の母だよねきっと。
もしかしたら父かもしれないけど^_^;

貴子さんが、あっさり瑞穂を認めてるんですねぇ。
お姉さまって呼んでるし。
一応ツンデレキャラなんでしょうか?

アイキャッチの瑞穂にヒゲがあったけど、ヒゲのエピソードがいつかくるのかな?
一緒にベッドを共にするネタ2連発の今回だっただけに、朝、瑞穂にヒゲがすこし伸びてるってネタがあるのかと思った。

「乙女はお姉さまに恋してる」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日

乙女はお姉さまに恋してる 第3話

「おとめが乙女を選ぶ時」

エルダーと認められるには75%以上の得票率が必要だそうで。
ただ、他のエルダー候補が認めてくれれば、その人の分の得票も加算される仕組み。

エルダー選が始まるが、今一つどうなっているのかわからないのは、立候補制ではないからか?

瑞穂と貴子の一騎討ちムードが漂う中行なわれた投票の結果は、
82%の支持率で瑞穂が1回の投票でエルダーに。

それに異議を唱える貴子。
転校して来たばかりの瑞穂には資格がないと。

それに反論する紫苑。
そしてそこで倒れてしまう紫苑を、抱えて保健室まで走る瑞穂。

講堂に戻ってみると、歓声で迎えられる。
紫苑を抱えて走る姿が、まさにみんなの心をがっちりと掴んでしまったのだった^_^;
貴子も、咄嗟に動けた瑞穂を認めざるをえないのだった。

ということで、男の瑞穂がエルダー(お姉さま)になってしまったのでした。

あっさり決まってしまってつまらないのだが、まりあたちはいったいどんなことを噂として流したのだろう?
いくら噂の転校生でもいきなり82%の支持率は得られないと思うけどなぁ。

「乙女はお姉さまに恋してる」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ