カテゴリー「あさっての方向」の12件の記事

2006年12月23日

あさっての方向。 第12話(最終回)

「ここにいること」

からだのいる海に向かう尋と椒子。

からだに、あなたがいたから尋ともう一度会えた。あなたがいたから私達は今一緒にいる。
と正直に語った椒子だったが、それを優しい嘘だと感じたからだは、またも逃げ出そうとしてしまう。

それを追い掛けたのは徹允。
「何度だって探すぞ。何度だって見つけてやる。好きだ」
と。
現実を受け止めた徹允の力強い言葉だった。

からだにとって少なくともここに必要としてくれる人がいる。
ここにいていいと言ってくれる人がいる。
居場所を見つけたからだだった。

からだに、お前がいたから頑張って来れた。幸せだったと告げる尋。
「これからも妹でいていいですか?」
「これからも兄でいさせてください」

全員が本当に大切なものを見つけた。

で、このままもとに戻れないで終わるってパターンもありかなと思ったら、
琴美が願い石を持っていたってオチですか。

もう少し、尋と椒子の間でどろどろしたものがあるかなぁとも思っていたけど、主役をからだにしたせいかそっち系はほとんどなかったですね。

最後にからだと話していたときに両目が初めて見えたし。
予想通り、最後は尋の前髪が短くなった。
尋の目がこのアニメのキーポイントだと思っていたのは間違いではなかったね。

最後の3人の写真。
からだが妹っていうより二人の娘に見えるのは私だけ?

「世の中には不思議なことがあり、それを信じている人たちがいる。それは素敵なこと」

iconicon
あさっての方向。 DVD 1 icon2007/1/26発売

キャラクターイメージアルバム 「木漏れ日ダイアリー」からだ編 icon 2006/12/6発売

キャラクターイメージアルバム 「木漏れ日ダイアリー」淑子編 icon 2007/1/11発売

「あさっての方向。」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月16日

あさっての方向。 第11話

「そこにある現在」

徹允に本当のことを告白してしまうからだ。
でも徹允は、あまり突拍子もない話に信じられない。いや信じたくないだけのような気もするけど。

当事者しか知らないような海に行った時の話とかもしたし、なにより、あの塩味卵焼きを食べた後だったのにね。
現実問題普通は信じないんだろうけど。

からだは徹允が自分をずっと探してくれていたことがうれしかった。
自分を必要としているってことだから。
だからこそ真実を話して、一緒にいたいと思ったのだ。

なのに信じてもらえず落ちこむからだは、椒子に電話を。

そして椒子は尋にからだの居場所を教える。
二人でからだに会いに行くために。

手を伸ばせばとどく新しい現在、あの娘はそれを掴もうとしている。
そのすぐ手前で震えている。
それなら私も私達も。

こんな姿になったのは、自分が望んでいるもの、自分が必要としているもの、自分を必要としてくれているものを見つけるためだったんじゃないか。

この感じだともとの姿に戻れないような感じがするんだけど。
どうなるんでしょうかね。

キャラクターイメージアルバム 「木漏れ日ダイアリー」からだ編 icon 2006/12/6発売

キャラクターイメージアルバム 「木漏れ日ダイアリー」淑子編 icon 2007/1/11発売

「あさっての方向。」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 9日

あさっての方向。 第10話

「本当の名前」

あのペンションはランチの収入でなんとか生活しているんでしょうか?
かなりランチに関しては繁盛している様ですね。
これも夏の間だけなんでしょうか?ちょっと心配^_^;

この浜には言い伝えがあるそうで、
「夏の終わりに砂に想い人の名前を書いて海に返すといつか必ず巡り合える」

願い石はもうだめみたいだから、こっちで元に戻れるのかな?

からだを探し続ける徹允に、どうして?もしみつからなかったら?と問い掛けるからだこと佐藤さん(ややこしい?)
「好きだから見つかるんだよ」見つけるじゃなくて、あくまで見つかるなんだよね。

椒子は、尋のアパートを雨の中出ていく。
二人を繋げていたのは、からだちゃん。でも二人を引き裂いたと思っている。
だからここには居られないと。

雨の中、からだを探し続けいた徹允は、足をケガしたあげくに雨にうたれたことで熱を出してしまう。
ずっと看病するからだ。
そして、心の中でずっと謝り続けるのだった。

徹允がからだを必要としてくれているっていうのは、元に戻るカギになりそうだね。
そして、大人の椒子を必要としてくれる存在が現れればなんとかなりそうな気もする。

いつみても、尋の前髪が気になる。
やっぱり最後はあの前髪を切るんだろうな。それこそが尋が解放された証しだろうから。

キャラクターイメージアルバム 「木漏れ日ダイアリー」からだ編 icon 2006/12/6発売

キャラクターイメージアルバム 「木漏れ日ダイアリー」淑子編 icon 2007/1/11発売

「あさっての方向。」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 2日

あさっての方向。 第9話

「みちしるべ」

徹允くん、さすがに消印に気付きましたか。やっぱり叶町からはがきだしてたのかからだは。
徹允につめよられ、尋は正直にからだが家を出ていってしまった事を話したのか。

あの都会ってとなり町って感じなのか?
徹允は琴美と一緒に、からだの写真に名前を書いたビラを配る。
全然情報ははいらなかったけど、あのタクシーの運転手がいてくれれば、名前を見てピンと来るかもしれないけどね。

からだは、海水浴にいったあの海の近くのペンションISOKAIで働きはじめていた。
佐藤として。佐藤さんって言われてすこしとまどっているみたいだけど。
それにしてもオーナー夫妻はとってもいい人のようだ。
若い女の子を住みこみのバイトに雇ったんだもんなぁ。それも即日。

とりあえず、椒子に心配しないでと電話をしたからだ。

椒子は、からだのことを心配してはいない。
「あの娘がいなくなってあたしがさみしい」だけと尋に。
尋の煮えきらない態度が気に入らないって感じでもあるけど。

何気にたばこを吸おうとしちゃう椒子さんもイラついているからかな。

からだが見つかるまで家には帰らないという徹允。
琴美は自分が泊まるはずだった、元恩師の家に徹允を誘う。

二人でいったその家は、ペンションISOKAI。
オーナーが琴美の恩師だった。

キャラクターイメージアルバム 「木漏れ日ダイアリー」からだ編 icon 2006/12/6発売

キャラクターイメージアルバム 「木漏れ日ダイアリー」淑子編 icon 2007/1/11発売

「あさっての方向。」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月25日

あさっての方向。 第8話

「あさっての方向」

サブタイトルがタイトル名になったので、一瞬もう最終回かと思ってしまった^_^;

都会に逃げてきたからだ。
自動改札初めてですか。そうですか。

お金も無ければ行くあてもない、でも帰れないので、なんとかするためバイト探しを。
履歴書買って、書いてみても、つい12歳って書いちゃったり。
五百川をごひゃくかわって読まれたり、いろいろ失敗した挙句、履歴書の書き方の例を見てそのまま、「佐藤花子 20歳」で、なんとか採用を勝ちとれそうだったのだが、即採用ってわけにはいかないということで、結局だめ。

アパート探すにしてもすぐに住めるところはほとんどないわけで、それなら住みこみのバイトでも探さないとね。
履歴書に本当の住所を書いてしまうのもどうかと思うんだけど、相手が不思議に思ってない所を見ると、意外と近所だったのかな?

雨のなか、公園の滑り台の下で夜を過ごしながら、小さいころを思い出すからだ。
両親が本当の親じゃないって幼稚園のころに偶然知ってしまったこと。
両親はその後、それまで以上に愛してくれたこと。
そして、兄がいたこと。
その兄は自分を愛してくれるか心配だったこと。
だから初めて会ったら「はじめまして五百川からだです」と挨拶しようと決めていたこと。

それなのに、初めて会うのが、両親が死んでしまったからになってしまったこと。
それでもなんとかそう挨拶できたこと。

それ以来ずっと、尋は自分のために優しくしてくれたこと。
だけど、それは色んなものを犠牲にしてきたんだということ。
だから、自分から尋を自由にしてあげたくて、願い石に願ったのに、それなのに全然尋を楽にしてあげられなかった、今まで以上に苦しめてしまっていること。

そしてなにより、尋が犠牲にしたものがなんだったのかをあの写真を見て知ってしまったこと。
だから逃げ出してきてしまったのだ。
でもそれはそれで、結局尋を自由にしてやる事にはなっていないってことに気付いて欲しいんだけどね。

からだが落とした履歴書を見て、タクシーの運転手さんが心配して、家に連絡してくれる。
尋はからだを連れ戻そうと都会へ向かうが、尋の姿を見て、逃げる様に電車に乗ってしまうからだだった。

逃げれば逃げる程、尋を苦しめるんだけどねぇ。

今回のことで、からだはあくまで、尋を自分のために犠牲になっている人って認識なんだってことがわかった。血が繋がっていないのを知ってるんだから、恋の対象なのかとも思っていたのだが、そうではないんだね。
本当はそうなのかもしれないけど、自分のものにしたいって想いは少なくとも持っていないということかな。

「あさっての方向。」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月18日

あさっての方向。 第7話

「二人のつかのま」

8月20日は尋の誕生日。なぜか本人はいつも覚えていた試しがない。それは昔もいまも変わらない。

からだと椒子でバースデーケーキを作る。

椒子さん、アメリカにいたころ、尋のために七面鳥のロースト作ろうとしたことがあったようだが、「湯煎」も知らない椒子さんが、いきなりそんなものに挑戦してもねぇ。失敗して捨てるのももったいないような。
黒こげでも中のほうはなんとか食えると思うけど。

椒子さんは、「びっくり水」って言われて、びっくり水っていう水を探すタイプだね。

椒子が尋と付き合ってたの、からだって知らなかったんだね。

椒子にとってからだは友達みたいな存在にやっとなれたところだったのだが、どうやらからだは、椒子と尋の写真をみつけてしまったようで、突然家から姿を消した。
そう早まらないでもいいと思うんだけどねぇ。

「あさっての方向。」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日

あさっての方向。 第6話

「夏の永遠」

アパートを訪ねてきた徹允のあとをついていくからだ。
徹允はからだは親戚の家に行ったと言っても信用していなかった。
学校の教室を見て、懐かしさを覚えるからだ。
ほんの少し前のことなのにね。

今度は神社へ。からだの階段を昇る姿、水を飲む姿、そんな仕種から徹允は、大人の彼女になぜか子供のからだを感じる。
そして、神社の裏山を登る、ここでも子供のからだを一瞬感じる徹允。
着いた先は、神社の水の水源だった。
ここにからだを連れてきたかったのだそうだが、そのときは、途中で怖がられてここまで来られなかったと。

徹允くんここまで感じていて、気付かないのは、勘がいいのか、鈍いのか。
まぁ大人になってるとは普通思わないからね。

そんな徹允に、からだは、元気でいることを絵はがきで送るのだった。
ところで、消印はどこなんでしょう?

これでバレるような気がするんですけど^_^;

「あさっての方向。」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日

あさっての方向。 第5話

「帰るところ」

結局、尋とからだのアパートで当分の間暮らすみたいですね。
本当のことが分かって、尋とからだが別々に暮らすこともないだろうし、だとすると、やっぱり二人のアパートが妥当かな。

二人の間に入って、どうも気まずい椒子さんでもあるけど。
完全にお客さん扱いだしね。

図書館で願い石のことを調べてみるも、なにも収穫なし。

小さい頃を思い出す椒子。
友達が遊びに誘ってくれてもどうしても断ってしまっていた自分。
せっかく差し延べられた手をどうしても取れなかった自分。
子供になりたいとは思っていなかった椒子だが、子供の体になってしまったのは、どこかで素直になってやり直したいという思いがあったからかもしれないから?

近所の子供たちに一緒に遊ぼうと誘われる椒子。
一度目は断った。二度目は悩んだ、「俺たちとは遊びたくないんだ」そういわれたとき、まただと思った。
それでも女の子が一人、手を差し延べてくれた。
影踏みだったから厳密には足だけど^_^;

本当に久しぶりに、もしかしたら初めてかもしれないくらい思いっきり遊んだ椒子だった。

出ていったきり戻ってこなかった椒子を探しに来てくれた、尋とからだ。
親子の様に、3人で手を繋いで帰るのだった。

今回から琴美が登場。
アニメオリジナルキャラらしいですが、ちょっとお節介でもありトラブルメーカーにもなりそうでもある。

尋の前髪がずっと気になっているんですけど、尋が心を閉ざしているというか、現実から逃げている象徴かなとも思っています。
今回は、右目だけだけどだんだんはっきりと描かれる様になったし、尋が前髪を切った時が物語のクライマックスかなとも思ったりしています。
この予想は当たるか?

「あさっての方向。」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月28日

あさっての方向。 第4話

「信じてほしい」

大きくなってしまったからだを見ても、どうしても信じられない尋。
いや信じたくないだけかもしれないけど。

ついキツイ言葉を掛けてしまう尋。
一度、部屋を椒子に追い出されるも、戻ってきた尋だった。

そのまま朝に。
からだが朝食を作る姿、食卓に並べる姿、朝食の献立、そしてその味。
とくに卵焼きのあの塩味。
尋は何を感じたのか。

夜は夏祭り。
3人で行ってみる。
椒子は、尋とからだの二人きりにしてあげる。
二人は、去年花火を見た思い出の場所へ。
花火が上がる中、謝り続けるからだがいた。

尋はからだがからだだと納得できたようだ。

最後は3人でマンションに帰るのでしたと。

ところで、これから3人はどこでどう暮らすんですかね。

たこ焼き一人で食べきったのか椒子。
量ありすぎとかいってたけど、椒子って何歳くらいになったのかなぁ。

「あさっての方向。」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日

あさっての方向。 第3話

「あたらしい生活」

郵便局で椒子の貯金を下ろすのに、緊張するからだ。
あの大きさの郵便局で順番待ちのカードがあるのがすごいな。

そのお金で、服を買ったり、ベッド買ったり。二人の生活準備を。
ちまちました買物はなれているようだが、さすがに大きなお買物にはなれていないからだか。

お風呂上りに、椒子の服を用意するのに、リボンまでは必要ないと思うけど^_^;
自分が子供っぽいって皮肉を言ったリボンなんで、そのリボンをちゃんとしちゃうのもまた椒子さんからだに遠慮してますか?

偶然、ベッドの配送業者が、尋に道を訪ねたことで、椒子のマンションを知り訪ねる尋。

椒子の妹として応対する椒子だが、いたたまれず逃げ出してしまう。
追いかけてきた尋に、願い石の前で真実を話す椒子。

当然、尋は何も信じてくれないのだが。

尋は、椒子を捨ててからだと暮らすようになった訳を話す。
からだは、本当は親戚の子だったが、2歳の時引き取った。だから血も繋がっていない。
妹と思ったこともなかった。両親が死んだとき、ほとんどはじめてからだと対面したのだ。

涙を堪えた姿で「はじめまして五百川からだです」と尋に挨拶したからだ。
それから放っておけなくなった。

椒子はマンションに尋を連れてかえる。
そこには、買物から帰っていたからだがいた。

彼女がからだだと、尋に告げる椒子だった。

これで信じてもらえるのかな?
信じてくれたとしても、今後どうするのかはまた別問題だな。

「あさっての方向。」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ