カテゴリー「ロケットガール」の12件の記事

2007年5月19日

ロケットガール 第12話(最終回)

「ロケットガール -rocket girls-」

NASAの条件は、マンゴスティンの分離作業をゆかりたち本人がすること。
危ないことは全部ソロモン側に被せたと。

さすがにさつきさんまでがこの計画に反対するも、ゆかりと茜の決意は変わらない。

アトランティスからの分離作業を、NASAに内緒でノーマンたちが引きうけてくれる。
なんだかんだで、ゆかりと茜のことを認てくれたということらしい。

オルフェウスとのランデブーに成功し、ミッションも簡単に終了。
オルフェウスを冥王星へ送り出して、高度3000kmからの地球の眺めは最高だった。

あとは、地球へ帰るだけだったのだが、設計段階の計算ミスで、マンゴスティンでは、この高度からの再突入時に、熱破壊を起こすことが判明してしまう。

つまりは、帰れない。
これこそオヤジの呪いだったりして?

誰もが絶望するなか、ノーマンが「スキップ弾道」を思い出す。
アポロが月からの帰還のときに用いた方法。

大気圏突入時に、アップダウンを繰り返すことで摩擦熱による温度の上昇を抑えるってことね。

で、そのタイミングのポイントの数字を教えるわけだが、ボールペンをアトランティスのクルーにあげていたことで、書いておくことができない。
48コくらいなら、暗記できると、茜が覚えたことで、これで安心と思ったみたいだけど。

これを実行するときは、5~6Gかかるって言ってたんだよねぇ。
茜ってば、4Gすら耐えられないのに

ということで、肝心のときになって、茜は気絶。
ソロモンとも当然再突入時には通信できないということで、ゆかりが山勘で勝負。

最後は、ゆかりも気絶しちゃったみたいだけど。

で、またまた東京上空に落ちてきたようで、それもラストを見る限りではまたもネリス女学院のプールに落ちたみたいだけど^_^;
やっぱり、いい精霊のお守りのお陰で、帰りたいところへ帰ったということですか?

それなりに感動したんだけど、最後はちょっと急ぎすぎって感じもしないでもないかな。

オチもあやふやなまま終わっちゃったのが残念。

ネリス女学院に宇宙飛行士科ができちゃうとか、ソロモンにパイロット志願の女子高生が殺到するとかそんなのを期待したんですけど^_^;

WOWOWらしくかなり放送も不定期になってたりしたけど、毎回の放送が楽しみなアニメだったのは確かです。
それだけに1クールじゃなくて、2クールくらいでじっくりと見てみたかったとも思います。

iconicon
DVD ロケットガール 2 icon 2007/6/22発売

DVD ロケットガール 1 <限定版> icon 2007/5/25発売

「ロケットガール」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月12日

ロケットガール 第11話

「ターンスタート -turn start-」

マンゴスティン打ち上げ成功。
よくおやじ何もしなかったね^_^;

とはいえ、やっぱり茜は気絶しちゃったけど。
一人乗りだったら大変だったかも。

普通ならランデブーに1日使うのに、たった地球一周でシャトルにドッキング。
それも茜が一発で決めてみせる。

そして、間髪いれずにミッションを始めようとするゆかりと茜。
ミッションスペシャリストのノーマンに素人に扱えるものじゃないと怒鳴られる。
逆にガツンと言い返すゆかりだったりする^_^;

ミッションスタート。
部品を見つけるも、バックパックがつかえて手が届かない。

ならと、バックパックを外して挑戦。
ヘルメット内部の酸素のみとなるため、限界は3分。
止めようとするノーマンだが、茜を信じていかせるゆかり。

時間ギリギリでミッション成功。
これでお仕事も終わって、あとはシャトルに乗りこんで乗組員たちと交流するだけ。
博士とも交信して、感謝を言われる二人。
グッズ交換もしていいムード。

ノーマンもわざわざ一言皮肉をいいに顔を見せた。
一度ヘルメット脱ぐと、ニ時間予備呼吸が必要なのに。
そして、このあと、オルフェウスにあの部品をとりつける作業があるというのに。

二人が、プロ意識をもっていることをちゃんと分かってくれたようで。

オルフェウスの修理は無事終了。
と思った瞬間、オルフェウスのエンジンが暴発して、高度3000kmの楕円軌道へ。

オルフェウスをなんとかして探査に出発させる為に、茜が作戦を提案する。
かなり危険だが、可能性はある。

ゆかりと茜の最後のミッションが始まる。

このトラブルの原因は、親父のせいだったりしないのか?

iconicon
DVD ロケットガール 2 icon 2007/6/22発売

DVD ロケットガール 1 <限定版> icon 2007/5/25発売

「ロケットガール」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月28日

ロケットガール 第10話

「オービター -orbiter-」

スペースシャトルアトランティスから打ち上げ予定だった、冥王星探査機のオルフェウスが故障。
部品を交換しようとしたが、ミスでブースターがオルフェウスの内部に落ちてしまう。
身体が大きい宇宙飛行士たちでは、どうすることもできない。

それに目を付けて、まさにビジネスチャーーーーンスとばかりにSSAがNASAに売りこんだ。
自分たちなら取れますよと。

これにより、急遽、二人乗りオービター「マンゴスティン」で、船長・ゆかり、ミッションスペシャリストとして茜が宇宙へ行く事に。

訓練開始してからまだ一ヶ月しか経っていないと最初は無理だと言っていた茜もゆかりの励ましもあり覚悟を決める。

実家に電話したら、両親は神社にお参りにいってくれていたことで、かなり嬉しかったみたいだね。
勝手に家を飛び出してきたのに心配してくれるわけだしね。

呪っちゃうどこかの親父とは訳が違うって^_^;

今回は、悪い精霊につかれないように、ドリアン食べさせようとするマツリ。
ちゃんと、親父にも呪うなって忠告しておいて欲しいけどねぇ。

アトランティスの乗組員のほうは、あまり納得していないようだけど大丈夫かな?
まぁわからないでもないな、自分たちは必死に訓練して選ばれたエリートって意識があるだろうしね。
女子高生ごときにって思いはあるだろうな。

とはいえ、安川が逃げ出すほど(逃げ出した理由は違うけど)の訓練を受けているんだけどね。
それは彼らは知らないしね。

それにしてもマスコミも女子高生宇宙飛行士に飛びつきすぎだよ^_^;

あと、2日で準備したわりには、向井たち余裕ありすぎ。

iconicon
DVD ロケットガール 2 icon 2007/6/22発売

DVD ロケットガール 1 <限定版> icon 2007/5/25発売

「ロケットガール」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日

ロケットガール 第9話

「キックモーター -kick motor-」

茜が荷物を置いたまま逃げかえったと聞かされ、なんかやる気もなくなってしまうゆかり。

訓練が休みになった日、マツリは南の森に9年に1度実るというタリホナッツを穫りに。
そこで、くじけそうな茜と偶然再会する。

茜は、逃げたのではなく、最後の手段?の「単独踏破訓練」をしていたのだ。
マツリの助けを拒否してあくまでも、自分の力で帰りつこうとする茜。

ツバメがいることを教わったけど、そのツバメを見掛けて、そこからイチジクコバチがいることを聞き分けて、イチジクがあることを見つける茜。
あんた、ある意味サバイバルの天才かも。

マツリから、茜が訓練をしていたことを聞いて、助けにいこうとするゆかりだが、ぐっとこらえて、みんなで待つことに。
なんだかんだで、みんな茜が好きなようで、基地をライトアップしてみたり色々細工してくれたりしてる。

なんとか、ギリギリで基地に帰ってくることができた茜、これでとりあえず宇宙飛行士に合格した。

アレってやっぱりこれだったのか。
とりあえず3日間のサバイバル訓練をしてから送り出してるあたりは、慈悲だな。
ゆかりのときは、いきなりだったしね^_^;

iconicon
DVD ロケットガール 1 <限定版> icon 2007/5/25発売

「ロケットガール」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月14日

ロケットガール 第8話

「セパレーション-separation-」

茜やってきて早々、乗り物酔いで倒れてる。
そのわりにしっかり水槽もって来てるけど。

どうしても宇宙に行きたいという意気込みだけはすごい。
優等生キャラを脱却したいということもあるみたいだけど。

茜をみて、那須田今度は2人乗りにしようと決めたようだ。

しかし、茜やる気はあるが、身体がついていかない。
貧血持ちで、体力もなし、遠心機での検査も4Gで気絶してしまったほど。

それでも最後まで自分からギブアップはしなかったのだが。

知力は完璧なのだが、体力がということで、なにやら那須田たちが企んでいるようだが・・

このやる気に感化されて、ゆかりも茜をなんとしても宇宙へ連れて行くまでは辞めないことに。

しかし、次の日その茜が姿を消した。
せっかく水槽に入れたきれいな魚を残して。

スタッフに、安川に、みんな茜に惚れてるしなぁ。
そのおかげで、2人乗りに改造するのも最初嫌がってたのに、俄然やる気がでてるみたいだけど。

iconicon
DVD ロケットガール 1 <限定版> icon 2007/5/25発売

「ロケットガール」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 7日

ロケットガール 第7話

「グラヴィティ-gravity-」

金魚の水槽を応急処置してくれたのが、茜。
強引に、そのまま基地(日本の)まで一緒に行ってもらっちゃう。

茜もかなりの生物オタクみたいだけど^_^;

ソロモンに帰って、報告をすませたら、そのまま辞めてしまうつもりだったゆかりだが、茜になぜか基地に見学にこないかと言ってしまう。

授業を抜け出したということで、1週間の停学をくらう茜。
本人はそんなにショックを受けてないのに、ゆかりは自分のせいだとちょっとふさぎこむ。
校長、話題になってしまったからということで、宇宙飛行士に限りアルバイトを認てしまう
これが裏目に出るんだろうな^_^;

健康チェック終わって、ちゃっかりマツリと実家に帰ってるゆかり。
そんなものなのか?

ソロモンに報告を済ませて、さっさっとおやじを連れて日本に帰ろうと思っていたゆかりのところに、なんと茜が本当に見学に来てしまうのだった。

それにしても、今どきの高校生は、金があるねぇ。
アルバイト禁止なのに、貯金だけでソロモンまで行けるんだもんなぁ。

ソロモンといえば、地震があって津波とかの被害もすごいそうで、なんか妙に心配になってしまった。
SSA大丈夫かって。

ゲストに宇宙飛行士の山崎直子さんが出演していました。
その前に映っていた、画面にタムケンがいたことのほうが謎だが^_^;

iconicon
DVD ロケットガール 1 <限定版> icon 2007/5/25発売

「ロケットガール」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月29日

ロケットガール 第6話

「コントロール-control-」

大気圏再突入先が、インド洋のココス諸島周辺に決まったのだが。

マツリ、オヤジが呪いをかけたことに気付いたか^_^;

そのとき、ポッドにデブリが接触、耐熱シールドが破損。
スキンタイトスーツのリペアキットの接着剤でタイルの修復を試みる為、ゆかりいきなり船外活動をすることに。
このこと、マスコミにしっかり公表してるし。

しかし、完全に穴が空いていて、修復不可能だった。

ロシアのバイコヌール上空を通ることから、ロシアにソユーズの打ち上げを要請することに。
その前に、3号機(coconut)でマツリがゆかりに酸素を届けに行く。

この3号機作って置いて良かったけど、まさかこれにも呪いはかけられてないよね^_^;
マツリちゃんとオヤジに言ってきたかなぁ?

しかし、故障でソユーズ打ち上げ不可能に。
まぁいきなり頼まれて、24時間以内に打ちあげられるほうがどうかしているような気もするけど。

そう考えると、3号機がよくあんなに短時間で打ち上げられたよ。
ある意味、SSAってすごい技術持ってると思うな^_^;

なんとしても地上に帰ると、マツリが3号機の重そうな部品を引っぺがす。
コンピュータ系まで捨てて、ゆかりを乗せるスペースを作り出す。

そして、再突入の軌道計算を電卓で行ない(電卓の使い方ちゃんと覚えて置いてよかったねぇ)ついに再突入。

なんとか無事着水したのだが、その場所はネリス女学院のプール!!
ありえねぇー!!!!

最初、海辺に学校があるのかと思ったけど、中庭のプールって、いくらパラシュートで減速しているとはいえ、深さが足りないだろう。
まぁコメディーらしくていいけど。

これで、後輩の三浦茜が絡んでくるってことか。

とはいえ、TANPOPOは宇宙に残してきたままだし、3号機から捨てた物もデブリになってるし、大変なものを宇宙に残してきてしまったことで。

iconicon
DVD ロケットガール 1 <限定版> icon 2007/5/25発売

iconicon
RISE icon2007/3/21発売
ICHIKOが歌う主題歌

「ロケットガール」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月22日

ロケットガール 第5話

「イグニッション-ignition-」

ゆかりの母の提案で、まずは無人ロケットを打ち上げて、成功したら、ゆかりを乗せることで合意して、ハンストは終わった。

10機作ったほうがコストも下がるっていう発想がすごいよな。
たしかに1機あたりのコストは下がるだろうけど、そもそも1機作るお金が大変なんだからねぇ^_^;

母、父にも会わずあっさり帰って行った。本当に何しにきたんだろう。

ついに女子高生をパイロットにロケットを飛ばすことを全世界に発表した。
押し寄せる報道陣。
ゆかりにより、ロケットの名前は、「TANPOPO」に決定。

ゆかり、学校にバイトがばれるぞ^_^;
今更ばれてもどうってことないんだろうけど・・・

あれよあれよという間に、無人のテストロケットの発射に成功する。
そして、一気にゆかりを乗せてロケットを発射しようとしたのだが、ちょっとした不具合があり、延期に。
次の日もまた違う不安点が出てきて、延期に。
さらに次の日もまたまた不安点が出てくるも、さすがにゆかりが苛立つ。
延期するならロケットを壊す(脱出用ポッドを射出してやる)と脅して、無理矢理カウントダウンを再開させる。

あれだけ嫌がってたのにねぇ、人は変われば変わるものだ。

そして、ついに打ち上げ。
成功したかに思われたのだが、予定のコースを外れて、ニュージーランドの上空に飛んでしまっていた。

おやじ、13日じゃないからって、呪ったのかよ。
娘が乗ってるのに^_^;

「すごい、雲がすごくきれい。何もかもがすごくきれい」
これが宇宙に出た時のゆかりの感想。

なんか、もっと打ち上げは最後のほうになるのかと思ったら、意外とあっさり打ち上げたねぇ。
まぁ微妙に失敗したけど、本当の成功がクライマックスってことかな。

iconicon
RISE icon2007/3/21発売
ICHIKOが歌う主題歌

「ロケットガール」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月16日

ロケットガール 第4話

「カウントダウン-count down-」

遠心機が壊れたので、午前中の訓練は中止。
ゆかりとマツリは束の間の休みを楽しもうと海へ。

海辺には、VABと呼ばれる施設が。
そこでは、オービターを作っているのだが、ゆかりたちには侵入禁止と言われていた。

なんかムカついて、強引に中に入るゆかり。
あっさり取り押さえられたのだが、パイロットとして安全性のチェックをする権限が欲しいと訴え、なんとか認められる。

それで、クリーンルームに入れた。
立ち入り禁止の理由の一つは、クリーンルームだったからってのもあるみたいだけどね。

技術主任の向井は、ゆかりに熱く語る。
古いと保守的な技術は違うとか、MOREはGOODの敵とか。

ついでに、燃焼実験が失敗続きなこともしゃべっちゃった。

それで今度は、燃料工場へ行く、ゆかり。
そこでは、素子が怪しい燃焼実験を。

スタッフ会議に素子を引っ張って乗りこむゆかり。
安全性の確保できないものには乗りたくないと新型燃料の開発中止を訴えるゆかり。

向井を味方に引っ張りこもうとするのだが、素子がそこで、新型の固体燃料の特性を話し出す。
液体燃料よりも軽く出来ると。
内側から外側に向かって燃えて、外側ほど粘結力が強くなっていて、燃料自体が燃料容器になると。
これにより、本来の燃料容器は厚さ3mmのジュラルミンですむと。

これで向井あっさり陥落。
あれだけ、保守的な技術の積み重ねが云々言ってたのにね^_^;

ゆかりは、仕様変更を求めて、ハンストに突入。
訓練云々よりも、心配なのは、ゆかりが痩せることなんですか^_^;
太るのも困るけど、痩せられるのも困ると。

軽い分には、おもりを乗せれば済むような気もするんだけど、そういう問題じゃないのかな?

そこになぜかゆかりの母がやってきた。

プラチナ触媒にすると、何がどうなるんですかねぇ。
化学は詳しくないんでわからないっす^_^;
燃焼のためなら、結婚指輪?をも使う素子もすごいけどね。

固体燃料を作れれば、それ以外は好き放題していいっていうスカウト方法も凄いけど。

今回は一応水着回でもあったわけだが、それよりは、向井と素子のキャラ紹介の回かな。

RISE icon 2007/3/21発売
ICHIKOが歌う主題歌

「ロケットガール」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 8日

ロケットガール 第3話

「ランチパッド-launch pad-」

燃焼実験失敗^_^;
当然ゆかりたちには秘密。

ゆかりにマツリがここに来て、はやくも1ヶ月がたった。

総合力では、ゆかりだが運動能力は、マツリが上。
責任感が強いゆかり故に少し悩み始めたのだが、そこで閃いた。
何も自分が宇宙へ行く必要は無いじゃないか、マツリに行かせればいいのだと。

そこで、天津飯店に夜食の出前を密かに頼む。
つまり太ってしまえばいいという発想である。

1週間で0.6kg太ったゆかりだが、マツリは0.7kg太ってた^_^;
まつりはすっかりお見通しのようで^_^;

しかし、歌を歌って魚を獲れるとは、マツリ恐るべし。

そんな現場を木下に見られてしまい、怒られるかと思ったら、逆にしんみりさせられちゃいました。
小学校1年生のときにアポロ11号の月面着陸を見た木下。いつか月へ行きたいと思ってきた。
そして40才を過ぎてやっとそのチャンスが巡ってくるも、健康診断で不整脈が出て断念せざるを得なかった。

ここにいる人達はみな何かしらの夢を持っている。
責任に押しつぶされそうになったら、みんなの夢に乗ってしまえばいい。
小型軽量ロケットで女子高生が宇宙への新たな一歩を歩む。私は痛快この上ないと思う。

この言葉でやる気復活のゆかり。
「明日から0.6kg減らすよ」
マツリも
「わたしは0.7kgね」

しかし、燃焼実験はまたも失敗していたりする^_^;

ゆかりの母は、旦那のことは達観しているわ、娘が宇宙飛行士になったこと本気で喜んでるわ、なかなかどうして、結構いい加減な人っぽいな。
あの父とこの母で、どうしてゆかりのような性格の子供が生まれたんだろうね。
こんな両親だからこそ責任感が強くなったってことか?

夏休みもうすぐ終わってしまいそうなんだけど、どうするんでしょうね?

iconicon
ロケットガール 1  女子高生、リフトオフ! icon 発売中

RISE icon 2007/3/21発売
ICHIKOが歌う主題歌

「ロケットガール」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ