カテゴリー「精霊の守り人」の26件の記事

2007年9月30日

精霊の守り人 第26話(最終回)

「旅立ち」

シュガにバルサたちの暗殺を思いとどまらせる、狩人のモンとジン。

チャグムは下山するときも、御輿に乗らず、タンダに肩を貸して歩いて降りてきた。

ヨゴに戻った瞬間からチャグムとバルサたちの間には身分の壁が聳えたつことになる。

皇太子として、国を救った英雄として迎えられるチャグム。
母・二の妃と涙の再会をはたすチャグム。

宮中でチャグムを助けた功績を称えられ歓待されるバルサたちだが、チャグムと会うこともできない。
浴衣というか湯浴み服というかを着て風呂に入るんですか。
そういえば、入浴シーンって初めてだったような。

バルサたちが褒賞を渡されたときも、チャグムは皇太子として、庶民であるバルサたちには顔を見せることすらできない。

そのまま、永遠の別れが訪れようとしていた。

宮中から去ろうとしたバルサたちに、正門を通るなと、門番をしていた狩人たちが。
横の小道から出ろと。

そこには、シュガを共にチャグムがいた。
皇太子でも国の英雄でもない、ただのチャグムが。

「チャグム、私と逃げるかい?」
「なんならひと暴れしてやろうか」

「暴れるのは他の子のためにとっておいて」
「タンダとバルサの子だったりしてね」

今度こそ本当の別れのとき。
「さよなら、チャグムって言って」
「さよなら、チャグム」

バルサもチャグムも背中を向けたまま。

それから、バルサはカンバルに一度戻る事に。
バルサにしか弔えない人のために。

バルサが旅立ったとき、新ヨゴ皇国に、雨が降った。
待ち望んだ、恵みの雨が。

ホントに丁寧に作られた佳作だと思います。
とくに世界観の構築にともなう背景描写はホント最後まで一貫して丁寧に描かれていて見応えがありましたね。

iconicon
精霊の守り人 4 icon 2007/9/21発売

「精霊の守り人」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
精霊の守り人 ~原作の世界へ~ セブンアンドワイで特集中 icon
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日

精霊の守り人 第25話

「宴」

シグ・サルアの花を食べて、ナユグへ干渉できるようになる、バルサ、狩人。
傷を負ったタンダを置いて先を急ぐ。

タンダの前に、トロガイとシュガが。
そのとき、クマがラルンガに襲われ、腹を切り裂かれる場面を目撃。
どうやら、精霊の卵は一つではないらしい。あちらも確実に生まれるように保険をかけていたようで。

バルサたちチャグムに追いつく。
そのチャグムに、ラルンガの群れが迫る。
必死に食い止めるバルサたち。

卵のために自分の命を諦めかけるチャグムだが、必死に励ますバルサ。
そこにタンダたちが到着。
トロガイとシュガには、何が起きているのかすら見えず。

とにかく死に物狂いでラルンガを食い止め続けるバルサたち。
そして、ついに夜が明けた。
動きを止めるラルンガ。
しかし、完全に夜が明けてしまえば、今度は卵が生まれない。

呪術を使い、タンダはバルサの手をチャグムの腹の中へ導く。
ついに卵を取り出すことに成功した。

後は、ナージが来てくれるだけ。
空からナージの群れが、一瞬通りすぎてしまうも、一羽が戻ってくる。
バルサが卵を空高く放り投げる。

それを咥えて飛んで行くナージだった。

運命との戦いが終わった。

iconicon
精霊の守り人 4 icon 2007/9/21発売

「精霊の守り人」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日

精霊の守り人 第24話

「最後の希望」

ところで、火炎放射器の仕組みはどうなってるんでしょう?

チャグムを追ったのは、バルサ、タンダ、狩人たち。

シュガは、碑文から読み取ったことをトロガイに話す。
200年前、シグルという子供を火を使って助けたこと。
ただし、卵は、ナユグとサグの間にあってニュンガロチャナには卵を産む手段がないこと。

それでもなんとか、呪術をつくしてなんとかなりそうだったときに、ラルンガが戻り引き裂いたこと。
その後、ナージルが飛んできて卵を持ち去った。
ナージルとは、田植え歌のナージのことと思われる。

チャグムは青池に戻ってくる?
なら、なぜ逃げる必要がある?
理由がなにかあるはずと、バルサたちは必死で探す。

そんなバルサに、狩人たちは、最初に戦ったときになぜ殺さなかったのかを尋ねる。
バルサの答えは、単純。
これから人助けしようっていうときに人を殺しては意味がない。

これで納得してくれたのか、バルサを完全に認めてくれた狩人たちだった。

シュガのところに、ガカイからの使者が到着。
宴の地は、ここではないことを伝える。

その場所は、ここから北へ20ナン。
ここへきたのは、シグ・サルアを食べることで、ラルンガを引き寄せる為。

トロガイ、この事実を、ナユグを利用して、タンダへ伝える。
この伝言を聞いて、バルサたちは、川を遡り一路北を目指す。

トロガイとシュガも馬で北を目指す。

チャグムの足跡を見つけたとき、ラルンガが現れた。奴らもチャグムを追っているようだ。
攻撃する狩人たちだったが、攻撃が当たらない。
こちらの世界に干渉したときでないと、当たらない?

そのとき、タンダは、ふと池から持ってきたシグ・サルアの花を食べる。
そして、ラルンガに一撃を。
この一撃で、ラルンガが実体化する。

タンダは振り落とされたが、バルサの短槍、狩人たちの攻撃も効果あり。
なんとか、一匹倒すことに成功。

シグ・サルアの花を食べることで、あちらに干渉できる?
ラルンガに効果があるだけかもしれないが。

この花が、最後の希望!!

iconicon
精霊の守り人 4 icon 2007/9/21発売

「精霊の守り人」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 9日

精霊の守り人 第23話

「シグ・サルアを追って」

全部の碑文を読み終わったわけじゃないが、卵食いの弱点は見つけた?
シュガたちも一軍を率つれて出発。

この冬を越えて、チャグムも成長。
男の顔に。出発を前に着替え。
バルサは、トロガイに頼んでいた、短剣をチャグムに。
「剣の重みは命の重み、その剣はそなたの生であり死である。
それを抜くときは自分の命をその刃に託したものと覚悟せよ」
カンバルの一人前になった子供に短剣を授けるとき、普通は父親が言う言葉を添えて。

チャグム、何かに呼ばれたように感じる。
目指すは、宴の地。
そこは、建国正史にある青池のどこか?

トロガイって子供3人もいるんだ。
その子供たちは今どうしてるんだろう?

バルサのよく見る夢は、タンダとチャグムと暮らしてる夢?

タンダのバルサへの想いは、今では、秋の風のように穏やかなものになっている。

チャグムは、死ぬ恐怖を乗り越えた?
自分が死んだとしても必ず何かを残せるから、大丈夫。
ジグロの話しを聞いて、そう思った。

親子のようにバルサとタンダの手を取り、宴の地を目指す。

シュガ、狩人たちにバルサと戦うことを禁じる裏で、帰りの山道に弓取り三人を忍ばせてる。
バルサたちをことが終わった後、殺すつもリ?
帝の命らしいが。

青の泉に到着。
シグ・サルアでいっぱい。
そこにシュガたちも到着。

碑文から得た、卵食いの弱点は火。
精霊の相克?
水は土に負け、土は火に負ける。
ラルンガは、土の精霊?

夏至祭の大松明は、その名残り?

狩人って、八武人の末裔?

チャグム、突然、泉の真ん中へ。しかも水の上にいたまま。

そこに、ラルンガが襲う。
火で撃退する狩人たち、それでもチャグム襲われる。
だが、卵が光って?チャグムを守る。

そのまま、泉から突然走り出すチャグム。

ガカイは、そのころ間違いに気付いていた。
宴の地は、泉ではないと。
最後まで残った碑文を部下に持たせて、シュガの元まで運ばせることに。

チャグムのむかうところこそ、宴の地?
そこはどこ?

宴の地が泉じゃないと、何がまずいのか。
もし、あちらの世界だったりするとさすがに、手出しできないか。

iconicon
精霊の守り人 3 icon 2007/8/24発売

「精霊の守り人」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日

精霊の守り人 第22話

「目覚めの季(とき)

ジグロと王の槍6人との戦いは、傷つきながらもジグロが勝利。
決闘というよりも、ただの殺し合いになってしまったが。

王の槍8人の魂と同時に、ジグロの魂もこのときに失われた。

彼ら8人の犠牲の上に、バルサの命は成り立っている。
だから、ジグロが斬った8人と同じ魂を救うと誓った。

どうしてジグロはバルサを守ってくれたのか?
ジグロの気持ちが分かったら、自分の今の立場を受け入れられるかもしれない。とチャグム。

戦いが終わった後、バルサから「別れて暮らそう」ともちかけたときがあったそうだ。
「自分の幸せのことだけ考えて生きて」と。
それでも、ジグロは、
案外、お前やこの暮らしが気に入っているんだ」と。
それ以上はなにも言えなかったバルサ。

それから5年後に、病でジグロは死んだ。
バルサが、誓いのことを語ったとき
人助けなんてのは、思い立ってするものじゃない。
そんなに気張るな

そう答えたそうだ。

そのころには、カンバルのログサムも死んでいて、追手の心配もなくなっていた。
カンバルをでてから15年が過ぎていた。

ジグロは、たとえ一文の得にもならないことでも、それが出来る立場にいる人間がそれをやらないことが罪だと考えていたようだ。
国の英雄としてあることも、名もない人間を守ることもジグロには同じことだったのではないか。

ジグロという男の想い、生き様はバルサに確実に受け継がれてるようである。

本格的な冬の訪れを前に、トロガイは湯治場へ。

チャグムは、バルサに
「武術を教えて」
精霊の守り人だから、強くなりたい。

厳しくも、穏やかな冬の生活が続く。
このシーンのBGMの詩は原作にあるのかなぁ?
妙に、昭和初期に作られたようなメロディーに作ってたけど、それがまたこの世界観とは微妙だったような^_^;
世界観よりも新しいというかモダンというか、そんな感じがしてしまった。

タンダも、バルサにプロポーズまがいのことしてるけど、断られてるね。
その気持ちは嬉しいけど、今更、穏やかな生活には戻れないか。

顔を洗おうとしたチャグムに異変が。
いきなり、ナユグの風景が目の前に。
バルサ、タンダのお陰で、こちらに引き戻されたチャグム。
これが、目覚めの予兆?

シュガたちのほうでも、着々と秘文の解読が進んでいたが、季節はもう春の訪れを告げていた。

王の槍ABCっていうのはどうなんでしょう?
名前がないにしても、適当でいいから名前をつけてあげて欲しかった。

iconicon
精霊の守り人 3 icon 2007/8/24発売

「精霊の守り人」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月25日

精霊の守り人 第21話

「ジグロ・ムサ」

チャグムに、ジグロの話をするバルサ。

バルサの父は、カンバル王室付きの医者だった。
母はバルサが5歳のときに亡くなっていたが、それでも幸せな生活を送っていた。

しかし、バルサの父は、王位を狙う、カンバル王の弟ログサムに王を毒殺するように命じられてしまう。バルサの命を盾に。
だが、この命令に従ったからといって、暗殺の事実を知ってしまったわけで、どちらにしろ、自分の命はないことをバルサの父は察していた。
せめて、バルサだけでも助けたいと、友・ジグロにバルサを託すことに。

ジグロは、王の槍の一人。王の槍とは、九人の精鋭の短槍遣い。
その中でもジグロはカンバル最強といわれていた。

最初は、この話しを断ったジグロだったのだが、バルサの父が王に最後の毒をもった日、バルサが狙われた。
そのとき、ジグロが助けてくれる。

そしてそのまま、バルサを連れて、カンバルを後にした。

最初の追手は、5日後。
それは、王の槍の一人だった。
一撃で仕止めたジグロだった。そう、最初のころは、ジグロが戦いを避けようとしてるようにはバルサには見えなかったそうだ。
自分の力を試したかったからなのかはわからない。

新ヨゴ皇国に入って、刀鍛冶に、槍を打ってもらった。
戦いたくはないが、何人殺すことになるかわからない。

雨の中、二人目の追手が。
タグという王の槍の一人。
彼もまた、妻子を人質にとられていたようである。
「お前にも守るべきものができたか」
そういって、息絶えた。

このとき、ジグロは初めて泣いた。
タグこそ、彼の親友だったのだから。

それから、バルサは、カンバルから来た商人から、父が殺されたことを聞かされた。
泣きくずれる、バルサにジグロは初めて事情を話した。

ログサムへの憎しみが湧きあがるバルサ。
復讐のために、武術を習おうとするバルサだったが、ジグロは断る。
女には無理だと。

だが、ジグロの技をずっと盗み見して技を覚えていくバルサ。
とある日に、得意気にそれを披露してみせた、バルサだったが、その場では、
「二度とするんじゃない」
と殴られた。

でもそのあとから、本格的に教えてくれる様になったのだが。
実際、バルサには才能があった。ジグロの戦い方を暗記していたのだから。

ジグロにもバルサが生き残るためには、この道しかないとわかってしまったようだった。
6人の王の槍が追ってくる今、一人でも生きていけるように。

それから、10年近くは運良くやりすごして、それなりに楽しい生活を送れたのだが、さすがに、見つかってしまった。

王の槍・6人とジグロの戦いが始まる。
どうしても、バルサには手を出させようとはしなかったジグロの。

iconicon
精霊の守り人 3 icon 2007/8/24発売

「精霊の守り人」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月19日

精霊の守り人 第20話

「狩穴へ」

シュガに考えを聞きたいと、トロガイ、ニュンガロチャナの運命を正直に話す。
当然の結果として、なら宮が護るという狩人たち。

見えない、触れないナユグの怪物から助けてくれるのか?
我々も、皇子も卵も守りたいだけ。

碑文を読み解いて宴の地へ来い。そこで待っている。とトロガイ。
シュガも、春まではバルサにチャグムをまかせることに決めた。

そして碑文解読役を組織する為、急いで宮に戻る。

チャグムを説得して村に戻ってきたバルサたち。

すぐに冬籠りするための狩穴へ旅立つ。
トウミ村の人たちは、一行を頭を下げて見送ってくれる。
誰かがならねばならない運命を担ってしまったチャグムに。

宮に戻ったシュガは、ガカイの元へ。
碑文解読の長になっていただきたいと。

狩穴は、バルサにとっても思いいれのある場所。
育ての父・ジグロと暮らしたこともある場所。

チャグムにも冬籠りの準備を手伝わせる。
サケの燻製作ったり、獣の罠を仕掛けたり、その獣をさばいたり。

そんなことをしながら、チャグムにジグロとのことを話し始めるバルサ。

ジグロがいなければ私は6歳のときに殺されていた。

冬の訪れを丁寧に描いていたかな。
霜柱踏みしめてたりね。

あと、チャグムたちが村に戻ってきた時の、あの影絵みたいな演出がちょっとおもしろかった。
ニムカを叱ろうとして、手をあげた長の手がなかなか動かないのが。
ちょっと引っ張りすぎかとも思うけど。

iconicon
精霊の守り人 3 icon 2007/8/24発売

「精霊の守り人」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月12日

精霊の守り人 第19話

「逃亡」

ニムカに卵食いを倒す方法がないかを尋ねるも、そんなものがあれば、100年前にやっている?

見えない相手だが、引き裂いたときだけ爪が見えたらしい。
地面から何本も生えてきたそうで。
どうやら、ナルンガに裂かれることによって、卵を外に出すことができるらしい。

その卵をナージが送ってくれるということらしい。

田植え歌は、まさにこの水の精霊のこのことを歌ったものだった?
しかし、そのナージすら、最近は姿がめっきり見えなくなっている。
そうなると、チャグムどころか、精霊すら守れない?

どんなに絶望的な状況でもチャグムを助けたい。
戦って道を開くしかない。

とにかく、追ってくる狩人たちから守る為に、狩穴へ?

そのチャグムは、自分が卵食いに裂かれる運命としり、それなら、宮に帰りたいと思ってしまう。
ニムカは自分の話のせいで、辛い思いをさせてしまったと悔やんで、チャグムを宮に帰してあげようと、夜中にこっそりとチャグムを連れて、村を出る。

それに気付いたバルサは後を追う。

夜が明けて、シュガたちが村に到着。
チャグムを返せと迫る。

逃げ帰ろうとしていたチャグムに一瞬あちらの世界が見えた?
やっと追いついたバルサは、どうしても帰りたいなら私を倒していきな、と短槍をチャグムへ。
「さあ、そいつで私を突いてみろ」

「宮に帰ってシュガと母君に守ってもらうんだ」
本当に突こうとしてるし^_^;

「親に刃物を向けるたぁどういう了見だ」ってそれある意味逆ギレでもあるけど。
まぁバルサは本当の親じゃないとか言われちゃったから、私は親のつもりだっていう意味もあるんだろうけどね。

「私の命にかえてもお前を死なせはしない。だから私を信じておくれ」

シュガたちに本当のことを言ってみるのはなしなのでしょうか?
まあそれを知ったところで、宮で守ってみせると言い張るんだろうけど。

秘伝になにか残ってるかもしれないのにね。

iconicon
精霊の守り人 3 icon 2007/8/24発売

「精霊の守り人」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 4日

精霊の守り人 第18話

「いにしえの村」

シュガと狩人は、バルサがトウヤに用意させていた旅支度の内容から、行き先を探る。

タンダの母方の祖母がトウミ村出身で、祖父も一緒にトウミ村にってか。

チャグムに本当のことを言えぬままに、トウミ村に到着。
タンダを見て、祖父クンダの家系の人と分かってもらえる^_^;

道切り縄の風習って、のれんの元みたいなものですかね。

精霊の守り人である、ニュンガロチャナの伝承を聞こうとするのだが、すでにこの村でも語り部は存在していなかった。村長の母親が最後だったそうだ。

100年前のニュンガロチャナは、村長の父の兄だったそうだ。

村長の孫娘が、少しだけそのニュンガロチャナの話しを聞いていたということで、その話を教えてもらう。

ニュンガロチャナは、卵がかえる時期になるとたった一人で宴の地へ行ってしまい二度と帰ってこない。
なんとか、村長の父の兄を守る為に、村の人たちが宴の地へついていったらしい。
そこは、アオユミ川の水淵、シグサルワの咲き乱れる大きな泉。
そこには、ナユグからナユンガも卵を食べようとやってきていた。

そして、人には見ることも触ることも出来ない大きな爪でニュンガロチャナを真っ二つに引き裂いた。誰に見えたんだろう?

その話を聞いて、チャグムはショックで倒れてしまうのだった。

きりたんぽ作ってますけど。

「精霊の守り人」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月28日

精霊の守り人 第17話

「水車燃ゆ」

シュガ、街中でチャグムを発見。
もう大丈夫だから宮へもどって欲しいと伝える。

それでも、それを拒否するバルサ。
宮へは帰せないのっぴきならない事情があると。

サグムの死を伝えて、チャグムに帰ってきてほしいと頼むシュガだが。
バルサは、チャグムを連れて逃げる。
チャグムは、兄の死を知って動揺してるけどね。ましてもう安全と言われたのに、それでもだめだと言うバルサにちょっと不信感かな?

でも、チャグムの命がかかってるしね。
はいそうですかとは言えないんでしょうが。
どっちも言葉が足りないってことだな。

トウヤは、自分がつけられていた事に気付いた。
水車小屋には、旅の荷物とトウミ村への地図が。

追手がいることをバルサに知らせる為に、トウヤ、小屋に火をつける。

その火を見て、バルサはトウヤの気持ちを察した。
「すまん、トウヤ」

iconicon
精霊の守り人 2 <初回限定版> icon 2007/7/25発売

「精霊の守り人」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ