カテゴリー「ヒロイック・エイジ」の26件の記事

2007年10月 2日

ヒロイック・エイジ 第26話(最終回)

「エイジ」

アルタイア生き残ってたのか。
結局、主要キャラは、誰一人死ななかったんですね。

アルゴノートを、パエトー・オーが修復してくれた。

ユティに感情が根付いた。

みんな生き残ってるのに、エイジだけが戻ってこない。
ベルクロスがカギとなり、扉と一体化した。あちらの宇宙に生きているかは不明。

銀の種族は、青銅の種族の大半を率いて扉の向こうへ行く事を決意。
銀の種族であるユティは当然ついていく、ユティが行くならカルキノスはついていく。
レクティは、プロメについていき、新たな知識を得るのが望み、それならメヒタカはついていく。
ということでノドス4人は全員銀の種族と共に扉の向こう側へ行く事に。

エイジを見つけたら必ずこちらに帰すと約束して。

鉄の種族は、エイジとの約束を果たす為、こちらの宇宙に残る。
そう、惑星オロンの再生こそが、エイジの願いでもあったのだから。

そんなディアネイラにプロメは、銀の種族が黄金の種族より受け継いだ力を与える。
へドロンの盾と、こちらに残る青銅の種族を率いる力を。

そして、銀の種族は扉の向こう側へ旅立って行った。
全員が扉を抜けたとき、扉は再び閉じられ、エリュシオンは元の姿に戻ってしまう。

銀の種族から力を受け継いだこともあり名実ともに、この宇宙の指導者となったディアネイラだった。

それから4年後、惑星オロンの再生もようやく終わろうとしていた。
一人、オロンの地上を歩き、エイジへの想いにふけるディアネイラ。

そのとき、オロンの前に、扉が開く。
エリュシオンが黄金の種族の生まれた星なら、オロンは最後に立ち寄った星、ここにも扉があった。
オロンが再生されたことで扉も戻った。

そこから現れたのは、エイジ。

メッセージとしては、若者よ道を切り開け、作られた道を歩いているばかりじゃ新しいことは見つけられないぞと。
ストーリーはともかく、3D系の映像はかなりきれいに作られていたんじゃないかと。
ワープのシーンとか、ノドスの戦いのシーンとか。
とはいえ、どうしても暗いシーンが多くて見づらかったんだけど。
そもそも最近のアニメは全体的に暗すぎなんじゃとも思うんですけどねぇ(内容がじゃなくて、映像的に暗いというか黒いというか)

iconicon
ヒロイック・エイジ IV icon 2007/10/10発売

「ヒロイック・エイジ」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日

ヒロイック・エイジ 第25話

「最後の契約」

ケルビウス狂乱。
ユティを閉じ込めてたのは、狂乱させて、殺して欲しかったのか、ロム・ロー?

ベルクロス、レルネイア、アルテミア、エルマントスもケルビウスを止める為、エリュシオンを護るために立つ。

そんなノドスたちにエリュシオンが呼応する。
まず、アルテミアに呼応してへドロンの盾が展開。

レクティの前に、ありえたはずの過去すべてが現在に集う。

レルネイアの本来の力は再生、アルテミアは波動。
ならエルマントスは?

ベルクロスは、この星が宿した黄金の種族の力を正しく手にするための器。
過去に干渉して現在を無に帰すのではなく、時空群の彼方から百万の過去を集め、正しさも過ちもすべて未来に受け渡す、これがエルマントスの力。

ベルクロスがカギ。
なら、ケルビウスは、扉。

ベルクロス、黄金に輝いて、ケルビウスに突っ込む。

ケルビウス、ベルクロスが崩壊。
そこに扉が開いた。

黄金の種族が去った別の宇宙への扉が

ベルクロスの水晶が一つ、ディアネイラの前に落ちてくる。
触っただけで砕け散り、空に浮かぶ扉へと上って行く。

ユティ、カルキノス
メヒタカ、レクティ
そして、エイジの運命は。

iconicon
ヒロイック・エイジ IV icon 2007/10/10発売

「ヒロイック・エイジ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日

ヒロイック・エイジ 第24話

「エリュシオン」

ノドス4人復活。一緒に出てきたあの艦隊は何?過去の遺物?

エイジたち4人、パエトーの船を乗っ取って休息しながらエリュシオンを目指す。

ロム・ローは自分が力を手に出来ないとわかればユティにその星を破壊させる。
それがユティの最後の契約。

逆にあの星に眠る力を守るのが、レクティの契約。
カルキノスとメヒタカには、ユティが危険になったら守る契約。

エリュシオンへの道の途中に磁気嵐が、アルゴノートを襲う。
これは、道を切り開けるかを試している?

ディアネイラは、艦がバラバラになる危険があっても、主砲の発射を指示。
ビーが主砲のトリガーだったんですか。ここはちょっと格好よかったかも。

主砲により、磁気嵐は消えて、そこにスターウェイが生まれる。
その道に導かれる様に、エリュシオンが姿を現す。

ヘドロンの盾に守られるエリュシオンだが、アルゴノートをディアネイラを歓迎して、地上への道を開く。

地上に降り立つディアネイラ。

しかし、そこにロム・ローが。
ここには何もない?
だから破壊する?

ユティを解放して、エリュシオンを破壊させようとするロム・ロー。
ユティは、ロム・ローの言う事を聞いてっていうより、自分自身の感情に押しつぶされる形で半狂乱状態。
ユティに攻撃され、アルゴノート、エリュシオンに落下。
クルーは助かるも、アルゴノートは大破。ビーも動かず。
ビーってアルゴノートのメインコンピュータの端末みたいなものってことね。

最後の希望は、ノドスたちですか。

ロム・ローもたんなるだだっ子のようなものだったんですな。
エリュシオンが見つかったのに、絶対何もないと決めつけて破壊しようとする。
あくまで自分たちは黄金の種族に捨てられたと思いこんでいる。
というか、黄金の種族に可愛がられてる鉄の種族に嫉妬してるだけなんじゃないかと。

なんか、親が末っ子ばかり可愛がってるように見えて、おもしろくなくて意地悪してる長男、長女みたい。

こんな思い込み野郎だからこそ、黄金の種族もすべてを与えなかったんじゃないかと^_^;

iconicon
ヒロイック・エイジ III icon 2007/9/5発売

「ヒロイック・エイジ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月11日

ヒロイック・エイジ 第23話

「四人」

エイジの気配が宇宙から消えた。
動揺するディアネイラだが、それでもエイジを信じて、エリュシオンへの道を探す。

ロム・ローはユティを閉じこめる。
感情をプロメに委ねてしまいたいユティだが、それが出来ず哀しみの感情に苦しむ。

レクティが作り出した、空間でレクティとメヒタカは辛うじて生き残っていた。
そこにエイジも。
4人ならここから脱出できる?
そして、カルキノスまでもが復活!!
ここで復活するから、前回あんなにあっさりと死んだんだね。

ベルクロスたちは心がない。
エイジたちは、ベルクロスたちに心を教えるために一緒になった。
心がないと未来がもらえないから。

もしかして、銀の種族も心を一人に委ねてしまってることで未来を自ら閉ざしてる?

レルネイアは、カルキノスと生きる為に力を残していた?

無次元のここを出たら、ユティを助ける?

ユティの命を救うこと。
この契約が意味するところは、これか?
戦いの中での危機というよりも、今現在がユティの危機?

溢れる感情に苦しむユティは、閉じこめるロム・ローへの憎しみが。

メヒタカ・光
カルキノス・命
レクティ・時間
そして、エイジが存在いかなる力にも消されない存在

エイジ以外の三人の力で、停止した時空の一点を開いて、ベルクロスを存在させる。

エルマントスがベルクロスを連れて、可能な限り過去へ飛ぶ。
アルテミアが現在の一点に波を作る。無における最初の方角、すなわち空間を。
レルネイアがみんなの命を保つ。ベルクロスがその時間と空間において最初の存在となるまで、レルネイアが全員を生かし続ける。
すべては一瞬。

で、あの女の人は誰?
もしかして、黄金の種族が出現する前まで戻ったりした?

パエトーがあくまでアルゴノートを襲う。
限界ギリギリのところで、ディアネイラが、ついにエリュシオンへの道を見つける。

緊急ワープ直前、パエトーの攻撃。これをくらったら・・・・

それを防いだのは、復活した、ベルクロス!!

ほかの3人も戻れたのかな?
これでユティを助けると、ノドスが5人仲間になるってことかな?

iconicon
ヒロイック・エイジ III icon 2007/9/5発売

「ヒロイック・エイジ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日

ヒロイック・エイジ 第22話

「死の契約」

プロメからエリュシオンの記憶を受け継いだディアネイラ。
そこに黄金の種族の力が残っている?

ディアネイラがエリュシオンへの道を見つけだし、黄金の種族の力を見出せるか。
これこそが、鉄の種族と銀の種族の運命を決める?

ノドスの契約は道を、未来を示している?
辿りつくべき最善の未来?

「スターウェイを生み出す力は誰もが持っている」
この宇宙がスターウェイで満たされる、それが黄金の種族が望んだこと?

ディアネイラは、アルゴノートに戻り、エリュシオンへの道を探し始める。
そして、出発。

ノドスたちは戦い続ける。
カルキノスが再び参戦したことに気付かないユティ。
狂乱の前兆?

レクティ、狂乱をさせじと参戦するも、それが逆作用?
メヒタカはエイジを守ろうとしてついに倒れて戦線離脱。

そして、カルキノスが、ユティを守ってついに死す!!
もっと劇的な演出があるのかと思ったけど、あっさりと殺したねぇ。

まあ、ユティが暴走するためには、あのくらい静かなくらいの演出が必要だったといえなくもないけど。
あの次回予告のバックに使われてる、結晶みたいのが、コアみたいなものだったんですか。
英雄の種族の本体ってこと?

これでユティが暴走。

メヒタカを抱いたレクティも、ベルクロスもユティの回りに存在する星々すべてを消し去った。

そして誰もいなくなった。

宇宙に漂う、ユティを収容したロム・ロー。
狂乱したわけではなさそうだけど?あれは狂乱したようにしか思えないけどね、どっちだったんだろう?
狂乱を止められるのは黄金の種族だけなんでしょう?
または、エイジにはディアネイラがいたけど。
でもすべてを消し去ればとまるのか?

エイジの気配が消えたときの、ディアネイラの目の動き(泳いでた)がなんとも良かった。

iconicon
ヒロイック・エイジ III icon 2007/9/5発売

「ヒロイック・エイジ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月28日

ヒロイック・エイジ 第21話

「惑星コドモス」

ディアネイラ、イオラオス一人を伴ってコドモスのプロメ・オーの元へ。

ついに歴史的会談が始まる。

銀の種族と鉄の種族が和解することで、黄金の種族の力が手に入る?
銀の種族は、宇宙で孤独に耐えるために精神の共有が発達した。

黄金の種族を失った喪失感、これからこの宇宙を担って行く使命感から、鉄の種族を滅ぼそうとした。
なぜなら、黄金の種族が鉄の種族が力を与えたから。裏切られた気持ち。

星々に宿る想いが導いてくれる感覚。
スターウェイを持たない星同士を結びつける感覚。
星々の導きによって宇宙を旅する我々も同時に星々を導いているのではないか。
スターウェイは星々の交流であると同時に命そのもの。
星が生まれる前にスターウェイは生まれ、星が死ぬ前に消えてしまう。

生命が星々を交流することでもスターウェイは生まれる。

黄金の種族が、告げた、「出でよ」
この言葉の真理がそこにある。

この宇宙をスターウェイで満たす。
それが、黄金の種族の目的だった?

争いにも、宇宙の可能性があるからこそ、矛盾する契約の可能性を残した?

パエトー・オーは、一人アルゴノートを襲うも、他の銀の種族が防御。
彼らは、二人の会談を支持する?

だが、まだロム・ロー派は戦いをやめようとはしなかった。
そのため、ノドスたちの戦いはまだ続く。

プロメは、ディアネイラに、ディアネイラの道を見つける力にすべてを託す。
スターウェイの失われてしまった、黄金の種族の母星「エリュシオン」の記憶を、ディアネイラへ。

そこにこそ、真実がある?
そして、黄金の種族の力が手に入る?

iconicon
ヒロイック・エイジ III icon 2007/9/5発売

「ヒロイック・エイジ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月21日

ヒロイック・エイジ 第20話

「暗黒のノドス」

アルゴノートがパエトー・オーと戦っている間に、本艦隊は、ユティの脅威にさらされていた。

旗艦アルタイア、主砲で迎撃するもまったく効果なし。
怒りを買っただけ?

光も星々も時空も、永遠に停止した時空の一点へと消えて行く。
何もかも無の次元へ飲みこむ。あらゆる英雄の種族の中で最も暴虐な力を防ぐすべはない。

連合艦隊のことを知ったディアネイラは涙。
エイジに「どうか救って下さい。一人でも多くの命を」

ディアネイラは道を探す。
そんなディアネイラのために、メヒタカも戦うことを決意。
エイジと一緒に、連合艦隊を救いに。

ユティの力で、次々と消えて行く連合艦隊。
その脅威は、旗艦アルタイアにも迫る。

ギリギリそこでエイジが間にあった。
ベルクロスは、ケルベウスの力すら防ぐ?

メヒタカの出撃を知りカルキノスも出撃。
4人のノドスの戦いに。

しかし、ユティは、カルキノスを遠ざける。
彼女がカルキノスの死を恐れてる?

それでも、3人のノドスの戦いに巻きこまれ旗艦艦隊は全滅。
バカ兄貴たちもついに?
案外しぶとく生きていそうだけど。

ディアネイラはついに道を示す。
そこは、銀の種族の母星、惑星コドモス。

そこに人類に敵意を持っていない銀の種族がいると。プロメ・オーか。
彼女と話し合う?

アルゴノートは全艦隊へ、「生き残りたければ、コドモスを目指せ!!」と

iconicon
ヒロイック・エイジ I・II icon 2007/8/8同時発売

「ヒロイック・エイジ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月14日

ヒロイック・エイジ 第19話

「星系間侵攻」

銀の種族の母星・コドモスへ侵攻開始。
アルゴノートは、またも単独で行かされてます。

本隊は、星系を包囲しつつ侵攻。

みんなで見つけないと未来へはいけない。

レクティの契約は
一、銀の種族に従う限りその種族は繁栄する。
一、銀の種族と敵対するものとはノドスとして戦わねばならない。
一、銀の種族ノドスが命の危機を迎えたとき、これを救わねばならない。
一、黄金の種族の力を見出した時、銀の種族に伝えねばならない。
一、黄金の種族の力が失われようとしたとき、それを守らねばならない。

プロメが定めたと。

カルキノスにたいしてはロム・ローですか。
一、銀の種族が黄金の種族の力を手に入れたとき、苦役から解放される。
一、銀の種族と敵対するものとは命をとして戦わねばならない。

ユティにもロム・ローですか。
一、銀の種族以外のものが黄金の種族の力を手に入れた場合、その力を命にかえても破壊せねばならない。

エイジには、
人類に黄金の種族の力を与えるみたいな契約があったような

ということで、矛盾する契約がかわされる可能性を黄金の種族は考えなかったのか?
そんなはずはない?

アルゴノートは、ターミナルプラネットの一つに侵攻するも、そこに銀の種族の姿はなし。
それを見て、彼らは、生存圏という考えがないのではと思い立ったモビート。

常にばらばらに存在し、テレパシーのようなもので意志疎通している?
だとしたら、このままでは、自分たちが包囲されることになるのではと、艦隊再編を提案しようとするのだが、時既に遅し。

本隊が、銀の種族に完全にふいをつかれ攻撃をうけることに。

ディアネイラは、アルゴノートを監視する、パエトー・オーと接触を試みる。
ディアネイラを見て、感情が抑えられないパエトー・オー。

連合艦隊、本隊に、ついにユティが出撃。

iconicon
ヒロイック・エイジ I・II icon 2007/8/8同時発売

「ヒロイック・エイジ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日

ヒロイック・エイジ 第18話

「勝利の日」

両陣営とも、相手の真意が読めない。

青銅の種族の母星タウロンへ侵攻する連合軍。
なぜか、銀の種族は出てこず、青銅の種族を見捨てた?

人類側がおしまくる中、青銅の種族は、連合艦隊の真ん中にアリ塚ごとテレポートしてくるほど捨て身の作戦でくるのに、銀の種族はまったく出てこない。

連合軍は、ついに惑星タウロンへ。
そこも完全に制圧するのだが、そこは、老いたものが、幼子を育てる為の星だった。
つまり、この星には、戦えるものはいなかった。

それを知って、ディアネイラは、攻撃中止を進言。
これはもうただの虐殺だと、もう敵はいないと。

人類連合艦隊は、たしかに勝利した。
ただし、苦い勝利ではあったが。一部のバカをのぞく^_^;

銀の種族らは、みな未来を見て新しいものを求めている。
だが、鉄の種族は過去を大切にする。そこに中心がある。
そして、その鉄の種族と似ている種族は、黄金の種族だけ。

iconicon
ヒロイック・エイジ I・II icon 2007/8/8同時発売

「ヒロイック・エイジ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月31日

ヒロイック・エイジ 第17話

「報復の軍勢」

惑星タウロンへ侵攻するために、途中のターミナルプラネットを接収する?

メヒタカの種族は、命あるものは食べない。
かわりに、命のないものなら何でも食べる。
鉄とか、それもかなりの大食い。ガッちゃんみたい

他のノドスの種族も銀の種族に人質にされている?
それなら、保護できれば、人類の味方になってくれる?

銀の種族は、人類だけを滅ぼそうとする理由はなにかを考えてしまうディアネイラ。

メレアグロスは、早くも惑星ネッソスを接収しようとして反発されてる^_^;
強行突破しようとするメレアグロスだが、さすがにそれでは、他の星も敵になってしまうかもしれないと、ディアネイラは、アルゴノートをネッソスの盾になるようにワープアウトさせる。

で、自分が出て行って交渉する。
メレアグロスたちに対しては、エイジが牽制。

ネッソス側も、ディアネイラには礼をつくすのね^_^;

評議会にも働き掛けて、ターミナルプラネットの接収は、なしということに。

それならと、メレアグロスは、自分の艦隊をどんどん進軍させる。
補給とかまったく考えないで。それを考えてやるのも、アルゴノートの仕事ですか?

ホント厄介ものですな。

銀の種族には、人類が青銅の種族の母星であるタウロンを攻めようとする理由がわからないらしい。
母星に拘りをまったくもってないみたいだからね、銀の種族は。
青銅の種族にとってはどうなのかは、さっぱりわからないけど。

ユティを使えば大いなる滅びを招くと予言されても、銀の種族はユティを使うことを決断。

「エイジが迷子になったらイオラオスが連れかえって」
これは、伏線ですか?

iconicon
ヒロイック・エイジ I・II icon 2007/8/8同時発売

「ヒロイック・エイジ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ