カテゴリー「ポリフォニカ」の12件の記事

2007年6月21日

神曲奏界ポリフォニカ 第12話(最終回)

「シンフォニー 虹の神曲」

誰の言葉も聞き入れず、歌いつづけるクリスタ。
テルミンの言葉なら届くのではと、彼の研究資料を調べるフォロンたち。

精霊爆弾をセットしようとしていたところを偶然、ミサキとクリスタが目撃。
それに驚いた男が、転んでスイッチを入れてしまう。
そんな簡単に起動してしまうような装置でどうする^_^;

暴走する精霊を止めるために、クリスタも歌うが効果なし。
大混乱に陥る中、フォロンはクリスタの歌にあわせた神曲を。

この神曲が街中に響き渡る。
で、この非常時に、手拍子始めてる人たち^_^;
それもリズムが微妙だったりする。

リズムにあわせて踊る人までいたりするし、歌う人も。

人も精霊もその神曲を奏でる。
そして、精霊の暴走は止まった。

テルミンの本当の思いは、カウンターフィット・レインボーの奏でる神曲は偽物かもしれないが、曲が与える感動という感情の共鳴は本物だと。

みんなが拍手してくれるだけでも、それが神曲になるのだと。

人と精霊それは違うもの。
だからこそ、分かりあおうとすることに、意味がある。

最後くらい、コーティなりの活躍がもっとあるのかと思ったけど結局なかったね。
お話としては、感動的なものが多かったんだけど、如何せん絵が酷かったせいで、それが台無しになってる感じだったかな。

お話自体も酷いのはあったけどね。

iconicon
神曲奏界ポリフォニカ DVD1 <初回限定生産> icon 2007/7/11発売

「神曲奏界ポリフォニカ」関連商品をセブンアンドワイで探す

関連のものを探すなら
業界最大級!在庫書籍は50万アイテム。オンライン書店のセブンアンドワイ。
boople本の詳細検索
フィギュア・ホビー【セブンドリーム・ドットコム】

中古新品選ぶなら
【激安中古】古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取

アフィリエイトを始めるなら
アフィリエイトプログラム・リンクシェア

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月14日

神曲奏界ポリフォニカ 第11話

「レクイエム 歌う精霊」

カウンターウィット・レインボーのサンプルとしてフォロン神曲を。
これは、テラト・テルミンの研究で、完全自動の単身楽団を作ると言うもの。
神曲楽士を必要としないものの研究ねぇ。量産できたらなんか戦争なり悪事なりに使われそうだけど。

パンチシートの出方が変じゃない?

そのテラトが、事故であっさりと命を落としてしまう。

テラトの助手だった精霊のクリスタ。カウンターウィット・レインボーの試作品を形見分けとしてもらう。

神曲を奏でられないテラトにとって、夢だったようだけど、クリスタは完全にテラトのために動いてるけどねぇ。

クリスタは自分の身を削って、カウンターウィット・レインボーに神曲を歌いつづける。

反精霊団体(そんなものがあるんだね)がなにやらテロ計画しているようで。
そんなときに限って、ミサキがやって来ていたりする。

長い間、神曲を聞けないと暴走する精霊もいるそうで、神曲って一種の薬物ってことか。
薬使って、精霊を操ってるのか、そりゃ悪い奴だな人間は

iconicon
神曲奏界ポリフォニカ DVD1 <初回限定生産> icon 2007/7/11発売

「神曲奏界ポリフォニカ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日

神曲奏界ポリフォニカ 第10話

「バラード 愛憎の決着」

6年前焼けた家の解体工事を邪魔する、ディーレン。
それは、ディーレンの家だった。そして、その火事で、妹のマデリーヌが亡くなっていた。
その妹の遺体を病院から盗み出して、神曲楽士の認可を取り消されていた。
死体を盗んで何をしようとしてたんだろう?
まさか生きかえらせようとでもしたのか?
それとも、検死とかがいやだったのか?

精霊のメイルリートを憎んでいるのは、その火事のときに妹を助けずに単身楽団を大事に抱えてきたことが原因。

その焼け跡の地下室でオルゴールをみつける、フォロンとコーティ。
そこには単身楽団を抱えていたと思われる人の焼け跡があった。

メイルリートが助けに行ったとき、すでにマデリーヌは亡くなっていたのだ。
それも兄ディーレンの単身楽団を守って。

真実を告げられず、メイルリートはずっとディーレンの憎しみの対象として生きてきた。

しかもメイルリートには、ずっと前からディーレンの神曲は届いていなかった。
それでもディーレンのために戦ってきたのだ。命を削って。

この真実をコーティに告げられ、困惑しながらも立ち去るディーレンだった。
メイルリートを連れて。

なるほど、それで前回、ザーレに作曲を頼んでいたのか。それなら神曲が届くのではと。

とりあえず、これでディーレンの話は解決?

iconicon
神曲奏界ポリフォニカ DVD1 <初回限定生産> icon 2007/7/11発売

「神曲奏界ポリフォニカ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月31日

神曲奏界ポリフォニカ 第9話

「ラプソディ とある神曲楽士の話」

フォロン、スランプ?
コーティ神曲を作曲する作曲家ザーレのところへ。

作曲家がいたのね。すべてが神曲楽士のオリジナル曲ってわけじゃないってことなんですね。

しかし、ザーレはコーティを見て、自分の曲は必要ないはずと突き放す。

人間のためには曲を書かない。
精霊を見れば、何が欲しいかが分かる。それを譜面に書いてるそうで。

スランプには気晴らし?
運転手が気を失って暴走する車を発見した時でも、フォロンは神曲でコーティに助けを求めず。
レンバルトに車を寄せてとめさせた。

それにしても、相変わらず酷い車の絵だけどね^_^;

神曲が聞けないことで苛立つコーティは、もう一度ザーレのところへ。

ザーレは元神曲楽士。同僚に嫉妬され事故に見せ掛けて殺されそうになった。
命はとりとめたものの二度と演奏はできなくなった。
それで人との付き合いもやめた。
なのになぜか精霊はよってくるようになった。で精霊のために曲を書いている。

人と精霊は分かりあえるものではない。しかし分かりあおうとするのは無意味ではない。
無益な衝突がなくなり新しい出会いがある。

フォロンの神曲は至福。
信じてるのに、新しい楽譜が必要か?

ザーレは最高傑作だという曲を書いてくれたのだが、結局受け取らなかったコーティ。

フォロンは神曲とは何なのかで悩んでいた。
それはさらなる高みへのステップ?

一心に神曲を演奏するフォロン。その曲に聞きいるコーティだった。

メイルリートもザーレに曲を書いてもらってる。
そこまでして、ディーレンにつくす理由は何か?

ところで、フォロンのハーメルンっていくらぐらいするんだろう?
そうとう高そうなんだけどローンかな?

iconicon
神曲奏界ポリフォニカ DVD1 <初回限定生産> icon 2007/7/11発売

「神曲奏界ポリフォニカ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日

神曲奏界ポリフォニカ 第8話

「セレナーデ 人と精霊の狭間に」

子供のころ事故で大ケガして、命の危険があったプリネ。
それを救ってくれたのは、父の契約精霊・ドーリスラエだった。
彼女が自分の命をプリネに同化してくれたことで、命が助かったのだった。

それ以来プリネは、人でも精霊でもない存在だった。

そんなプリネにオルファンという後輩からラブレターが。

それも定番のバルコニーで待ち合わせ。
このバルコニーで自作の曲を相手にささげた後告白するのが、この学校の定番だそうで。

それにしてもこのバルコニーがまた、まさにそのためだけに作られたとしか思えない作りだね^_^;
ドアを開けるとバルコニー。まさにそれしかないんだもん。

その話しに浮かれる面々だったが、一人コーティだけが浮かない顔。
気になって、フォロンを連れて覗きに行くコーティ。

オルファンが奏でる曲は確かに、人間プリネの心には響いてきた。
だが、もう一人の精霊のプリネの心には響かない物だった。
まさしくコーティが危惧していたのも、ここだったようで。

それは人間プリネの部分だけを想って作られた曲だから。
しっかし曲だけでよくそれがわかるものです。

それでプリネは告白を断る。
慌てて追い掛けようとしたオルファン、フルートを下に落としてしまい、それを掴もうとしてバルコニーから落ちそうに。
下向いて落ちていきそうになるオルファンなんだけど、なぜか助けようとするプリネが掴んだのは手だったりする^_^;

そこで、精霊の力を使って助けてしまったプリネ。

この噂が広まるのを恐れていたプリネだったが、オルファンは驚きはしても、この事実を受け止めようと決めてくれたようです。

「いつかは必ず答えを出す」
って言ってるけど、それってどっちかになるってことなのかな?

ところで、このプリネの秘密は、どれだけの人が知ってるのだろう?
奇異な目で見られるのを恐れているようだけど、そのわりにはフォロンは知ってたし。
そうなると、事務所の人たちも知ってそうだし。

絶対的な秘密ってわけでもないなら、同級生たちにも話していてもよさそうなんだけど。

それにしても、このアニメ、キャラの顔が纏まらないねぇ。
下手なら下手なりに、纏まってくれるといいんだけど、カットごとに顔が違うのはちょっとなぁ。

1話に1、2回くらい、おおって思えるカットもあるんだけどねぇ。

「神曲奏界ポリフォニカ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日

神曲奏界ポリフォニカ 第7話

「ヴァイオレンツァ 黒い追跡者」

フォロンと同期のヤムナが殺されると飛びこんでくる。
事情を聞く前に、黒ずくめの男女が追って来る。

そのため、フォロンはとにかくヤムナと一緒に逃げまわることに。

高速道路から落ちてどうして車が無事なのか、もうめちゃくちゃなカーチェイスだね。

運送会社に勤めているヤムナ。
そこに、あて先も送り主も不明の荷物が(本当だとしたら、そんな荷物がどうやって運送会社に持ち込まれるのかそれこそ問題だと思うけどね)
そういう荷物は、中味を確認することになっているので、中味をみたら、あの二人が突然やってきたという。それでわけもわからず逃げたと。

どうも、その荷物が単神楽弾?

結局、追ってきた二人は、実は警察。
ヤムナが持っていたのが、寄贈されるはずだった貴重なものだったと。
それで、横領に道行法違反、公務執行妨害でヤムナが逮捕されると。

結局、その楽器が欲しくなって持ち逃げしようとしてたってことらしい。
これは、友達を簡単に信じてはいけないって話ってか?

で、エンディングが、この警部二人の特別バージョン。
マナカ、マティアの二人、なんか特別バージョン作ってもらえるほどのキャラなんですねぇ。

しかし動画になると絵がとたんに酷くなるねぇ。

「神曲奏界ポリフォニカ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月10日

神曲奏界ポリフォニカ 第6話

「スケルツォ 傍にいる理由」

マリアという女の子から、逃げた猫を捕まえてと依頼。
お金が足りないということで、契約上神曲は使えない。

フォロンとコーティがいくが、猫を捕まえられないばかりか、フォロンが風邪を悪化させてしまいレンバルトと選手交代。

そのレンバルトには、マーズ事務所からヘッドハンティングの話があったりする。
みんないなくなってしまうのかと心配する中、レンバルト本人はマイペースで猫探し。

神曲は使えないけどもともと契約精霊がいないレンバルトには、精霊さんたちが寄ってくる。
精霊さんたちに遊びと称して猫を探してもらう。

そうして猫をあっさりと捕まえてしまうレンバルトでした。

結局、レンバルトはツゲ事務所に残る。
それは、フォロンたちが心配とかそんなんじゃなくて、ただここが好きってことみたいだけどね。

「梅干しは好きか」って言ってたの精霊みたいだけど、いずれ関わってくるってこと?
それとも原作の違うシリーズに出てくるとか?

これまで作画が酷かったがある意味ウリだったわけだが、今回は、引きの絵はそのままとはいえ、アップを多くすることで、作画の酷さをカバーする演出に変えたようで。
そこそこ普通の作品になってきてる気がします。

マリアはあずまんがのちよちゃんに似てたけど。

コーティが焼いたあの肉は、何肉なんですかねぇ(まぁいいけど)

「神曲奏界ポリフォニカ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日

神曲奏界ポリフォニカ 第5話

「アンファンナート 裏切りの絆」

ユフィの契約精霊・ヤーディオ初登場。
能力はまだ不明だが、あの性格はちょっと予想外だった。

精霊に運転させて衝突実験するっていうのもどうなんだろう?

スズナという女性から契約精霊のコチーノの様子がおかしいという依頼が。
どうやら、他の神曲楽士とあっているらしい。

契約精霊が契約を解除することもあるが、その場合は人間側に問題があることがほとんど。

この事件裏では、暁ディーレンが関わっていたりする。
コチーノがあっていたのは、実は、以前契約していた男ヨキオだった。
ヨキオのバンドが、コチーノがいなくなってから人気が落ちたとして、無理矢理自分の元に戻そうとしていたということらしい。

ようするにストーカーだったと^_^;

ディーレンも精霊に裏切られたことがあるみたいで、精霊を信じていないようだけど、メイルリートがそんな人間とどうして契約してしまったのかも不思議。
まして逃げないのもわからない

神曲を弾くシーンは見せ場だけに、力をいれて一枚絵にしたみたい^_^;
動かなければギリギリ見られる絵を描けると。

そいういえば、OPが美麗になったとHPにあったのだが、確かに美麗には違いない。
あくまで本編部分に比べればだけど^_^;

普通のアニメはOPくらいのクオリティーで本編を頑張ってるんだけどねぇ^_^;

「神曲奏界ポリフォニカ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日

神曲奏界ポリフォニカ 第4話

「ダルセーニョ 始まりの日」

トルバス神曲学院に見学に来た、ペルセとフリネは、フォロンと出会う。
フォロン、いくら苦学生だからって授業中に出ていくのを先生も黙認してるし。
それも学生食堂のウエイターのバイトのためって。
それなら学校側も、授業が終わってからってことにしてやれないものなのだろうか?
そんなんだから、落ちこぼれになるんじゃないか?

父の形見を学院に忘れてきたのに気付いたペルセはフリネと取りに。
夜中になぜ勝手に学院の中に入れてしまうのかは疑問だが、そこで天使のような歌声で歌っていたフォロンがいた。

その歌によって、学院の石碑?に封じこまれていた、精霊が覚醒。
しかし、完璧ではなかったようでなぜか暴走。
その暴走をくいとめるために、神曲を奏でるフォロン。

これにより、平静を取り戻した精霊がコーティだった。
幼いころの、フォロンの歌声を聞いて、そのとき契約していたコーティ。
長い間神曲を聞かせてくれなかったから、縮んだんだそうで。

ところで、ツゲ神曲楽士派遣事務所って、学生時代の先輩後輩で作ったんだ。
ほとんど同好会のノリだったのか?

しかし、作画がまったく安定しないねぇ。
いや超低空飛行という意味では安定してるといえるかもしれないけど。
カットが変わるたびに、キャラの顔が違ってるんだもん。
まして、ペルセはフリネ双子のはずなんだけど、双子に見えないし^_^;

「神曲奏界ポリフォニカ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日

神曲奏界ポリフォニカ 第3話

「ポルカ 海の底の忘れ物」

父の会社の後継者を争う兄弟に、父が出した条件は、沈没船に忘れてきた大切なものを先に引き上げたほうに譲るというものだった。

兄のほうが、サルベージを依頼してきた。

ということで、水着回です。
水着のデザインはそこそこですが、如何せんキャラが^_^;

弟のほうは、もぐりの神曲楽士アカツキ・ディーレンに依頼していた。

海の底で対決となる。
ディーレンはかなりひれつな奴だったけど、その精霊のメイルリートのほうはいやいや戦ってた感じだったねぇ。
これがのちのち影響するんですかねぇ。
次もでてくるかどうかすらわからないけど。

結局、大切なものとは、この兄弟二人の楽しそうな仲がよかったころの写真だったと。
こんなものってことでまた喧嘩してるけどねぇ。
普通なら、これをみて、少しは反省するって話になるんだろうけどそうしないところは、ちょっと誉めてもいいかも。
それ以外で誉めるところないし^_^;

コーティの攻撃の時に、明度を落としてるんだよなぁ。
もう10年以上も前から明るさ問題が出てるのに、なんで最初から対処しないんだろう。
このあたり一つとっても、やっぱり作画に問題があるのが分かるね。

「神曲奏界ポリフォニカ」関連商品をセブンアンドワイで探す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ARIA | AYAKASHI | B.B.B. | BACCANO | BLACK LAGOON | BLOOD+ | BLUE DROP | CODE-E | ef | Fate | G.P.O | girls high | GUNSLINGER GIRL | H2O | IGPX | japanology | jenny | L.A.P | Myself;Yourself | Project Blue | R.M.T | RAY | REC | RED GARDEN | SaintBeast | sakusaku | School Days | ShiningTears | SHUFFLE | simoun | sola | Solty Rei | Soul Link | true tears | VVV | WITCHBLADE | あさっての方向 | いぬかみっ! | うたわれるもの | おおきく振りかぶって | おジャ魔女どれみ | かしまし | かみちゃまかりん | かみちゅ | かりん | きらりんレボリューション | くじびきアンバランス | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この青空に約束を | ご愁傷さま二ノ宮くん | しおんの王 | しにがみのバラッド。 | ちょこッとSister | つよきす | ときメモ | となグラ | ながされて藍蘭島 | のらみみ | はぴねす | ぱにぽにだっしゅ | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ふたつのスピカ | ぺとぺとさん | ぼくらの | ぽてまよ | まじかるぽか~ん | まなびストレート | みなみけ | もえたん | もっけ | よみがえる空 | らき☆すた | らぶげっちゅ | らぶドル | アイシールド21 | アイドルマスター | アストロ球団  | アニメ | アンジェリーク | イノセントヴィーナス | ウエルベールの物語 | ウミショー | エマ | エル・カザド | ガラスの艦隊 | キスダム | キミキス | ギガンティック・フォーミュラ | クラスターエッジ | クリスタルブレイズ | グレンラガン | コードギアス | ゴーストハント | サッカー | ザ・サード | シゴフミ | スカイガールズ | スカルマン | スケッチブック | ストロベリー・パニック | スポーツ | セイントオクトーバー | ゼロの使い魔 | ゼーガペイン | タイドラインブルー | タクティカルロア | ディスガイア | ドラゴノーツ | ドージンワーク | ナイトウィザード | ノエイン | バンブーブレイド | パピヨンローゼ | パンシャーヌ | パンプキンシザーズ | ヒロイック・エイジ | プリズムアーク | プリンセスプリンセス | プレイボール | ポリフォニカ | マジカノ | ヤッターマン | ラブ★コン | ラムネ | レンタルマギカ | ロケットガール | ロザリオとバンパイア | 乙女はお姉さまに恋してる | 京四郎と永遠の空 | 僕等がいた | 半分の月がのぼる空 | 吉永さん家のガーゴイル | 君が主で執事が俺で | 図書館戦争 | 地獄少女 | 地球へ… | 夜明け前より瑠璃色な | 夢使い | 大江戸ロケット | 大相撲 | 奏光のストレイン | 奥さまは魔法少女 | 妖奇士 | 姫様ご用心 | 少女チャングムの夢 | 少年陰陽師 | 彩雲国物語 | 怪物王女 | 日記・コラム・つぶやき | 月面兎兵器ミーナ | 浦和レッズ | 涼宮ハルヒ | 瀬戸の花嫁 | 灼眼のシャナ | 狼と香辛料 | 砂沙美 | 破天荒遊戯 | 神様家族 | 秘密 | 競馬 | 精霊の守り人 | | 経済・政治・国際 | 絶対少年 | 練馬大根ブラザーズ | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女 | 蟲師 | 西の善き魔女 | 読書 | 護くんに女神の祝福を | 貧乏姉妹物語 | 野球 | 銀盤カレイドスコープ | 銀色のオリンシス | 鍵姫物語 | 陰からマモル | 雪の女王 | 電脳コイル | 風のスティグマ | 風人物語 | COYOTE | N・H・Kにようこそ